ペケルマン退任のコロンビア、ファルカオ&チャラ弾でベネズエラに逆転勝利《国際親善試合》2018.09.08 11:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コロンビア代表は日本時間8日、国際親善試合でベネズエラ代表と対戦し、2-1で勝利した。

▽ロシア・ワールドカップでベスト16敗退に終わったコロンビアは、2012年から指揮を執るホセ・ペケルマン監督が4日に正式に退任し、現時点でU-20コロンビア代表で監督を務めるアルトゥロ・レジェス氏が臨時監督を務めることに。そのレジェス監督は、GKオスピナ、クアドラード、バッカ、キンテーロ、ファルカオらを起用した。

▽序盤から相手にプレッシャーをかけたいコロンビアだったが、4分にいきなり先制点を与えてしまう。右サイドのA・ゴンサレスのクロスがファーサイドに抜けると、そこに走り込んでいたマチスに頭で合わせられて失点を喫する。

▽早い時間帯に先制を許したコロンビアはすぐさま攻勢を強める。18分、キンテロがボックス右手前でボールを持つと、ドリブルでボックス右深い位置まで侵攻し、中央へラストパスを送る。しかし、中央のファルカオはわずかにボールに届かず。

▽前半半ばに差し掛かると、コロンビアは敵陣への侵攻回数が増加するも、良い形でシュートまで結びつけることができない。42分にはボックス右外でFKを獲得。キッカーのキンテロが左足で直接ゴールを狙い、相手の意表を突いたが、ここはGKファリニェスのファインセーブに阻まれて同点ゴールとはならない。

▽0-1のビハインドで試合を折り返したコロンビア。すると51分、にファルカオが一瞬の隙から相手最終ラインを抜け出してGKと一対一に。しかし、ボックス内から放ったシュートはGKファリニェスの正面に飛んでしまう。

▽後半に入ってもベネズエラを押し込むコロンビアについに同点ゴールが。55分、ボックス右で縦パスを受けたバッカが切り返しから中央へパス。これを受けたファルカオが対峙した相手DFをかわしてゴールへ流し込んだ。

▽同点に追いついたコロンビアはさらに64分、味方のスルーパスにバッカが反応。ボックス左に走り込み、GKファリニェスをかわしてゴールに蹴り込んだ。しかし、バッカにオフサイドの判定が下されてしまい、逆転とはならない。

▽その後もコロンビアが激しくゴールに迫るも逆転ゴールは生まれないまま試合は終盤に。迎えた90分、コロンビアが土壇場で逆転に成功する。ボックス右からのクロスが混戦になると、こぼれ球をチャラがシュート。一度はGKファリニェスに弾かれたが、再び足元に転がってきたボールをゴールへと蹴り込んだ。

▽このゴールで逆転に成功したコロンビアが、ファルカオとチャラのゴールで2-0で勝利している。

ベネズエラ 1-2 コロンビア
【ベネズエラ】
マチス(前4)
【コロンビア】
ファルカオ(後10)
チャラ(後45)
コメント
関連ニュース
thumb

ハメスやファルカオが登場! コロンビア代表の新ユニフォームが日本でお披露目!

アディダスは19日、コロンビア代表の新ユニフォーム発表会を横浜市内で実施した。 22日にキリンチャレンジカップ2019で日本代表と対戦するコロンビアは、19日からトレーニングをスタート。それに先立ち、新ユニフォームを発表した。 今回の発表会には、ハメス・ロドリゲス(バイエルン/ドイツ)やラダメル・ファルカオ(モナコ/フランス)、ダビンソン・サンチェス(トッテナム/イングランド)など12名の選手が登壇。一斉にジャージを脱ぎ、新ユニフォームをお披露目した。 今回の新ユニフォームは、コロンビアの歴史を刺繍し、国民的製品で、さらに世界のアイコンも作った織物に触発されたデザインを表現。すべて刺繍がベースになっているグラフィックは、シャツの前面に伝統的な黄色と青の横糸で強調しており、プレイヤーとファンに、モダンでオーセンティックなデザインを与えている。 肩には青色で伝統的なアディダスの三本ストライプ、そして胸にはフェデレーションのロゴとアディダスのブランドロゴが配置されています。ユニフォームは、伝統的な青いパンツと赤いソックスでさらに魅力的なものになっている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190319_41_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 発表会後は、トレーニングの冒頭を公開。カルロス・ケイロス新監督の下、トレーニングに励んだ。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/XabNu5KudSs" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.03.19 21:50 Tue
twitterfacebook
thumb

22日に日本代表と対戦のコロンビア代表守護神・オスピナ&W杯でFKを決めたキンテーロが離脱…《国際親善試合》

コロンビアサッカー連盟(FCF)は17日、ナポリのGKダビド・オスピナとリーベル・プレートのMFフアン・フェルナンド・キンテーロのコロンビア代表チーム離脱を発表した。 ロシア・ワールドカップでも対戦したコロンビアの守護神・オスピナは、17日に行われたセリエA第28節のウディネーゼ戦に先発出場。しかし、5分にクロスボールに走り込んだプセットと激突。プセットのヒザが顔面に入り倒れ込んだものの、プレーを続行。しかし、40分過ぎにピッチ上で倒れ意識を失い、そのまま病院へと緊急搬送されていた。 また、ワールドカップでは日本戦で壁の下を抜くFKを決めていたキンテーロは、17日に行われたインデペンディエンテ戦に出場も試合中に左ヒザを捻挫し途中交代。リーベル・プレートの発表によると、検査の結果、キンテーロは左ヒザ前十字じん帯断裂であることが確認されたようだ。 なお、オスピナの代わりにはデポルテス・トリマのGKアルバロ・モンテーロ(23)、キンテーロの代わりには、アトレチコ・ミネイロのFWジミ・チャラ(27)が招集された。 コロンビア代表は、22日に日産スタジアムで日本代表と、26日に韓国代表と対戦する。 2019.03.18 11:27 Mon
twitterfacebook
thumb

頭部強打で意識不明のコロンビア代表GKオスピナの無事が確認…交代後病院に直行

ナポリに所属するコロンビア代表GKダビド・オスピナが、ウディネーゼ戦で意識を失い、病院へ緊急搬送された。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 オスピナは17日、セリエA第28節のウディネーゼ戦(4-2でナポリが勝利)に先発。開始5分に左サイドからのクロスに対応した際、走り込んでいた相手選手と接触し、頭部を強打。その際は治療を受けてプレーを続行したが、41分に意識を失い、突如ピッチに倒れ込んだ。オスピナはプレー続行不可能となり、そのまま病院に直行した。 伝えられるところによると、オスピナには意識もあり、CTスキャンの結果、脳への大きなダメージも見られなかったようだ。ナポリのメディカルスタッフも「オスピナはすべての検査を終えて、元気です」とコメントしている。病院には家族も駆けつけており、24時間から48時間の間、病院で経過観察をするという。 ちなみにオスピナは、22日に日本代表と対戦するコロンビア代表のメンバーに選出されているが、今回は辞退することになりそうだ。 2019.03.18 09:10 Mon
twitterfacebook
thumb

日本と対戦のコロンビア代表、アトレティコのS・アリアスが負傷離脱…《国際親善試合》

コロンビアサッカー連盟(FCF)は13日、今月行われる国際親善試合に向けた同国代表メンバーからDFサンティアゴ・アリアス(アトレティコ・マドリー/27)が負傷により辞退したことを発表した。代わりにクルゼイロに所属するDFルイス・マヌエル・オレフエラ(23)を追加招集したことも併せて伝えている。 アリアスは12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント・ラウンド16のユベントス戦で負傷。アトレティコの13日の発表によると、グレード2の外転筋損傷と診断されたようだ。 追加招集となったオレフエラは、2017年8月にコロンビア1部リーグのデポルティボ・カリからアヤックスに完全移籍。主にU-21でのプレーをメインとし、今シーズンのトップチームでの出場は公式戦4試合。2019年1月からはクルゼイロにレンタルで加入している右サイドバックだ。ちなみに今回が初招集となる。 コロンビア代表は、22日(金)に日本代表と、26日(火)に韓国代表とアウェイで対戦する。 2019.03.15 16:40 Fri
twitterfacebook
thumb

コロンビア代表FWファルカオ、引退後「プロ野球選手」に

モナコに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(33)が引退後の夢として、プロ野球選手転向を掲げた。 長らくワールドクラスのゴールゲッターとしてフットボール界に名を轟かせてきたファルカオだが、今年で33歳。最近の報道でミランの関心が取り沙汰されているが、年齢的にもフットボールキャリアの晩期に入っている。 そのファルカオは『France Football』のインタビューで引退後の将来設計について次のように言及。野球大国でもあるベネズエラ出身者らしい展望を明かした。 「若い頃から野球が大好き。僕はベネズエラ育ちだからね。よく練習したスポーツで、なかなかの腕前だったよ」 「時々、妻と一緒に引退後を考えていて、プロ野球選手を目指そうを思っている。マイケル・ジョーダンのようにね」 マイケル・ジョーダン氏とは伝説的な元NBAプレーヤー。引退後、野球選手に転向したことで話題を集めた。 2019.03.12 18:25 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース