超ワールドサッカー

ヴィレムⅡ、昨季限りでシャルケ退団のコソボ代表FWを獲得2018.08.17 03:33 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴィレムⅡは16日、昨季限りでシャルケを退団したコソボ代表FWドニス・アブディヤイ(21)を獲得した。契約期間は2020年6月30日までとなり、1年間の延長オプションも付いている。

▽シャルケユース出身アブディヤイは、2014年夏にトップチームに昇格するも、2015年冬にシュトゥルム・グラーツへ1年半契約でレンタル移籍。復帰した2016-17シーズンは、シャルケで公式戦12試合に出場し2ゴールをマーク。しかし、昨シーズンは出場機会を確保できず、ローダJCへレンタル移籍。

▽ローダJCでは、リーグ戦11試合を含む公式戦14試合に出場し4ゴール2アシストを記録した。また、代表としてはU-16からU-19まで生まれ故郷のドイツ代表を選択。しかし、2016年11月にルーツであるコソボ代表を選択している。

コメント

関連ニュース

thumb

オーストリア代表、ブルクシュタラーに代わってヤンコを追加招集

▽オーストリアサッカー協会(OFB)は14日、シャルケのFWグイド・ブルクシュタラーに代わってルガーノのFWマルク・ヤンコを追加招集したことを発表した。 ▽ブルクシュタラーは鼠径部を痛めているとのことで代表合流を辞退した。196cmの長身FWであり、これまで代表で28ゴールを決めているヤンコだが、今季のスイス・スーパーリーグでは6試合に出場してノーゴールとなっている。 ▽UEFAネーションズリーグ2018-19・リーグB・グループ3の2位に位置するオーストリアは、15日に行われるボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦、18日に行われる北アイルランド代表戦を連勝すれば首位に浮上でき、逆転でのリーグA昇格を決められる状況となっている。 2018.11.15 01:53 Thu
twitterfacebook
thumb

エンボロ、中足骨骨折で3~6週間の離脱

▽シャルケは12日、FWブリール・エンボロがスイス代表を辞退することを発表した。 ▽エンボロは11日に行われたブンデスリーガ第11節フランクフルト戦で先発し、後半38分に交代。シャルケによると左足の中足骨を骨折し、3~6週間の離脱となるとのことだ。 ▽エンボロは今季のブンデスリーガで9試合に出場して2ゴールを決めていた。 ▽なお、スイスは14日にカタール代表との国際親善試合を、18日にUEFAネーションズリーグ2018-19・リーグA・グループ2の最終戦となるベルギー代表戦を戦う。 2018.11.13 05:07 Tue
twitterfacebook
thumb

太もも負傷のウートがドイツ代表を辞退《UEFAネーションズリーグ》

▽シャルケは12日、FWマルク・ウートがドイツ代表を辞退することを発表した。 ▽ウートは11日に行われたブンデスリーガ第11節フランクフルト戦で先発し、後半9分に交代していた。クラブの診断によると左足太ももの負傷とのことだ。全治は今後の詳しい検査によって明らかになるとのことだ。 ▽ドイツは15日にロシア代表と国際親善試合を戦い、19日にUEFAネーションズリーグ2018-19最終戦のオランダ代表戦を戦う。 2018.11.13 04:42 Tue
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、絶好調ヨビッチのドッペルパックなど3発でシャルケに快勝《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは11日、ブンデスリーガ第11節でシャルケをホームに迎え、3-0で快勝した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽前節シュツットガルトに3-0と快勝してリーグ戦ここ5試合で4勝1分けと絶好調の5位フランクフルト(勝ち点17)は、ヨーロッパリーグ(EL)では早くもグループステージ突破を決めた。そのフランクフルトは3日前に行われたアポロン戦でもフル出場した長谷部が引き続き3バックの中央でスタメンとなった。 ▽14位シャルケ(勝ち点10)に対し、立ち上がりから押し込む姿勢を見せたフランクフルトだったが、8分にピンチ。ウートのスルーパスでボックス左に抜け出したブルクシュタラーに右足でシュートに持ち込まれる。だが、GKトラップがファインセーブで凌いだ。 ▽その後は互いにシュートまで持ち込めずにいた中34分、シャルケがロングカウンターからウートのミドルシュートでゴールの可能性を感じさせたものの枠を捉えきれず、見せ場の少ない前半はゴールレスで終了した。 ▽後半からボールを保持したシャルケだったが、52分にアクシデント。左足太もも裏を痛めてプレー続行不可能となったウートに代わってコノプリャンカが投入された。 ▽そのシャルケに対し、フランクフルトが61分に先制する。レビッチがルーズボールを拾って持ち上がり、ラストパスを受けたヨビッチがボックス中央に侵入して左足でゴール右へシュートを突き刺した。 ▽さらに66分、S・サネと入れ替わったレビッチがボックス左から右ポスト直撃のシュートを浴びせると、73分に突き放す。コスティッチがボックス左深くまでえぐって送ったクロスをヨビッチが左足ボレーで蹴り込んだ。 ▽78分にコノプリャンカのシュートがバーを直撃してひやりとしたフランクフルトは、81分にCKの流れからヨビッチのシュートのこぼれ球をアラーが蹴り込んで3-0。終わってみれば快勝のフランクフルトがリーグ戦3連勝としている。 2018.11.12 04:02 Mon
twitterfacebook
thumb

シャルケが長友欠場ガラタサライに勝利し2位を堅守、首位ポルトはロコモティフに連勝《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループD第4節、シャルケvsガラタサライが6日に行われ、2-0でシャルケが勝利した。ガラタサライのDF長友佑都は欠場している。 ▽前節ガラタサライとのアウェイ戦を優勢に運びながらもゴールレスドローに終わった2位シャルケ(勝ち点5)と、長友が肺気胸で欠場した3位ガラタサライ(勝ち点4)の一戦。 ▽首位ポルト(勝ち点7)を追う両チームの試合は4分に動きを見せる。スルーパスをカットしに飛び出したGKムスレラがボックス外に出てしまったことでボールを離すと、ルーズボールを拾った右サイド高い位置のブルクシュタラーが無人のゴールにうまくシュートを蹴り込んだ。 ▽先制したシャルケは21分に追加点のチャンス。右クロスのルーズボールをボックス中央でフリーのアリがシュート。しかし、枠の上に外してしまった。 ▽さらに27分、ロングカウンターに転じ、右クロスを受けたシェプフがGKと一対一となるもムスレラに止められてしまう。 ▽直後、G・ロドリゲスに浮き球パスでボックス中央に抜け出されてシュートに持ち込まれるも、枠を外れて助かったシャルケは38分、ルディのミドルシュートが右ポストを直撃するなど主導権を渡さずに前半を終えた。 ▽迎えた後半もシャルケがペースを握ると、57分に突き放した。右サイドのスペースに抜け出したブルクシュタラーのマイナスクロスをボックス中央で受けたウートがゴール右へ冷静に決め切った。 ▽この2点のリードを最後まで余裕を持って守り抜いたシャルケが勝利し、2位の座を死守している。 ▽また、首位のポルト(勝ち点7)が最下位ロコモティフ・モスクワ(勝ち点0)をホームに迎えた一戦は、ポルトが4-1で圧勝。ロコモティフに連勝し、首位を堅守している。 2018.11.07 07:29 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース