理解できぬ! サッリがD・ルイス冷遇のコンテに喝2018.08.13 14:55 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今シーズンからチェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督がブラジル代表DFダビド・ルイスを冷遇した前任のアントニオ・コンテ氏に疑問の念を強めた。イギリス『メトロ』が報じた。

▽昨シーズン途中にコンテ氏との確執が明るみとなり、それ以降の出番が激減したダビド・ルイス。だが、11日に行われたプレミアリーグ開幕節のハダースフィールド戦を4バックの一角として先発出場で飾り、3-0の完封勝利に貢献した。

▽サッリ監督は、ハダースフィールド戦後会見でダビド・ルイスについて問われると、同選手を干し続けたコンテ氏に対して「理解に苦しむ」と苦言。その前任者と違い、この先もプレーチャンスを与える考えを明かした。

「理解に苦しむ意見だ。彼が3バックに適していない選手だなんて。良いDFであれば、3バックだろうが、4バックだろうが、プレーできるものだ。過去に何があったのかは知らない。ただ、今の彼にはチャンスがある」

コメント

関連ニュース

thumb

スーパー杯敗戦のマドリー、会長がチェルシーからの緊急補強に動く⁉

▽レアル・マドリーはチェルシー所属のスペイン代表マルコス・アロンソ(27)の獲得に興味示しているようだ。スペイン『ドン・バロン』の情報を基に、イギリス『デイリー・スター』が伝えた。 ▽マドリーには今夏、フラメンゴからブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオール(18)、レアル・ソシエダからスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラ (22)、チェルシーからベルギー代表GKティボー・クルトワ(26)などが加わっている。 ▽しかし、ユベントスに移籍したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの穴を埋めるようなスコアラーの獲得はできておらず。チェルシーMFエデン・アザールやバイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキに関連する噂は立ち消えとなっている。 ▽そんな中、先日行われたUEFAスーパーカップで、マドリーはアトレティコ・マドリーに2-4で敗戦。当然、新戦力の獲得が求められる中、『デイリー・スター』はマドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が驚きの名前をリストアップしていると報じた。 ▽その名前は、チェルシーDFマルコス・アロンソだ。同選手はマドリーの下部組織出身で、2010年にトップチームデビュー。しかし、出場は1試合に留まり、2010年夏にボルトンに移籍を果たした。その後はフィオレンティーナ、サンダーランドを経て、2016年夏にチェルシーに加入すると、主力として活躍。加入1年目にはプレミア制覇にも貢献した。昨シーズンは、リーグ戦33試合に出場し7ゴールを記録している。 ▽『デイリー・スター』は、「マルコス・アロンソならばディフェンス面の改善の1つとなるだろう」と締めている。 2018.08.16 21:48 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーのナイジェリア代表DFオメルオがレガネスへレンタル移籍

▽レガネスは15日、チェルシーのナイジェリア代表DFケネス・オメルオ(24)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。今シーズン一杯のレンタルとなる。 ▽オメルオは、2012年1月にスタンダール・リエージュからチェルシーに加入。その後はADOデン・ハーグ、ミドルズブラ、カシムパシャ、アランヤシュポルへのレンタル移籍を経験している。チェルシーでの出場経験は無いものの、トルコ・スーパーリーグでは79試合に出場し2ゴール1アシストを記録。エールディビジでは36試合に出場し2ゴール2アシスト、チャンピオンシップ(イングランド2部)では33試合に出場している。 ▽また、ナイジェリア代表としても40試合に出場。2014年のブラジル・ワールドカップに続き、ロシア・ワールドカップにも出場。2試合でプレーしていた。 2018.08.15 19:51 Wed
twitterfacebook
thumb

ジョルジーニョの巧さは母親譲り⁉︎ あまりの上手さに「ルカクよりも上手」の声も

▽チェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョの母親のプレーぶりが上手すぎると話題になっている。イギリス「メトロ』が伝えている。 ▽話題となっているのはツイッターアカウントの『Chelsea FC Fan Club』に上げたれた1本の動画。そこに写っていたのはジョルジーニョと器用にリフティングをするある一人の女性の姿だった。ジョルジーニョからのどんなボールも簡単にトラップし、丁寧に返す。まるでプロ同士のやりとりを見ていると錯覚してしまうその女性はなんとジョルジーニョのお母さんだった。 ▽まるで素人のそれとは思えない繊細なタッチに、SNS上ではコメントが殺到。今夏ミランにレンタル移籍したフランス代表MFティエムエ・バカヨコよりも上手いと自虐的なコメントをするユーザーもいれば、マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカクのファーストタッチより優れているといった皮肉たっぷりのコメントも。 ▽ジョルジーニョの母親であるマリア・テレザ・フレイタスさんは、ジョルジーニョにサッカーを始めさせた張本人。子供の頃にはおもちゃやゲームの代わりにサッカーボールを与え、英才教育を施していたようだ。ジョルジーニョ自身も「母親のおかげでプレーできている」とコメントしており、チェルシーに移籍した際には、スタジアムのグッズストアに招待するなど、サッカーで結ばれた絆は深いようだ。 2018.08.15 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

サッリ監督、コンテ体制下の“悪しき習慣”を撤廃

▽今季から新たにチェルシーに就任したマウリツィオ・サッリ監督は、アントニオ・コンテ前監督の“古き習慣”を撤廃することにしたようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 ▽繊細なアスリートにとって微妙な体重の変化や体脂肪率の違いがパフォーマンスに影響を及ぼすことが懸念されるが、コンテ体制下のチェルシーでは、それを避けるために食事制限が設けられていた。以前、イギリス『サン』が伝えた情報によれば、コンテ前監督はケチャップやピザ、炭酸飲料などを口にすることを禁止し、チキンやサラダといったものを食べるよう選手たちに促していたという。 ▽コンテ氏のほかにも食事制限を設ける監督はいるが、サッリ監督はそれらの制限を撤廃。栄養管理の重要さは理解しているものの、それよりも選手たちの正しい心構えを重んじる監督のようだ。 ▽また、コンテ前監督は、ホームゲームの際には前日から選手やスタッフが同じホテルで過ごすことを決まりにしていたようで、選手たちから不評だったこの習慣も撤廃された模様。『テレグラフ』によれば、サッリ監督はこのように、まずはチーム内のより良い雰囲気作りから心がけているという。 2018.08.15 15:41 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーがナイジェリア代表DFアイナと契約延長! 今季はトリノにレンタル移籍

▽チェルシーは14日、ナイジェリア代表DFオラ・アイナ(21)と2021年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。また、アイナが今シーズン終了までトリノにレンタル移籍することを併せて伝えている。 ▽チェルシーのアカデミー出身のアイナは2016年にトップチームデビュー。だが、トップチームでは思うように出場機会を得ることができず、昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のハル・シティに武者修行に出てレギュラーとして活躍した。 ▽また、左右のサイドバックを主戦場とする右利きのDFはU-16~U-20のカテゴリーまでイングランド代表でプレーしてきたが、2017年10月にルーツがあるナイジェリアのフル代表デビューを飾り、ロシア・ワールドカップ(W杯)に向けた30名の予備登録メンバーに選出されたが、最終登録メンバー入りは逃していた。 2018.08.15 14:15 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース