ヴィレムⅡ、昨季限りでシャルケ退団のコソボ代表FWを獲得2018.08.17 03:33 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴィレムⅡは16日、昨季限りでシャルケを退団したコソボ代表FWドニス・アブディヤイ(21)を獲得した。契約期間は2020年6月30日までとなり、1年間の延長オプションも付いている。

▽シャルケユース出身アブディヤイは、2014年夏にトップチームに昇格するも、2015年冬にシュトゥルム・グラーツへ1年半契約でレンタル移籍。復帰した2016-17シーズンは、シャルケで公式戦12試合に出場し2ゴールをマーク。しかし、昨シーズンは出場機会を確保できず、ローダJCへレンタル移籍。

▽ローダJCでは、リーグ戦11試合を含む公式戦14試合に出場し4ゴール2アシストを記録した。また、代表としてはU-16からU-19まで生まれ故郷のドイツ代表を選択。しかし、2016年11月にルーツであるコソボ代表を選択している。
コメント
関連ニュース
thumb

ホームでシャルケに快勝のバイエルンが2位浮上!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第23節、バイエルンvsシャルケが9日にアリアンツ・アレーナで行われ、ホームのバイエルンが3-1で勝利した。 前節、レバークーゼン相手にまさかの大敗を喫してリーグ戦の連勝が「7」でストップした3位のバイエルンは首位ドルトムントとの勝ち点差が「7」に広がることに。それでも、ミッドウィーク開催となったDFBポカールでは延長戦の末にヘルタ・ベルリンを下してバウンスバックに成功。リーグ戦2戦未勝利の12位シャルケをホームに迎えたこの一戦に向けてはジューレからボアテングにセンターバックを入れ替えた以外、同じメンバーを起用した。 立ち上がりから相手を押し込んでいくバイエルンは12分、相手陣内中央でベンタレブからボールを奪い切ったハメス・ロドリゲスがすかさずスルーパス。これに反応したレヴァンドフスキと競ったDFブルマの足に当たったボールが自軍ゴールへのシュートのような形となり、ゴールネットを揺らした。 やや幸運な形で先手を奪ったバイエルンはハメス・ロドリゲスとレヴァンドフスキが中央で起点を作り、右ウイングのニャブリに続けてチャンスボールを入れるが、ここは相手GKの好守もあり決め切れない。 すると25分にはシャルケが反撃。相手CKのカウンターから自陣中央で3人を相手にボールキープしたベンタレブからマッキーニーにボールが繋がると、マッキーニーはすかさず前線のスペースに飛び出すクツジュに縦パスを通す。そのままボックス内に運んだクツジュがGKの届かないゴール左隅にシュートを決め切った。 一瞬の隙から追いつかれたバイエルンだったが、失点からわずか2分後に勝ち越す。27分、相手の自陣でのパス回しにプレッシャーをかけたニャブリがうまく引っかけると、これを拾ったハメスが絶妙なワンタッチでゴール前に走り込むレヴァンドフスキに繋ぐと、これをエースFWが難なく流し込んだ。 その後はマッキーニーを中心に時折鋭い縦への仕掛けを見せるシャルケが攻勢に打って出るが、やや後方に重心を置いたバイエルンが冷静な対応を続けて前半はホームチームの1点リードで終了した。 迎えた後半、ややオープンな立ち上がりとなった中、シャルケに続けてチャンスが訪れる。53分、マッキーニーの中央突破からボックス左でパスを受けたコノプリャンカがカットインしてシュート。このプレーで得た右CKをブルマが高い打点のヘディングで合わせるが、これは惜しくも左ポストを叩く。 思わず冷や汗をかいたバイエルンだったが、見事な決定力で相手を突き放す。57分、相手陣内でのボール奪取から左サイド深くで仕掛けたコマンがクロスを供給。ボックス中央で胸トラップしたレヴァンドフスキがバイシクルシュートを狙うと、これをゴール前のニャブリがうまく頭でコースを変えてゴール左隅に流し込んだ。 2点差をつけて余裕が出てきたホームチームは68分にコマンを下げて負傷明けのリベリを直近のDFBポカールに続いて途中投入。さらに殊勲のハメス・ロドリゲス、ニャブリも下げてハビ・マルティネス、アルフォンソ・デイビスの投入で試合をクローズにかかる。 その後はレヴァンドフスキにドッペルパックのチャンスが幾度か訪れたものの、相手守備陣の粘りに遭って決め切れない。それでも、このまま最少失点で逃げ切ったホームチームが3-1の快勝で前節の敗戦を払拭。ボルシアMGを抜いて2位に浮上すると共にドルトムントとの勝ち点差を「5」に縮めた。 2019.02.10 04:29 Sun
twitterfacebook
thumb

ホームで快勝のシャルケ、宇佐美先発のデュッセルドルフを撃破し準々決勝進出!《DFBポカール》

DFBポカール3回戦のシャルケvsデュッセルドルフがヴェルティンス・アレーナで6日に行われ、4-1でシャルケが勝利した。デュッセルドルフのMF宇佐美貴史は56分までプレーした。 2回戦でケルン(2部)を2-1で下したシャルケと、ウルム(4部)に5-1で快勝したデュッセルドルフの一戦。2日のホッフェンハイム戦を欠場したデュッセルドルフの宇佐美は、公式戦2試合ぶりのスタメンとなった。 試合は立ち上がりから攻勢に出るシャルケが29分に試合を動かす。右サイドからのスローインをボックス右横で受けたマッキーニーが落とすと、ウートがワンタッチでつなぐ。このボールをボックス右で受けたクツクがカットインから豪快なシュートをゴール左に突き刺した。 迎えた後半、リードするシャルケはマトンドを下げてルディを投入。すると48分、オチプカの左CKをマッキーニーがヘディングシュート。これは相手GKに弾かれたがこぼれ球をサリフ・サネが押し込んだ。 後半開始早々に追加点を奪ったシャルケは、53分にも中盤でボールを奪ったルディがドリブルで持ち上がると、ボックス右へラストパス。これに反応したクツクがすべり込みながら右足で合わせると、相手GKの弾いたボールを最後はウートが押し込み、3点目を奪った。 リードを広げられたデュッセルドルフは、56分に宇佐美とドゥクシュを下げてルケバキオとコフナツキを投入。さらに65分にはバルコクを下げてフィンクをピッチに送り出し、交代カードを使い切った。すると71分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、コフナツキのパスでボックス左に抜け出したヘニングスがゴールネットを揺らした。 1点を返されたシャルケだが87分、左サイドで獲得FKからファーサイドのS・サネがヘディングシュートを叩き込み、勝負あり。ホームで4ゴールを奪ったシャルケがデュッセルドルフを下して準々決勝進出を決めた。 2019.02.07 07:07 Thu
twitterfacebook
thumb

シティ、今季絶望と見られていたブラーボがノックアウトラウンドのメンバーリスト入り!《CL》

マンチェスター・シティは5日、チャンピオンズリーグ(CL)のノックアウトラウンドのメンバーリストを発表した。 ノックアウトラウンドから新たにチリ代表GKクラウディオ・ブラーボがメンバーリストに入った。 ブラーボは昨年8月に左足のアキレス腱を断裂。今季絶望と報じられていたが、復帰の目処が立ったようだ。代わって元フランス代表DFエリアキム・マンガラがメンバー漏れとなった。 シティは決勝トーナメント1回戦でシャルケと対戦。1stレグは20日に敵地で開催される。 2019.02.06 02:03 Wed
twitterfacebook
thumb

3連勝のボルシアMG、10人のシャルケに終盤の2発で勝利し2位浮上《ブンデスリーガ》

ボルシアMGは2日、ブンデスリーガ第20節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 2連勝中の3位ボルシアMG(勝ち点39)が、12位シャルケ(勝ち点22)のホームに乗り込んだ一戦。 シャルケにボールを譲る展開としたボルシアMGは14分、ボックス手前左からシュティンドルが際どい左足ミドルを放って牽制する。そして18分には決定機。シュティンドルとのパス交換からザカリアがボックス右に侵入してシュートに持ち込むも、DFの好ブロックに阻まれた。 その後、互角の攻防が続いた中40分、カリジウリの直接FKでゴールを脅かされたボルシアMGだったが、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半開始3分、GKのキックミスを拾ったザカリアがミドルシュートを浴びせたボルシアMGは、59分にディフェンスライン裏に抜け出したT・アザールがボックス外ぎりぎりの位置でGKヌーベルに倒されると、ヌーベルには一発退場の処分が下った。 数的優位となったボルシアMGは73分、シュティンドルの直接FKでゴールに迫ると、終盤の85分に均衡を破った。左サイドからのT・アザールのクロスを受けたペナルティアーク中央のクラマーが左足ボレーで一閃。これがゴール右に突き刺さってボルシアMGが待望の先制ゴールを奪った。 そして追加タイム1分にはT・アザールのスルーパスを受けたノイハウスがGKとの一対一を制して2-0としたボルシアMGが勝利。バイエルンと勝ち点で並び、得失点差で上回って2位に浮上している。 2019.02.03 04:39 Sun
twitterfacebook
thumb

ラージョ、シャルケから元アルゼンチン代表FWディ・サントを今季終了までのレンタルで獲得

ラージョ・バジェカーノは1日、シャルケから元アルゼンチン代表FWフランコ・ディ・サント(29)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。 チェルシーやブラックバーン、ウィガンといったプレミアリーグでのプレーを経て、2013年夏にブレーメンに加入した193cmの長身FWであるディ・サントは、2014-15シーズンにブンデスリーガで13ゴールを挙げ、チーム内得点王を獲得。 この活躍が認められ2015年の夏にシャルケへ移籍すると、在籍3年半で公式戦88試合に出場し12ゴール6アシストをマーク。しかし、今シーズンはブンデスリーガ4試合、チャンピオンズリーグ1試合のみの出場となっていた。 2019.02.02 02:00 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース