千葉、日本文理高校GK相澤ピーターコアミが来季加入内定!2018.09.06 19:16 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ジェフユナイテッド千葉は6日、日本文理高校のGK相澤ピーターコアミ(17)の来季からの加入が内定したことを発表した。▽東京都出身の相澤は、193cmの恵まれたサイズを誇るGK。新潟県の日本文理高校で全国高校サッカー選手権にも出場しており、今年8月にはU-18日本代表として2018 SBSカップ国際ユースサッカーにも出場した有望株だ。

▽相澤は千葉加入に際してクラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「夢であったプロサッカー選手のキャリアをジェフユナイテッド市原・千葉というクラブで始められることを光栄に思います。僕と関わってくださった全ての方々に感謝し、恩返しできるよう、日々精進していきますので応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

監督&コーチら解任の千葉、新ヘッドコーチに元浦和監督の堀孝史氏を指名…2017年にはアジアを制覇

ジェフユナイテッド千葉は20日、ヘッドコーチに堀孝史氏(51)が就任したことを発表した。 現役時代に浦和レッズや湘南ベルマーレでプレーした堀氏は引退後、湘南や浦和のアカデミースタッフやトップチームのコーチなどを経験。2017年7月に、2度目となる浦和指揮官に就任すると、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝に導いた。しかし、翌2018シーズンはスタートに躓き、同年4月に契約解除。今年からは、尚美学園大学サッカー部のヘッドコーチを務めていた。 千葉は今シーズン、J2リーグ第4節終了時点で2分け2敗の21位に。17日に フアン・エスナイデル監督との契約解除が発表されると、翌18日に江尻篤彦コーチ(51)の指揮官就任を発表。さらに19日にはマルコス・ギジェルモ・サムソヘッドコーチ(45)、ラモン・カタラフィジカルコーチ(57)の解任を発表していた。 2019.03.20 10:35 Wed
twitterfacebook
thumb

監督交代の千葉、ヘッドコーチ&フィジカルコーチを解任

ジェフユナイテッド千葉は19日、フアン・エスナイデル監督(46)の解任に伴い、マルコス・ギジェルモ・サムソヘッドコーチ(45)、ラモン・カタラフィジカルコーチ(57)を解任したことを発表した。 フアン・エスナイデル監督が率いる千葉は、今シーズンはJ2リーグ第4節終了時点で2分け2敗の21位に。17日に契約解除が発表され、翌18日に江尻篤彦コーチ(51)の指揮官就任が発表されていた。 マルコス・ギジェルモ・サムソ氏は、2017年に千葉のヘッドコーチに就任。ラモン・カタラ氏は今年1月にフィジカルコーチに就任したばかりだった。 2019.03.19 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

千葉、エスナイデル後任に江尻篤彦コーチを指名!「良い部分は継承し、課題となっている部分を修正したい」

ジェフユナイテッド千葉は18日、スペイン人のフアン・エスナイデル監督の後任として江尻篤彦コーチ(51)が新指揮官に就任したことを発表した。 フアン・エスナイデル監督は、ヘタフェらスペイン複数クラブを率いた後、2017年に千葉の監督に就任。初年度は明治安田生命J2リーグで6位に入り、J1昇格プレーオフに出場。しかし、昨シーズンを14位で終えると、今シーズンはJ2リーグ第4節終了時点で2分け2敗の21位に。17日に契約解除が発表された。 新指揮官に就任することとなった江尻氏は、現役時代にジェフユナイテッド千葉で前身の古川電工時代から活躍。引退後は千葉の下部組織で経験を積み、2008年8月にトップチームコーチに。その後は、アルビレックス新潟ヘッドコーチやU-23日本代表コーチ、U-15日本代表コーチ、千葉U-18監督などを歴任。2009年7月から同シーズン終了時まで解任されたアレックス・ミラー監督の後任として千葉のトップチームを指揮した経験を持っている。2017年からは再びトップチームのコーチを務めていた。 監督就任が決定した江尻氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「エスナイデル監督と2年間やってきた良い部分は継承し、課題となっている部分を着実に修正し、目の前の1戦1戦を一歩ずつ選手と共に闘っていきます。その為にはサポーターの皆さんの力が必要です。ぜひスタジアムにお越しいただき、選手の後押しをお願いします」 2019.03.18 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

開幕未勝利の千葉、エスナイデル監督との契約解除を発表

ジェフユナイテッド千葉は17日、スペイン人指揮官フアン・エスナイデル監督(46)との契約解除を発表。後任は決定次第改めて発表するとしている。 現役時代にレアル・マドリーやアトレティコ・マドリー、ユベントスなどでプレー歴を持つフアン・エスナイデル監督は、ヘタフェらスペイン複数クラブを率いた後、2017年に千葉の監督に就任。初年度は明治安田生命J2リーグで6位に入り、J1昇格プレーオフに出場したものの、昨シーズンは苦しいシーズンを送り、14位で終えた。 また、今シーズンの千葉はJ2リーグ第4節終了時点で2分け2敗の21位。J通算では88試合36勝17分け35敗という成績だった。 2019.03.17 21:31 Sun
twitterfacebook
thumb

千葉が3年ぶりのちばぎんカップ優勝 柏相手に新戦力躍動《Jリーグプレシーズンマッチ》

第24回ちばぎんカップが17日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、ジェフユナイテッド千葉がPK戦で柏レイソルを破り、3年ぶりの優勝を成し遂げた。 9年ぶりのJ2参戦となる柏は今シーズンからネルシーニョ監督が5年ぶりに復帰。守護神を中村が務めたスタメンに最終ラインの右から小池、染谷、古賀、高木を並べ、3センターに手塚、ヒシャルジソン、小泉を置き、最前線に入ったクリスティアーノの両脇にガブリエル、瀬川を起用した。 一方、昨年J2で過去最低14位に終わった千葉は今年でフアン・エスナイデル体制3年目。佐藤を最後尾に起用した先発に最終ラインの右からゲリア、増嶋、エベルト、下平を置き、2列目に堀米、熊谷アンドリュー、矢田、茶島を並べ、2トップにアラン・ピニェイロと船山をチョイスした。 試合は16分に動く。左サイドでプレーする瀬川がバイタルエリア左でボールを受けると、ワンテンポ置いて左足を振り抜く。これが対面の増嶋に当たって相手GKの逆を突き、ゴール左下に吸い込まれ、ホームの柏が先制に成功する。 だが、千葉もすかさず反撃。19分、左CKを獲得すると、キッカーの堀米が左足でクロスを供給する。これに反応したエベルトがファーサイドからニアサイドにポジションを移しながらヘッド。千葉が試合を降り出しに戻してみせる。 後半の頭から小泉に代わり、ピッチに立ったオルンガが1stタッチで決定機。左足で放ったグラウンダーのシュートでゴールを狙うが、惜しくも左ポストの外側を叩いてしまい、柏の勝ち越しとはならない。 すると、55分、千葉のセットプレーが再び炸裂。右CKから堀米が左足でゴール前にクロスを供給する。これにゴール前で反応したアラン・ピニェイロが相手DFとの駆け引きを制して頭で合わせ、千葉が形勢を逆転する。 リードした千葉の攻勢に遭い、なかなか攻め手を見いだせない柏は60分に高木を下げて菊池、66分にガブリエルに代えて村田を投入。対する千葉は67分にアラン・ピニェイロから元セレソンのクレーベをピッチに送り込む。 その後も互いに交代カードを駆使しながらゲームを進めた試合は87分、ボックス右に侵攻した小池が右足で低い弾道のクロス。これが相手GKのファンブルを誘ったところをクリスティアーノが詰めて、柏が同点に追いついた。 結局、試合はPK戦にもつれ込み、柏6人目のキッカーを務めた古賀のシュートをGK佐藤が冷静にストップ。千葉が3年ぶりの優勝を果たした。 柏レイソル 2-2(PK5-6) ジェフユナイテッド千葉 【柏レイソル】 瀬川祐輔(前16) クリスティアーノ(後42) 【ジェフユナイテッド千葉】 エベルト(前19) アラン・ピニェイロ(後10) 2019.02.17 15:15 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース