超ワールドサッカー

ユナイテッド、デ・ヘアとの契約延長に“自信”か レアル・マドリーの長期追跡が終了2018.08.14 08:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イギリス『デイリー・スター』は、マンチェスター・ユナイテッドが所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(27)に契約延長の可能性が高まっていると報じた。

▽デ・ヘアを巡っては、以前からレアル・マドリーの関心が取り沙汰され続けてきたが、チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワが今夏にサンティアゴ・ベルナベウへ。これにより、デ・ヘアのレアル・マドリー移籍も終焉を迎えたとみられる。

▽そうした状況を受け、デ・ヘアの囲い込みに自信を深めたユナイテッドは、新たに5年契約を用意。個人条件もボーナス付きの週給20万ポンド(約2800万円)に引き上げ、オールド・トラフォードでのデ・ヘアの将来を揺るぎないものにしようとしているという。

▽なお、そのデ・ヘアの契約は、1年間の延長オプションを含めると、2020年まで。10日に行われたプレミアリーグ開幕節のレスター・シティ戦もフル出場し、チームの白星スタートに貢献している。

コメント

関連ニュース

thumb

ベロン氏、古巣マンチェスター・Uについて…「ファーガソン以降、適切な監督見つけられていない」

元アルゼンチン代表MFで、現在はエストゥディアンテスの会長を務めるファン・セバスティアン・ベロン氏が、古巣のマンチェスター・ユナイテッドについて言及している。スペイン『マルカ』が伝えた。<br><br>2001年から2003年までユナイテッドでプレーしたベロン氏は、同チームがアレックス・ファーガソン氏が退任して以降、適切な監督を見つけられていないとの見解を示している。<br><br>「ファーガソンが去ってから、ユナイテッドは行くべき方向を見つけられていない。マンチェスター・シティはフットボールのアイデアを見つけたが、ユナイテッドは進む道をとっかえひっかえしているね」<br><br>「もちろんモウリーニョは素晴らしい監督だ。しかしユナイテッドが、ファーガソン以降に適切な監督を見つけられていないのは明らかだよ」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.17 23:42 Sat
twitterfacebook
thumb

守護神デ・ヘアへの批判を代表チームメイトが擁護! 「彼を疑うのは醜いことだ」

▽アスレティック・ビルバオに所属するスペイン代表DFイニゴ・マルティネスが、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアを擁護している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽15日に、UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ4でクロアチア代表と対戦したスペイン代表は、FWアンドレイ・クラマリッチとDFティン・イェドバイの2得点で2-3と敗戦。戦犯として守護神のデ・ヘアにも非難が向けられている。 ▽しかし、この試合にセンターバックとしてスタメン出場したイニゴ・マルティネスは、守護神を叩く一部のファンに反論した。 「彼は、自身がどのようなゴールキーパーであるか、代表のために何をすることができるのかを、長年に渡り証明してきた」 「彼を疑うのは醜いことだ」 「チームメイトと多くのファンは彼を支持している。そして、彼に対するリスペクトが必要だ」 2018.11.17 21:56 Sat
twitterfacebook
thumb

プジョルからピケへのアドバイス「フットボールに集中すべき」

▽バルセロナのレジェンドである元スペイン代表DFカルレス・プジョル氏が、現役時代にコンビを組んでいたDFジェラール・ピケにアドバイスを送った。スペイン『アス』が伝えている。 ▽バルセロナの下部組織出身のピケは、キャリアの最初期にマンチェスター・ユナイテッドに移籍したが、2004年から2008年までの在籍期間中にレギュラーを掴むことは叶わず。2008年夏にバルセロナに復帰した。すると、バルセロナではすぐにポジションを確保。当時カピタンを務めていたプジョル氏らとともに強固な守備組織を作り上げた。 ▽現在では、クラブの中でもFWリオネル・メッシやMFセルヒオ・ブスケッツに次ぐ重鎮となっているピケ。しかし、今シーズンは度々失点に絡む軽率なミスを犯すなど、期待値を下回るプレーも多い。 ▽「ピケが好調を取り戻すためにはどうするべきか? 」という質問を受けたプジョル氏は、以下のように語っている。 「ジェラール(・ピケ)が、結局フットボールは24時間働く仕事なんだ、ということに気付いたことが素晴らしいことだと思う」 「真剣にそう思う。皆知っている通り、彼はやっているよ。ジェラールがバルサに戻ってきたことは重要だった。私は本当に1日24時間フットボール生活だったからね」 「でも、リラックスしたり、人生を楽しんだり、良い時間を過ごすことも少し必要なんだ。それは彼が私に教えたことだよ」 「それでも、あの超一流のコンペティションに参加していれば、自身をよく見つめフットボールに集中することが求められるのは事実だ」 「フィットし続けてトップでプレーしたいなら、それがすべきことだよ」 2018.11.16 18:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ルーニー「ユナイテッドで辞めたかった」

▽DCユナイテッドに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(33)が古巣マンチェスター・ユナイテッドに対する本音を吐露した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ルーニーは2004年夏にエバートンからユナイテッドに移籍。在籍13年間で公式戦559試合253得点を誇り、5度のプレミアリーグ優勝や1度のチャンピオンズリーグ制覇など数々の栄冠を経験した。だが、晩年は出場機会が減少。2017年夏に古巣エバートンに戻り、今夏からアメリカに活躍の場を移した。 ▽イングランド代表の一員として代表引退試合を控える中、ルーニーは古巣ユナイテッドの公式チャンネル『MUTV』に登場。当時の思いを打ち明けた。 「もちろん、恋しく思う。マン・ユナイテッドは僕のキャリアを通じたハイライトさ。あれだけ長くプレーしたのだからね。でも、(退団は)正しいタイミングだった」 「当時の僕は常にプレーできていたわけじゃない。僕はずっとプレーしたいタイプの選手。監督に話をしてみたけど、その気もなさそうだったから、正しい決断だった」 「理想を言うのであれば、あそこに残り、キャリアを終わりたかった。でも、フットボールは常に変化する。異なることが起きて、また別の理由が生まれる」 「僕は素晴らしい思い出と共に去り、アメリカに行き、プレーする新たなチャンスを手にした。でも、ユナイテッドで素晴らしい時を過ごさせてもらったよ」 「それに、僕は楽しみにしている。かつてのチームメイトや友人、スタッフと再び会えることをね」 2018.11.16 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

契約最終年のスモーリング、エバートンへ?

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表DFクリス・スモーリング(28)にエバートン行きの可能性が浮上した。 ▽チームとして定まらないセンターバックのポジションで、今シーズンのここまでプレミアリーグ10試合に出場するスモーリング。だが、ユナイテッドとの契約は今シーズンが最終年となっており、オールド・トラフォードでの将来は不透明な状況だ。 ▽イギリス『サン』によれば、そのスモーリングに対しては現在、エバートンが興味。スカウトを送り込む準備を進めている模様。一方、延長交渉の最中であるユナイテッドも来年1月に3000万ポンド(約43億5000万円)の入札があれば、応じる用意があるという。 ▽2010年夏の加入時に、クラブOBのレジェンドである元イングランド代表DFリオ・ファーディナンドの後継者として注目を集めたスモーリング。果たして、来シーズンはどの色のユニフォームを来てプレーしているのだろうか。 2018.11.16 11:15 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース