【先週末の海外日本人結果】堂安律が今季1号! 武藤嘉紀はニューカッスルデビュー2018.08.13 11:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽海外により厳しい環境を求め、日々凌ぎを削る日本人選手。先週末における海外日本人選手の成績を紹介する。

▽フローニンヘン在籍2年目のMF堂安律は、12日に行われたエールディビジ開幕節のフィテッセ戦にフル出場。38分に右サイドからのクロスに相手DFと交錯しながら足で合わせ、シーズン初得点をマークした。

▽また、今夏にマインツからニューカッスルに移籍したFW武藤嘉紀は、11日に行われたプレミアリーグ開幕節のトッテナム戦でベンチスタート。80分からピッチに立ち、新天地デビューを果たしている。そのほかの海外日本人結果は以下のとおり。

◆プレミアリーグ
[レスター・シティ]岡崎慎司
A 1-2 マンチェスター・ユナイテッド ●
ベンチ入りせず⇒詳細ニュース

[ニューカッスル]武藤嘉紀
H 1-2 トッテナム ●
80分からプレー⇒詳細ニュース

[サウサンプトン]吉田麻也
H 0-0 バーンリー △
ベンチ入りせず

◆リーグ・アン
[マルセイユ]酒井宏樹
H 4-0 トゥールーズ 〇
フル出場⇒詳細ニュース

◆エールディビジ
[ヘーレンフェーン]小林祐希
A 3-2 ズウォレ 〇
フル出場

[フローニンヘン]堂安律
A 1-5 フィテッセ ●
フル出場、38分に今季初ゴールを記録⇒詳細ニュース

◆トルコリーグ
[ガラタサライ]長友佑都
A 3-1 アンカラギュジュ 〇
フル出場

◆ベルギーリーグ
[アンデレヒト]森岡亮太
A 2-1 シャルルロア 〇
ベンチ入りも出場せず

[ヘント]久保裕也
H 4-1 ワースランド・ベフェレン 〇
ベンチ入りも出場せず

[シント=トロイデン]遠藤航
H 1-1 ロケレン △
フル出場⇒詳細ニュース

[シント=トロイデン]冨安健洋
H 1-1 ロケレン △
フル出場⇒詳細ニュース

[シント=トロイデン]関根貴大
H 1-1 ロケレン △
ベンチ入りも出場せず⇒詳細ニュース

[セルクル・ブルージュ]植田直通
A 0-0 スタンダール・リエージュ △
フル出場

[オイペン]豊川雄太
A 0-4 ズルテ・ワレヘム ●
フル出場

◆オーストリアリーグ
[ザルツブルク]南野拓実
H 2-0 オーストリア・ウィーン 〇
フル出場

[オーストリア・ウィーン]奥川雅也
A 0-2 ザルツブルク ●
ベンチ入りせず

[ヴァッカー・インスブルック]財前淳
A 2-1 ラインドルフ・アルタッハ 〇
ベンチ入りせず

◆ポルトガルリーグ
[ポルティモネンセ]中島翔哉
H - ボアヴィスタ
※月曜開催

◆DFBスーパーカップ
[フランクフルト]長谷部誠
N 0-5 バイエルン ●
フル出場⇒詳細ニュース

[フランクフルト]鎌田大地
N 0-5 バイエルン ●
ベンチ入りせず⇒詳細ニュース

コメント

関連ニュース

thumb

岡崎慎司はウルブス戦にも欠場へ…ピュエルが起用に慎重な構え「デ・ブライネのこともあったし…」

レスター・シティに所属する岡崎慎司の状態が整うまで、もう少し時間がかかるようだ。クロード・ピュエル監督が話した。<br><br>ロシアでのワールドカップに日本代表として出場した岡崎。日本代表がベスト16まで勝ち上がったことで、合流が遅れた同選手のコンディションは依然として整っていないようだ。<br><br>10日のプレミアリーグ開幕戦にも欠場した岡崎を18日のウォルヴァーハンプトン戦にも起用できないことを認めたピュエル監督は「来週月曜日に行われるU-23の試合で復帰できれば、我々は彼の状態を確認できるだろう。彼にはプレー時間と少しずつ回復する時間が必要だ」と言及。<br><br>さらに、復帰直後に負傷したマンチェスター・シティのケヴィン・デ・ブライネを例に挙げ「デ・ブライネに起きたことを目の当たりにした。代表選手が十分に休めていない状態であれば、遅かれ早かれ危険だ。もし早期に彼らを起用しようと思うのなら十分に注意する必要がある」と岡崎の起用に慎重な姿勢を見せた。<br><br>一方、8月上旬に合流したばかりのイングランド代表FWジェイミー・バーディについても同指揮官は言及。10日の開幕戦では途中出場した同選手だが、18日の試合での起用について問われ「他のチームメイト同様に起用可能だ。先発で出場するのに良い機会だと思う」とエースを先発で起用することを示唆した。<br><br>提供:goal.com 2018.08.17 08:00 Fri
twitterfacebook
thumb

久保欠場のヘントが連勝でプレーオフ進出!セビージャやレンジャーズらプレーオフ進出チームが決定!《EL予備予選》

▽ヨーロッパリーグ(EL)予備予選3回戦2ndレグの35試合が16日に各地で行われた。 ▽9日に行われた1stレグを先勝した日本代表FW久保裕也の所属するヘント(ベルギー)は、ヤギエロニア(ポーランド)とホームで対戦し、3-1で勝利した。この結果、2戦合計4-1でヘントがプレーオフ進出を決めた。久保はベンチ入りしたが出場機会はなかった。 ▽試合はヘントが13分にタイウォのゴールで先制に成功する。その後は、一進一退の展開となり前半が終了。1点のリードで後半を迎えたヘントだったが、58分にポスピシルにゴールネットを揺らされ、同点を許す。 ▽ヘントのヴァンデルヘーゲ監督は、67分にヤレムチュク、77分にジョナタン・デビッド、79分にリンボンベとフレッシュな攻撃陣を立て続けに投入。すると84分、アサレのパスを受けたヤレムチュクがドリブルでボックス左まで侵攻。冷静にゴール左隅に流し込み、勝ち越しに成功。さらに89分にはジョナタン・デビッドがゴールネットを揺らし、ヘントが3-1で勝利した。 ▽ホームでの1stレグで先勝したセビージャは、敵地でジャルギリス(リトアニア)と対戦し、5-0で勝利した。試合は開始早々の6分にノリートのゴールでセビージャが先制すると、直後の7分にもサラビアがゴールネットを揺らして追加点。 ▽プレーオフ進出をほぼ確実としたセビージャは、44分にもサラビアが追加点を奪った。後半に入っても攻撃の手を緩めないセビージャは、80分にノリートのパスをボックス左で受けたアラーナが豪快なシュートで追加点。83分にもノリートがゴールネットを揺らし、セビージャが快勝。この結果、2戦合計6-0としたセビージャがプレーオフ進出を決めた。 ▽また、1stレグを3-1と快勝したジェラード監督の率いるレンジャーズは、敵地でマリボル(スロベニア)と対戦し、0-0の引き分けに終わった。この結果、2戦合計3-1でレンジャーズがプレーオフ進出を決めた。同じく敵地での1stレグを先勝したアタランタ(イタリア)は、ホームでハポエル・ハイファ(イスラエル)と対戦し、2-0で勝利した。この結果、2戦合計6-1でアタランタがプレーオフ進出を決めた。その他の予選3回戦1stレグの試合結果は以下の通り。 ◆予選3回戦2ndレグ <span style="color:#FF0000"><b>赤字</b></span>がプレーオフ進出 ※はアウェイゴール差による勝利 ▽8月16日(木) プログレス 2-2(AGG:3-4) <span style="color:#FF0000"><b>ウファ</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>ラルナカ</b></span> 5-0(AGG:7-0) シュトゥルムグラーツ HJKヘルシンキ 1-4(AGG:1-7) <span style="color:#FF0000"><b>リュブリャナ</b></span> クラヨーヴァ 1-1(AGG:2-4) <span style="color:#FF0000"><b>RBライプツィヒ</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>コペンハーゲン</b></span> 2-1(AGG:4-2) CSKAソフィア <span style="color:#FF0000"><b>クルージュ</b></span> 5-0(AGG:7-0) アラシュケルト <span style="color:#FF0000"><b>ミッティラン</b></span> 3-1(AGG:5-1) ザ・ニュー・セインツ クケシ 2-0(AGG:4-5) <span style="color:#FF0000"><b>クタイシ</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>モルデ</b></span> 3-0(AGG:3-0) ハイバーニアン <span style="color:#FF0000"><b>スードゥヴァ</b></span> 0-0(AGG:1-0) ユールマラ ジャルギリス 0-5(AGG:0-6) <span style="color:#FF0000"><b>セビージャ</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>ゼニト</b></span> 8-1(AGG:8-5) ディナモ・ミンスク <span style="color:#FF0000"><b>アポエル</b></span> 3-1(AGG:5-3) ハポエル・ベエルシェバ ルツェルン 1-3(AGG:1-7) <span style="color:#FF0000"><b>オリンピアコス</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>マッカビ・テル・アヴィヴ</b></span> 2-1(AGG:2-1) ピュニク ディナモ・ブレスト 1-0(AGG:1-4) <span style="color:#FF0000"><b>アポロン</b></span> リンツ 2-1(AGG:2-2) <span style="color:#FF0000"><b>ベシクタシュ</b></span>※ <span style="color:#FF0000"><b>アタランタ</b></span> 2-0(AGG:6-1) ハポエル・ハイファ <span style="color:#FF0000"><b>バーゼル</b></span> 1-0(AGG:2-0) フィテッセ <span style="color:#FF0000"><b>ブレンビー</b></span> 2-1(AGG:4-1) スパルタク・スボティツァ <span style="color:#FF0000"><b>デュドランジュ</b></span> 2-2(AGG:4-3) レギア ズリニスキ 1-1(AGG:1-2) <span style="color:#FF0000"><b>ルドゴレツ</b></span> レフ・ポズナニ 1-2(AGG:1-4) <span style="color:#FF0000"><b>ヘンク</b></span> マリボル 0-0(AGG:1-3) <span style="color:#FF0000"><b>レンジャーズ</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>FCSB</b></span> 2-1(AGG:2-1) ハイドゥク フェイエノールト 1-1(AGG:1-5) <span style="color:#FF0000"><b>トレンチーン</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>ヘント</b></span> 3-1(AGG:4-1) ヤギエロニア <span style="color:#FF0000"><b>パルチザン</b></span> 3-2(AGG:5-3) ノアシェラン <span style="color:#FF0000"><b>ラピド・ウィーン</b></span> 4-0(AGG:5-2) スロヴァン・ブラチスラヴァ <span style="color:#FF0000"><b>ボルドー</b></span> 2-1(AGG:5-2) マリウポリ <span style="color:#FF0000"><b>バーンリー</b></span> 1-0(AGG:1-0) イスタンブールBB リエカ 0-1(AGG:1-2) <span style="color:#FF0000"><b>サルプスボルグ</b></span> <span style="color:#FF0000"><b>ローゼンボリ</b></span> 3-0(AGG:5-0) コーク ヴァルル 2-1(AGG:2-2) <span style="color:#FF0000"><b>シェリフ</b></span>※ ブラガ 2-2(AGG:3-3) <span style="color:#FF0000"><b>ゾリャ</b></span>※ ▽8月15日(水) カイラト 1-2(AGG:1-4) <span style="color:#FF0000"><b>シグマ</b></span> 2018.08.17 06:27 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルンが酒井高&伊藤スタメンのHSVに逆転勝利!《プレシーズンマッチ》

▽プレシーズンマッチのハンブルガーSV(HSV)vsバイエルンが15日にフォルクスパルク・シュタディオン行われ、1-4でバイエルンが勝利した。HSVのDF酒井高徳は61分までプレー、MF伊藤達哉は前半のみプレーした。 ▽12日にブンデスリーガ2部第2節のザントハウンゼン戦を行ったHSVは、その試合からスタメンを6人変更。酒井高と伊藤は共にスタメンに名を連ねた。 ▽一方、12日にDFLスーパーカップ2018でフランクフルトと対戦したバイエルンは、その一戦からGKノイアーとロッベン以外のスタメン9人変更。ワグナーやコマン、ゴレツカ、ラフィーニャらがスタメンに並んだ。 ▽互いに積極的な入りを見せる中、先にチャンスを迎えたのはHSV。3分、味方のパスを受けたホルトビーがボックス中央まで持ち上がりシュートを放つが、これはGKノイアーが左足で弾く。 ▽対するバイエルンは4分、ロッベンのスルーパスでゴールエリア右まで駆け上がったワグナーがダイレクトシュート。GKミッケルが弾いたボールがそのままゴールに向かうも、ゴールライン手前で守備に戻ったDFにクリアされた。 ▽一進一退が続く中、試合が動いたのはHSV。25分、ボックス左でボールを受けたアルプが相手DFを背負いながらワンタッチではたくと、これを拾ったホルトビーがGKノイアーを引きつけラストパス。最後はネイリーがゴールに流し込んだ。 ▽先制を許したバイエルンだが30分、左サイドから仕掛けたコマンがボックス左で酒井高に倒されPKを獲得。このPKをワグナーがゴール左隅に沈めた。さらにバイエルンは、41分にもゴレツカの左クロスをワグナーが右足のヒールで合わせ、逆転に成功した。 ▽迎えた後半、1点を追うHSVは伊藤やホルトビー、GKミッケルらに代えてハイロやヤンジチッチ、GKポラースベックを投入。対するバイエルンはGKノイアー、ロッベン、アブッチァを下げてGKウルライヒ、リベリ、ジュルーを投入。 ▽立ち上がりから主導権を握るバイエルンは、59分にコマンやルディー、ゴレツカらに代えてミュラーやチアゴ、フランツケらをピッチに送り出した。すると73分、右サイドから仕掛けたフランツケのクロスをニアに走り込んだミュラーがワンタッチで流し込み、3点目を奪った。 ▽リードを広げたバイエルンは、86分にもボックス左でボールを受けたキミッヒの折り返しからミュラーがゴールネットを揺らし、試合を決定付ける4点目。結局、試合はそのまま1-4で終了。 ▽敵地で逆転勝利を収めたバイエルンは、18日にDFBポカール1回戦で4部のドロホターゼンと対戦。一方のHSVは、18日にDFBポカール1回戦で4部のエルンテブリュックと対戦する。 2018.08.16 02:56 Thu
twitterfacebook
thumb

本田圭佑がメルボルン・ビクトリー入団会見を実施! “リトルホンダ”についても語る

▽昨シーズン限りでパチューカを退団し、メルボルン・ビクトリーへの入団が発表されていた日本代表FW本田圭佑が現地で入団会見を実施した。 ▽本田は、ロシア・ワールドカップで3大会連続ゴールを記録するなど活躍。日本代表のベスト16入りに貢献していたが、大会後にワールドカップへの出場は今回が最後であることを明言していた。 ▽さらに、今月初めに東京オリンピックを目指して活動すると明かすと、6日にはメルボルン・ビクトリー入りが発表。さらに、12日にはカンボジア代表の実質的監督になることが発表され、サッカー界を賑わせていた。 ▽そんな本田は15日、メルボルン・ビクトリーの入団会見を実施。自身の考えを語った。 ──オランダから始まり5カ国目の海外挑戦となりますが、挑戦において譲れないものは 「物凄くシンプルな質問で、しっかりとトレーニングを積むこと。そして、翌日のハードなトレーニングのために食事をとって休養をとること。このサイクルを繰り返すことで、これまでいくつかの結果を出してきました。ここでも同じことをやるだけだと思っています」 ──ポジションのことについて。ボランチということも話が出ているが監督と話したか 「話したといえば話しましたし、まだそこまで僕が考えていることを全て話してはいません。この決断を下すのに大事だったのはポジションではありません。メルボルン・ビクトリーでの新たな挑戦にかけてみたいと思いました。自分のポジションに対して考えていることは監督とディスカッションしながら、チームにとって良いポジションでプレーしたいと思います」 ──今回の決断に“リトルホンダ”は出てきたのか。また、背番号はどうなるか 「番号に関してはまだ決まっていなくて、クラブと調整して話しています」 「決断するにあたっては、ミランの時にあのような事を言いましたけど、結構あの答えは大げさではなく、どんな決断をする時も、自分に問う、それを答えを出すというのは誰でもされていることだと思います。面白おかしく今回は言えませんが、自分の中でしっかり自問自答して出した答えだと思います」 ──カンボジア代表での役割とメルボルン・ビクトリーでの役割はどちらに比重があるのか。東京オリンピックでオーバーエイジ枠でプレーすることに対して、メルボルン・ビクトリーでのプレーはプラスになるか 「カンボジアとこちらだと、基本的に試合はかぶりません。かぶった時は、メルボルンを優先します。基本的にそういった考え方でやっていますし、こちらに居るということはそれを象徴しています」 「メルボルンは毎週ありますが、代表は毎週あるわけでなく、2カ月に1回ということです。カンボジアサッカー協会と連携してやることなので、僕がコチラにいても僕の考えを遂行してくれるという考え方です」 「オリンピックに関しては、自分が伸びることを楽しみにここに来ているので、想像を超えるような成長をみんなに見せられたらなと思います。オリンピックでプレーする上で、このクラブは一番成功できるクラブだと確信しています」 ──メルボルンでの挑戦で一番楽しみにしていることは 「チームで何の大会でも良いので、トロフィーを獲ることを楽しみに来ています。なんとか成し遂げたいと思っています」 2018.08.15 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

宇佐美貴史はフォルトゥナのキーマンに?現地メディア「昨季後半はめざましい活躍」

今季もフォルトゥナ・デュッセルドルフでプレーすることとなった日本代表MF宇佐美貴史だが、現地ではキーマンになると見られているようだ。ドイツ『Deutsche Welle』が紹介している。<br><br>昨シーズンにレンタルでデュッセルドルフへ加入した宇佐美。前半戦こそ出場機会をなかなかつかめなかったが、後半戦に入ると復調してレギュラーの座を手に入れると、2部優勝と1部昇格に大きく貢献した。その活躍からロシア・ワールドカップに臨んだ日本代表メンバーにも選ばれている。<br><br>そんな宇佐美は、今季もデュッセルドルフにレンタルで加入した。『Deutsche Welle』はブンデスリーガ各クラブの移籍情報やキープレーヤーを紹介し、デュッセルドルフの目標は1部残留になるだろうと指摘している。<br><br>「昨季2部でタイトルを手にし、5年ぶりに1部の舞台に復帰した。彼らは残留を決められるだろうか? 移籍市場では積極的な動きを見せている」<br><br>また、キープレーヤーには宇佐美の名前を上げた。<br><br>「アウクスブルクからタカシ・ウサミを再び連れてきたのは、賢明なビジネスだ。すでにクラブに馴染んでおり、昨季最後の12試合で6ゴール3アシストを記録。めざましいフォームだった」<br><br>宇佐美自身、コンディション調整の遅れを明かしていたが、14日に行われたテストマッチでは1ゴールを記録している。新たなシーズンで、日本代表MFは1部の舞台でも活躍を見せられるだろうか。<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.15 12:35 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース