ナポリ期待の新戦力、交代の理由は「走りすぎ」2018.07.19 00:01 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリのイタリア代表FWシモーネ・ヴェルディは、ハードワークのしすぎで交代を命じられた。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。▽新シーズンからナポリでプレーすることになったヴェルディは、先日ゴッツァーノとテストマッチを行った。このゲームでヴェルディは後半からピッチに立ったが、わずか35分で交代を命じられている。そのため、負傷したのではないかという疑問も出ている。

▽だが、その心配はなかったようだ。記事によると、ヴェルディはこのテストマッチで動きすぎていたとのこと。計測しているデータを確認するスタッフがカルロ・アンチェロッティ監督に報告し、怪我のリスクを回避するために交代を命じたそうだ。

▽初のプレシーズンから飛ばしている様子のヴェルディ。気合いは十分な上、それがオーバーペースにならないように管理するコーチ陣もいる。良いスタートを切るために良い準備ができるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

リバプール、2年前に逃したナポリMFジエリンスキ獲得に84億円用意か

▽リバプールが、ナポリに所属するポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(24)の獲得に再び動く可能性があるようだ。イギリス『エクスプレス』の情報をもとにスペイン『fichajes』が伝えた。 ▽2016年夏に保有権元であるウディネーゼからナポリに加入したジエリンスキは、加入初年度から公式戦47試合でボランチながら6ゴール7アシストと躍動。今シーズンは右サイドを主戦場とし、公式戦10試合で2ゴールを記録している。 ▽今回伝えられるところによると、ナポリは今シーズン終了後にジエリンスキの契約解除金を1億3000万ユーロ(約168億円)に引き上げることを検討しているという。そのため、2016年にナポリとのジエリンスキ争奪戦に敗れていたリバプールが、バイアウト価格が設定される前に再アタックを画策しているようだ。 ▽リバプールはジエリンスキ獲得に対し、6500万ユーロ(約84億円)を用意している模様。しかし、ナポリを指揮するカルロ・アンチェロッティ監督は同選手を最重要選手の1人としているため獲得交渉は難航しそうだ。 2018.10.16 16:02 Tue
twitterfacebook
thumb

クリバリ巡り“クラシコ勃発”の可能性もナポリは徹底抗戦の構え

▽レアル・マドリーがナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)の獲得に動くようだ。『コッリエレ・デッロ・スポルト』の情報をもとにスペイン『fichajes』が伝えた。 ▽レアル・マドリーはDFぺぺの退団以降、信頼できるセンターバックはスペイン代表DFセルヒオ・ラモス、フランスDFラファエル・ヴァラン、スペイン代表DFナチョの3選手しか擁しておらず。同ポジションのトップレベルの選手の獲得にプライオリティーを置いていることが、先日にスペイン『マルカ』が伝えていた。 ▽こうした動きの中で、マドリーの補強候補に挙げられているのがクリバリだ。しかし、同選手は9月にナポリとの契約を2023年6月まで延長したばかり。ナポリを指揮するカルロ・アンチェロッティ監督は同選手をキープレイヤーと位置付けているため、1億ユーロ(約130億円)のオファーが届かない限り交渉にはつかないようだ。なお、クリバリにはバルセロナも関心を寄せており、場外クラシコが勃発しかねない状況となっている。 ▽2014年夏にベルギーのヘンクから加入したクリバリは、圧倒的なフィジカルを武器にレギュラーポジションを奪取すると加入初年度から公式戦39試合に出場。今シーズンもここまで公式戦全10試合にフル出場を果たしている。 2018.10.16 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

サッリ監督、愛弟子イグアインへの未練隠さず「彼が恋しい」

▽チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督はナポリ時代の教え子であり、今夏に獲得を逃したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインへの未練を引きずっているようだ。同監督が『コッリエレ・デッロ・スポルト』で語った。 ▽ナポリ時代の2015-16シーズンにサッリ監督の下でセリエA36ゴールを記録し、得点王に輝いたイグアイン。その翌年にユベントスに旅立った同選手だが、今夏ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの電撃加入に伴い、クラブを追われることに。そして、有力な新天地には恩師サッリ監督が新指揮官を務めるチェルシーと思われたが、最終的にミランへの移籍を決断した。 ▽サッリ監督はその教え子に関して今でも未練を感じていることを認めている。 「私はあまり深く考えずに時折間違ったことを口に出してしまう。だから、ゴンサロに関してはあまりに早くナポリを出てしまったとだけしか言えない。恐らく、彼が翌シーズンも残っていれば、我々はスクデットを獲得する状態を整えられたと思う」 「イグアインは我々が作り出した素晴らしいメカニズムの一部だったし、互いをよく理解し合っていた。それは完璧な同調性であったと思うし、後悔は我々の中で強く残っている」 「イグアインの獲得を逃したのは残念だ。彼が恋しいよ。彼は死ぬまでゴールを決め続ける、ゴールマシーンだからね」 2018.10.15 16:11 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、長期離脱中のナポリDFに興味か

▽マンチェスター・ユナイテッドがナポリに所属するアルジェリア代表ファウジ・グラム(27)の獲得を画策しているようだ。ナポリ公式ラジオ『Radio Kiss Kiss Napoli』の情報をもとにイタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽今回伝えられるところによると、ユナイテッドはグラム獲得に移籍金4500万(約58億円)と年俸600万ユーロ(約7億7800万円)を提示。しかし、ナポリは首を縦に振らなかったという。『Radio Kiss Kiss Napoli』は、「彼の背後は装甲で守られている」と徹底抗戦する構えを示している。 ▽サンテチェンヌ下部組織出身のグラムは2010年にトップチーム昇格を果たす。同年にプロデビューを飾り、2014年冬にナポリに加入すると、すぐさまスタメンに定着。昨シーズンにはアルジェリア最優秀選手賞も獲得した。しかし、昨年11月に右ヒザ前十字じん帯断裂で長期離脱を強いられることに。また、復帰間近になった今年2月にも右ヒザ蓋骨の骨折という不運に見舞われ、今シーズンは未だ出場していない。 2018.10.13 17:43 Sat
twitterfacebook
thumb

ターンオーバー採用のアンチェロッティ、10種類目のスタメンで勝利「クレイジーでない」

ナポリの指揮官カルロ・アンチェロッティが、7日のサッスオーロ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、ユベントスとのスクデット争いに意欲を示した。<br><br>2位のナポリは7日、セリエA第8節でサッスオーロと対戦。試合開始早々に今シーズン、リーグ戦初先発を果たした21歳のMFアダム・ウーナスが初ゴールを決めたほか、72分には途中出場のFWロレンツォ・インシーニェが美しい軌道を描くゴールで追加点を挙げて2-0で勝利を収めた。前節では首位ユベントスとの直接対決で敗れていたナポリだが、これで6勝2敗の18ポイントとなり、無敗のイタリア王者を引き続き6ポイント差で追うことになる。だがアンチェロッティは自信をみせた。<br><br>「簡単な試合ではなかったが、良くやってくれた。選手たちを褒めなければならない。何度かシュートチャンスを失敗してしまったが、それでも満足している。最後までユベントスと戦っていけるはずだ。できる限り長い間、競争力を保っていかなければならない」<br><br>指揮官はまたしてもターンオーバーを採用。今シーズン、これで10種類目となるフォーメーションで試合に臨み、周囲を驚かせた。記者会見でも「これほど多くの選手を入れ替えたからと言って、私がクレイジーなわけではない。どの選手も出場するにふさわしい」と語っていたが、「難しい試合が続いていたので、少しターンオーバーをすることを決めた。選手たちのことを信頼できるとわかっている」と説明を加えた。<br><br>また2点目を決めたインシーニェについても言及。「彼は現在、最高のコンディションにある。だからこそ決定的な仕事ができる。チームが彼をサポートし、彼もチームをサポートしてくれている」と語った。<br><br>提供:goal.com 2018.10.08 17:05 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース