愛媛、U-18所属のMF渡邊創太、GK草野真人を2種登録2018.09.14 17:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽愛媛FCは14日、U-18チームに所属するMF渡邊創太(18)、GK草野真人(16)をトップチーム登録(2種登録)したことを発表した。渡邊は背番号34、草野は背番号37を着用する。▽愛媛県出身の渡邊は、U-15年代から愛媛に所属。松山商業高等学校在学中の高校3年生だ。

▽大阪府出身の草野は、U-18年代から愛媛に所属。聖カタリナ学園高等学校在学中の高校2年生だ。

▽両選手は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆渡邊創太
「このようなチャンスを頂き、光栄に思います。ストロングポイントである運動量、守備力、展開力を活かして少しでも早くリーグ戦へ出場し、チームに必要とされる選手になれるように日々精進していきます」

◆草野真人
「2種登録させて頂き、大変嬉しく思います。ここで満足することなく、今まで以上に努力し、トップチームの試合に少しでも絡んでいけるように頑張ります」
コメント
関連ニュース
thumb

愛媛FW西田剛が全治3週間の負傷で開幕絶望…

愛媛FCは8日、FW西田剛(32)が右ハムストリングス肉離れにより全治3週間と診断されたことを発表した。 西田は、2月3日のトレーニングマッチ中に負傷。なお、全治までの期間は受傷日から3週間となる。2月24日の開幕節ジェフユナイテッド千葉戦の出場は絶望的だ。 2014年にアビスパ福岡から愛媛に加わった西田は昨シーズン、明治安田生命J2リーグ15試合で1ゴールを記録していた。 2019.02.08 19:45 Fri
twitterfacebook
thumb

元日本代表MF山瀬功治、愛媛移籍 背番号は「33」

愛媛FCは5日、元日本代表MF山瀬功治(37)の加入決定を正式発表した。背番号は「33」を着用する。 札幌市出身の山瀬は2000年にコンサドーレ札幌(現。北海道コンサドーレ札幌)でプロデビュー後、2001年にJリーグ新人王を獲得。その後、浦和レッズや横浜F・マリノス、川崎フロンターレ、京都サンガF.C.を渡り歩き、2017年からアビスパ福岡に活躍の場を移した。2018年は明治安田生命J2リーグ29試合1得点。だが、シーズン終了後に契約満了で退団が決定した。 通算成績はJ1リーグ288試合58得点、J2リーグ211試合28得点。2006年にA代表デビューを果たした日本代表としては通算13試合に出場して5得点を記録している。 2019.02.05 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

愛媛に悲報…林堂眞が全治3カ月で開幕アウト

愛媛FCは5日、DF林堂眞の負傷離脱を発表した。 クラブの報告によれば、林堂は1月31日、以前から痛みを感じる右足を手術。右足第5中足骨骨折で全治3カ月の見込みだ。 林堂は2014年から愛媛でプレー。守備陣の要として、昨年は明治安田生命J2リーグ25試合に出場した。 愛媛は24日に行われる明治安田生命J2リーグ開幕節でジェフユナイテッド千葉をホームに迎え撃つ。 2019.02.05 17:05 Tue
twitterfacebook
thumb

愛媛が松本DF下川陽太をレンタル 今季J2で11試合出場

▽愛媛FCは29日、松本山雅FCに所属するDF下川陽太(23)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2020年1月31日まで。同期間中、松本との公式戦に出場できない。 ▽大阪商業大学出身の下川は2017年に特別指定選手として松本入りすると、今年から正式入団。明治安田生命J2リーグ11試合に出場した。移籍を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 ◆愛媛FC 「はじめまして松本山雅FCから期限付き移籍で加入させていただくことになりました下川陽太です。自分の持っている全てを出して全身全霊を懸けてチームの為そして自分の為に戦います。応援よろしくお願いします」 ◆松本山雅FC 「全ては自分自身の為に、決断しました。成長して、強く逞しくなってきます。引き続き応援よろしくお願いします」 2018.12.29 10:55 Sat
twitterfacebook
thumb

愛媛、MF近藤貴司ら大量17選手と契約更新

▽愛媛FCは27日、17選手との契約更新を発表した。 ▽今回契約更新が発表されたのは、DF山﨑浩介(22)、DF玉林睦実(34)、DF西岡大輝(30)、DF前野貴徳(30)、MF近藤貴司(26)、FW有田光希(27)、MF神田夢実(24)、FW丹羽詩温(24)、MF田中裕人(28)、MF小暮大器(24)、FW西田剛(32)、FW河原和寿(31)、GK馬渡洋樹(24)、GK原裕太郎(28)、DF林堂眞(29)、MF竹嶋裕二(19)、韓国人GKパク・ソンス(22)。 ▽山崎は、今シーズン明治安田生命J2リーグ25試合で1ゴール、玉林はリーグ戦17試合、西岡は27試合、前野は39試合で1ゴール、近藤は32試合で6ゴール、有田は35試合で5ゴール、神田は7試合で2ゴール、丹羽は34試合で1ゴール、田中は41試合、小暮は37試合、西田は15試合で1ゴール、河原は26試合で2ゴール、林堂は25試合を記録していた。 ▽一方で、馬渡、原、竹嶋、パク・ソンスはリーグ戦での出場はなかった。 2018.12.27 17:47 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース