新潟、去就問題に揺れたMFホニの選手登録を抹消2018.09.14 15:39 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルビレックス新潟は14日、ブラジル人MFホニの登録抹消を発表した。▽ホニは、昨シーズン、クルゼイロから加入し、明治安田生命J1リーグで32試合に出場し7得点を記録。しかし、今冬にクルゼイロとボタフォゴとの間の移籍交渉に絡むとされ、新潟のキャンプに不参加。ブラジル復帰が濃厚とみられていたものの、3月30日に新潟が選手登録を行っていた。しかし、その後もクラブに合流することはなく、登録抹消となった。

▽新潟はホニに関して、これまでの経緯を説明。チームとして合流を要請していたものの、ホニの意思で合流がなされなかったとのこと。また、ブラジルクラブへの移籍についても、新潟側が拒否していたことを明かした。

「ホニ選手は当クラブと2018シーズンの雇用契約を締結しています。しかしながら、今シーズンのトップチーム始動時に合流しませんでした。その後、当クラブは、ホニ選手の合流に向けて調整を行った結果、来日し、静岡県・御前崎キャンプ中のトップチームに合流しています。また、Jリーグ選手登録に必要なメディカルチェック等を実施いたしましたが、ホニ選手の意思でキャンプ地に戻ることなく、数週間後にブラジルへ帰国しました」

「ホニ選手はブラジルに戻りましたが、当クラブの戦力としてプレーしてくれることを信じ、3月7日に日本サッカー協会(JFA)への選手登録、3月30日にはJリーグ選手登録を完了させました。その後もホニ選手には、当クラブのためにプレーしてほしい旨を継続的に伝えてまいりましたが、残念ながら、ホニ選手は当クラブの要請に応じませんでした」

「後日、アトレチコ・パラナエンセ(CAP)からブラジルサッカー連盟(CBF)を通じて、JFAに対し、ホニ選手の国際移籍証明書(ITC)の発行の要請がありました。それを受けて、当クラブはJFAを通じてITCの発行を拒否すると、国際サッカー連盟(FIFA)から「発行拒否の理由を説明すること」を求められ、当クラブの正当性について回答いたしました。その後、FIFAが暫定的なITCを発行し、ホニ選手は現在、CAPでプレーをしています」

「今後につきましては、国際弁護士と相談をしてFIFAに対し、提訴することを視野に入れながら当クラブの正当性を説明してまいる所存です。 当クラブにご支援を賜る皆様には、このたびのホニ選手の契約に関しまして、ご心配やご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。本件に対し、今後もしかるべき手段をもって対応を続け、問題解決に向けた努力を行ってまいります」
コメント
関連ニュース
thumb

新潟DF広瀬健太が手術…全治約5週間

アルビレックス新潟は14日、DF広瀬健太(26)が手術を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、広瀬は高知キャンプで負傷。右足関節前方・後方インピンジメント症候群と診断され、2月13日(水)に埼玉県内の病院で手術。全治は約5週間とのことだ。 2018シーズンは明治安田生命J2リーグで24試合に出場し2得点を記録していた。 2019.02.14 15:26 Thu
twitterfacebook
thumb

急性白血病から復帰の新潟MF早川史哉が池江璃花子選手へコメント「池江選手のペースでしっかりと病気と向き合って進んでほしい」

アルビレックス新潟は12日、競泳女子の池江璃花子選手(18)が白血病を発症したことを受け、MF早川史哉(25)のコメントを発表した。 12日、競泳女子自由形で活躍する池江璃花子選手が、自身のツイッター(@rikakoikee)で白血病と診断されたことを公表。2018年8月アジア競技大会では自由形、バタフライ、フリーリレー、メドレーリレーの6種目で金メダルを獲得するなど、東京オリンピックに向けて大きな期待を寄せられていた中での発表に、驚きを隠せなかった。 早川は、2016年に筑波大学からアルビレックス新潟へと入団。開幕戦で先発フル出場デビューを果たしたが、同年4月に急性白血病と診断。2年間のリハビリを経て、今シーズンから復帰を果たしている。 そんな早川が、同じく白血病と診断された池江選手に向けてコメントを発表。自身の経験から、池江選手へエールを送った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190212_37_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div> 「まずは、池江選手の病状がはっきりしていない現段階では、軽率な発言や憶測で判断し、メディアを通してお話するべきではないと思い、クラブを通じてコメントさせていただきます」 「正直に自分としてはショックを受けていますし、他人事ではなく、自分のことのように感じています。池江選手の気持ちを考えると、言い表す言葉が見当たりません。これからどういう治療、どういう経過をたどっていくのかは分からないですが、競泳選手としての池江さんというより、一人の人間として病気に立ち向かってほしいです」 「選手として活躍されていて、周りの多くの方はどうしても綺麗なドラマのように、復帰して再び活躍する姿を見たいと期待していると思いますが、まずは一人の人間として元気になってくれることを僕は願っています。決して明るく前向きなことばかりでないと思います。池江選手には、周りの信頼できる人たちといろいろな想いを共有して、決して一人で背負いこまず、じっくりと強い気持ちをもって病と戦ってほしいです」 「僕自身、いろいろな人から温かい想いをいただいたことが、間違いなく大きな力になっています。しかし、それを背負い過ぎることなく、また期待を意識し過ぎずに自分のことを第一に想って進んでほしいと思います」 「だからこそ、白血病を経験した僕から周りの方々にお願いがあります。池江選手に温かい優しさをたくさん与えてほしいと思います。そういう想いが必ず池江選手の力になると思っています。それは、僕自身も感じてきたことでもあるからです。みなさんにはスポーツに関わる者として、リスペクトをもって池江選手を支えてほしいです。ぜひ、人の思いやり、温かみという部分で池江選手に寄り添い、温かい想いをみんなで届けていけたらと思います」 「僕自身が力になれることがあれば協力させてもらいたいです。お互いアスリートであり、共に頑張っていきたいとも思います。そして、池江選手のペースで一歩ずつ、じっくりと前に向かって進んで行ってほしいと願うばかりです」 「今、SNSで「早川選手が2年、3年で復帰したから大丈夫」という話を目にしますが、それぞれの病気ですし、病気によってもそれぞれの段階があると思います。誰かと比較せずに池江選手のペースでしっかりと病気と向き合って進んでほしいのが一番の願いです」 「池江選手に対するリスペクトと思いやりをもって、彼女の戦いに大きな優しさと温かさをもって寄り添ってほしいです」 2019.02.12 21:41 Tue
twitterfacebook
thumb

新潟MFシルビーニョに第二子が誕生! 「無事に産まれました」

アルビレックス新潟は10日、ブラジル人MFシルビーニョに第二子(次女)が誕生したことを発表した。 発表によると、次女は8日に2,500gの体重で誕生。シルビーニョは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆MFシルビーニョ 「二人目の子どもが無事に産まれました。健康的に産まれてきてくれて、とても嬉しいです。これからは二人のかわいい娘が家にいると思うととても楽しみです」 ブラジルのコリンチャンスやモンテ・アズールの下部組織で育ったシルビーニョは、2013年にオーストリアのLASKからペナポレンセに加入。同年9月にフリーでサンパウロに移籍するも、翌年1月に復帰した。以降、ブラジル国内の様々なクラブや韓国の城南FCなど、レンタルで多数のクラブを渡り歩いた後、今年から新潟に加入している。 2019.02.10 17:20 Sun
twitterfacebook
thumb

新潟、新潟経営大学DF新井直人の新加入内定を発表 背番号は「32」

アルビレックス新潟は9日、新潟経営大学に在学するDF新井直人(22)の新加入内定を発表した。背番号は「32」を着用する。 新井は実践学園高校を経て新潟経営大学に進学。守備的中盤からDFラインにかけ、複数のポジションで精度の高いプレーができるユーティリティプレーヤーだ。加入を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「アルビレックス新潟サポーターの皆様、はじめまして。このたび、アルビレックス新潟に新加入することになりました新井直人です。プロサッカー選手になるという幼い頃からの夢を、大学4年間を過ごした新潟という縁の深い地で実現できたことを大変嬉しく思っています」 「この日を迎えるにあたり、どんなときでも協力や応援してくれた家族をはじめ、大学関係者、これまで指導していただいたスタッフの皆様、そして友人やチームメイトなど自分に携わってくださったすべての方々に感謝をしています」 「Jリーグでも指折りの熱狂的な新潟サポーターの皆様の前で、プレーすることをすごく楽しみにしています。1日でも早くチームの一員として認められるように、勝利のためJ1昇格の目標達成のために全身全霊をかけて頑張ります。ビッグスワンで皆様と一緒に熱く闘っていきたいと思います。応援よろしくお願いします!」 2019.02.09 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟退団のMF富澤清太郎が相模原に加入!「最大限の努力をしていく所存」

SC相模原は23日、昨シーズン限りでアルビレックス新潟を退団したMF富澤清太郎(36)を獲得したことを発表した。 東京ヴェルディや横浜F・マリノスでプレーした富澤は、ジェフユナイテッド千葉での2年間のプレーを経て、2017年に新潟へ完全移籍。昨シーズンは明治安田生命J2リーグに20試合、YBCルヴァンカップに1試合出場した。 相模原への加入が決定した富澤は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度ご縁ありましてSC相模原に加入する事になりました富澤清太郎です。生まれ育った神奈川でプレーできる事に喜びを感じています。私自身、このクラブが数多くの勝利を手にする為に、最大限の努力をしていく所存です。また、あらゆる面でチームに貢献できるよう戦って参ります。どうぞよろしくお願い致します」 2019.01.23 09:10 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース