途中出場イスコ弾で追いつくもレアル・マドリー、サン・マメスでドローに終わり開幕からの連勝がストップ《リーガエスパニョーラ》2018.09.16 05:51 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーは15日、リーガエスパニョーラ第4節でビルバオとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。

▽前節レガネス戦を4-1と快勝して開幕3連勝としたレアル・マドリーは、翌水曜にチャンピオンズリーグ(CL)のローマ戦を控える中、カゼミロがベンチスタートとなった以外はベストメンバーを送り込んだ。

▽クロースを中盤のアンカーに据えたレアル・マドリーが圧力をかける入りとなるも、ビルバオのタイトなプレスの前になかなかシュートには持ち込めない。

▽そんな中30分にボックス右からアセンシオが強烈なシュートを浴びせてGKウナイ・シモンを脅かすも、32分にビルバオに先制を許す。デ・マルコスがスルーパスを受けてボックス右まで侵入して折り返すと、イニャキ・ウィリアムズが合わせたシュートのルーズボールをムニアインが蹴り込んだ。

▽先制されたレアル・マドリーは38分、モドリッチが左足ミドルで同点ゴールに迫るも、GKウナシ・シモンに阻まれ、前半を1点ビハインドで終えた。

▽後半からセバージョスに代えてカゼミロを投入したレアル・マドリーは、59分にベイルの直接FKがGKを強襲し、ルーズボールをセルヒオ・ラモスが詰めるも、ウナシ・シモンの好守に阻まれる。

▽ギアが上がりきらなかったことから、61分にはモドリッチに代えてイスコを投入したレアル・マドリーは64分、そのイスコが結果を出す。クロースのフィードに反応したベイルがゴールライン右から右足で折り返すと、イスコがヘッドで流し込んだ。

▽勢い付くレアル・マドリーは68分、ロングボールに抜け出したアセンシオが絶妙なトラップからシュートに持ち込んだが、ここもGKウナシ・シモンのファインセーブに阻まれてしまう。

▽その後、ベイルに代えてL・バスケスを投入したレアル・マドリーは、イニャキ・ウィリアムズに代えてサン・ホセを投入して守備を締めにかかったビルバオを終盤にかけても押し込んだが、逆転弾は生まれず1-1でタイムアップ。難所サン・マメスで引き分けに終わり、開幕からの連勝が3でストップした。

コメント

関連ニュース

thumb

PSG移籍後悔のネイマール、脱出のチャンスあり

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(26)にバルセロナ復帰の可能性があるようだ。スペイン『アス』が『Cadena SER』を情報源に報じた。 ▽昨夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約285億2000万円)でバルセロナからPSGに移ったネイマール。その当時、PSGと5年契約を締結したが、選手側に有利な条項が盛り込まれているという。 ▽その契約には、2019年夏から有効な2億2000万ユーロ(約282億6000万円)の解除条項が存在。さらに、2020年夏を過ぎれば、移籍金2億ユーロ(約256億9000万円)以下で移籍可能なオプションも含まれている模様だ。 ▽また、ネイマールはバルセロナと連絡を取り合う中でPSG移籍の後悔を吐露。実現こそしなかったが、今夏の移籍市場でもネイマール自らバルセロナに対して、再獲得を求めたとみられる。 ▽ただ、ネイマールに対しては現在、バルセロナの宿敵であるレアル・マドリーも関心を抱いているとされる。今後の動向から目が離せない。 2018.10.19 08:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントス、A・サンドロ後釜にマルセロorジョルディ・アルバ?

▽ユベントスが、レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロ(30)か、バルセロナに所属するスペイン代表DFジョルディ・アルバ(29)を獲得する可能性があるようだ。イタリア『Tuttosport』の情報をもとに『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽ユベントスは左サイドバックを務めるブラジル代表DFアレックス・サンドロとの契約延長が難航している。そのA・サンドロに代わる選手としてリストアップされているのが、スペインの二大巨頭に籍を置くマルセロとJ・アルバだという。 ▽トップターゲットと見られている前者は、今夏ユベントスに移籍したFWクリスティアーノ・ロナウドを追ってビアンコネロ入りするのではないかとの憶測が出ている。しかし以前、マルセロは「多くの馬鹿げた話を耳にした。僕は引退するまでここにいる」として、マドリーに忠誠を誓っていた。 ▽一方、後者はバルセロナとの契約が2020年夏までとなっているものの、未だ契約延長の話は出ていない。本人は「クラブの決定に依存することだけど、僕はバルセロナを離れたくない」とコメントしていたが、なかなか新契約を提示してこないクラブに少なからず不満を感じているようだ。 2018.10.18 20:50 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、指揮官交代へ本格化!コンテ氏と接触か

▽レアル・マドリーがイタリア人のアントニオ・コンテ氏(49)と接触したようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』の情報をもとに『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽マドリーは今シーズンから元スペイン代表のフレン・ロペテギ監督が就任。しかし、リーガエスパニョーラでは第8節終了時点で4勝2分け2敗の4位と本調子からは程遠い成績だ。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)では格下と思われていたCSKAモスクワに0-1で敗れるなど33年ぶりに公式戦4試合無得点、今季の勝率も5割を切るという不振に陥っている。 ▽こうした状況下の中、マドリーは15日にコンテ氏に就任可能かコンタクトを取ったという。同氏は昨季までチェルシーを率いていたが7月中旬に解任。チェルシーに対して契約期間中に解任されたとして違約金1000万ユーロ(約13億円)の支払いを求め係争中の身だ。 ▽マドリーは20日にホームでレバンテと対戦する。5試合ぶりのゴールで勝利することができるのか注目が集まる。 2018.10.18 14:09 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー憧れるアザール残留へ全力を…チェルシー会長「世界中のファンは彼が大好きなんだ」

▽チェルシーのブルース・バック会長が、ベルギー代表MFエデン・アザール(27)の残留に向けて尽力するつもりであることを明かしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽アザールは今夏レアル・マドリー行きが取り沙汰されながら残留を決断。チェルシーは現在2020年6月末までとなっている同選手の契約延長を望んでいるが、同選手が最近「レアル・マドリーは子どもの頃から夢見るクラブ」と明かしたことが話題に。スペインメディアでは来冬の移籍市場でマドリーがアザール獲得に再び動く可能性があるとも伝えられている。 ▽しかし、チェルシーの会長を務めるブルース・バック会長は、アザールが同クラブファンから愛されている選手だと主張し、残留を望んでいることを明かした。 「ロンドン、そして世界中の全チェルシーファンは、エデン・アザールが大好きなんだ」 「私も彼が偉大なフットボール選手であることだけでなく、素晴らしい若者だと思っている。我々はこのクラブにいて欲しいと思っている。そうするために、我々は彼を魅了しなくてはならない」 2018.10.18 11:20 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、ジローナvsバルサのアメリカ開催反対を表明「競争の公平性を欠く」

▽レアル・マドリーが、リーガエスパニョーラのアメリカ開催について反対の立場を明確に表明した。スペイン『アス』が報じている。 ▽ラ・リーガのハビエル・テバス会長が主導して推し進めている、リーガエスパニョーラのアメリカ開催。カードの候補となっているバルセロナとジローナが肯定的な動きを見せている一方で、スペインサッカー協会(RFEF)のルイス・マヌエル・ルビアレス会長や国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ会長はテバス会長を批判している。 ▽記事によると、未だ実施されるか否かが確定していない中、スペインサッカー界で最も影響力を持つクラブであるマドリーが、反対意見を投じた。マドリーからRFEFに送付した書簡の内容が、スペインのラジオ『カデナ・セル』により以下のように明らかにされている。 「私たちが実際的に参加するものおいて、レアル・マドリーはそのリーグ戦の1つについて賛同できない。中立地でプレーされるということに関しても同意できない」 ▽『アス』は、マドリーが「競争の誠実さと公平性」に及ぼす影響を危惧していると解説。なお、マドリーは米国に4つのサポーターズクラブを置いており、それらはこれまでアメリカ開催に賛成していた。しかし、今回の書簡にはそのサポータズクラブも方針に従う旨が明記されており、完全に反対の立場であることを際立たせている。 2018.10.17 15:00 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース