ナポリ期待の新戦力、交代の理由は「走りすぎ」2018.07.19 00:01 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリのイタリア代表FWシモーネ・ヴェルディは、ハードワークのしすぎで交代を命じられた。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。▽新シーズンからナポリでプレーすることになったヴェルディは、先日ゴッツァーノとテストマッチを行った。このゲームでヴェルディは後半からピッチに立ったが、わずか35分で交代を命じられている。そのため、負傷したのではないかという疑問も出ている。

▽だが、その心配はなかったようだ。記事によると、ヴェルディはこのテストマッチで動きすぎていたとのこと。計測しているデータを確認するスタッフがカルロ・アンチェロッティ監督に報告し、怪我のリスクを回避するために交代を命じたそうだ。

▽初のプレシーズンから飛ばしている様子のヴェルディ。気合いは十分な上、それがオーバーペースにならないように管理するコーチ陣もいる。良いスタートを切るために良い準備ができるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

ナポリ撃破で逆転決勝T進出!興奮冷めやらぬクロップ「アドレナリンがまだ出続けている」

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、興奮した様子でナポリ戦に勝利した喜びを語った。<br><br>11日に行われたチャンピオンズリーググループC最終節で、リバプールはホームでナポリと対戦。この試合で勝利が絶対に必要なリバプールは、34分にモハメド・サラーが奪ったゴールを守り切り、1-0でナポリを下した。この結果、勝ち点でナポリと並んだが総得点で上回り、グループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。<br><br>試合後、クロップ監督はグループリーグ突破を受け、興奮冷めやらぬ様子で試合を振り返った。<br><br>「まだアドレナリンが出続けている。この試合はただただアメージングで、アンビリーバブルだった。選手たちは気持ちを前面に出してピッチに立ち、ゲームにのめり込んでいた。オフェンスからの守備やプレスは今まで見た中でベストだった」<br><br>「1-0になってからの時間帯が最も難しかった。ナポリはすぐに取り返そうとしていて、これにより試合はさらに激しいものになった。後半も前半と同じような戦いが必要だった。そして65分が過ぎた辺りからカウンターの応酬になった」<br><br>さらに、決勝点を奪ったサラーと終了間際にアルカディウシュ・ミリクのシュートを防いだアリソンへ賛辞を送った。<br><br>「モーのゴールは、素晴らしかった。アリソンが見せたセーブに関しては言葉がない。あれは命の恩人だった。今夜、選手たちがやったことを誇りに思う」<br><br>また、数名の負傷者が出たものの、いずれも深刻なものではないだろうと話したクロップ監督は、ベスト16でレアル・マドリーにリベンジしたいかとの質問にも回答した。<br><br>「私が知っている限りでは多くのファンがパリ・サンジェルマンへのリベンジの機会を欲しているということだ。その質問に関して言うことはない。今は抽選会を待つだけだ。しかし、今夜の7時55分(試合開始の5分前)まではその抽選会に我々の名前があるか確信を持てなかったが、グループ2位に滑り込んだ」<br><br>「だから、我々が対戦するのはかなり手強い相手だけだ。それ以上に言うことはない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.12 13:10 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング: リバプール 1-0 ナポリ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC最終節、リバプールvsナポリが11日に行われ、1-0でリバプールが勝利した。この結果、リバプールが2位での決勝トーナメント進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 アリソン 6.0 最後のミリクのゴール至近距離からのシュートをストップ DF 66 アーノルド 6.0 高い位置を取って圧力をかけ続けた (→ロブレン -) 32 マティプ 6.0 的確なカバーリングを続けた 4 ファン・ダイク 6.5 インシーニェとメルテンスを潰した 26 ロバートソン 6.5 アーノルドと共に高い位置を維持して攻撃に厚みを加えた MF 5 ワイナルドゥム 6.0 球際で負けることがなかった 14 ヘンダーソン 6.0 中盤をコントロール。ミドルシュートでゴールにも迫る 7 ミルナー 6.5 先制点アシスト。豊富な運動量で攻守に顔を出した (→ファビーニョ -) FW 11 サラー 6.5 さすがの打開力で先制点奪取 9 フィルミノ 6.0 前線で起点となり、守備でも貢献 (→N・ケイタ -) 10 マネ 6.0 決定機を幾つも外したが、脅威は与えていた 監督 クロップ 6.5 スコア以上にナポリを圧倒して逆転での決勝トーナメント進出 ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 オスピナ 5.5 防げるシュートは止めていた DF 19 マクシモビッチ 5.0 守備に重点もマネに翻弄された 33 アルビオル 5.5 大崩れせず耐えていた 26 クリバリ 5.5 失点場面はサラーにやられたが、それ以外はソリッドだった 6 マリオ・ルイ 4.5 非常に軽い対応でサラーに交わされ1失点目に関与 (→グラム 5.5) マリオ・ルイよりは効果的に攻撃に絡んだ MF 7 カジェホン 5.0 守備に追われた。79分のチャンスを決めたかった 5 アラン 5.0 珍しく球際で負けていた 17 ハムシク 5.0 相手の中盤に押され続けた 8 ファビアン・ルイス 5.0 攻撃面でもっと仕事をしたかった (→ジエリンスキ 5.0) 違いを生めなかった FW 24 インシーニェ 5.0 守備を献身的にしていたが、ボールが来なかった 14 メルテンス 5.0 ファン・ダイクのタックルを足首に受けた影響か、ほぼ何もできず (→ミリク 5.5) 最後のチャンスを決めていれば… 監督 アンチェロッティ 5.5 完敗の内容。ただ、厳しいグループで最後まで可能性を残したことを評価 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! サラー(リバプール) ▽ハードワークを続けたミルナーも素晴らしかったが、決勝点を決めたサラーを選出。直近の試合でハットトリックした勢いを持ちこんだ。 リバプール 1-0 ナポリ 【リバプール】 サラー(前34) 2018.12.12 07:07 Wed
twitterfacebook
thumb

サラー弾のリバプール、ナポリを圧倒して逆転での2位通過!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC最終節、リバプールvsナポリが11日に行われ、1-0でリバプールが勝利した。この結果、リバプールが2位での決勝トーナメント進出を決めている。 ▽前節パリ・サンジェルマン戦を1-2と落として2連敗となり3位転落となったリバプール(勝ち点6)は、逆転での決勝トーナメント進出のためには1-0の勝利か、2点差以上での勝利が必要な状況。そのリバプールは4-0と快勝した3日前のボーンマス戦のスタメンから3選手を変更。マネやヘンダーソン、アーノルドらがスタメンに戻った。 ▽一方、前節ツルヴェナ・ズヴェズダ戦を3-1と快勝した首位ナポリ(勝ち点9)は、0-1以外の1点差での敗戦でも突破できる中、4-0と圧勝した直近のフロジノーネ戦のスタメンから7選手を変更。温存されたメルテンスやカジェホン、GKオスピナらがスタメンに戻った。 ▽オープンな展開で立ち上がっていった一戦。リバプールは7分にサラーが、ナポリは8分にハムシクがそれぞれ決定的なシーンを迎えるも決めきれない。それでも、9分にミルナーのヘディングシュートでゴールに迫ったリバプールが攻勢を強めていく。 ▽22分にはアーノルドの右クロスをマネがボレーで合わせてネットを揺らすも、わずかにオフサイド。それでも34分、ミルナーのスルーパスを受けたサラーがマリオ・ルイとクリバリを立て続けに交わしてボックス右深くまで進入。右足でGKオスピナの股間を抜くシュートを決めきって先制した。 ▽1-0のまま終われば勝ち抜けとなるリバプールは、ハーフタイムにかけてもナポリに何もさせず、前半を終えた。 ▽迎えた後半開始6分、リバプールはショートカウンターからサラーがボックス右に侵入してシュートに持ち込む決定機を演出。そのリバプールが引き続きナポリを圧倒していくと、57分にフィルミノがヘディングシュートで、61分にヘンダーソンがミドルシュートで追加点に迫っていく。 ▽防戦一方のナポリは67分にメルテンスを諦めてミリクを、さらにマリオ・ルイに代えてグラムを投入。1-0での逃げ切りを狙って自陣に引き始めたリバプールに対し、ナポリが圧力をかけていく展開となる。 ▽しかし、リバプールは74分にサラーがスルーパスに抜け出してGKと一対一となれば、77分にもロングカウンターの流れからマネがシュートと牽制。 ▽いずれもGKオスピナのファインセーブで凌いだナポリは、79分にビッグチャンス。インシーニェの左クロスをファーサイドのカジェホンがシュート。しかし、枠の上に外してしまった。そして追加タイム2分のミリクのシュートをGKアリソンが防いで1-0で試合を締めたリバプールが逆転での2位通過を決めている。一方、敗れたナポリはPSGがツルヴェナに勝利したため3位に転落し、ヨーロッパリーグへ回ることとなった。 2018.12.12 07:06 Wed
twitterfacebook
thumb

コッパ・イタリア・ラウンド16の対戦カード! 前回王者ユベントスはボローニャと対戦

▽イタリアサッカー協会(FIGC)は11日、コッパ・イタリア・ラウンド16の対戦カードを発表した。 ▽2017-18シーズンのセリエA上位クラブがが登場するラウンド16では、セリエA同士の対戦が5カード実現。前回王者のユベントスは、敵地でボローニャと対戦。 ▽また、前回準優勝のミランは敵地でサンプドリアと対戦。その他のセリエA同士の対戦は、ナポリvsサッスオーロ、トリノvsフィオレンティーナ、カリアリvsアタランタが決定した。 ▽また、インテル、ローマ、ラツィオは下位リーグ所属クラブとの対戦が決まった。なお、コッパ・イタリア・ラウンド16は2019年1月12~14日に行われる予定だ。今回決定した対戦カードは以下の通り。 ◆コッパ・イタリア・ラウンド16 ボローニャ vs ユベントス ラツィオ vs ノヴァーラ サンプドリア vs ミラン インテル vs ベネヴェント ナポリ vs サッスオーロ トリノ vs フィオレンティーナ カリアリ vs アタランタ ローマ vs ヴィルトゥス 2018.12.12 01:05 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループ最終節プレビュー①】リバプールvsナポリの決勝T進出を懸けた大一番、スパーズとインテルの運命は

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージの最終節が11日と12日に開催される。ここではA~Dの最終節のマッチプレビューを紹介していく。 ★CLグループステージ最終節 ▽12/11(火) 《26:55》 ◆グループD ガラタサライ vs ポルト シャルケ vs ロコモティフ・モスクワ 《29:00》 ◆グループA クラブ・ブルージュ vs アトレティコ・マドリー モナコ vs ドルトムント ◆グループB バルセロナ vs トッテナム インテル vs PSV ◆グループC リバプール vs ナポリ ツルヴェナ・ズヴェズダ vs パリ・サンジェルマン ◆グループA:アトレティコが勝利で首位通過へ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181209_31_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2週間前に行われた前節、グループAでは首位アトレティコ・マドリー(勝ち点12)がモナコ(勝ち点1)に順当に勝利した一方、2位ドルトムント(勝ち点10)がクラブ・ブルージュ(勝ち点5)にゴールレスで引き分け、2ポイント差に広がった。最終節、アトレティコは勝利で首位通過が決まる状況となった。 ▽既にクラブ・ブルージュがヨーロッパリーグ(EL)に回れる3位を確定させているため、アトレティコとしては油断さえしなければ勝利できる相手。確実に首位通過を果たし、決勝トーナメントに繋げたい。 ▽一方のドルトムントはモナコに勝利することが逆転での首位通過の条件。さらにアトレティコが引き分け以下に終わる必要があり、2位通過が濃厚だが勝利してアトレティコの結果を待ちたい。 ◆グループB:トッテナムとインテル、勝ち上がるのは<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181209_31_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グループBでは前節、首位バルセロナ(勝ち点13)が最下位PSV(勝ち点1)に勝利して最終節を残して首位通過を決めた。そしてトッテナム(勝ち点7)がインテル(勝ち点7)に1-0で競り勝ち、直接対決でのアウェイゴール差により2位に浮上した。迎える最終節、勝利すれば決勝トーナメント進出を決められるトッテナムは首位通過の決まっているバルセロナとカンプ・ノウで対戦する。 ▽主力を温存してくることが予想されるバルセロナに対し、トッテナムは直近のレスター・シティ戦ではケインとエリクセンを先発から外し、温存することができた。万全の状態で臨める中、勝ち点3を持ち帰って2年連続ベスト16進出を決められるか。 ▽対するインテルは最下位が確定しているPSV(勝ち点1)相手にホームで勝利した上でトッテナムが躓くことを願う状況。バルセロナの控え選手たちの頑張りに期待したいところだ。 ◆グループC:追い詰められたリバプールと首位ナポリの激突<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181209_31_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グループCでは前節、パリ・サンジェルマン(勝ち点8)がリバプール(勝ち点6)との大一番を制し、2位に浮上した。そしてナポリ(勝ち点9)が最下位ツルヴェナ・ズヴェズダ(勝ち点4)に快勝し首位をキープした。迎える最終節、3位リバプールと首位ナポリの決勝トーナメント進出を懸けた大一番が行われる。 ▽PSGがツルヴェナに勝利することを想定すると、リバプールとしてはナポリを上回ることが決勝トーナメント進出の条件となる。そのためにはナポリと得失点差で並ぶ1-0の勝利か、2点差以上を付けての勝利が必要となる。アウェイゴールを許した場合、1点差での勝利では当該対決でナポリに軍配が上がることから、リバプールとしては失点をせずに試合を進めたいところだ。 ▽対するナポリは引き分けでも死の組を突破できる状況。直近のフロジノーネ戦ではメルテンスやカジェホン、アルビオルらを起用せずに済んでおり、リバプール戦に向けて万全の状態。完全アウェイの中、劣勢が予想されるが、慌てず対応できるか。昨季、グループステージ敗退に終わった悔しさを晴らしたい。 ▽ツルヴェナ相手に引き分けでも決勝トーナメント進出となるPSGは、リーグ戦ではここ2試合引分けと失速しているが、足をすくわれることなくこの難しいグループを突破できるか。 ◆グループD:ELに回るのはガラタサライかロコモティフか<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181209_31_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グループDでは前節、首位ポルト(勝ち点13が2位シャルケ(勝ち点8)に快勝し、1試合を残して首位通過を決めた。敗れたシャルケは2位での通過が決まった。よってグループD最終節の見どころは、最下位ロコモティフ・モスクワ(勝ち点3)と、3位ガラタサライ(勝ち点4)によるEL出場権を争う一戦となる。 ▽ガラタサライでは前節、長友が肺気胸から復帰したが、ロコモティフに敗戦してしまった。最終節ではポルトとのホーム戦で勝利すれば自力での3位死守となるが、長友はチームの勝利に貢献できるか。 2018.12.11 17:00 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース