ガチ中のガチ!バルサ、ウィリアンに80億超え3度目のオファー2018.07.21 16:10 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バルセロナが、チェルシーのブラジル代表MFウィリアン(29)に3度目のオファーを申し込んだようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽ウィリアンに熱視線を送るバルセロナが最初のオファーを出したのは3カ月前のこと。5000万ポンド(約74億3000万円)のオファーを提示したがチェルシーは門前払い。さらに今月半ばには、今度は5300万ポンド(約78億8000万円)の移籍金を用意したが、これも拒否されていた模様だ。

▽だがバルセロナは諦めていない。『スカイ・スポーツ』によれば、三度目の正直となる今回は、5500万ポンド(約80億円)の小切手を片手にブラジル代表アタッカーの獲得を三度試みるようだ。

▽ウィリアンは2013年にロシアのアンジ・マハチカラからチェルシーに移籍。同クラブではこれまで公式戦236試合に出場し44ゴール39アシストを記録。2度のリーグ制覇や昨シーズンのFAカップ優勝に貢献した。

▽なお、ウィリアンにはかつての師であるマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督も獲得を望んでいるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

テベス、メッシとの再会に「彼は幸せな気分にしてくれる」

▽ボカ・ジュニアーズに所属する元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスが、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの再会を楽しみにしているようだ。イギリス『Four Four Two』が伝えた。 ▽毎年8月バルセロナが主催し、本拠地カンプ・ノウに国内外からクラブを招いて行われるジョアン・ガンペールカップ。今回はボカ・ジュニアーズが招待されて、両者は15日に対戦する。 ▽ボカ・ジュニアーズのテベスは、かつてのアルゼンチン代表のチームメイトであるメッシについて言及。敵味方関係なく、同じピッチで共にプレーできる喜びを語った。 「彼とプレーすることは、常に美しいことだよ。共にプレーする時、幸せな気分にさせてくれるんだ」 「それが(相手として)対戦する時であろうと、(チームメイトとして)近くでプレーを観れる時であろうとね。今回もきっと幸せにしてくれるはずさ」 2018.08.15 14:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ボルドー、バルセロナB主将DFパレンシアをレンタルで獲得!

▽ボルドーは14日、バルセロナBからスペイン人DFセルジ・パレンシア(22)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得することで合意したと発表した。同選手は15日にメディカルチェックを受診した後、正式に加入となる。 ▽バルセロナのマシア出身の右サイドバックのパレンシアは2015年からバルセロナBでプレー。豊富な運動量に加え、元々中盤でプレーした技術を武器にビルドアップでも貢献できる、バルセロナ育ちらしいラテラルだ。さらに、2016年からはバルセロナBでキャプテンを務めるなど、リーダーシップにも優れるタレントだ。 ▽ここ数年、トップチームでのプレー機会が与えられる可能性が指摘されてきたが、レンタル先のボルドーで自身初のトップリーグを経験することになりそうだ。 2018.08.15 13:23 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナFWアルナイス、レガネスへ完全移籍

▽レガネスは13日、バルセロナのスペイン人FWホセ・マヌエル・アルナイス(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年間となっている。移籍金は500万ユーロ(約6億3000万円)+ボーナスとのことだ。 ▽バジャドリーで頭角を現したウインガー兼ストライカーのアルナイスは、2017年夏にバルセロナに移籍。バルセロナでは主にBチームでプレーしていたが、昨季はコパ・デル・レイで4試合に出場して3ゴールを挙げ活躍していた。 2018.08.14 03:23 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサのタイトル最多獲得選手となったメッシ…バルベルデ「似たような選手現れない限り並べない」

12日のスペイン・スーパーカップ、バルセロナはセビージャを2&minus;1で下して、2年ぶりの優勝を果たした。エルネスト・バルベルデ監督は試合後、チームが勝利に値したことを強調している。<br><br>スペイン『ムンド・デポルティボ』がチングリ(バルベルデ監督の愛称、蟻の意)のコメントを伝えた。<br><br>「セビージャは後方に引いたが、私たちが予期するところではなかった。最初はプレーリズムが遅く、苦労を強いられた。ライン間のスペースもなかったしね。少し焦った時間帯もあったが、しかし私たちは勝利に値したと思う」<br><br>また強烈なミドルシュートでチームを逆転勝利に導いたFWウスマン・デンベレに対して、称賛の言葉を述べている。<br><br>「均衡を崩せるという点で、信じられないクオリティーを有している。私たちに多くのことをもたらしてくれると期待を寄せているし、少しずつ力を発揮してほしいね」<br><br>「彼は時間が経つに連れて良くなっていた。というのも、最初はライン間にスペースが存在しなかったからね。とても難しい試合だったし、ライン間のスペースがあれだけ少なければじつに困難な内容となる。しかし、彼はそのスペースでボールをうまく受けて、ゴラッソを決めてくれた」<br><br>バルベルデ監督はその一方で、この優勝によってバルセロナでのタイトル獲得数を33に伸ばし、同クラブのタイトル最多獲得選手となったFWリオネル・メッシにも言及した。<br><br>「ほかの選手が到達できる記録とは思えない&hellip;&hellip;。ほかに達成できる選手がいるならば、それはメッシのような選手にほかならない」<br><br><br><br> <br>提供:goal.com 2018.08.14 00:25 Tue
twitterfacebook
thumb

痛っ! ピケがコウチーニョに悪質イタズラ

▽バルセロナの元スペイン代表DFジェラール・ピケが、チームメートに度を超した悪戯を仕掛けた。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽12日にスーペル・コパでセビージャと対戦し、見事に2-1での逆転勝利を飾ったバルセロナ。値千金の同点弾を決めていたピケが、試合前の宿舎で少々やり過ぎなくらいのコミュニケーションを取っていたようだ。その様子の動画が同選手のインスタグラム(3gerardpique)に投稿された。 ▽動画は、食堂で円卓の椅子をアップで映している場面から開始。恐ろしいことに、その椅子には爪楊枝が突き立てられている。そして、プレートに食事を盛ったブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが登場し、着席。もちろんコウチーニョはすぐさま異変に気付き、スタッフに手伝ってもらいつつ無言かつ真顔で刺さった爪楊枝を抜いている。隣に座っていたチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルが心配そうに覗き込む様子も確認される中、ピケの笑い声のみが響いていた。 ▽日常的に仕掛けられているイタズラの一つでしかないのかもしれないが、チームメートのノーリアクションぶりを見れば、腹を立てている様子にも。ピッチ上では美しい連係を披露するバルセロナだが、プライベートでも息がピッタリというわけにはいかないのかもしれない。 2018.08.13 14:35 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース