超ワールドサッカー

横浜FM、DFチアゴ・マルチンスが期限付き加入 J1リーグ37失点の守備陣補強2018.08.14 10:25 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜F・マリノスは14日、パルメイラスに所属するブラジル人DFチアゴ・マルチンス(23)の期限付き移籍加入を発表した。▽パルメイラス下部組織出身のチアゴ・マルチンスは、パイサンドゥやバイーアといったブラジル国内でプレーしてきた身長185cmのセンターバック。今シーズンのここまでJ1ワースト2位の37失点を記録する横浜FMにとって、新たなDF到着となる。

▽チアゴ・マルチンスはクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

「このチャンスをいただき大変嬉しく思います。横浜F・マリノスのユニフォームを着て皆さんの前でプレーすることがとても待ち遠しいです。ビルドアップや1対1のデュエルの部分が自分の特長だと思っていますし、欲を言えばゴールも狙っていきたいと思っています。F・マリノスに加入することが出来てとても幸せです。チームの目標達成のために全力を尽くしたいと思います」

▽横浜FMは現在、J1リーグ6勝5分け9敗の13位。15日に行われる次節、最下位に沈む名古屋グランパスをホームに迎え撃つ。

コメント

関連ニュース

thumb

福岡の井原正巳監督、今季限りでの辞任を表明…今季J1参入PO進出逃し「私の責任」

▽アビスパ福岡を率いる井原正巳監督(51)が、辞任の意向を明かした。Jリーグ公式サイトが伝えている。 ▽井原監督は、2015年に当時J2リーグに所属していた福岡の監督に就任すると、1年目でJ1昇格プレーオフを勝ち抜き、チームの5年ぶりJ1昇格に導いた。しかし、J1復帰初年度となった2016シーズンは、1stステージを2勝5分け10敗、2ndステージを2勝2分け13敗と苦しいシーズンを送り、1年でのJ2降格となった。 ▽1年でのJ1復帰を目指した昨シーズンは、再び4位でJ1昇格プレーオフに進出。しかし、決勝戦で3位の名古屋グランパスに0-0で引き分け、レギュレーションによりJ1昇格は叶わず。今シーズンも第41節終了時点でJ1参入プレーオフ進出圏内の6位につけていたが、最終節のFC岐阜戦でゴールレスドローに終わり、7位に転落し、PO進出を逃した。 ▽プレーオフ進出を逃した井原監督は試合後、「POにも進出できなかったことに関しては、私の責任だと思っています」とコメント。さらに来シーズンのことについて問われると、以下のように語り、辞任を表明している。 「来シーズンのことは、クラブが考えていると思います。もちろん、このプレーオフ進出を逃した責任は自分が取らなければいけないと考えています。自分としては、今年限りでアビスパを離れる、という気持ちではいます。そのことに関しては、すでに選手にも伝えていますし、いまもそのつもりでいます」 2018.11.17 20:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ネルシーニョ、柏に電撃復帰か

▽柏レイソルにネルシーニョ氏(68)が戻ってくる可能性が高まっている模様だ。 ▽ブラジル『Esportes Estadao』によれば、ネルシーニョ氏は16日に柏と3年契約を締結。本人も「J2に落ちていようが、そうじゃなかろうが、チームの改革を促進させることが仕事だ」と話しており、フラメンゴでフィットネストレーナーを務めるディエゴ・リニャレス氏を帯同させるという。 ▽ネルシーニョ氏は2009年7月〜2014年まで柏を率い、2010年のJ2を制してJ1に復帰。翌年に昇格初年度のクラブとして史上初のJ1優勝を成し遂げたほか、2012年に天皇杯、2013年にJリーグカップのタイトルも獲得した柏が誇る名指揮官だ。 ▽2014年の柏退団以降は、名古屋グランパス、ヴィッセル神戸を渡り歩き、2017年12月からスポルチを指揮。だが、今年4月にフロント陣との衝突で退団しており、現在フリーとなっている。 ▽なお、柏は現在、明治安田生命J1リーグ10勝3分け19敗の17位。今シーズン2度の監督交代も実らず、クラブ通算3度目となる9シーズンぶりのJ2降格危機に瀕している。 2018.11.17 10:35 Sat
twitterfacebook
thumb

盛岡DF田中舜が今シーズン限りで現役引退…スタートは銀行員からJFL

▽グルージャ盛岡は16日、DF田中舜(30)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 ▽立教大学卒業後、一度はサッカーから離れ銀行員として働いていた田中は、2011年にJFLのアルテ高崎に入団。その後、JAPANサッカーカレッジを経て、2013年に当時はまだ東北1部リーグに在籍していたグルージャ盛岡に移籍した。2016年にはJFLのアスルクラロ沼津に加入し、チームのJ3参入に貢献すると、2018年に盛岡に復帰。今シーズンは現時点で明治安田生命J3リーグに14試合出場した。 ▽キャリア通算では、J3に67試合、JFLに40試合、天皇杯に6試合出場した。 ▽なお、11月18日に行われる明治安田生命J3リーグ第32節ホーム最終戦のセレッソ大阪U-23戦後にセレモニーが行われる。 2018.11.16 17:25 Fri
twitterfacebook
thumb

金沢、MF山藤健太&DF野田紘史との契約満了を発表

▽ツエーゲン金沢は16日、MF山藤健太(32)とDF野田紘史(32)の来シーズンの契約を更新しないことを発表した。 ▽山藤は、2014年にJFLのソニー仙台から金沢に加入。2017年にはギラヴァンツ北九州にレンタル移籍していた。復帰した今シーズンは、ここまでリーグ戦での出場はない。金沢に在籍した5シーズンではJ2リーグ通算78試合4ゴール、J3リーグ通算40試合3ゴールを記録している。 ▽野田は、2015年にヴァンフォーレ甲府から金沢に加入。今シーズンは、ここまでリーグ戦での出場はない。金沢に在籍した4シーズンでは、J2リーグ通算64試合1ゴールを記録している。 2018.11.16 16:20 Fri
twitterfacebook
thumb

水戸、浅野拓磨の弟・大阪体育大MF浅野雄也&明治大FW村田航一の来季加入内定を発表!

▽水戸ホーリーホックは16日、大阪体育大学に所属するMF浅野雄也(21)と明治大学に所属するFW村田航一(22)の来シーズン加入内定を発表した。 ▽浅野は、四日市四郷高校から大阪体育大学に進学。身長170㎝、体重64㎏のミッドフィルダーだ。ちなみに、兄はハノーファーに所属する日本代表FW浅野拓磨。村田は、日章学園高校から明治大学に進学。身長178㎝、体重78㎏のフォワードだ。 ▽来シーズンの水戸加入が内定した両選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆MF浅野雄也(大阪体育大学) 「来シーズンから水戸ホーリーホックに加入する事が内定しました浅野雄也です。水戸という素晴らしいクラブでプロサッカー選手の第一歩を踏み出せる事をとても嬉しく思います。少しでも早くクラブに貢献できるよう全力でプレーしますので、応援よろしくお願い致します」 ◆FW村田航一(明治大学) 「来シーズンから水戸ホーリーホックに加入する事になりました明治大学の村田航一です。これまで関わってくださった方々への感謝の気持ちをプレーで表現していきたいと思います。水戸ホーリーホックの勝利のために全力を尽くし、多くの皆様に喜びや感動を届けられるように頑張ります。よろしくお願い致します」 2018.11.16 16:00 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース