ニコ・シュルツの逆転弾で逃げ切ったドイツがペルーに辛勝《国際親善試合》2018.09.10 05:55 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドイツ代表は9日、国際親善試合でペルー代表と対戦し、2-1で勝利した。

▽6日に行われたUEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ1のフランス代表戦をゴールレスドローで終えたドイツは、その試合から先発を5人変更。GKノイアーやミュラー、フンメルスらに代わりGKテア・シュテーゲンやギュンドアン、ブラントらが先発に名を連ねた。

▽一方、6日にオランダ代表との親善試合で惜敗したペルーは、その一戦から先発を3人変更。カリージョ、ロヨラ、ラモスに代えてフローレス、ルイディアス、アラウホを先発で起用した。

▽ブラント、ロイス、ヴェルナーを3トップに並べた[4-3-3]を採用したドイツは開始2分、ギュンドアンのスルーパスからロイスがゴール前に抜け出したが、シュートは飛び出したGKガジェセに防がれる。さらに13分には、右CKからギンターがヘディングシュートでペルーゴールに迫ったがこれは相手GKの正面を突いた。

▽対するペルーは23分、中盤からカウンターを仕掛けるとクエバのパスをボックス右手前で受けたアドビンクラがそのままボックス右まで持ち上がり、豪快なシュートをニアサイドに突き刺した。

▽先制を許したドイツだが、すぐに反撃。25分、敵陣右サイドでボール奪取に成功したギンターのバイタルエリア中央に素早くパスを送ると、クロースが縦へのドリブルで相手DFを引き付けラストパス。これをゴールエリア右付近で受けたブラントが冷静に決めて、試合を振り出しに戻した。

▽同点弾で攻勢を強めるドイツは、34分にもキミッヒのパスが相手DFに当たりゴール前のヴェルナーに繋がると、飛び出したGKを冷静にかわしゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。

▽迎えた後半、ドイツはロイスとJ・ボアテングを下げてドラクスラーとリュディガーを投入。しかし、先にチャンスを作ったのはペルー。54分、クエバの右CKをトラウコがヘディングシュートで合わせたが、これはGKテア・シュテーゲンの好セーブで難を逃れた。

▽対するドイツも、直後に自陣からのロングカウンターで決定機を迎える。56分、右サイドを持ち上がったブラントが絶妙なスルーパスを供給すると、相手DFの裏に抜け出したヴェルナーがループシュートを狙ったが、これは枠の上に外れた。

▽一進一退が続く中、ドイツは84分にギュンドアンを下げてミュラーを投入。すると直後の85分、左クロスを相手DFがクリアミスすると、こぼれ球をペテルゼンがワンタッチではたくと、ボックス手前に走り込んだニコ・シュルツがダイレクトシュート。これにGKガジェセも反応したが弾き切れず、ゴールはそのままゴールネットに吸い込まれた。

▽結局、試合は2-1のまま終了。決定力不足が響き苦戦を強いられたドイツだが、終盤のニコ・シュルツ弾で逆転勝利を飾った。
コメント
関連ニュース
thumb

ケガから復活のロイスが2018年のドイツ代表年間最優秀選手に選出

ドイツサッカー協会(DFB)は5日、ドルトムントのMFマルコ・ロイスが2018年度におけるドイツ代表年間最優秀選手に選出したことを発表した。 DFBのウェブサイト上で、ファンによるドイツ代表の年間最優秀選手を決める投票を実施。89,000票を超える投票の結果、ロイスは全体の33.9%の票を獲得し最優秀選手に選ばれた。近年、度重なるケガの影響で代表戦の出場に恵まれなかったロイスはだが、ワールドカップイヤーとなった2018年は8試合に出場し1ゴール2アシストをマークしていた。 なお、2位は31%の票を集めたバイエルンのMFヨシュア・キミッヒ。3位には昨年度のプレミア年間最優秀若手選手賞に輝いたマンチェスター・シティのMFレロイ・ザネ(10.3%)が選出された。 2019.01.06 02:35 Sun
twitterfacebook
thumb

カーン氏が『GoalPlay』GKクリニックに参加! GKの難しさを語る「毎日課題が生まれる」

▽ドイツ代表としても活躍し、バイエルンやカールスルーエなどでも活躍したオリバー・カーン氏が来日。2日、都内でゴールキーパークリニックを行なった。 ▽今回のゴールキーパークリニックは、カーン氏が立ち上げた『GoalPlay』の一環として行われ、選ばれた中高生が約2時間にわたって様々なトレーニングを行なった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181202kahn_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽3つのセクションに分かれて行われたトレーニングでは、主に1対1の対応をトレーニング。間合いの詰め方や、手を出す位置、体の向きなど、実戦で使える細かい技術も指導された。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181202kahn_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽また、セービング技術以外にも、足を使ったトレーニングを実施。1対1で相手を抜くゲーム形式のトレーニングも行われた。 ▽クリニック終了後、カーン氏はメディアの取材に応対。日本人のレベルやGK論について語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181202kahn_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">──日本の子供たちを見ていかがでしたか?</span> 「高いポテンシャルには驚いた。すごくレベルが高い。色々な地域でやってきたが、好印象を持っている」 「責任感が必要なポジションだが、すごくたくさんトレーニングする必要がある。そういった点で、レベルが高いと感じた」 「GKによって試合の結果は左右される。フィジカル面、体だけでなくメンタル面も含めて鍛えていくことが大事だと思います」 <span style="font-weight:700;">──1対1のトレーニングメニューが多かったが</span> 「今日は1対1のメニューが多かった理由は、1つはピッチだ。大きくボールを蹴ることができなかった。あとは足でたくさん捌く練習をすることも大事だ」 <span style="font-weight:700;">──GKにおいて最も重要なことは</span> 「たくさんある。概念としては、今と昔のGKの感覚が違う。昔はゴールキーパーだったが、今はゴールプレーヤーだ。11人目の選手として考えている」 「モダンなゴールプレーヤーだが、技術面に関しては多く学ばなくてはいけなく、ハードルも高くなっている」 <span style="font-weight:700;">──今日見ていて感じた改善点やアドバイスがあれば</span> 「改善点はいつもある。年齢で言っても36、7になっても、毎日どうやったら自分が日々上達できるかを考えていた」 「GKというポジションは本当に難しいポジションだ。毎日練習などに課題が生まれてくる」 「クロスをキャッチしたり、1対1のシチュエーション、セービング、ジャンプ…テクニックも必要だ。毎日毎日、違う部分を改善できると思う」 <span style="font-weight:700;">──現役時代はアグレッシブなプレーや感情を出して居たが、ピッチ内外での切り替えなどはどうしていたか</span> 「全く一緒だ(笑)まぁ、それは冗談だが、複数のキャラクターがある。1つはアスリートとしてだ。プライベートは全く違うキャラクターだ」 2018.12.02 18:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ドイツの伝説的GKカーン氏が来日! GKになったキッカケは「おじいちゃんを失望させたくないから」

▽ドイツ代表としても活躍し、バイエルンやカールスルーエなどでも活躍したオリバー・カーン氏が来日。11月30日に都内で「Bundesliga Experience Toky 2018」としてメディアブリーフィングに参加した。 ▽現役時代には、2002年の日韓ワールドカップで、GKとして初めてワールドカップの最優秀選手賞を受賞し、GKとしての一時代を築いたカーン氏。今回の来日では、明治安田生命J1リーグ最終節の川崎フロンターレvsジュビロ磐田を観戦するなど、精力的な活動を行う。 ▽今回のメディアブリーフィングでは、スカパー!のブンデスリーガ実況でもおなじみの西岡明彦さんとトークショーを行い、ブンデスリーガについてや日本人選手について、さらにはGK論などを熱く語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181201kahn_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">──2002年のワールドカップの活躍が記憶に残っていますが、それ以降日本や東京を訪れたことはありますか</span> 「数年前に訪れました。2002年のワールドカップは私も印象的でした。友人やファンの方もいたので、遊びに来ていました」 <span style="font-weight:700;">──日本の印象はいかがですか?</span> 「ミュンヘンに比べると、ここは雪が降っていないのですごく居心地がいいです(笑)。空港に到着した時から日本と言う国は好きだ。何と言っても歓迎されて嬉しい」 <span style="font-weight:700;">──今回の日本滞在で楽しみにしていることは</span> 「ブンデスリーガで20年プレーしていたので、その代表として来日した目的は色々あります。ブンデスリーガ代表という以外でも、『GoalPlay』というものを日本で広めることも楽しみです」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181201kahn_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">──日本人選手はブンデスリーガで多く活躍しています。現状の人気や日本人選手の活躍はどう見ているか</span> 「ドルトムントの香川選手やフランクフルトの長谷部選手は凄く注目を浴びている。1部リーグでは7人の選手がプレーしているが、日本の育成システムというのも充実しているのを感じているし、クオリティも上がっていると感じている。2部でも数人活躍しているので、そこにも注目している」 <span style="font-weight:700;">──日本人選手が海外に渡るときにブンデスリーガに行くケースが多いが、ブンデスリーガで活躍するために必要な能力は</span> 「ブンデスリーガだけでなくヨーロッパでプレーするにはということだが、日本人とドイツ人はメンタリティが似ている。練習に対しての練習量や努力がしっかりと性格が似ていると思う」 「ただ、メンタリティが似ていても、練習量などを増やすだけではなく、クオリティも必要となる。そのバランスを常に持っていなければいけない」 <span style="font-weight:700;">──30代からベテランまで監督がいて、試合中にシステムが変更されるなど、監督にも魅力があると思うが</span> 「コーチングに関しても、たくさんの種類があり、キャラクターがあるので選手に影響が出ている。ブンデスリーガは選手だけでなく監督の育成にも取り組んでいる。色々な指導の方法があるのも、クオリティに繋がっているだろう」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181201kahn_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">──GKとして一時代を築いて来ましたが、どういったキッカケでGKになったのか</span> 「元々フィールドプレーヤーだったが、おじいちゃんにGKのユニフォームをプレゼントしてもらった。もらったのは、ゼップ・マイヤーのものだった。それをもらってから、おじいちゃんを失望させたくないということで、そこからGKとしてプレーを続けた」 <span style="font-weight:700;">──現在ではマヌエル・ノイアーやマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンなどドイツは良いGKが多いがその理由はどこにあると思うか</span> 「伝説的なGKが多く生まれてきた理由は、トニー・トゥレク、ゼップ・マイヤー、ハラルト・シューマッハーなどが模範となっていることだ。それを見て、なりたいと思うことがある」 「ドイツ人の性質というものも合っていると思うし、ディシプリンもGKに合っていると思う。だから、ノイアーや若手もレジェンドを見ていることが繋がっていると思う」 <span style="font-weight:700;">──日本にも良いGKが多く出て来たが、ヨーロッパに行くのはMFやFWが多い。子供たちにGKになりたいと思わせるには</span> 「GKになるためには色々な特殊能力が現在は必要となっている。昔と今はGKの感覚が違う。今は色々なスキルが求められている」 「元々、ゴールキーパーと呼ばれていたが、最近はゴールプレーヤーと呼ばれるようになっている。キーパーではなく、11人目のフィールドの選手という意味もある。だから、色々な能力を学ぶ必要があり、ポジションとしては多彩で技術的に難しいポジションだ」 「そして試合を左右するポジションでもある。そのため、メンタリティも鍛える必要があり、育成に力を入れる必要があると思う」 <span style="font-weight:700;">──今回の来日には『GoalPlay』というものも目的としてあると思いますが</span> 「『GoalPlay』は2015年に立ち上げたものだ。当初立ち上げた理由は、ドイツのGKの90%はGKとしてのトレーニングを受けていないことが多かった。そのところを見て、ミッションとしてゴールキーパーではなくゴールプレーヤーを育てるには、トレーナーを育てなくてはいけないというのがあった」 「『GoalPlayAcademy』を立ち上げて、色々なクラブと協力して来た。他国でも色々なことをやっているため、それをグローバル化したいと思っている」 <span style="font-weight:700;">──日本人選手がブンデスリーガでゴールプレーヤーになる可能性はあると思うか</span> 「もちろんそうだ。日本人選手がゴールプレーヤーになる可能性はあるだろう。ただ、特殊なトレーニングをする必要はあると思う」 「技術を含め、特別なトレーニングはスポーツ科学などを利用し、ピンポイントでできることが可能となっている」 「もう1つは若手選手だ。活躍している選手は30前後となるが、今後はもっと若手選手を中心に新しい技術を使った育成をしていかなければいけない」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181201kahn_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">──カーン氏のこの先のビジョンは</span> 「2008年に引退してからはサッカーに携わっている。『GoalPlay』以外にも色々なものを立ち上げており、それを発展させていきたいと考えている」 「今も藻でレーションをやっている。サッカーの専門家としても活躍していきたい」 <span style="font-weight:700;">──指導者というよりもマネジメントの方で活躍をしたいか</span> 「選手育成も楽しいが、それをメインにするというよりは、アイデアを提供したり、ビジネス思考で携わりたい」 <span style="font-weight:700;">──ブンデスリーガは日本でも人気が高まっている。日本のブンデスリーガファンへメッセージを</span> 「ブンデスリーガは世界基準で見てもレベルが高いので、是非見ていただきたい。戦術やトップのスター選手もたくさんいて、サッカーの魅力もあるので期待してほしい」 「レヴァンドフスキやロッベン、香川などもいる。色々な国からブンデスリーガに来て活躍している選手も多い」 「バイエルンで活躍して来て、長い間バイエルンが強いと言われて来たが、ドルトムントが頑張っている。そこも面白いところではないかと思う」 2018.12.01 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル熱望のヴァイグル、獲得コストは98億円

▽アーセナルが、ドルトムントに所属するドイツ代表MFユリアン・ヴァイグル(23)獲得に動いているようだ。ドイツ『ビルト』の情報を基にイギリス『talkSPORT』が報じた。 ▽2015年に1860ミュンヘンから加入したヴァイグルは、以降3シーズンに渡って守備的MFやセントラルMFの主力として活躍してきた。しかし、今季はルシアン・ファブレ新監督の就任に伴い、ベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル、デンマーク代表MFトーマス・デラネイら新加入組に押し出される形で出場機会を失い、ここまでリーグ戦での先発出場はわずか2試合のみとなっている。 ▽そういった状況にあるヴァイグルを、アーセナルのウナイ・エメリ監督が注視。ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーの退団が濃厚なこともあり、熱心に獲得を目指していることが伝えられている。 ▽なお、『ビルト』によれば、アーセナルがヴァイグルを射止めるためには移籍金6800万ポンド(約98億4000万円)が必要に。マンチェスター・シティからの関心も伝えられる中、獲得に漕ぎつくことはできるのだろうか。 2018.11.25 18:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ケディラ、独代表でボランチ起用のキミッヒを称賛もライバル視せず「僕はインサイドハーフ」

ユベントスに所属するサミ・ケディラは、バイエルンのヨシュア・キミッヒがドイツ代表でボランチとして見せるプレーを称賛した。ドイツ『dpa通信』が伝えている。<br><br>ヨアヒム・レーブ監督は今夏のワールドカップ後、これまでバイエルン・ミュンヘンでも代表でも主に右サイドバックで起用されてきたキミッヒをボランチに移行。今シーズンの代表戦6試合すべてで本人も本職と見る中盤の位置でプレーしている。<br><br>その起用法について「良い決断」と評価するケディラは「彼はクオリティや冷静さに加えリーダーシップも備えているのでね」と言及。また「長期的に6番(ボランチ)として素晴らしいパフォーマンスを見せ続けるだろう」と期待を口にした。<br><br>W杯以来、ドイツ代表に招集されていないケディラだが、キミッヒの活躍と自身の選外につながっていないとの見解のようだ。「どちらかと言えば自分をインサイドハーフと見ているのでね。なので、新たなライバルが現れたとは考えないし、僕のポジションが奪われたとも思わない」と強調した。<br><br>なお現在31歳のケディラは代表への復帰を望んでいる模様。レーブ監督とは「W杯後には1度、長めの話し合いがあった」と明かすも、「お互いやることが多く、今のところは連絡はないね」と認めている。秋には負傷離脱を強いられた同選手は、来年にまた招集がかかるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.11.22 07:35 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース