ロナウド氏がバジャドリー正式買収 新オーナーに就任2018.09.04 08:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽現役時代にバルセロナやレアル・マドリー、インテルで活躍した元ブラジル代表FWのロナウド氏(41)がバジャドリーを買収した。クラブ公式サイトが伝えた。

▽ロナウド氏は、推定3000万ユーロ(約38億7000万円)でバジャドリーの株を51%取得。過半数株主となり、新たな会長に就任した。なお、前会長のカルロス・スアレス氏は引き続きクラブに留まり、経営に携わっていくという。

▽1928年創設のバジャドリーは、スペイン北部カスティーリャ・イ・レオン州のバリャドリードが本拠地。2000年に元日本代表FWの城彰二氏が在籍したことでも知られ、今シーズンから5年ぶりに1部復帰を果たしたクラブだ。

▽会見に出席したロナウド氏は、「バジャドリーの現在と未来のためにも、みんなに参加してほしい。新たな経営陣は、競争力、透明性、革新性、社会性で成り立っている。我々に期待していてもらいたい」と意気込んだ。
コメント
関連ニュース
thumb

バジャドリーに辛勝のバルセロナ、ピケがリヨン戦に向け警鐘「改善しなければまずい」

16日のリーガ・エスパニョーラ第24節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのバジャドリー戦を1&minus;0の勝利で終えた。DFジェラール・ピケは試合後、チームのパフォーマンスを改善する必要性を説いている。<br><br>FWリオネル・メッシのPKによって、リーガでは3試合ぶりとなる勝利を果たしたバルセロナだが、3バックを敷いたバジャドリーの守備を崩し切るのに苦労し、決定機を迎えても決め切れないなど盤石の勝利とは言い難かった。<br><br>ピケは19日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、敵地でのリヨン戦を控える状況で自チームに警鐘を鳴らしている。スペイン『バルサTV』とのインタビューで、次のように語った。<br><br>「僕たちは良いプレーを見せられなかった。まったくもって、素晴らしい試合にはならなかったね。良い感覚ではないし、改善が必要だ。火曜の試合に向けて改善できなければ、まずいことになる。僕たちは僕たちが求めているバルサではなかった」<br><br>「チャンスを生かし切れなければ、僕たちは弱いチームとなる。今回の試合までには1週間の猶予があったが、望んでいたような感覚は手にできなかった。監督にプレー内容に問題があるのかと問われれば、そうだと答えるよ」<br><br>なおピケにとってこの試合は、バルセロナの選手として臨んだリーガ通算300試合目だった。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.17 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

バルベルデ監督、PK失敗のメッシに「まったく心配していない」

バルセロナは16日、ラ・リーガ第24節でバジャドリーに1-0で勝利。試合後、エルネスト・バルベルデ監督はPKに失敗したリオネル・メッシについて言及した。<br><br>試合は42分にペナルティーエリア内でジェラール・ピケが倒され、バルセロナがPKを獲得。これをメッシが落ち着いて決め、今季の公式戦30点目をマークした。<br><br>さらに84分には、フィリペ・コウチーニョがペナルティーエリア内で倒され、この試合2回目のPKの判定に。しかし、メッシが放ったシュートはバジャドリーGKジョルディ・マシップにセーブされ追加点とはならず。このまま試合は終了しバルセロナが1-0でバジャドリーを下した。試合後、メッシがPKを蹴ることに不安はないかと尋ねられたバルベルデ監督は、以下のように答えている。<br><br>「いや、まったく心配していないよ。2つのPKどちらも得点すると確信していたさ。レオに蹴らせることが安全だと思っているよ。でも、もっと多くのゴール決めていたかもしれないね」<br><br>「前半は、攻撃の流動性がほとんどなく、ボールも早いスピードで回すことができなかった。相手はシステムを変えて来て、我々は素早く順応することができなかったね。相手のキーパーはよくやっていたと思うよ。とはいえ、こういうゲームでも勝つことはある。次のリヨンとの一戦は、新たなチャレンジになるだろう。チームを最善の状態に戻して、次の試合に備えるよ」<br><br>バルセロナは19日に、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でリヨンとアウェイで対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.17 20:35 Sun
twitterfacebook
thumb

バルベルデ、CLリヨン戦を前に苦戦も…「状況的にはトッテナム戦前と同じ。準備ができている」

16日のリーガエスパニョーラ第24節、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでのバジャドリー戦を1&minus;0の勝利で終えた。エルネスト・バルベルデ監督は、前半と後半で異なる内容の試合になったとの見解を示している。<br><br>バルセロナは前半、3バックを敷いたバジャドリーの守備を崩し切るのに苦労を強いられたが、終了間際にFWリオネル・メッシがPKを決めて先制。後半は数多くの決定機を生み出したが決め切れず、メッシの2回目のPKも止められて1点リードを維持する形で終了を迎えた。<br><br>試合後会見に出席したバルベルデ監督は、リーガで3試合ぶりの勝利を飾ったこの一戦について、次のような見解を示している。<br><br>「前半、ボールを保持した私たちは流れるような速い攻撃を仕掛けられず、バジャドリーは適切な守備位置についてしまった。彼らは(3バックに)システムを変更し、こちらのボールロスト時に問題を生み出していたね。しかし私たちのパス回しは、打撃を与えられるほどのスピードがなかった」<br><br>「後半、私たちは明確な決定機を手にしたが、彼らのGKが素晴らしかった。だからこそ、私たちを敗戦に追いやる可能性を有していたんだ。後半にあったチャンスのいくつかを決め切って、3&minus;0か4&minus;0にでもしていれば鐘が打ち鳴らされていたはずだがね」<br><br>バルセロナはこれから、チャンピオンズリーグのリヨン戦、リーガのセビージャ戦、コパ・デル・レイのレアル・マドリー戦と立て続けにビッグマッチに臨むが、バルベルデ監督は立ち向かう準備ができていることを強調した。<br><br>「チームは準備ができている。シーズン前半戦にはリーガの3試合で勝利を奪えず、それから今回のリヨン戦と同じく火曜にトッテナムのスタジアムに乗り込んだ(トッテナムには4&minus;2で勝利)。今されている質問は、そのときと同じだよ。重要な試合が続くことは承知している。1試合目、2試合目と1試合ずつ戦っていこうじゃないか」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.17 18:10 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ、古巣対戦GKマシプに大苦戦も公式戦4戦ぶり白星! メッシが前人未到の11年連続30得点!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第24節、バルセロナvsバジャドリーのが16日にカンプ・ノで行われ、ホームのバルセロナが1-0で勝利した。 前節、アスレティック・ビルバオ相手に今季初のリーグ戦無得点でドローに終わった首位のバルセロナは公式戦3戦連続ドローとやや調子が下降気味。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のリヨン戦を控える中で行われる今節は15位のバジャドリーをホームで迎え撃った。 直近のビルバオ戦からは先発5人を変更。ネウソン・セメドに代わって出場停止明けのジョルディ・アルバが戻ったほか、ラングレ、ラキティッチ、コウチーニョ、スアレスに代わってヴェルメーレン、アレーニャ、デンベレ、バルセロナでのリーガデビューとなるケビン=プリンス・ボアテングが起用された。なお、ピケはこの試合でバルセロナでのリーガ通算300試合出場を達成した。 立ち上がりからボールを保持してメッシとデンベレの両ウイングの仕掛けを軸に攻撃を展開していくバルセロナ。しかし、ハイプレスとリトリートを織り交ぜながらソリッドな守備を構築するバジャドリーの堅守を前になかなかアタッキングサードを打開できず。 メッシが幾度か得意のラストパスでチャンスを演出しかけるが、なかなか周囲との呼吸が合わない。 前半半ばから終盤にかけても試合展開に大きな変化はなし。守備の局面こそ無難に相手のカウンターに対処するホームチームだが、攻撃の局面では最前線のボアテングの存在感のなさやインテリオールからの配球の問題もあり効果的な仕掛けは皆無。 それでも、前半終了間際の43分にはカウンターから前線に攻め上がっていたピケがボックス内でミチェルに倒されてPKを獲得。これをキッカーのメッシが冷静に決めて苦しみながらも最高の時間帯にリードを奪った。なお、メッシにとってこのゴールは11年連続となるシーズン30ゴール目となった。 迎えた後半、立ち上がりから攻勢に転じるバルセロナは49分に左サイドのアルバからのクロスをゴール前に走り込んだメッシが左足で合わせるが、これは古巣対戦のGKマシプの好守に阻まれる。さらに、52分にはボアテングのスルーパスに抜け出したデンベレからのラストパスにメッシが反応もシュートを枠外に外す。 その後、ボックス内でのGKとの一対一を決め切れなかったボアテングを下げて60分にスアレスをピッチに送り込んだバルセロナは畳みかける攻撃を見せる。65分、メッシのスルーパスに抜け出したスアレスがボックス内でGKと一対一もマシプのセーブに遭う。このこぼれ球をデンベレが繫いでメッシがシュートも再びマシプにキャッチされた。 その後、デンベレに代えてコウチーニョ、アレーニャに代えてラキティッチと主力をピッチに送り込んで試合を終わらせにかかるバルセロナ。73分にはメッシの絶妙な右クロスをゴール左でフリーのスアレスが押し込みにかかるが、ここはうまくミートできない。 ピンチこそないものの試合を決め切れないバルセロナだったが、85分に絶好の追加点のチャンスを得る。ボックス内で仕掛けたコウチーニョがキコに倒されてPKを獲得。ここでメッシが再びキッカーを務めるが、ゴール右を狙ったシュートはGKマシプに完璧に読まれて痛恨の失敗。この跳ね返りを頭で押し込みにかかるも、これもキャッチされてしまった。 その後もカウンターからメッシ、スアレスと2点目のチャンスはあったものの、完全に乗ったマシプの牙城を最後まで破れず。ホームで辛勝のバルセロナは公式戦4戦ぶりの白星を手にしてCLリヨン戦に挑むことになった。 2019.02.17 06:39 Sun
twitterfacebook
thumb

バジャドリーがFWグアルディオラを獲得

バジャドリーは25日、コルドバからスペイン人FWセルジ・グアルディオラ(27)を獲得したことを発表した。契約は2023年までとなる。今季いっぱいはレンタルという形でコルドバにとどまるようだ。 これまでスペインの下部リーグを転々としていたS・グアルディオラは2016年夏にオーストラリアのアデレード・ユナイテッドにグラナダからレンタル移籍した。リーグ戦16試合で3ゴールを記録したが、半年で退団。2017年夏にコルドバに移籍を果たす。 昨季は2部でリーグ戦40試合に出場し22ゴール8アシストを記録。今季はヘタフェにレンタルされていたが、リーグ戦出場は3試合のみだった。 2019.01.26 01:30 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース