超ワールドサッカー

なでしこジャパン2大会ぶり金! 中国猛攻もGK山下好守連発にラストは菅澤弾! 《アジア競技大会》2018.08.31 22:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽なでしこジャパン(女子日本代表)は31日、アジア競技大会サッカー競技の決勝で女子中国代表と対戦し、1-0で勝利。2大会ぶり2度目の金メダルに輝いた。

▽グループCを連勝で首位通過したなでしこジャパン。準決勝では女子韓国代表と対戦し、FW菅澤優衣香の先制点、終盤のOGにより2-1で競り勝ち、頂に手をかけた。

▽なでしこジャパンは、2大会ぶりの金メダル獲得に向けて最後尾にGK山下杏也加、最終ラインに清水梨紗、有吉佐織、三宅史織、鮫島彩、中盤に中島依美、籾木結花、長谷川唯、阪口萌乃、隅田凜、最前線に岩渕真奈を起用した。

▽試合の序盤からなでしこジャパンはボールをキープするが、あまり効果的に中国のゴールに迫ることができず。逆に、左サイドを起点としてグ・ヤシャ、リ・インが迫力ある仕掛けを繰り返す中国に押され、劣勢に回る。

▽17分には、ボックス手前中央でボールを持ったグ・ヤシャが右足を振り抜き、強烈なシュートが枠捉える。GK山下がキャッチして難を逃れたものの、チェックの遅れからヒヤリとさせられた。

▽さらに、34分にも中国にチャンス。後方からのクロスに対して、ボックス内でフリーになっていたリ・インが身体を投げ出すようにして頭で合わせる。これもGK山下がキャッチしたものの、中国からペースを奪うことができない。

▽結局、前半は終始中国が優勢に進行。それでも、なでしこジャパンはGK山下や鮫島の急所を抑えるカバーリングでピンチを凌ぎ続け、ゴールレスを試合を折り返した。

▽迎えた後半も試合の展開は大きく変わらず。なでしこジャパンは、56分に籾木に代えて今大会3ゴールを記録している菅澤を起用。菅澤は前線で岩渕とコンビを組み攻撃に変化を付けていく。

▽なでしこジャパンが徐々にカウンターにシフトすると中国のチャンスは減少していくが、なでしこジャパンもゴールエリアまでなかなか辿り着けない。65分に岩渕がミドルレンジから後半初めてのシュートを放ったが、枠を外れた。

▽後半の中頃になると、両チームともに疲労が見え始めオープンな展開の中でカウンターの応酬が続く。すると76分、またしても中国に絶好機が訪れる。76分、カウンターからボックス手前中央で持ったグ・ヤシャのシュートがまたしても枠を捉える。しかし、この場面でもGK山下が左手一本で弾き出すファインセーブを見せ、均衡を破らせない。

▽試合終了間際の90分、なでしこジャパンが苦しみに苦しんだ今大会を総括するような形で千載一遇のチャンスをものにする。中島が右サイドを突破し、ディフェンスラインとゴールキーパーの間に落ちる絶妙なクロスを通す。すると、走りこんだ菅澤がダイビングヘッドでボールを捉え、ネットを揺らした。

▽直後に試合が終了。この結果、高倉麻子監督率いるなでしこジャパンは、見事に2大会ぶり2度目の金メダルを手にしている。

なでしこジャパン 1-0 女子中国代表
【なでしこジャパン】
菅澤優衣香(後45)

コメント

関連ニュース

thumb

なでしこ対ノルウェーで思い出した選手/六川亨の日本サッカーの歩み

▽アジアのクラブNo1チームを決めるACL決勝第2戦が10日にテヘランのアザディ・スタジアムで行われ、第1戦を2-0で勝っていた鹿島は、第2戦もペルセポリスに0-0で引き分け、初のアジア王者に輝いた。 ▽国内タイトル19冠と日本最強クラブと言ってもいい鹿島にとって、唯一足りないのがACLのタイトルだった。Jリーグの黎明期である93年から95年は無冠に終わったものの、その後は黄金時代を築く。4-4-2の布陣から堅守速攻というスタイルは25年間変ることがない。むしろACLを勝ち抜くには格好のスタイルだとも思っていた。それがなぜかACLでは早い段階で脱落してきた。 ▽しかし今大会は準決勝のアウェー水原戦で1-3から同点に追いつく粘りを見せた。準々決勝からの6試合で5ゴールを稼いだ途中加入のセルジーニョの活躍が示すように、今大会は持ち味である堅守よりも攻撃的な姿勢が実を結んだと言える。 ▽12月12日からUAEで開催されるFIFAクラブW杯での活躍が楽しみだが、その前に鹿島は来シーズンのACL出場権獲得のためのリーグ戦と、天皇杯の準々決勝という負けられない試合も残っている。これまでも過密日程の中でACLを勝ち上がってきただけに、今回の優勝がプラスと出るのか、選手のメンタリティーにも注目したい。 ▽翌11日は鳥取のとりぎんバードスタジアムでなでしこジャパン対ノルウェーの親善試合が開催された。現コーチで、中学生でL(女子)リーグにデビューした天才少女の大部由美さんが鳥取出身のため地元での開催となったのだろう。 ▽試合は横山のFKから先制すると、岩渕も2ゴールをあげる活躍で4-1の大勝を飾った。ノルウェーは北欧のスウェーデンと並んで女子サッカーが盛んな国だ。95年の第1回女子W杯で優勝すると、00年シドニー五輪では金メダルに輝いた。過去の対戦成績は4勝3敗とほぼ互角。日本は96年アトランタ五輪、99年第3回W杯はいずれも0-4と大敗した。 ▽しかし07年の親善試合で初勝利(1-0)を奪うと、その後のなでしこジャパンは澤や宮間、永里らが中心選手となってチームを牽引しノルウェーに3連勝と立場は逆転する。そして08年の北京五輪ではベスト4に進出するなど、後のW杯制覇やロンドン五輪銀メダルの礎を築いた。 ▽前出した大部コーチが現役時代にデビューしたチームは日興證券ドリームレディースという名のチームだったが、そのチームで忘れられない選手がいる。ノルウェー代表として152試合出場64ゴールを記録したリンダ・メダレンという選手だ。92年に来日すると、いきなり最多ゴール、最多アシストの記録を達成。95年の第1回女子W杯でも優勝の原動力となっていた。 ▽そんな彼女の本職は婦人警官で、フルタイムで働きつつ、空き時間をサッカーに費やしていた。来日後は5ヶ月ほどLリーグでプレーすると、帰国後の7ヶ月は母国での警察官という生活を送っていたものの、94年からは日興證券ドリームレディースのプロ選手としてプレーし、96年にはチームを初優勝に導いた。 ▽96年から日本人選手もプロとなり、日興證券ドリームレディースはリーグ3連覇を果たしたものの、社業の業績悪化のため絶頂期である98年のシーズン中に廃部を決定。大部を始めサッカーを続ける選手は他チームへの移籍を余儀なくされた。 ▽98年といえば、横浜フリューゲルスの出資会社の1つである佐藤工業が本業の経営不振のためクラブ運営からの撤退を表明。さらに親会社の全日空も赤字に陥ったことで、単独でクラブを支えることができない窮地に陥った。クラブを消滅させないためにJリーグが下した決断は、横浜マリノスとの合併だった。LとJで2つのクラブが消滅した98年でもあった。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.11.12 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンが年内最終戦を白星締め! ノルウェー女子代表に4発《国際親善試合》

▽なでしこジャパンは11日、鳥取市営サッカー場 バードスタジアムで国際親善試合のノルウェー女子代表(世界ランク13位)戦に臨み、4-1で大勝した。 ▽約2カ月ぶりの活動となるなでしこジャパンは[4-4-2]を用い、GKに山下を置き、最終ラインに右から清水、熊谷、市瀬、鮫島を抜擢。2列目に中島、三浦、宇津木、長谷川を並べ、2トップに岩淵、横山をチョイスした。 ▽立ち上がりからボールの主導権を握りにかかったなでしこジャパンは15分、バイタルエリア中央の位置でFKのチャンスを獲得。キッカーの横山が壁の右側に右足シュートを放つと、これがゴール右に決まり、先制する。 ▽ノルウェー女子代表のカウンターをケアしつつ、攻勢を続けるなでしこジャパンは27分、長谷川の縦パスを受けた岩淵がドリブルでボックス左へ。左足シュートが吸い込まれ、ノルウェー女子代表を突き放す。 ▽ハーフタイムに宇津木を下げて代表初キャップの長野を投入したなでしこジャパンは早々の反撃を凌ぐと、55分に3点目。右サイドを突破した中島のグラウンダークロスにゴール前の岩淵が合わせ、リードを広げる。 ▽56分に岩淵、横山に代えて菅澤、籾木を投入したなでしこジャパンの攻勢は続く。63分、敵陣中央で長谷川からパスを受けた籾木がバイタルエリア右に侵攻。左足シュートをゴール左に決め、4点目を手にした。 ▽その後、長谷川、中島、市瀬を下げて坂口、代表デビューの宮澤、有吉をピッチに送り込んだなでしこジャパンは、81分に1点を返されるが、大崩れすることなく試合をクローズ。年内最後の強化試合を快勝で飾った。 なでしこジャパン 4-1 ノルウェー女子代表 【なでしこジャパン】 横山久美(前16) 岩渕真奈(前27) 岩渕真奈(後10) 籾木結花(後18) 【ノルウェー女子代表】 ガウスダル(後36) 2018.11.11 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【会見&質疑】ハグに不必要な身体的接触…楠瀬直木U-17女子代表監督電撃辞任の経緯や理由を田嶋JFA会長らが説明

▽日本サッカー協会(JFA)は1日、都内で会見を開き、U-17日本女子代表の楠瀬直木監督(54)にJFAの女性職員に対する不適切な行為があり、本人からの辞任の申し出を受理したことを発表。U-20日本女子代表指揮官の池田太氏が代行を務め、8日の理事会を経て正式に就任することも併せて発表した。 ▽U-17日本女子代表は今月ウルグアイで開催されるU-17ワールドカップ(W杯)に出場。13日にはグループリーグ初戦のブラジル代表戦を迎えるところだった。 ▽記者会見には、JFAの田嶋幸三会長、須原清貴専務理事、今井純子女子委員長が出席。楠瀬直木監督が辞任に至った理由や経緯について説明し、その後メディア陣からの質疑に応対した。 ◆田島幸三会長(日本サッカー協会) 「本日は急なご案内にも関わらずお集まり頂き、誠にありがとうございます。本日FIFAU-17ワールドカップウルグアイ2018に出場するU-17日本代表について、監督の交代をせざるを得なくなったことをお伝えします。楠瀬直木監督に代わり池田太U-18日本女子代表監督が代行で指揮を執ることが決まりました。これは、楠瀬監督の『不適切な行為』に該当する事象があったことが理由です」 「指導者には高い倫理観と規律が必要であることは言うまでもありません。こうして疑義が生じたことを誠に残念に思っています。これにつきまして、まず女子委員長の今井が申し上げ、その後このようなご報告をすることとなった経緯について、専務理事の須原から説明申し上げます」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181101_27_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆今井純子女子委員長(日本サッカー協会) 「本日はお忙しい中、集まり頂き誠にありがとうございます。この度、U-17日本代表監督が楠瀬監督から辞任の申し出があり、日本サッカー協会としてこの申し出を受理することが決定しました」 「そして、新監督としてU-18日本女子代表監督の池田太さんに今月から開催されるU-17ワールドカップに参加するチームの指揮を執って頂くこととなりましたことをお知らせいたします。正式には11月8日の理事会での承認を経て、監督に就任致します。それまでは監督代行としてチームの指揮を執って頂くことになります」 「この経緯につきましては、須原専務理事から説明して頂きますが、楠瀬監督による不適切な行為についての説明があり、事情聴取をし、それを踏まえて女子委員会で議論致しました。その議論の意見としてやはり今回のチームに帯同するべきではないという意見が大勢を占めました。その上で法律的な観点もあり、田嶋会長や須原理事による見解を踏まえ、最終的に女子委員会として今回の遠征に帯同して頂くことはできないと判断いたしました。そして、楠瀬監督から辞表を頂きましてので、これを受理することとしました」 「この厳しい事実にしっかりと向き合い、厳しく対処することで今後決してこのようなことが起こることがないようにしていきたいと思います。U-17日本女子代表は、昨年2月の立ち上げ以来、トレーニングを重ねてきました。選手たちも優勝を目指して頑張っています。この状況に際し、チームや選手、スタッフが集中して大会に臨めるように女子委員長、女子委員会として最大限のサポートをしていきたいと考えています」 「多くの国民の皆様にご期待して頂いているのにも関わらず、このような形でお騒がせしてしまい、ファン・サポーターの皆様、ご支援して頂いている企業やクラブ、チーム関係者の皆様にご心配、ご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181101_27_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆須原清貴専務理事(日本サッカー協会) 「今井が今申し上げた通りでございますが、今回楠瀬直木監督から辞任の申し出がございました。その申し出を受理した上で、楠瀬監督に代わり池田太監督が監督代行として指揮を執ることになりました」 「これは楠瀬さんのJFA職員に対する不適切な行為が認められたことが理由でございます。この経緯を説明するにあたり、まず最初に申し上げたいことがございます。私共は今回対象となっておりますJFAの当該職員の人権を守ることを最優先に考えております。事案の詳細に述べることは、人物の特定につながります。そして、当該職員の人権を毀損することを招きかねません。従いまして、皆様にはできる限りの情報をお伝えしたいと思いますが、私共としても職員の人権、プライバシーを守ることを最優先にしていることをご理解頂けると幸いです。同時に今回辞表を提出しております楠瀬さんの人権にも配慮する必要があるということも合わせてご理解ください」 「今回私共としまして、本人及び関係者の話をしっかりとヒアリングさせて頂き、弁護士を含む外部の専門家とも様々な方法から相談し、楠瀬さんに不適切な行為があったことを判断しました。これは、『不必要な身体的接触』でございます。しかし、事件性のある行為では決してなかったということは申し上げます」 「最初に不適切な行為があったのは、昨年の6月です。打ち合わせを行った後に屋外ではございますが、楠瀬監督が当該職員にハグをして別れました。この当該職員は、その行為に対して不快感を示しました。その後、今年9月に再び不必要な身体的な接触を受けたことから9月下旬に当該職員がメールにて所属部署の上司に相談することが事態が明らかになりました」 「これを受けて繰り返しですが、私共が職員にヒアリングをさせて頂き、そのあとで弁護士を含む外部の専門家の立会いのもと両者に対して、複数回のヒアリングをさせて頂きました。それを踏まえた上で、丁寧に慎重に調査及び問題の整理を進めて参りました。その上で、女子委員会にお諮りし、今回の決断に至りました」 「ご存知の通りでございますが、我々日本サッカー協会は、サッカーを通して人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献することを倫理として掲げております。サッカーに関わる我々大人が子供達に夢を与え、子供達の模範となること、そのような高い倫理観と規律が求められます」 「今回は特にアンダーカテゴリーの女子チームの監督ということもあり、そのチームに関わるものにはより一層の高い倫理観と規律が求められると考えております。日本サッカー協会にはそのような立場から毅然と対応することが求められております。そういった考え方を持って、女子委員会で議論をして頂きました。それを踏まえた上で、楠瀬さんの行為は女子日本代表監督として不適切な行為であったと判断し、本人も軽率な行為であったことを認め、反省した上で辞任の申し出がございました。その申し出を我々は受け入れました」 「日本サッカー協会としましては、役職員への研修、ホイッスルブローイングと呼ぶいわゆるホットラインといった制度の整備をこれまで行ってまいりました。その上で、今回のことをしっかりと検証し、JFA職員にとどまらずコーチングスタッフ、チームスタッフ、その他指導者を含む現場で活動する関係者についてもコンプライアンスの研修をさらに強化し、その教育を行い、再発防止に努めてまいります」 「本件に対する協会の責任は認識しております。従いまして、該当する役員等々につきましての処分を含むその対応につきましては、11月の日本サッカー協会理事会でご審議頂き、決定頂く予定です」 「最後にファン・サポーターの皆様、企業の多くの関係者の皆様、そしてスポーツ界のガバナンス・コンプライアンスの強化に取り組んでいる関係者の皆様にご心配をおかけし、お騒がせしていることを心からお詫び申し上げます」 ◆田島幸三会長(日本サッカー協会) 「繰り返しになりますが、U-17女子ワールドカップ直前で監督を交代せざるを得なくなったこと、そしてファン・サポーターを始めとする多くの皆様、関係者の皆様にご心配をおかけし、世間をお騒がせしてしまったことを心からお詫び申し上げます。今回の件については、不快な思いをした職員の人権とプライバシーを大優先に考え、この問題に取り組んで参りました」 「サッカー界全体でリスペクトの啓発活動やコンプライアンスの強化、ハラスメント研修、暴力根絶、ホイッスルブローイングの設置など、様々な取り組みを行ってきました。しかし、このような事態が起こってしまったことを誠に残念に思っています。先ほども申しましたが、指導者、特に日本代表に高い倫理観と規律が必要であることは言うまでもありません。我々の取り組みに対する認識が足りなかったことを猛省せざるを得ません」 「今後は当該職員に対する精神的なケアを行う一方で、2度とこのようなことが起きないよう今一度スポーツの原点、JFAの理念に立ち返り、コンプライアンスの強化に努めてまいりたいと思います。そして、これを機にコーチングスタッフ、チームスタッフに対して、コンプライアンスの徹底、ハラスメント、暴力根絶により一層の力を注いでいく考えです。大きな大会を間近に控えてこのようなご報告をしなくてはならないこと、また昨今のスポーツ界へのハラスメントや暴力など様々な問題が取り沙汰されているにも関わらず、U-17女子日本代表を率いる監督に不適切な行為が認められたことについて、忸怩たる思いを禁じえません」 「しかしながら、日本サッカー協会として、どのような事案に対しても、毅然とした態度で臨み、不適切な行為の再発を防ぐことが日本サッカー協会を守ることになると考え、この結論に達しました。選手たちはウルグアイでの大会に全力を注ごうと真面目に取り組んでいるところであります。新しくなった池田監督のもと、彼らたちの力が100パーセント発揮できるように、私たちはサポートしていきたいと思います」 ──10月下旬にメンバー発表をしたが、辞表を受理したのはいつか。一言で言えばセクハラだったと言う認識か 須原清貴専務理事「辞任届が届いたのは10月31日です。2つ目の質問については、不適切な行為であり、セクハラかどうかということにつきましては、弁護士からの見解を頂いておりますが、完全に断じることはできないと。ただ、不適切な行為でありました」 ──楠瀬監督はどういうふうに説明をしたか。また、不適切な行為をした際に飲酒をしていたか 須原清貴専務理事「起きた事案につきましては、楠瀬監督が理解をしている、覚えている範囲でその範囲の中で説明して頂いています。飲酒をしていたかどうかについては、今回の職員を特定することになりかねませんので、控えさせて頂きます」 ──昨年9月にハグをしたとあったが、楠瀬監督からの説明ではどういった理由でハグをしたのか 須原清貴専務理事「理由等々につきましては、職員の特定につながる可能性がありますので、差し控えさせて下さい」 ──昨年6月と今年9月とあったが、その間に何回かあったのか、それともその2回なのか 須原清貴専務理事「私共が認識しているのはこの2回です」 ──被害に遭われたのは女性か。また、解任ではなく辞任の理由は 須原清貴専務理事「女性でございます。2つ目の質問についてですが、ご本人の方から反省した上で辞表を提出して頂きました。その意向を尊重して辞表を受理しました」 ──楠瀬さんから辞任にあたってのコメントはあったか。現場のスタッフに対するハラスメントなどへの研修はもともとあったのか 須原清貴専務理事「楠瀬さん本人からは『大変ご迷惑をおかけして申し訳なかった』というお言葉を頂戴しております。2つ目の質問に関しましては、指導者などに対しては、契約の時の契約書にそういったコンプライアンスの内容が記載されています。それを説明した上で伝達しております。ただ、その後にフォローアップや追加で定期的に行うことはできていませんでした。そこの部分は反省しております」 ──選手たちにはどのタイミングで辞任を伝えたか。また、その時の現場スタッフや選手たちの反応は 今井純子女子委員長「スタッフに対しては、昨日に説明させて頂きました。もちろん驚いていました。その上で選手たちがこの大会に向けて集中して臨めるようにしっかりやっていこうという意思確認をさせて頂きました。選手たちは本日集合ですので、バスに乗る際に私の方から説明させて頂きました。大変驚いていましたが、ここで集中して目の前のサッカーに向き合って取り組むことが大事であり、不満になることがあればスタッフに相談して欲しいと伝えています」 ──楠瀬監督の説明ではなぜハグをしたのか 須原清貴専務理事「お疲れ様という意味だとおっしゃっていました」 ──なぜこのようなことが起きてしまったのか 須原清貴専務理事「もう一度我々の方でしっかりと時間をかけて事象を分析し、今我々が持っているプログラムを整理する必要があります。どこかのタイミングでもう一度しっかりと説明したいと考えています。ただ、この時点で申し上げられることは、代表チーム役員に対するコンプライアンスの教育や研修を見直す必要があると思っております」 ──昨年6月の件は屋外と言っていたが、業務中だったのか 須原清貴専務理事「業務中であり、出張中でした」 2018.11.01 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯直前…U-17女子日本代表の楠瀬直木監督が不適切な行為で電撃辞任

▽日本サッカー協会(JFA)は1日、U-17日本女子代表の楠瀬直木監督(54)にJFAの女性職員に対する不適切な行為があり、本人からの辞任の申し出を受理したことを発表。U-18日本女子代表指揮官の池田太氏が代行を務め、8日の理事会を経て正式に就任する。 ▽U-17日本女子代表は今月ウルグアイで開催されるU-17ワールドカップ(W杯)に出場。グループリーグでは13日にブラジル代表、16日に南アフリカ代表、20日にメキシコ代表と対戦する。 ▽楠瀬監督は、現役時代に読売サッカークラブや本田技研工業サッカー部でプレー。引退後、2009年にJFA公認S級コーチライセンスを取得し、東京ヴェルディユース監督やFC町田ゼルビアのアカデミーダイレクターを経て、2015年にU-16日本女子代表の監督に就任した。2016年大会では準優勝に導き、今大会で2大会ぶり2度目の優勝を目指していたところだった。 2018.11.01 17:20 Thu
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンメンバーが発表!DF熊谷紗希、MF猶本光ら海外組も招集《国際親善試合》

▽日本サッカー協会(JFA)は23日、11月11日に行われる国際親善試合のノルウェー女子代表戦に向けたなでしこジャパンメンバー29名を発表した。 ▽8月に行われたアジア競技大会で金メダルを獲得したなでしこジャパン。今回のメンバーには、DF宇津木瑠美(シアトル・レインFC)、MF川澄奈穂美(同)、MF猶本光(SCフライブルク)、DF熊谷紗希(リヨン)ら海外組を招集。また、MF長野風花(仁川現代製鉄レッドエンジェルズ)やFW宮澤ひなた(日テレ・ベレーザ)らU-20女子ワールドカップを制したメンバーも招集された。 ▽なでしこジャパンは、11月11日(日)に鳥取県の鳥取市営サッカー場 バードスタジアムで、ノルウェー女子代表と対戦する。今回発表されたなでしこジャパンメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆なでしこジャパンメンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.<span style="font-weight:700;">池田咲紀子</span>(浦和レッズレディース) 18.<span style="font-weight:700;">山下杏也加</span>(日テレ・ベレーザ) 21.<span style="font-weight:700;">平尾知佳</span>(アルビレックス新潟レディース) <span style="font-weight:700;">DF</span> 3.<span style="font-weight:700;">鮫島彩</span>(INAC神戸レオネッサ) 2.<span style="font-weight:700;">宇津木瑠美</span>(シアトル・レイン/アメリカ) 4.<span style="font-weight:700;">熊谷紗希</span>(リヨン/フランス) 24.<span style="font-weight:700;">三宅史織</span>(INAC神戸レオネッサ) 22.<span style="font-weight:700;">清水梨紗</span>(日テレ・ベレーザ) 23.<span style="font-weight:700;">國武愛美</span>(ノジマステラ神奈川相模原) 5.<span style="font-weight:700;">市瀬菜々</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) 26.<span style="font-weight:700;">南萌華</span>(浦和レッズレディース)※ <span style="font-weight:700;">MF</span> 9.<span style="font-weight:700;">川澄奈穂美</span>(シアトル・レイン/アメリカ) 6.<span style="font-weight:700;">有吉佐織</span>(日テレ・ベレーザ) 7.<span style="font-weight:700;">中島依美</span>(INAC神戸レオネッサ) 15.<span style="font-weight:700;">阪口萌乃</span>(アルビレックス新潟レディース) 12.<span style="font-weight:700;">猶本光</span>(フライブルク/ドイツ) 14.<span style="font-weight:700;">長谷川唯</span>(日テレ・ベレーザ) 25.<span style="font-weight:700;">杉田妃和</span>(INAC神戸レオネッサ) 17.<span style="font-weight:700;">三浦成美</span>(日テレ・ベレーザ) 27.<span style="font-weight:700;">長野風花</span>(仁川現代製鉄レッドエンジェルズ/韓国) <span style="font-weight:700;">FW</span> 13.<span style="font-weight:700;">菅澤優衣香</span>(浦和レッズレディース) 8.<span style="font-weight:700;">岩渕真奈</span>(INAC神戸レオネッサ) 20.<span style="font-weight:700;">横山久美</span>(AC長野パルセイロ・レディース) 11.<span style="font-weight:700;">田中美南</span>(日テレ・ベレーザ) 19.<span style="font-weight:700;">増矢理花</span>(INAC神戸レオネッサ) 16.<span style="font-weight:700;">籾木結花</span>(日テレ・ベレーザ) 28.<span style="font-weight:700;">宮澤ひなた</span>(日テレ・ベレーザ) 29.<span style="font-weight:700;">遠藤純</span>(JFAアカデミー福島)※ ※は初招集 2018.10.23 17:05 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース