ベティス乾貴士の背番号が「14」から「8」に変更! 本人がツイッターで報告2018.08.15 04:32 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベティスに所属する日本代表MF乾貴士は14日、自身の背番号が入団会見で発表された「14」から「8」に変更されたことを明かした。

▽今夏、エイバルからスペインの名門ベティスに加入した乾は、日本代表の一員として参戦のロシア・ワールドカップで着用した背番号「14」をつけ、プレシーズンマッチをプレーしていた。しかし、今夏にスポルティング・リスボンから加入したポルトガル代表MFウィリアム・カルバーリョが、ポルトガル代表で馴染み深い背番号「14」の着用を熱望。

▽また、乾がフランクフルトやエイバルで着用していた背番号「8」を昨シーズン背負っていたスペイン人MFビクトル・カマラサが今夏にカーディフに移籍したため、今回の変更が決定した。

▽乾は自身のツイッター(@takashi73784537)で以下のようなコメントを残している。

「あー、もっと上手くなりたい!! 自分の実力のなさを痛感してます!! よし!頑張ろうちなみに、背番号が14から8に変わりました! 14のユニフォームを買って頂いた皆さん、すいません」

コメント

関連ニュース

thumb

乾が終盤出場のベティス、10人のオリンピアコスに敵地でゴールレスドロー《EL》

▽ベティスは20日、ヨーロッパリーグ(EL)グループF第1節、オリンピアコスとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。ベティスのMF乾貴士は83分からプレーしている。 ▽ミランとデュドランジュが同居しているグループF。昨季リーガ6位のベティスが、昨季ギリシャリーグ3位のオリンピアコスのホームに乗り込んだ一戦。ホアキンやテージョ、グアルダードらがスタメンとなったベティスは、[3-5-2]を採用した。 ▽そのベティスがボールを保持する展開で立ち上がっていくと、14分にホアキンの絶妙ダイレクトパスに抜け出したロレンが決定機を迎えるも、シュートを打ちにかかったところでDFの好タックルに阻まれた。 ▽その後もポゼッションするベティスは30分にロ・セルソのミドルシュートでゴールに迫ったが、41分にカウンターからポデンセに決定的なシュートを許してしまう。しかし、GKロブレスが好守で凌ぎ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半開始6分、ナトホのスルーパスに抜け出したポデンセに決定的なシュートを許すも、ここもGKロブレスがファインセーブで凌いだ。 ▽助かったベティスは61分、セルヒオ・レオンが相手のミスパスをカットしてゴールに向かうも、シュートはGKの守備範囲に飛んでしまう。 ▽73分にはツィミカスに2枚目のイエローカードが提示され、ベティスが数的優位となった中、83分に乾が投入される。しかし、チャンスは作れずに0-0で終了。数的優位を生かせず勝ち点1を挙げるにとどまった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 06:15 Fri
twitterfacebook
thumb

バレンシア戦先発の乾貴士、この試合最大の決定機を逸する…西メディア「活発だったがプレーに当たり外れある」

14日のリーガエスパニョーラ第4節、ベティスは敵地メスタージャでのバレンシア戦をスコアレスドローで終えた。MF乾貴士は先発出場を果たし、63分にピッチから下がった。<br><br>3戦連続で先発を果たした乾は、MFセルヒオ・カナレス、MFアンドレス・グアルダードとの連係からゴールに迫り、この試合最大の決定機も手にしたが物にできなかった。<br><br>日本代表MFは23分、FWリャド・ブデブズのスルーパスから巧みに最終ラインを突破。GKジャウメ・ドメネクもかわして、無人のゴールにボールを押し込もうとしたものの、枠に入る前にDFクリスティアーノ・ピッチーニにクリアされている。<br><br>ベティスでの初得点のチャンスを逃し、後半に入ってから存在感が薄まった乾は、63分にMFホアキン・サンチェスとの交代でベンチに下がっている。なおスペイン『デスマルケ』の採点(10点満点)で、同選手はチームメートほか5選手と並び、チーム3番目の5点の評価となった。寸評では、決定機逸やプレーに波があることを指摘されている。<br><br>「この試合の最たる決定機を迎えたが、そのシュートはあまりにも緩慢だった。活発だったが、プレーに当たり外れがある」<br><br>ベティスの次試合は、20日のヨーロッパリーグ・グループステージ第1節、アウェイでのオリンピアコス戦。乾は活躍を見せることができるだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.09.16 10:40 Sun
twitterfacebook
thumb

乾先発のベティス、敵地でバレンシアとゴールレスドロー《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第4節、バレンシアvsベティスが15日に行われ、0-0で引き分けた。ベティスのMF乾貴士は63分までプレーしている。 ▽前節レバンテ戦を2-2で引き分け、1分け2敗スタートとなったバレンシアは、翌水曜にチャンピオンズリーグ(CL)のユベントス戦を控える中、ゴンサロ・ゲデスとGKネトがベンチスタートとなった一方、ロドリゴ・モレノやパレホ、コンドグビアといった主力は先発となった。 ▽一方、1-0で勝利した前節セビージャとのダービーマッチに続き、ベティスの乾は3試合連続スタメンとなった。 ▽アウェイチームのベティスがポゼッションする展開となる中、11分にカウンターを狙うバレンシアはガメイロがオンターゲットのシュートを記録。しかし13分にアクシデント。シュートを打った際にコンドグビアが右足を負傷し、ヴァスとの交代を強いられた。 ▽押し込むベティスは20分、カナレスのコントロールシュートでゴールに迫ると、22分には乾に決定機。カナレスのスルーパスを受けた乾がGKをかわしてボックス右からシュート。しかし、ゴールライン上でDFにクリアされてしまった。 ▽さらに前半追加タイム1分、右クロスにマンディがヘッドで合わせるも、ややシュートコースが甘くGKジャウメにセーブされた。 ▽劣勢のバレンシアは同3分、フェラン・トーレスがヘディングシュートを放つも、こちらもコースが甘くGKパウ・ロペスにセーブされ、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半に入り、バレンシアが一転して押し込む展開とすると54分、ロドリゴ・モレノの浮き球パスからボックス左のパレホが左足ボレーで合わせる決定機を演出。しかし、シュートはバーを叩いた。 ▽63分、両チームが選手交代を行う。バレンシアはフェラン・トーレスに代えてゴンサロ・ゲデスを投入。ベティスは乾に代えてホアキンを投入した。 ▽だが、ここから試合は膠着し、互いにシュートシーンを作れない状況が続く。そこでバレンシアは77分にチェリシェフに代えてバチュアイを、ベティスはロ・セルソをデビューさせたが、決め手を欠いてゴールレスドロー。勝ち点1を分け合っている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.16 03:28 Sun
twitterfacebook
thumb

乾貴士はベティスの“伝説”ホアキンのお気に入り?「最高。適応力は驚異的」

今夏レアル・ベティスに加入したばかりの乾貴士だが、すでにチームメイトのお気に入りとなているようだ。地元メディア『eldsmarque』が伝えた。<br><br>契約満了に伴いエイバルを退団した乾。その後日本代表として参加したロシア・ワールドカップでチームをけん引する活躍を見せた後、ベティスへ入団した。ここまで開幕から3節まで全試合に出場し、セビージャとのダービーマッチではフル出場を果たしている。<br><br>キケ・セティエン監督とも冗談を言い合うなど、合流から2カ月足らずでチームに馴染んでいる乾。ベティスの下部組織出身であり、37歳ながらクラブの看板選手として愛され続けるベティスの&ldquo;伝説&rdquo;ホアキンも、地元ラジオ『ラディオ・セビージャ』で30歳MFを語っている。<br><br>「イヌイは最高の男だね。いつも笑っているよ。多くを話すわけではないが、すべてを理解している。彼の適応力は驚異的だ」<br><br>ダービーマッチでは決勝弾を挙げた後、乾とドラえもんの人形とともに2ショット写真を撮っていたホアキン。乾は、すでにベティスの&ldquo;伝説&rdquo;のお気に入りとなったようだ。<br><br>また、パリ・サンジェルマンから加入したアルゼンチン代表MFジオヴァニ・ロ・チェルソについても、「少し知っていたし、非常に面白く技術的にも素晴らしいフットボーラーだ」と賛辞を送っている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.13 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

エイバル監督、ベティスに移籍した乾貴士について…「悲しむべきはタダで放出してしまったこと」

エイバルを率いるホセ・ルイス・メンディリバル監督が、昨季まで同チームでプレーしたMF乾貴士を無料で放出してしまったことを悔いている。<br><br>乾は昨季、エイバルと契約延長交渉でほぼ合意に達していたが、結局はフリーでベティスに移籍することを選択した。<br><br>エイバルを率いるメンディリバル監督は公の場で、乾の人柄、戦術理解力、収めた成果などへの満足感を表してきたが、クラブに金を置いていかなかったことには不満の様子だ。スペイン『ディアリオ・バスコ』とのインタビューで、次のように述べている。<br><br>「小さな町にあるエイバルというクラブでは、予算の90%をテレビ放映権収入に頼らざるを得ず、そのことにはため息を漏らしている。このクラブにとって、ほかの方法で収入を得ることは難しい。選手の売却収入でもない限りはね」<br><br>「今季はアレホとカパを売却でき、そこではうまくやり繰りしていくことができた。悲しむべきはイヌイ、それとダニ・ガルシアがタダで行ってしまったことだ。在籍選手との契約は延長しなくてはならない。外から選手を引っ張ってくるのは、いつもコストがかかるのだから」<br><br>なおドイツの移籍専門サイト『トランスファー・マルクト』では乾の市場価格は750万ユーロと見積もられている。一方リーガでプレーするもう一人の日本人選手、ヘタフェMF柴崎額は300万ユーロとなっている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.09 22:50 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース