井手口がブンデス2部のグロイター・フュルトに買い取りOP付きレンタル移籍2018.08.21 23:51 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデス2部のグロイター・フュルトは21日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズに所属する日本代表MF井手口陽介(21)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。

▽今年1月にガンバ大阪からリーズに完全移籍した井手口は、労働ビザの問題で即スペイン2部のレオネサへレンタル移籍していた。新シーズンはリーズに復帰してプレシーズンを送っていたが、奇才マルセロ・ビエルサ新監督の構想外となり、ベルギーのオイペンなどへの移籍が報じられていた。

▽2012-13シーズンに1部に在籍していたグロイター・フュルトは昨季2部で15位に終わっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

リーズ、ビエルサのスパイ行為で罰金処分 新ルール誕生の方向に

リーズに対して、チームを率いるマルセロ・ビエルサ監督の“スパイ行為”で処分が下った。イギリス『BBC』が報じた。 ビエルサ監督は先月に行われたチャンピオンシップ第27節のダービー・カウンティ戦前日、相手の練習場に偵察者を派遣したことが判明。その後、ビエルサ監督自身が疑惑を認め、今シーズンの全試合で対戦相手に同じ行為を行ったことを明かした。 これにより、イングランドフットボールリーグ(EFL)が調査を開始。規約違反によって、リーズに対して罰金20万ポンド(約2800万円)とけん責処分を科した。 また、今回の一件により、EFLは「試合の72時間前は招待を受けない限り、対戦相手の見学を禁ずる」という新たなルールの導入検討を公表している。 チャンピオンシップ(イングランド2部相当)を戦うリーズは現在、首位ノリッジと2ポイント差の3位。なお、“スパイ行為”による勝ち点の剥奪処分はない模様だ。 2019.02.19 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリーの第3GKカシージャがリーズへ完全移籍…4年半契約を締結

チャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズ・ユナイテッドは17日、レアル・マドリーのスペイン人GKキコ・カシージャ(32)を完全移籍で獲得することを発表した。契約期間は2023年までの4年半。背番号は「33」となる。 カシージャは、マドリーの下部組織出身で、2007年にトップチームにエスパニョールの下部組織へ移籍。2008年にエスパニョールでトップチームに昇格した。その後は、カディスやカルタヘナでプレー。2011年からはエスパニョールで守護神を務めると、2015年7月に古巣のマドリーへと完全移籍した。 エスパニョールでは公式戦126試合に出場していたが、マドリーではGKケイロル・ナバスの牙城をなかなか崩せず。今シーズンはチェルシーからベルギー代表GKティボー・クルトワが加入したことで、出場機会がない状況が続いていた。マドリーでは公式戦43試合の出場にとどまっていた。 2019.01.17 19:55 Thu
twitterfacebook
thumb

“スパイ行為”の被害者・ランパード監督も脱帽…ビエルサ監督の会見内容に「びっくしりた」

スパイ行為が発覚したリーズ・ユナイテッドのマルセロ・ビエルサ監督が、自身が行わせていたことを公にする会見を突如実施。これを受け、被害者であるダービーのフランク・ランパード監督が見解を述べた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ビエルサ監督は、11日に行われたダービーとの一戦の前日、トレーニングに関係者を派遣させた疑いがかけられていた。 この件に関して、ビエルサ監督は謝罪こそしなかったものの、“スパイ行為”を行わせていたことを認め、その釈明の会見を16日に急遽実施した。 会見では、チャンピオンシップ(イングランド2部)の全てのチームのトレーニングを偵察し、あらゆるパターンで選手の組み合わせやチームの戦い方を分析していたことを発表。パワーポイントを駆使して、事細かく手の内を明かし、1時間にわたるプレゼンテーションを行っていた。 これを受け、スパイ行為が発覚した相手であるダービーのランパード監督がコメント。ビエルサ監督の会見を見ていないとしながらも、その内容を把握しており、感服したことを明かした。 「びっくりした。それは凄かったよ」 「彼は印象を与えたね。私は、ジョゼップ・グアルディオラがその手の印象を与えるのは見たことがない。ユルゲン・クロップも、マウリシオ・ポチェッティーノもだ。彼らは確実に密室で行う。でも、彼らは公にはしない」 「誰もが研究をしているのは、本当にシンプルなことだ。ファンにとっては目を見張るようなことかもしれない。なぜなら、こういったことのほとんどが密室で起こるからだ」 「でも、彼らはいたるところで行っていた。フットボールに携わる人間からの驚きはないだろう」 「そして、今起きていることであり、我々は誰もが全面的に起きていることも知っている。それは、我々のリーグの問題だ。なぜなら、全てのチームが対象だからね。これから何が起こるかは彼ら次第だよ」 2019.01.17 12:59 Thu
twitterfacebook
thumb

リーズやバーリで活躍した元南アフリカ代表FWマシンガ氏が49歳で急逝

かつてリーズやバーリで活躍した元南アフリカ代表FWフィル・マシンガ氏(享年49)が逝去した。南アフリカ共和国サッカー協会(SAFA)が13日にレジェンドの訃報を伝えた。 現役時代に190cmを超える大型ストライカーとして活躍したマシンガ氏は、母国マメロディ・サンダウンズでの活躍を経てリーズやザンクト・ガレン、サレルニターナ、バーリ、アル・ワフダといった国外のクラブでプレー。 南アフリカ代表としては1992年から2001年までプレーし、通算58試合の出場で18ゴールを記録していた。 13日にSAFAのダニー・ジョーダン会長は、「南アフリカサッカー界にとって今日は悲しい一日となりました。マシンガ氏はピッチ内外でゲームに真摯に向き合う素晴らしい人物でした」と、マシンガ氏の訃報を伝えた。 なお、現時点でマシンガ氏の死因などに関する詳細は明かされていない。 2019.01.13 23:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ビエルサ、スパイ行為を認知 ランパードのダービーに偵察者を派遣

リーズ・ユナイテッドを率いるマルセロ・ビエルサ監督がスパイ派遣疑惑を認知した。イギリス『メトロ』が報じた。 チャンピオンシップ(イングランド2部相当)首位のリーズは11日、フランク・ランパード監督率いる6位のダービー・カウンティと対戦。上位対決を制したリーズが首位の座を堅持した。 だが、リーズを巡っては試合前日、ダービーのトレーニングに関係者を派遣させた疑いが…。これを受け、イングランドサッカー協会(FA)が調査に乗り出したという。 ビエルサ監督はその件について問われると、次のようにコメント。謝罪こそしなかったものの、一連のスパイ行為を潔く認めた。 「リーズ・ユナイテッドの誰かであったことは事実だ。その責任は私にある。私にとって、合法かどうか、正しいかどうかなんて関係ない」 「昨日、ランパードと話をして、私にフェアプレールールを尊重していないと言った。それについて、我々は異なる観点を持っているが、大事なことはランパードとダービーの考えだ」 「責任は私にある。リーズに許可を得ることなく、やらせたからだ。正当性を主張するつもりはない。アルゼンチン代表を率いたW杯予選以来、こういったことをやらせてきた」 「我々はこういった行為を公にしていて、マスコミにも話す。一部の人間は不正行為だとみなしているが、その他の中にそうじゃないという考えを持つ人間もいる」 2019.01.12 09:30 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース