バチュアイ、初挑戦リーガ開幕に向け意気込む! 「グーグル翻訳で会話してる」2018.08.13 17:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今夏にチェルシーからバレンシアにレンタル加入したベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(24)が、新天地での意気込みを語っている。スペイン『アス』が伝えた。

▽バチュアイは2017-18シーズンの冬にもレンタルでドルトムントに加わり、ブンデスリーガ10試合で7得点をマーク。7月まで行われていたロシア・ワールドカップではベルギー代表として出場し、3試合1得点を記録した。

▽今夏には、出場機会を求めて移籍を望んでいることが伝えられており、10日にバレンシア加入が発表。同クラブがチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得してることも、プラスに働いていたようだ。以下のように語っている。

「僕に(バレンシア以外の)他の選択肢があったのは事実だ。でも、(マルセリーノ・ガルシア・トラル)監督と話して、気持ちが固まったんだ」

「(ゴール数の)目標を設定する前に、確かな印象を残すことを切望しているよ。“23”のシャツが着たいね。もし空いていればだけど」

「(チームでの会話には)携帯のグーグル翻訳を活用しているよ。でも、クラブは先生を付けてくれる計画でいる思うし、チームメートだって助けてくれるに違いない」

「僕はここの野望に納得させられた。チャンピオンズリーグに参加するのが楽しみだよ。マルセリーノとの会話が本当に重要な要因だった」

▽スペイン語の問題解決のためにグーグル翻訳を利用しつつ、初挑戦となったリーガエスパニョーラの開幕に向けて準備を進めるバチュアイ。スペイン代表FWロドリゴ・モレノと競争が勃発することも伝えられているが、ポジションを確保することはできるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

マルセイユ、イタリア代表ザザ獲得が決定的に

▽マルセイユはバレンシアのイタリア代表FWシモーネ・ザザ(27)の獲得に関して合意を取り付けたようだ。フランス『RMC Sport』をもとに『フットボールイタリア』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、マルセイユは今夏にニースのイタリア代表FWマリオ・バロテッリ(27)の獲得が目前に迫っていたが、合意には至らず同代表のザザに白羽の矢が立ったようだ。同選手に対しマルセイユは買取りオプション付きのレンタル移籍でオファーを出しており、48時間以内に決定する模様だ。 ▽一方で、バレンシアは今夏にチェルシーからベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(24)、アトレティコ・マドリーから元フランス代表FWケヴィン・ガメイロ(31)を獲得。そのため、ザザの退団が有力視されている。 ▽ザザは、ユベントスからウェストハム、バレンシアへとレンタル移籍を経て、2017-18シーズンはバレンシアに完全移籍。リーガエスパニョーラで33試合に出場し13ゴールを記録。復活を果たしていた。 2018.08.15 17:05 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシアがチェリシェフのレンタル加入を発表!2016年以来2度目の加入に

▽バレンシアは14日、ビジャレアルのロシア代表MFデニス・チェリシェフ(27)をレンタルで獲得したことを発表した。期間は1年間。 ▽レアル・マドリーの下部組織出身のチェリシェフは2016年夏にビジャレアルに移籍。加入1年目はケガでリーグ戦出場は11試合にとどまったものの、2年目となった昨季はリーグ戦24試合に出場し2ゴール2アシストを記録。その活躍からロシア代表として出場したロシア・ワールドカップ(W杯)では、初戦の2ゴールを含む5試合4ゴールでロシアの攻撃を牽引。大会前の下馬評を覆し、スペイン代表を破るなどベスト8進出に貢献した。 ▽チェリシェフは一度、2016年2月から半年間バレンシアにレンタル移籍した経歴を持つ。加入からリーグ戦6試合で3ゴールを記録する活躍を見せたが、その後はケガに苦しみ、結局リーグ戦出場は7試合のみだった。2度目のバレンシア移籍となる今回、W杯のような輝きを見せることはできるのだろうか。 2018.08.14 23:08 Tue
twitterfacebook
thumb

ゲデスのバレンシア残留濃厚か PSGと完全移籍で合意

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデス(21)にバレンシアへの完全移籍が近づいているようだ。アメリカの大手メディア『ESPN』が報じた。 ▽ゲデスは2017年夏、PSGからバレンシアにレンタル移籍。リーガエスパニョーラ33試合に出場して5得点11アシストの成績を収め、ロシア・ワールドカップのポルトガル代表メンバーにも選ばれた。 ▽報道によれば、バレンシアは移籍金4500万ユーロ(約56億7000万円)でクラブ間合意。6000万ユーロを求めるPSGだが、バレンシアから再び売却する際に移籍金の20%を譲り受ける約束を交わしたため、取引成立に至ったという。 ▽なお、そのゲデスを巡ってはワトフォードも関心を示していたが、選手自身がバレンシア残留を希望。バレンシアへの完全移籍が正式に決まれば、クラブとの相思相愛が実る格好となる。 2018.08.13 09:00 Mon
twitterfacebook
thumb

バレンシア、アトレティコから元フランス代表FWガメイロを獲得

▽バレンシアは12日、元フランス代表FWケヴィン・ガメイロ(31)を獲得することでアトレティコ・マドリーと合意に至ったことを発表した。 ▽2016年にセビージャからアトレティコ・マドリーに加入したガメイロは、在籍2年間で公式戦82試合に出場し、27ゴール11アシストを記録。昨季はフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンやスペイン代表FWジエゴ・コスタの控えとしてリーグ戦25試合(先発:11試合)で7ゴールを記録した。 ▽また、2010年にデビューしたフランス代表では、これまで13試合に出場し3ゴールを記録。だが、2017年3月以降は招集メンバーから外れていた。 2018.08.13 02:25 Mon
twitterfacebook
thumb

バレンシアで復活したザザが欲しい…トリノがリャイッチ売却で資金調達を目指す

▽トリノは、バレンシアのFWシモーネ・ザザ(27)の獲得資金捻出のため、セルビア代表FWアデム・リャイッチ(26)の売却に動くようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ▽ザザは、ユベントスからウェストハム、バレンシアへとレンタル移籍を経て、2017-18シーズンはバレンシアに完全移籍。すると、リーガエスパニョーラで33試合に出場し13ゴールを記録。復活を果たしていた。 ▽トリノは、スペインで活躍するイタリア人FWの獲得資金を調達するため、リャイッチの売却を検討。ベシクタシュ、スパルタク・モスクワ、マルセイユのいずれかに1500万ユーロ(約19億円)で売却しようと考えているようだ。 ▽昨シーズンのリャイッチは、セリエAで27試合に出場し6ゴールを記録。しかし、ワルテル・マッツァーリ監督のサッカーに馴染めずにいた。 ▽バレンシアは、チェルシーからベルギー代表FWミッチー・バチュアイをレンタル移籍で獲得。これにより、ザザの放出も問題なくなっている。スペインで復活したイタリア代表FWの去就はどうなるだろうか。 2018.08.11 14:45 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース