優勝候補リバプールが新生ハマーズに完勝! 新10番マネのオフサイド弾含む2発に昨季得点王サラーも開幕弾《プレミアリーグ》2018.08.12 23:23 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2018-19シーズンのプレミアリーグ開幕節、リバプールvsウェストハムが12日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが4-0で快勝した。▽昨季4位ながらチャンピオンズリーグ(CL)でファイナリストとなったリバプール。クロップ体制4年目となる今季はプレミア初制覇が期待される中、サラーやマネの主力慰留に加え、当時GK史上最高額の6700万ポンドでローマから新守護神のアリソン、中盤と前線にファビーニョ、シャキリ、ナビ・ケイタと4人の実力者を獲得と積極補強を敢行。ホームでの開幕戦に向けては新戦力のアリソン、ケイタが揃ってスタメンに入り、3トップはサラー、マネ、フィルミノのお馴染みのトリオとなった。

▽一方、マンチェスター・シティ時代に2度のリーグ制覇に導いたペジェグリーニ監督を新指揮官に迎えたウェストハムはMFウィルシャー、GKファビアンスキ、FWルーカス・ペレスの元アーセナル勢に加え、FWヤルモレンコ、FWフェリペ・アンデルソンの両翼、逸材DFディオプと各ポジションに実力者を獲得。難所アンフィールドに乗り込んだこの一戦ではファビアンスキ、ウィルシャー、フレデリックス、アンデルソン、バルブエナと5人の新戦力を起用してきた。

▽[4-3-3]のリバプールと[4-1-4-1]のウェストハムと近い並びの布陣で対峙した中、タレントの質と熟成度で勝るリバプールが押し込む入りに。マネとサラーの仕掛けやサイドからの鋭いクロスを軸に相手を圧倒するもGKファビアンスキの冷静な対応を前に開始早々の先制点とはいかず。

▽それでも、攻勢を続けるホームチームは19分、バイタルエリアで右からの斜めのパスをフリーで受けたケイタがワンテンポためて左サイドでフリーのロバートソンに展開。ここでロバートソンが狙いすましたグラウンダーの折り返しを入れると、ファーでフリーのサラーが難なく右足で流し込み、昨季リーグ得点王のゴールで先制に成功した。

▽畳みかけるリバプールは24分にボックス手前の好位置でFKを得ると、これをキッカーのアーノルドが壁の上を越える絶妙なシュートを枠の左上隅に飛ばすが、ここはGKファビアンスキのビッグセーブに遭う。直後にはボックス内でのケイタの強引な突破からワイナルドゥムがシュートするが枠の左へ。

▽防戦一方の状況が続くウェストハムも前半半ばを過ぎてからようやく反撃に転じていく。27分にはオグボンナの縦パス一本に抜け出したアルナウトビッチがボックス左に持ち込んでシュートを放つと、そのプレーで得たCKからバルブエナ、30分には主審の身体にボールが当たる幸運な形の攻撃の流れから再びアルナウトビッチにシュートチャンスも枠を捉え切れない。

▽一方、カウンターから虎視眈々と2点目を目指すリバプールは36分にマネとフィルミノのクロスからサラーに続けて2点目のチャンスが訪れると、前半アディショナルタイムのラストプレーではボックス左でロバートソンが入れた浮き球のクロスをファーのミルナーがゴールライン際でスライディングで折り返す。これをゴール前のマネが無理な体勢ながらもボレーで合わせ、レッズの新10番がサラーに続いて今季初ゴールを記録した。

▽リバプールの2点リードで折り返した試合。ハーフタイム明けにウェストハムは守備的MFのライスを下げてスノッドグラスを投入するが、不運な判定でホームチームに突き放される。

▽53分、リバプールはボックス手前中央でパスを受けたフィルミノがボックス中央に走り込むマネにラストパス。マネは完全にオフサイドポジションに居たものの副審は旗を上げず。そして、マネの右足のシュートがゴール左隅に突き刺さり、疑惑のゴールで決定的な3点目を奪った。

▽何とか一矢報いたいウェストハムはアンデルソン、アルナウトビッチを下げてエルナンデス、ヤルモレンコをピッチに送り出すが、その後も思うように攻撃の形を作れない。対するリバプールはフィルミノを下げてキャプテンのヘンダーソン、殊勲のマネに代えて新戦力のシャキリをデビューさせ、前線は最前線にサラー、右ウイングにシャキリ、左ウイングにケイタという並びとなった。

▽その後も危なげなく試合を進めるリバプールは87分にサラーを下げてスタリッジを最後の交代カードとして投入すると、そのスタリッジはミルナーの左CKの場面でニアの相手DFがフリックしたボールをファーでワンタッチで流し込み、ファーストプレーでゴールを奪って見せた。そして、新生ハマーズに4発完勝のリバプールが最高のスタートを切った。
コメント
関連ニュース
thumb

「リバプールのほうがバイエルンより上」ギュンドアンはプレミア勢有利を予想

マンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが、チャンピオンズリーグ(CL)決勝ラウンドについてドイツ誌『シュポルト・ビルト』のインタビューで語ってる。<br><br>CL決勝トーナメント1回戦ではプレミアリーグ勢とブンデスリーガ勢による対戦が3カード実現。すでにトッテナムがドルトムントを相手に3-0と先勝し、両リーグをよく知るギュンドアン自身も「プレミアリーグのほうが上」と話している。<br><br>「まだブンデスリーガの試合もよく見ている。トップのレベルはそれほど変わらないが、チームの数が違う。ドイツではバイエルン、ドルトムント。イングランドではリバプール、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、トッテナム、そして僕らがいるからね」<br><br>続けて、「プレミアリーグのほうがより面白い試合が多い」とも話したギュンドアン。ラウンド16最大の注目カード、リバプールvsバイエルンの予想に関しては「難しい」としつつ、このように回答した。<br><br>「アンフィールドでプレーするのは難しい。正直、リバプールがバイエルンより先に行っていると思う。アンフィールドは素晴らしいし、誰も止められないんだ。15分で3失点することだってある。バイエルンがアウェーでいい結果を残せば、ホームでの試合には期待できるけどね」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.18 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

CLで3度味わった苦汁…ロッベン「僕にとって最悪なスタジアムはアンフィールド」

バイエルンに所属する元オランダ代表FWアリエン・ロッベンにとって、リバプールのホームスタジアムであるアンフィールドは最悪なようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 バイエルンは19日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントラウンド16・1stレグでリバプールと敵地・アンフィールドで対戦する。 ロッベンはチェルシー時代、2004-05シーズンと2006-07シーズンのCL準決勝でリバプールと対戦。しかし、どちらも敵地で敗れており、決勝進出も逃している。また、レアル・マドリー時代にも2008-09シーズンのCL・ラウンド16で0-4の大敗を喫し、敗退している。 そんなロッベンはCL・リバプール戦を前に、相手の本拠地であるアンフィールドが自身にとって良い思い出がないスタジアムとして挙げた。 「もし僕に最悪なスタジアムを尋ねるのなら、おそらくそれはリバプールのスタジアムになるだろうね。常に対戦相手として得意とするチームもあれば、苦手とするチームもある」 「彼らは今、本当に成長している。新しい監督(クロップ)も、良い仕事をしている。信頼するべきだね。昨シーズンはチャンピオンズリーグで決勝まで辿り着き、今はプレミアリーグでトップを走っている。うまくやっているよ。シティが間近に迫っているけどね」 「リバプールの誰もが(リーグ)タイトルを期待してるんじゃないかな。勝ち取れば、本当に久々のリーグ優勝になる。彼らが長年夢見ているものだろう」 2019.02.18 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

プレミアで最もクリーンなクラブはリバプール! 最下位は…

リバプールが、フェアプレーランキングでプレミアリーグのトップに立っているようだ。イギリス『リバプール・エコー』が報じた。 プレミアリーグ第26節終了時点で2位に付けているリバプール。1試合消化数の多い首位マンチェスター・シティと勝ち点65で並んでおり、中でも特筆すべきはその失点数だ。ここまでの15失点という数字は2番目のシティ(20失点)を引き離し、リーグで最も強固な守備力を誇っていることを証明している。しかし、その堅守は決して荒く激しいプレーに支えられているわけではない。 『リバプール・エコー』によると、リバプールはプレミアリーグにおけるフェアプレーランキングで現在首位。イエローカードが1pt、2枚目のイエローによる退場が3pt、一発レッドカードが5ptとして計算されるそのランキングでは、2位のチェルシー(33pt)をかわして27ptで首位に立っている。なお、上位勢が軒並みリーグ順位と連動する中、マンチェスター・ユナイテッドが現時点での最下位となった。 ◆フェアプレーランキング(プレミアリーグ)※第26節終了時点 1.リバプール 27pt 2.チェルシー 33pt 3.トッテナム 37pt 4.マンチェスター・シティ 39pt 5.ボーンマス 43pt 6.アーセナル 46pt 7.ニューカッスル 47pt 8.ウェストハム 49pt 9.カーディフ・シティ 49pt 10.ハダースフィールド 49pt 11.クリスタルパレス 51pt 12.フルアム 51pt 13.ウォルバーハンプトン 53pt 14.ブライトン 54pt 15.ワトフォード 55pt 16.レスター・シティ 56pt 17.バーンリー 59pt 18.エバートン 62pt 19.サウサンプトン 62pt 20.マンチェスター・ユナイテッド 63pt 2019.02.17 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプールが“フルスロットル”でCLバイエルン戦へ…ロバートソンが大一番へ意気込み

リバプールのDFアンドリュー・ロバートソンは、バイエルン戦を前にチームが&ldquo;フルスロットル&rdquo;になる必要があると話した。<br><br>昨シーズンのチャンピオンズリーグで決勝まで進むも、惜しくも準優勝に終わったリバプール。シーズン開幕前に大型補強に動くなど今シーズンのCLでも優勝候補の一角との呼び声が高い同チームは19日、CL決勝トーナメント1回戦1stレグのホームでのバイエルン戦を迎える。CLラウンド16の屈指の好カードとも考えられる一戦を前に、ロバートソンはリバプールにとって大きなチャレンジになると語った。<br><br>「この一戦に向けて僕たちはフルスロットルの状態になる必要がある。彼らは良いチームで、ここ6、7年間で好成績を収めている。だから、この試合がどれだけタフな挑戦になるかを僕たちは理解している。でも、僕たちだっていかなるチームが相手でも戦えると信じているし、そうするためにベストを尽くさないといけない」<br><br>また、ホームのアンフィールドで戦えることが大きなアドバンテージになるとロバートソンは考えているようだ。「僕たちは昨シーズン、特にチャンピオンズリーグで良い成績を残し、ホームスタジアムが大きな助けになっていたと思う。このスタジアムでのチャンピオンズリーグの夜がどれだけ特別なものになるかを誰もが知っている。彼らの後押しを受けることで、僕たちはさらなるエネルギーを手にできる」<br><br>9日のボーンマス戦から10日後にバイエルン戦を迎えるリバプールは、この間スペインでキャンプを行い、15日にイングランドに帰還。日程的にも余裕のあったリバプールは19日の大一番でどのようなプレーを見せてくれるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2019.02.17 15:45 Sun
twitterfacebook
thumb

マウコム、新天地最有力にリバプール?

リバプールが、バルセロナに所属するブラジル代表FWマウコム(21)を獲得する可能性があるようだ。フランス『Le10Sport』の情報を引用して大手『ESPN』が伝えている。 昨年夏に4100万ユーロ(約51億円)の移籍金でボルドーからバルセロナに加わったマウコム。その直前にはボルドーとのクラブ間合意がローマから発表されていたが急転直下のスペイン行きとなり、物議を醸した移籍オペレーションだ。 しかし、これまで移籍金に見合った活躍はできておらず、リーガエスパニョーラでの出場は7試合留まり。先発出場はわずか1試合のみだ。 そのため、残留したものの今冬には早くも移籍の噂が渦巻いていたが、伝えられていた中国勢からの関心は現在では薄れているという。こうした中で、新たに有力な移籍先として挙げられているのがリバプールだ。マウコムは依然としてバルセロナ残留を切望してはおらず、関心を示し続けているリバプールの機運は熟しつつあるのかもしれない。 2019.02.16 18:06 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース