超ワールドサッカー

本田圭佑がメルボルン・ビクトリー入団会見を実施! “リトルホンダ”についても語る2018.08.15 13:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽昨シーズン限りでパチューカを退団し、メルボルン・ビクトリーへの入団が発表されていた日本代表FW本田圭佑が現地で入団会見を実施した。

▽本田は、ロシア・ワールドカップで3大会連続ゴールを記録するなど活躍。日本代表のベスト16入りに貢献していたが、大会後にワールドカップへの出場は今回が最後であることを明言していた。

▽さらに、今月初めに東京オリンピックを目指して活動すると明かすと、6日にはメルボルン・ビクトリー入りが発表。さらに、12日にはカンボジア代表の実質的監督になることが発表され、サッカー界を賑わせていた。

▽そんな本田は15日、メルボルン・ビクトリーの入団会見を実施。自身の考えを語った。

──オランダから始まり5カ国目の海外挑戦となりますが、挑戦において譲れないものは

「物凄くシンプルな質問で、しっかりとトレーニングを積むこと。そして、翌日のハードなトレーニングのために食事をとって休養をとること。このサイクルを繰り返すことで、これまでいくつかの結果を出してきました。ここでも同じことをやるだけだと思っています」

──ポジションのことについて。ボランチということも話が出ているが監督と話したか

「話したといえば話しましたし、まだそこまで僕が考えていることを全て話してはいません。この決断を下すのに大事だったのはポジションではありません。メルボルン・ビクトリーでの新たな挑戦にかけてみたいと思いました。自分のポジションに対して考えていることは監督とディスカッションしながら、チームにとって良いポジションでプレーしたいと思います」

──今回の決断に“リトルホンダ”は出てきたのか。また、背番号はどうなるか

「番号に関してはまだ決まっていなくて、クラブと調整して話しています」

「決断するにあたっては、ミランの時にあのような事を言いましたけど、結構あの答えは大げさではなく、どんな決断をする時も、自分に問う、それを答えを出すというのは誰でもされていることだと思います。面白おかしく今回は言えませんが、自分の中でしっかり自問自答して出した答えだと思います」

──カンボジア代表での役割とメルボルン・ビクトリーでの役割はどちらに比重があるのか。東京オリンピックでオーバーエイジ枠でプレーすることに対して、メルボルン・ビクトリーでのプレーはプラスになるか

「カンボジアとこちらだと、基本的に試合はかぶりません。かぶった時は、メルボルンを優先します。基本的にそういった考え方でやっていますし、こちらに居るということはそれを象徴しています」

「メルボルンは毎週ありますが、代表は毎週あるわけでなく、2カ月に1回ということです。カンボジアサッカー協会と連携してやることなので、僕がコチラにいても僕の考えを遂行してくれるという考え方です」

「オリンピックに関しては、自分が伸びることを楽しみにここに来ているので、想像を超えるような成長をみんなに見せられたらなと思います。オリンピックでプレーする上で、このクラブは一番成功できるクラブだと確信しています」

──メルボルンでの挑戦で一番楽しみにしていることは

「チームで何の大会でも良いので、トロフィーを獲ることを楽しみに来ています。なんとか成し遂げたいと思っています」

コメント

関連ニュース

thumb

堂安律にアヤックス&PSVも名乗りか

▽フローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律(20)に対して、欧州の錚々たるクラブの関心が集中しているようだ。 ▽欧州初挑戦の昨シーズンから続く活躍により、マンチェスター・シティやアトレティコ・マドリー、ユベントスといった有力クラブの関心が取り沙汰される堂安。だが、オランダ国内のビッグクラブも日本が誇る次世代のスターに目を光らせている模様だ。 ▽オランダ『voetbalflash』によれば、そのクラブとはエールディビジの2大有力クラブであるアヤックスとPSV。堂安を引き抜くとなれば、エールディビジのクラブにとっても高額な移籍金1000万ユーロ(約12億8000万円)が必要になってくるという。 ▽森保一新体制の日本代表でも顔になりつつある堂安は2017年夏、ガンバ大阪からフローニンヘンに移籍。その初年度に公式戦31試合10得点4アシストの好成績を収め、背番号を「7」に変更した今シーズンもここまで13試合3得点1アシストを記録している。 2018.11.19 11:05 Mon
twitterfacebook
thumb

先制弾アシストの日本代表FW中島翔哉、ポルトガルメディアも称賛「存在感を示した」

大分で行われたキリンチャレンジカップの日本代表vsベネズエラ代表は、1-1のドローに終わった。日本の先制点をFKでアシストした中島翔哉について、ポルトガルのメディアも賛辞を贈っている。<br><br>ポルトガルメディア『OJOGO』は、「ポルティモネンセのアタッカーは、40分に酒井宏樹が決めたゴールをアシストした。中島はタッチライン際からFKを放ち、ファーサイドに飛び込んだ酒井の決定機をお膳立て。だが81分、(トマス)リンコンに得点を許し、1-1のドローに終わった」と伝えている。<br><br>中島については「アルヴィネグロス(ポルティモネンセの愛称)の10番は、日本で5つ目の代表キャップを刻んだ。好調をキープしており、その存在感を大きく示している」と、日本代表でも攻撃の軸であることを強調している。<br><br>今シーズンはポルティモネンセでリーグ戦9試合4ゴール3アシストを記録している中島。ポルトガルメディアからしても、日本代表での中島の活躍ぶりは、注目度の高いものとなっているようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.11.17 18:15 Sat
twitterfacebook
thumb

堂安律をオランダの識者が手放しで称賛「もはや破格の値段」「本田、香川と同等になれる」

フローニンヘンの日本代表FW堂安律について、ヨーロッパの強豪クラブが関心を示していると複数のメディアが伝えている。そんな中、オランダの識者が堂安について「本田圭佑や香川真司のレベルになれるだろう」と語った。<br><br>オランダ『Telegraaf TV』のほか、多くのTV番組に出演する著名ジャーナリスト、ヴァレンティン・ドリーセン氏は堂安について次のように述べ、自身の見解を示した。<br><br>「堂安はオランダのトップ3(アヤックス、PSV、フェイエノールト)でも十分に通用する選手だ。だが、もしトップ3が彼を獲得するために契約解除金を支払えるかというと疑問が残る。彼を求めているのはオランダのクラブだけではない。引き抜くためには、もはや破格の金額が必要になるだろう」<br><br>「それに堂安はとても人気のある選手だからね。それはフェイエノールトに小野伸二がいたとき、どのような効果があるのかを目の当たりにしている。フローニンヘンもマーケティング面で十分な恩恵を受けているだろう」<br><br>また、ドリーセン氏は堂安について「自身が素晴らしい才能を持ち合わせていることは、すでにピッチ上で示している。彼の左足は卓越したものがあり、素晴らしいテクニックとシュートセンスを持っている。(同胞の)本田圭佑、香川真司と比較しても、同等のレベルに成長できるだけの能力があるんじゃないかな」と語っている。<br><br>エールディヴィジで結果を残し、日本代表でも欠かせない存在になりつつある堂安律。現地の識者が手放しで賛辞を贈るほど、その才能と将来性はオランダでも認められているようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.11.16 12:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ベルギーのレジェンドが9戦8発の鎌田大地を絶賛「得点力はリーグで最高レベル」

ジュピラーリーグのシント・トロイデンでプレーする鎌田大地に対して、ベルギーのレジェンドが賛辞を贈っている。<br><br>今シーズン、フランクフルトからのレンタルによりシント・トロイデンでプレーしている鎌田大地。第15節終了時点で9試合8ゴールと、ジュピラーリーグ初挑戦ながら持ち前の得点力を発揮。得点ランキングでも4位タイに躍り出た。<br><br>そんな鎌田に対し、ベルギー代表として1970年、1982年と2度ワールドカップに出場したウィルフリード・ファン・ムール氏が賛辞を贈っている。ベルギーメディア『Het Belang van Limburg』が伝えた。<br><br>「カマダがピッチ上で示した得点力は確かだね。シント・トロイデンはベルギーで最高レベルのアタッカーを抱えていると言っていいだろう」<br><br>「デ・カーナーリス(シント・トロイデンの愛称)は優勝プレーオフに加わることができるかもしれない。シーズンの最初はそれほど期待されていなかったかもしれないが、彼らの恐れを知らないスタイルは目を見張るものがある」<br><br>シント・トロイデンはリーグ第15節を終えて5位。優勝プレーオフ圏内である6位以内に着けているが、果たして今シーズンはこのまま上位フィニッシュできるのだろうか。また、今季限りでのレンタルで同チームに加わった鎌田大地が、チームをさらなる上位へと導けるのか。同僚である遠藤航、関根貴大、冨安健洋、小池裕太の奮闘とともに、目の離せない展開が続きそうだ。<br><br>提供:goal.com 2018.11.13 13:10 Tue
twitterfacebook
thumb

今季2点目の本田圭佑がAリーグ第4節ベスト11選出! すでに3度の選出に「褒め言葉が尽きてしまう」

▽メルボルン・ビクトリーに所属する日本代表MF本田圭佑が、Aリーグ第4節のベストイレブンに選出された。クラブ公式サイトが発表している。 ▽メルボルン・ビクトリーは20日、Aリーグ第4節でセントラルコースト・マリナーズと対戦。前節アシストを記録した本田は、[4-3-3]の右インサイドハーフで先発出場し、この日も多くのチャンスで顔を出してゴールに迫った。すると30分、相手のビルドアップに対して前線からプレスをかけると、ボックス右手前でボール奪取。そのままゴールに突き進み、最後はGKとの一対一を制した。その後もメルボルン・Vの攻撃をけん引し、フル出場で4-1での勝利に貢献している。 ▽本田はこれですでに3回目のベストイレブン選出。公式サイトは「まだ11月なのにビクトリーの日本人プレーメーカーへの褒め言葉が尽きてしまう。日本のスターは4度のチャンスを作り、勤勉なプレーを魅せた」 ◆リーグA第4節ベスト11 GK フィリップ・クルト(ウェリントン・フェニックス) DF リッチー・デ・ラエト(メルボルン・シティ) シェイン・ローリー(パース・グローリーFC) アレックス・グラント(セントラルコースト・マリナーズ) ジョプ・ファン・デル・リンデン(シドニーFC) MF 本田圭佑(メルボルン・ビクトリー) アレックス・ロペス(ブリスベン・ロアー) フローリン・ベレンガー(メルボルン・シティ) FW アンディ・キーオ(パース・グローリーFC) ジェームズ・トロイージ(メルボルン・ビクトリー) オリオル・リエラ(ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC) 2018.11.12 13:15 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース