名古屋、来季加入内定の東海学園大MF渡邉柊斗を特別指定選手として登録! 同大学FW榎本大輝は認定解除2018.09.13 16:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽名古屋グランパスは13日、来シーズン加入が内定している東海学園大学のMF渡邉柊斗(21)を特別指定選手としてトップチームに登録することを発表した。背番号は「40」に決定している。▽渡邉は、2017年12月に2019シーズンからの加入が内定。地元の愛知県出身で、東海学園高校から東海学園大学へと進学していた。プレーの特徴について、名古屋は「卓越した技術・広い視野・ボールにかかわり続ける運動量・高い戦術眼を持つ。フリーキックの質もハイレベル」と紹介している。

▽なお、J1クラブのJFA・Jリーグ特別指定選手の人数枠は3名まで。現在名古屋には東海学園大学MF児玉駿斗(19)、早稲田大学MF相馬勇紀(21)、東海学園大学FW榎本大輝(21)の3名が特別指定選手としてプレーしており、今回渡邉は榎本と入れ替えて登録することとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

【2019 超WS編集部J1順位予想②】風間グランパスの超攻撃的サッカー席巻を予想!

2019シーズンの明治安田生命J1リーグが金曜開催の22日を皮切りに幕を開ける。 “蹴”春到来に先駆け、超WS編集部が「3+1」→「5」に外国人枠拡大で新時代到来を予感させる今シーズンのJ1順位を予想。キーポイントになりそうな短評を添えてお届け! <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190221_30_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 1位:名古屋グランパス 風間体制3年目の超攻撃的サッカーに期待。昨季得点王ジョーが開幕から爆発し、昨季の活躍を上回れるかがカギ 2位:川崎フロンターレ ベストメンバーでの完成度は段違い。中心のベテラン陣が故障なく戦えるか否か 3位:鹿島アントラーズ 新たな時代への移行期間である今季の“常勝軍団”は、冷静に勝ち点を奪う戦い方を継続するはずだ 4位:北海道コンサドーレ札幌 伸び盛りの選手を加えた今冬。ACL出場へ向けて下地は整った 5位:浦和レッズ FW杉本やDF山中、DF鈴木、期待のドリブラーMF汰木らを獲得。世界的ビッグネームを擁しているわけではないが、層の“厚さ”はリーグ屈指だ 6位:ガンバ大阪 宮本体制で着々とレベルアップ。FWファン・ウィジョの爆発力でより上位も期待できる 7位:サンフレッチェ広島 昨季ほど結果が付いてくるシーズンは滅多にない。とはいえ、培った手堅いサッカーは本物だ 8位:ヴィッセル神戸 イニエスタは素晴らしい選手だが試合を決める選手ではない。より上位を目指すためにはビジャの活躍や、周囲の守備意識の強化が不可欠だ 9位:セレッソ大阪 多くの主力を引き抜かれ臨む今季。指揮官の交代にも踏み切ったチームは過渡期に突入している 10位:横浜F・マリノス 昨季と比較し戦力が低下した感は否めない。徐々に浸透してきたポステコグルーサッカーを新戦力にどう代謝させるか 11位:サガン鳥栖 昨季までの堅守速攻からポゼッションに移行。今シーズンは土台作りが重要となる 12位:ジュビロ磐田 J1の中で最も大人しい今オフを過ごした。残留争いに見舞われた昨季からの上積みはチームの成熟のみ 13位:FC東京 長谷川体制2年目。ディエゴ・オリヴェイラへの依存度の高さが吉と出るか凶と出るか… 14位:ベガルタ仙台 理想を追いつつも足踏みが続く仙台。一桁フィニッシュには明確な変化が必要か 15位:湘南ベルマーレ 主力の慰留に成功。勝ち切る戦いを増やさなくてはならないが、転換期にバランスを保ち続けることは難しい 16位:清水エスパルス 日本代表FW北川航也が昨季の戦いを継続できるか否か。警戒、研究される中で力を示したいが、前線の組み合わせによっては難しいかもしれない 17位:松本山雅FC 当面の目標は残留。戦力的に見劣りする中、毎試合苦しい戦いを強いられることは間違いない 18位:大分トリニータ J2の有力選手を多く補強したが、正面から他のJ1クラブに太刀打ちするのは難しい。クラブ全体の奮闘が求められる<hr>【予想者】編集部H 好きな海外クラブはレアル・マドリー。しかし、たまにバルセロナのサッカーに目を奪われる罪深い一面も 2019.02.22 12:01 Fri
twitterfacebook
thumb

名古屋、ジョーが副主将に就任!

名古屋グランパスは15日、2019シーズンにおける副キャプテンを発表した。 風間八宏体制の2年目の昨シーズンは、リーグワーストタイの59失点を喫した脆弱な守備を露呈したことで最終節まで残留争いを繰り広げながらも、なんとか残留を決めた。躍進が期待される今シーズンは、既にDF丸山祐市を主将に任命。そして今回、副キャプテンに元ブラジル代表ジョーが就任した。 副キャプテンに就任したジョーはクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「副キャプテンに任命していただき、とても光栄です。副キャプテンに選ばれる前から、様々な部分で「チームを引っ張っていかなくてはいけない」と思っていました。より一層責任感を持ち、積極的にやっていきたいと思っています」 2019.02.21 19:39 Thu
twitterfacebook
thumb

J1第6節の鹿島vs名古屋は4月5日(金)19時キックオフに決定

Jリーグは20日、県立カシマサッカースタジアムで行われる明治安田生命J1リーグ第6節の鹿島アントラーズvs名古屋グランパスの試合開催日及びキックオフ時間が決定したことを発表した。 J1第6節の鹿島vs名古屋は、4月5日(金)の19時にキックオフを迎える。 鹿島アントラーズは19日、AFCチャンピオンズリーグ2019(ACL)プレーオフでニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)に4-1で勝利し、本大会出場が決定。これにより、未定となっていた試合開催日及びキックオフ時間が決まった。 ◆明治安田生命J1リーグ第6節 ▽4月5日(金) 《19:00》 鹿島アントラーズ vs 名古屋グランパス [県立カシマサッカースタジアム] 2019.02.20 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋、東海学園大MF児玉駿斗を指定選手に! 2021年加入内定

名古屋グランパスは16日、東海学園大学サッカー部所属のMF児玉駿斗(20)がJFA・Jリーグ特別指定選手として承認されたことを発表した。なお、背番号は「35」を着用することが決定している。 大阪府出身の児玉は、中央学院高校から東海学園大学へ進学。2021年から名古屋に新加入することで内定しており、その際は「個人技に優れ、豊富なアイデアをドリブル、パスなどで表現できる選手」と紹介していた。 2019.02.16 14:20 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】昨季の失敗を糧にACL出場権獲得がノルマ《名古屋グランパス》

2019シーズンも“蹴春”がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第12弾は名古屋グランパスを紹介。 <span style="font-weight:700;">◆風間体制3年目でACL出場権獲得へ</span>《ACL出場権争い》 <span style="font-size:0.8em;">※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから選択</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_grampus_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>風間体制1年目に1年でのJ1復帰を果たし、2年目は飛躍が期待された中で15位での薄氷の残留となった。そして、3年目となる今季の目標はACL出場権獲得だ。今冬の移籍市場では昨季得点王であるFWジョー、FWガブリエル・シャビエルという攻撃の核を含め、昨シーズンの7連勝に貢献した主力の流出阻止に成功した。 さらに、残留争いに巻き込まれた最大の要因だったリーグワーストタイの59失点を喫した脆弱な守備面を改善するため、サンフレッチェ広島からDF千葉和彦、サガン鳥栖からDF吉田豊、FC東京からMF米本拓司と、J1で堅守を誇る3クラブから実力者を獲得。とりわけ、3バックと4バックのセンターバックを遜色なくこなしビルドアップ能力にも長けた千葉、選手層に問題を抱えていたサイドバックに両サイドバックでプレー可能な吉田を迎え入れられた効果は大きい。 また、昨季選手層の薄さに苦しんだチームは大宮アルディージャの韋駄天FWマテウス、川崎フロンターレからジョーのバックアップを担うFW赤崎秀平、中盤にMFジョアン・シミッチ、ジュビロ磐田のMF伊藤洋輝らを獲得。さらに、昨季も特別指定や2種登録で活躍したMF相馬勇紀、DF菅原由勢ら高卒、大卒の逸材を加えて選手層の拡充に成功した。スカッドで唯一の懸念はGK楢崎正剛の現役引退を始め、FW佐藤寿人、FW玉田圭司という百戦錬磨の経験、リーダーシップを失った点だ。新キャプテンに任命されたDF丸山祐市、MF和泉竜司らを中心に中堅選手がチームを引っ張っていきたい。 今季も風間監督が志向する“攻守一体の攻撃サッカー”を継続していく中、注目はシステムを含めて攻守のバランスの落としどころだ。前述の千葉の加入、ワイドに多くの選手を抱えている事情から[3-4-2-1]、[4-4-2]をベースにしていくと思われるが、吉田や米本ら守備を特長とする新加入選手を中心に、変幻自在の攻撃スタイルのウィークポイントでもある被カウンター時のリスク管理など、攻守のバランスを早い段階で見出したい。昨シーズンに証明したリーグ屈指の爆発力にバランス感覚が備われば、ACL出場権獲得と共に優勝争いに絡めるチームに成長する可能性は大いにあるはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆補強動向</span>《B》<span style="font-size:0.8em;">※最低E~最高S<hr></span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_grampus_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>【IN】 DF千葉和彦(33)←サンフレッチェ広島/完全 DF吉田豊(28)←サガン鳥栖/完全 DF菅原由勢(18)←名古屋グランパスU-18/昇格 DF成瀬竣平(18)←名古屋グランパスU-18/昇格 DF藤井陽也(18)←名古屋グランパスU-18/昇格 MF伊藤洋輝(19)←ジュビロ磐田/期限付き MF米本拓司(28)←FC東京/完全 MF杉森考起(21)←FC町田ゼルビア/復帰 MFジョアン・シミッチ(25)←リオ・アヴェ/完全 MF相馬勇紀(21)←早稲田大学/新加入 MF渡邉柊斗(22)←東海学園大学/新加入 FWマテウス(24)←大宮アルディージャ/完全 FW赤崎秀平(27)←川崎フロンターレ/期限付き FW榎本大輝(22)←東海学園大学/新加入 【OUT】 GK楢崎正剛(42)→引退 DFホーシャ(29)→グアラニFC/期限付き満了 DF新井一耀(25)→ジェフユナイテッド千葉/期限付き MF八反田康平(29)→鹿児島ユナイテッドFC/完全 FW深堀隼平(20)→ヴィトーリアSC/期限付き FW佐藤寿人(36)→ジェフユナイテッド千葉/完全 FW玉田圭司(38)→V・ファーレン長崎/完全 <span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span> FWジョー(31)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_grampus_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>イチオシ選手は、FW大久保嘉人(3年連続)以来の2年連続得点王獲得が期待されるジョーだ。ブラジル全国選手権MVP&得点王という肩書を引っ提げて鳴り物入りで加入した昨季は24ゴール4アシストと、チーム総得点(52ゴール)の半分以上に絡む圧巻のパフォーマンスを披露した。今季はより一層相手の徹底マークが予想される中、盟友ガブリエル・シャビエルやMF前田直輝、新加入のマテウスら多士済々のアタッカー陣のまとめ役としてチームを勝利に導く働きを見せたい。また、センターフォワードのバックアップが心もとないこともあり、第一にシーズンフル稼働が求められる。 <span style="font-weight:700;">◆注目の東京五輪世代!</span> MF伊藤洋輝(19)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_grampus_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div> 相馬、菅原と昨季才能の片鱗を見せた高卒、大卒の有望株も捨てがたいが、ポテンシャルの高さでは随一の伊藤を推したい。ジュビロ磐田生え抜きの188cmの大型レフティはトップチームで思うように出場機会を得ることができなかったが、U-19日本代表として臨んだ2017年のトゥーロン国際大会や、U-21日本代表として臨んだ昨年のAFC U-23選手権で大きな存在感を放った。恵まれた体躯を生かした対人守備に加え、高精度の左足を生かした展開力、ダイナミックな攻め上がりといった特長は世界基準のセントラルMFに求められる部分だ。タレント揃いの名古屋でポジションを掴むのは容易ではないが、Jリーグ屈指の知将の下で今季こそそのポテンシャルを開花させたい。 2019.02.13 18:01 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース