バチュアイ、初挑戦リーガ開幕に向け意気込む! 「グーグル翻訳で会話してる」2018.08.13 17:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今夏にチェルシーからバレンシアにレンタル加入したベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(24)が、新天地での意気込みを語っている。スペイン『アス』が伝えた。▽バチュアイは2017-18シーズンの冬にもレンタルでドルトムントに加わり、ブンデスリーガ10試合で7得点をマーク。7月まで行われていたロシア・ワールドカップではベルギー代表として出場し、3試合1得点を記録した。

▽今夏には、出場機会を求めて移籍を望んでいることが伝えられており、10日にバレンシア加入が発表。同クラブがチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得してることも、プラスに働いていたようだ。以下のように語っている。

「僕に(バレンシア以外の)他の選択肢があったのは事実だ。でも、(マルセリーノ・ガルシア・トラル)監督と話して、気持ちが固まったんだ」

「(ゴール数の)目標を設定する前に、確かな印象を残すことを切望しているよ。“23”のシャツが着たいね。もし空いていればだけど」

「(チームでの会話には)携帯のグーグル翻訳を活用しているよ。でも、クラブは先生を付けてくれる計画でいる思うし、チームメートだって助けてくれるに違いない」

「僕はここの野望に納得させられた。チャンピオンズリーグに参加するのが楽しみだよ。マルセリーノとの会話が本当に重要な要因だった」

▽スペイン語の問題解決のためにグーグル翻訳を利用しつつ、初挑戦となったリーガエスパニョーラの開幕に向けて準備を進めるバチュアイ。スペイン代表FWロドリゴ・モレノと競争が勃発することも伝えられているが、ポジションを確保することはできるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

チチャリート、バレンシアと個人間合意もハマーズが移籍許さず

ウェストハムに所属しているメキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(30)はバレンシアと個人間合意に達しているものの、ハマーズは移籍を容認しない構えのようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 2017年夏にレバークーゼンから1600万ポンド(約22億4000万円)の移籍金で加入。ところが、元マンチェスター・ユナイテッドFWは、昨季はリーグ戦28試合8ゴール、今季もここまでリーグ戦14試合で4ゴールと西ロンドンクラブへの適合に苦しんでいる。 エルナンデスはそんな状況から抜け出そうとスペイン復帰を考えているようだ。伝えられるところによると、同選手はすでにバレンシアと個人合意に達しているとのこと。 しかし、オーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチが中国の上海上港に移籍してしまう可能性が高いことから、同時に2人のストライカーを失うことを恐れるハマーズは、エルナンデスの移籍を認めない構えであると推測されている。 また、同クラブは選手のローン移籍に消極的であり、メキシコ代表FWを手放すにしても1200万ポンド(約16億8000万円)以上の移籍金による完全移籍を望んでいるという。 2019.01.17 13:54 Thu
twitterfacebook
thumb

イグアイン退団濃厚のミラン、後釜にバチュアイをリストアップ?

ミランが、バレンシアに所属するベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(25)を新たにリストアップしたようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ミランは昨夏ユベントスから元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(31)をレンタルで獲得。しかし、ここまでのリーグ戦で15試合6得点と期待値からすれば、やや物足りないパフォーマンスにレンタル打ち切りの可能性が浮上し、16日にはチェルシーへのレンタル移籍でユベントスが合意したことが同メディアによって伝えられた。 ミランは現在、イグアインの後釜としてジェノアに所属するFWクシシュトフ・ピョンテク(23)の獲得に関心を示している。しかし、ジェノア側が4000万ユーロ(約49億円)+ボーナスを要求しており、完全移籍か買い取り義務付きのレンタル移籍を求めていることから、ミランは難色を示しているという。 そんな中、ミランはプランBとしてバレンシアのバチュアイを注視。しかし、同選手は最近、元ベルギー代表のアシスタントコーチであるティエリ・アンリ監督が率いるモナコへのレンタル移籍で合意寸前であることが伝えられているため、そうなれば争奪戦になることは間違いなさそうだ。 移籍市場は残り約2週間。果たしてミランはどのような動きを見せるのだろうか。 2019.01.17 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

シュート263本で17G…バレンシア指揮官は自身の解任を否定

バレンシアを率いるマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が、自身の解任論を否定している。スペイン『マルカ』が伝えた。 マルセリーノ監督は、2017-18シーズンからバレンシアの指揮官に就任。すると、それ以前に率いていたビジャレアルでの攻撃サッカーとは別のアプローチながら、前年に12位に落ち込んでいた名門を4位まで引き上げた。 しかし、今シーズンは序盤から得点力不足が囁かれ、チームはここまでのリーガエスパニョーラ第19節終了時点で4勝11分け4敗の11位に低迷。得点数は、バジャドリーやレガネス、ウエスカと並び「17」で最下位タイだ。 そういった状況からマルセリーノ監督の解任論が各所で噴出しているが、当人はこれを否定。263回のシュートで17ゴールしか奪えていない(決定率6.5%)ことを嘆き、会長の決断を尊重するとしつつも、状況が変化すると信じているようだ。 「私の仕事は自分自身を強くしてくれるし、慰めてもくれる」 「現時点では勝てておらず、他に感じることは何もない。私が求めるのは勝つことだけだ」 「最後通告を受けたことはないし、それは個人的な問題だ」 「私たちは勝者だ。勝たなければ失望する」 「試合前のミーティングには既に気付いていたし、心配はしていないよ。もしオーナーがコーチングスタッフを追いやる決断をしたのなら、私にできることは何もない。それに、彼の決断をリスペクトしなければならない」 「私たちは263回のチャンスで17ゴールを記録している。これは変えなければならないことだが、永遠に続くことはない」 2019.01.15 15:35 Tue
twitterfacebook
thumb

アンリ監督&セスクと再会へ…バチュアイ、モナコへのレンタルが合意間近に

バレンシアに所属するベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(25)のモナコ移籍が間近に迫っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 バチュアイは2018年8月にチェルシーからレンタルでバレンシアに加入した。しかし、ここまで公式戦23試合3ゴールと結果を出せず放出の噂が浮上。最近ではバレンシアのゼネラルマネージャー(GM)を務めるマテウ・アレマニー氏も同選手が他クラブと交渉中であることを明かし、退団は決定的とみられていた。 そんな中、『スカイ・スポーツ』はバチュアイがモナコへのレンタル移籍で合意寸前であると報道。実現すればバチュアイはマルセイユに在籍していた2016年以来のリーグ・アン復帰となる。 モナコには最近チェルシーから元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが加入。チームは元ベルギー代表のアシスタントコーチであるティエリ・アンリ監督が率いており、バチュアイをよく知る監督の下で再び輝けるか注目だ。 2019.01.14 09:15 Mon
twitterfacebook
thumb

得点数リーガ最下位…不振バレンシアのエースFWロドリゴ「監督解任は正しい決断じゃない」

バレンシアに所属するスペイン代表FWロドリゴ・モレノが、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督への信頼を口にしている。スペイン『アス』が伝えた。 バレンシアは今シーズン、リーガエスパニョーラ第19節終了時点で4勝11分け4敗の暫定10位と低迷。中でも得点数がレガネスやバジャドリー、ウエスカと並び最少タイの17得点と、深刻な得点力不足に陥っている。 勝ち切れない試合の続くバレンシアは、12日に行われたバジャドリー戦でも1-1でドロー。後半半ばにMFパレホが先制点を奪取したものの、終盤に同点弾を沈められ事態を好転させられないまま試合を終えた。試合の中ではエースであるはずのロドリゴが決定機を迎えていたが、決め切れず。チームを救うことはできていない。 今シーズンのロドリゴの成績は、リーガエスパニョーラ17試合に出場して2ゴール3アシスト。リーグ37試合16ゴール7アシストの活躍を披露した昨シーズンと比較すると、大きく期待を裏切る数字になっている。 マルセリーノ監督の解任論も噴出する中、バジャドリー戦後のインタビューに応じたロドリゴは指揮官の続投を訴えた。 「ここ数週間、僕は一生懸命トレーニングを積んできた。そして、得点はストライカーに大きな自信を与えてくれるよ」 「物事は同時にやってくるものではないし、チームを助けるための完璧な状況だったと思う。どっちのチームも素晴らしい仕事をしていて、もし僕があのチャンスを無駄にしなければ僕らが3ポイントを得られていた」 「監督は自分の仕事に取り組んできた。彼は物事を好転させようと試みているよ。監督ができるのはある程度までだし、奇跡は起こせない。罰を受けることもできないんだ」 「監督を代えることが良い考えだったり正しい決断だとは思えない。チームにはアイデンティティを示す兆候があるし、僕らは彼のアイデアを信じてるからね」 2019.01.13 20:00 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース