今夏ユナイテッドから関心もレスター残留…マグワイア、クラブへの“恩”を語る2018.09.06 12:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レスター・シティに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイアは、今夏に残留を決断した理由について明かしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

▽2017年6月にハル・シティからレスターに加入したマグワイア。昨シーズンに公式戦44試合2ゴール3アシストという成績を残すと、ロシア・ワールドカップ(W杯)にイングランド代表の一員として参加し、全8試合に出場してチームのベスト4入りに大きく貢献した。

▽そのマグワイアには今夏マンチェスター・ユナイテッドから関心を寄せられたが、レスターはオファーを拒否。移籍が実現することはなく、同選手のレスター残留が決定したが、マグワイア自身はレスターに「恩がある」と語りクラブの決断を尊重している。

「僕は他のクラブから関心を受けた後、レスターと話をした。そして、彼らは僕を売却する気はないと繰り返して言ったんだ。その決断を尊重したよ」

「(2016-17シーズンに)ハル・シティがプレミアリーグから降格した時、このクラブは僕にプレミアリーグでプレーし続ける機会を与えてくれた。今は本当に楽しむことができているんだ。毎週毎週ね。これは僕にとって大切なことなんだ」

「このクラブが僕をW杯の舞台に立たせてくれた。彼らにはその恩がある。だからクラブの決断を尊重したんだ。今はこれからのシーズンを楽しみにしているよ」


コメント
関連ニュース
thumb

岡崎途中出場のレスター、トッテナムに敗れ7戦ぶり黒星《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第16節、レスター・シティvsトッテナムが8日に行われ、2-0でトッテナムが勝利した。レスターの岡崎は79分から途中出場した。 ▽現在9位のレスター(勝ち点22)はここ6試合無敗を継続。ラニエリ監督との古巣対戦となった前節のフルアム戦は、マディソンのゴールで追いついてドロー決着となった。今節は、前節からスタメンを4選手選手変更。エバンスやグレイ、イボーラ、リカルド・ペレイラが先発に名を連ねた。岡崎はベンチスタートとなっている。 ▽対して3位のトッテナム(勝ち点33)は前々節のアーセナル戦の敗戦から、前節のサウサンプトン戦の勝利で見事にバウンスバック。連勝を目指す今節は、3日後に控えるチャンピオンズリーグのバルセロナ戦を睨みつつ、前節のスタメンから5選手変更。ヴェルトンゲンやオーリエ、B・デイビス、デレ・アリらが起用された。 ▽序盤は互角の戦いが続く。まずは7分にレスターのエンディディがボックスの外からシュートを試みる。トッテナムも幾度か深い位置まで攻め込むものの、レスターの堅い守備を崩しきれない場面が増えていく。 ▽前半も終盤に入り、ここまで両チーム合わせて3本しかシュートがない試合はアディショナルタイムに動く。ボックス手前左でオーリエからパスを受けたソン・フンミンが中央に切り込んで左足一閃。強烈なシュートがゴール左隅に突き刺さりトッテナムが先制した。 ▽前半は前線が停滞していたトッテナムだが、後半は早々にソン・フンミンが2本のシュートを放つなど、追加点の匂いを漂わせる展開に。対してレスターも53分、グレイが右サイドからカットインし、左足でシュート。ゴール左下を突いたが、GKロリスがセーブ。 ▽レスターは56分、イヘアナチョとイボーラを下げて、ゲザルとオルブライトンを同時投入。システムを変えて打開を試みる。 ▽しかし、それから2分後の58分、トッテナムは攻撃に出ようとしたレスターにカウンターを発動。左サイドに開いたソン・フンミンにボールが渡り、ボックス左から右足でクロスが上がる。これにオフサイドラインギリギリで飛び出したデレ・アリがダイビングヘッドで押し込みトッテナムに追加点が生まれた。 ▽デレ・アリのトッテナムでの50ゴール目が決まったその後は、ルーカス・モウラに代えてエリクセン、ソン・フンミンに代えてケインを投入。さらに78分には、オーリエが足を痛めてウォーカー=ピータースと交代。レスターも81分にメンディを下げて岡崎をピッチへ送り出した。 ▽試合終盤にかけてレスターがボールを持つ時間帯が続く。88分に、岡崎はマディソンのクロスに飛び込むが惜しくも合わず。89分にはカウンターからゲザルがシュートに持ち込むがGKロリスの正面に。 ▽試合はここで終了。敗れたレスターはリーグ戦7試合ぶり黒星となった。トッテナムはリーグ戦2連勝でバルセロナ戦に臨む。 2018.12.09 06:39 Sun
twitterfacebook
thumb

レスターを襲ったヘリコプター墜落事故、原因判明…操縦ペダルが機能せず

▽イギリス『BBC』は、レスター・シティの会長を含む搭乗者5名が死亡したヘリコプター墜落事故の発生原因が判明したと報じた。 ▽事故は10月27日にレスター・シティのホームで行われたプレミアリーグ第10節のウェストハム戦後に発生。オーナーを務めるヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏ら5名が搭乗したヘリコプターはスタジアムに隣接する駐車場に墜ち、全員の死亡が確認された。 ▽イギリス航空事故調査局(AAIB)の調査報告結果によれば、事故の原因は操縦席ペダルの不具合。そのペダルが機能せず、機体尾部にある小さな回転翼(テールローター)が制御不可能になったことで、バランスを崩した機体が右回転して墜落したという。 ▽テールローターのコントロールを司るペダルが機能不全に陥った原因については、さらなる究明に向け、今後も調査を続けていくとのこと。この惨事を受け、欧州航空安全機関(EASA)は同型のヘリコプターの検査を命じているとみられる。 2018.12.07 11:40 Fri
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司が語る恩師ラニエリ 「紳士かつモチベーター」

▽レスター・シティに所属する元日本代表FW岡崎慎司がクラウディオ・ラニエリ監督について語った。 ▽ラニエリ監督はレスターの指揮官として、2015-16シーズンのプレミアリーグを優勝。2017年2月に成績不振で更迭後、ナントを率い、11月14日にフルアムの監督に就任した。 ▽そのラニエリ監督は5日にホームで行われたプレミアリーグ第15節でレスターと対戦。1点リードで後半を迎えたが、途中出場した岡崎にアシストを許して、1-1のドローに終わった。 ▽岡崎は試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』で恩師であるラニエリ監督について次のように言及。元恩師を称賛すると共に、勝手を知る相手との対戦に難しさを口にした。 「彼は紳士であり、モチベーター。物事もシンプルに考えていて、今の時代は戦術が複雑だけど、彼はよりコレクティブに協力し合って戦うことにフォーカスしている。それが彼の強み」 「彼は経験が豊富で、決してギブアップせず、最後まで戦い抜く。相手の方が良くても、彼の下でプレーする選手は結果を求めて最後の最後までモチベーションを高めて戦うことができた」 「すごく難しい試合だった。相手はとても組織的にプレーしていたし、守備もすごくコンパクトだった。まるで僕らの戦い方を熟知しているかのようだった」 「僕らは幅を広く使って最初の20分間を戦ったけど、それ以降は彼らの方がうまくプレーしていた」 2018.12.07 10:40 Fri
twitterfacebook
thumb

途中出場の岡崎が同点弾アシスト! ラニエリ率いるフルアムにドロー《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは5日、プレミアリーグ第15節でフルアムとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。レスターのFW岡崎慎司は71分から出場している。 ▽前節ワトフォード戦を2-0と勝利してリーグ戦5試合負けのない9位レスター(勝ち点21)は、前節出場機会のなかった岡崎が2試合連続ベンチスタートとなった。 ▽ミラクル・レスターを指揮したラニエリ監督率いる最下位フルアム(勝ち点8)に対し、ポゼッションで上回る展開となったレスターだったが、カウンターから効率的にゴールに迫るフルアムに前半終盤の43分、先制される。 ▽ミトロビッチのヒールパスに抜け出したカマラにボックス左へ侵入されると、対応したDFを外されてゴールに蹴り込まれた。 ▽後半もフルアムのカウンターを受ける苦しい展開を強いられたレスターは71分に岡崎がイボーラと共にピッチに投入される。 ▽すると、1トップのイヘアナチョの後方に位置した岡崎が同点弾をアシストする。74分、グレイのパスを受けてボックス右に侵入した岡崎がマイナスのクロスを折り返す。これをマディソンが決めてレスターが同点に追いついた。 ▽終盤にかけては互いに勝ち越しゴールを目指したが、1-1でタイムアップ。岡崎のアシストでレスターが勝ち点1をもぎ取っている。 2018.12.06 06:59 Thu
twitterfacebook
thumb

古巣レスターと初対戦のラニエリ監督、「素晴らしい気分になるはず」

▽フルアムは5日に行われるプレミアリーグ第15節でレスター・シティをホームに迎える。同試合でレスターと初対戦となるクラウディオ・ラニエリ監督が古巣への想いを語った。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 ▽2015-16シーズンにレスター・シティを奇跡のプレミアリーグ初優勝に導いたラニエリ監督。しかし、その翌シーズンとなった2017年2月には成績不振を理由に解任されていた。 ▽その後、今年11月に最下位のフルアムの新指揮官に招へいされたラニエリ監督は前節のチェルシー戦に続き、今回のホームゲームでは再び古巣と対戦する。 ▽同試合の前日会見に出席したラニエリ監督は古巣初対戦に向けて自身の想いを語った。 「もちろん、彼ら(レスターの選手)は今でも私にとって息子のような存在だ。ただ、今の私には別の息子たち(フルアムの選手)がいる。それは普通のことだ。これまで率いてきたすべてのチームでプレーヤーたちを息子のように愛していた。同様に彼らの力を伸ばすために全力を尽くしてきたよ」 「個人的にプレミアリーグに戻って来ることを望んでいた。そうなれば、チェルシーやレスターとも対戦しなければならない」 「ただ、私はコーチを続け感情と共に生きている中でそれは良いことだと思っている」 「チェルシー戦でスタンフォード・ブリッジに戻って来れたことは素晴らしい気持ちだった。そして、明日の午後の試合でも素晴らしい気分になるはずだ。さらに、レスターを訪れるときは同様に素晴らしい気持ちになると思うよ」 ▽ラニエリ監督はかつての教え子との再会を楽しみにしている一方、フルアムの指揮官として相手の対策にも余念がないようだ。 「現在、彼らは順位表で良い位置にいると思う。同時に彼らにはベン・チルウェル、マーク・オルブライトンというリーグ内で最も多くクロスを供給しているプレーヤーを左右に配置している」 「そのため、彼らがどのように攻撃し、ゴールスコアラーに対してどのような形でチャンスを提供したいのか考えてみよう。とにかく、我々は注意深くなる必要がある」 2018.12.05 17:04 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース