横浜FMがとんでもゴールラッシュ!! 伊藤のハットトリックなどで大量8点を奪い仙台を圧倒《J1》2018.07.18 21:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安田生命J1リーグ第16節、ベガルタ仙台vs横浜F・マリノスが18日に行われ、8-2で横浜FMが勝利した。▽今年はロシア・ワールドカップのために、中断期間が設けられ5月20日を最後におよそ2カ月ぶりの再開となったJ1。この間に各チームは補強や人員の整理を行った。

▽両チームとも大きな戦力強化はなかったものの、ホームの仙台は板倉が累積で出場停止。横浜FMはミロシュ・デゲネクがレッドスター・ベオグラードに移籍し守備の要を欠いている。

▽そんな中、仙台は大岩や奥埜、石原らが先発出場。横浜FMは金井や天野、伊藤らがスタメンとなった。中断前に勝利を挙げている両チーム。勝って連勝なるか。

▽試合は早々に動く。2分、カウンターで左サイドを駆け上がった遠藤にボールが渡ると、クロスをゴール前でフリーになっていた仲川がシュート。一度GKにブロックされるものの、ディフレクトを天野が押しこんで横浜FMが先制した。

▽さらに12分、再び左サイドから攻める横浜FMは山中のクロスをGKより先に伊藤がつま先で合わせて追加点。第15節でも5得点で大勝した横浜FMがこの試合でも攻撃力を見せつける。

▽攻撃の手を緩めない横浜FM。31分には味方のパスをボックス手前で受けた仲川がゴール左隅をつくシュートを沈めて3点目。さらにその2分後の33分には、敵陣右サイドでボールを奪った仲川がボックス内で潰れると、こぼれ球を拾った伊藤が丁寧に押し込んで4点目を奪った。

▽横浜FMが大量リードして迎えた後半だが、トリコロールの攻撃はとどまることを知らなかった。52分、右サイドからのクロスを遠藤が抑えると、パスを受けた山中がボックス手前左から豪快に左足を振り抜き強烈な弾丸シュートを突き刺した。

▽まだまだ横浜FMの攻撃は続く。59分、右サイド松原のスルーパスを仲川が受けると、折り返しを伊藤が押し込んで6点目。これで伊藤はハットトリックを達成した。

▽横浜FMはなおも攻める。71分に得た右CK。天野のクロスを金井が身体で押し込み7点目。しかしその直後、仙台も途中出場のジャーメイン良が意地の一発を沈めて1点を返す。

▽だが、81分にはこちらも途中出場のオリヴィエ・ブマルのゴールで横浜FMが8点目を奪った。

▽90分に仙台が蜂須賀のゴールで2点目を決めるも焼け石に水。横浜FMが大量8得点を奪い、仙台を圧倒した。
コメント
関連ニュース
thumb

やっかみなのか真実なのか、それは数字が教えてくれる!? の巻/倉井史也のJリーグ

ワタクシってば取材熱心なものですから、日本代表ウィークでもちゃんとJクラブに顔を出してるワケですよ。で、そうしたら今週試合がなくてホッと一息ついてるクラブ関係者からこんな声ってのが聞けたんです。 「だってさ、まだ4節じゃん。ここで首位に立ってたからって優勝できるわけじゃないんだし!!」 ひがみ? ねたみ? それとも真実? ってことでちゃんと調べてみましたよ。 2005年 第4節首位 FC東京 優勝チーム G大阪 2006年 第4節首位 横浜FM 優勝チーム 浦和 2007年 第4節首位 名古屋 優勝チーム 鹿島 2008年 第4節首位 鹿島 優勝チーム 鹿島 2009年 第4節首位 新潟 優勝チーム 鹿島 2010年 第4節首位 鹿島 優勝チーム 名古屋 2011年 4試合終了時首位 仙台 優勝チーム 柏 2012年 第4節首位 仙台 優勝チーム 広島 2013年 第4節首位 横浜FM 優勝チーム 広島 2014年 第4節首位 鹿島 優勝チーム G大阪 2015年 第4節首位 浦和 優勝チーム 広島 2016年 第4節首位 川崎 優勝チーム 鹿島 2017年 第4節首位 神戸 優勝チーム 川崎 2018年 第4節首位 川崎 優勝チーム 川崎 なな、なんと!! J1が18チーム構成になってから、4試合を消化したところで首位に立っていたチームが優勝したのは、2008年の鹿島と2018年の川崎だけ!! つまり14シーズンで2回ってことは確率14パーセント。あれ? これって意外と高くない? ってことでFC東京のみなさん、おめでとうございます!!<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2019.03.21 13:15 Thu
twitterfacebook
thumb

佐々木翔、初の地元・神奈川での代表戦に感慨深げ「他の場所でやる時よりも…」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は20日、22日に行われるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦に向けて試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 トレーニング終了後、DF佐々木翔(サンフレッチェ広島)がメディア陣による取材に応対。初の地元・神奈川県での代表マッチに「他の場所でやる時よりも気持ちの高ぶりはあるかもしれない」と感慨深げに語った。 ──セットプレーでのヘディングでの強さについて 「得点を取れるチャンスは非常に大事ですし、僕の中でも試合の中で意識しているポイントでもあります。チャンスがあれば、ヘディングに自信を持っているので得点を取れればなと思っています」 ──ここまで足りないと思って取り組んできたことは 「全てにおいてそうですね。運動能力でもそうですし、判断だったり技術的なところを、ワンランク、ツーランク上げないと感じて、アジアカップから帰ってきました」 「そういった意識を損なわないように高みを目指してトレーニングをしている感じです」 ──自信は 「まだまだ始まったばかりでアレですけど、チームやってきたことを(代表に)活かさないといけないということはもちろんです。それを少しでも周りに良い影響を与えていければと思います」 「チームではそういったことを意識しています。ただ、ここではサバイバルだと思うので、チームメイトですけど負けないように常に意識してやっています」 ──この合宿で森保一監督が強調していることは 「この合宿で強調しているということは特にないですけど、今までやってきたことがベースの部分であると思います。メンバーがある程度変わっている部分もありますので、コミュニケーションを取りながらやっています」 「ただ、それで結果を逃すというのは別の話なので、そこは必ず取りに行くというところですね」 ──地元でやる初めての試合 「それに関しては非常に嬉しいですね。家族も神奈川に住んでいますし、こうやって観に来てもらえる試合は多くありません。チャンスがあればしっかりと良いプレーがしたいなと思います」 「小さい頃からここ(日産スタジアム)と三ツ沢(ニッパツ三ツ沢球技場)は、ずっと観に来ていたピッチです。リーグでもそうですけど、ここで試合をする時は、他の場所でやる時よりも気持ちの高ぶりはあるかもしれないですね」 ──森保一体制になってからはずっと選出されている。今回新たな選手も多く入ってきているがアドバイスのようなものはあるか 「いや(笑) そんなにはないですね。選んでもらっていますけど、みんな本当に素晴らしい選手が集まってきていると思います。上からアドバイスできる立場ではありません。まずは自分が生き残れるように必死でやっていきたいです」 2019.03.20 23:45 Wed
twitterfacebook
thumb

J王者・川崎フロンターレが7月にチェルシーと対戦が決定!《明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ》

Jリーグは20日、「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ」にて、川崎フロンターレとチェルシーが対戦することを発表した。 「明治安田生命 Jリーグワールドチャレンジ2019」は、Jリーグとして海外の強豪クラブを招へいし、J1クラブと対戦する「Jリーグインターナショナルシリーズ」として開催される。 試合は7月19日(金)に日産スタジアムで開催される。キックオフ時間などは未定だ。今回の対戦実現に関して、Jリーグの村井満チェアマン、川崎フロンターレの小林悠、チェルシーのブルース・バック会長がコメントしている。 ◆村井満チェアマン(Jリーグ) 「今年、2年ぶりに明治安田生命Jリーグワールドチャレンジを開催いたします。Jリーグは今年から外国籍枠を緩和し、より高水準の競争力をクラブに求めておりますが、本大会は「Jリーグの中に世界をつくる」ために必要だと認識しております」 「開催目的に相応しい対戦相手として、プレミアリーグ優勝5回、UEFAチャンピオンズリーグの優勝経験もある欧州屈指のビッグクラブ、チェルシーFCを招待することになりました。現在リーグ戦2連覇中の川崎フロンターレがチェルシーFC相手にどこまで通用するのか、今から楽しみでなりません。Jクラブを代表して戦う川崎Fには「勝利」という結果も期待しています」 「また、本大会は明治安田生命保険相互会社様が特別協賛社となります。明治安田生命様には、日頃よりトップパートナーおよびタイトルパートナーとして日本サッカーの水準向上、スポーツ文化の醸成、国際社会における交流と親善というJリーグの理念にご賛同いただき、Jリーグやクラブへの協賛を通じて多大な貢献をいただいておりますが、本大会のご協賛を通じて、国際社会における交流と親善という三つ目の理念の実現への更なるご協力を大変うれしく思います。ご協賛に恥じない素晴らしい大会にしてまいります」 ◆小林悠(川崎フロンターレ) 「この度、Jリーグを代表して世界的に有名なビッグクラブ、チェルシーFCと試合ができるということですごく楽しみですし、自分たちのサッカーがどれだけ通用するかを試せる素晴らしい相手だと思います。メンバーを見ても知っている選手ばかりで、私が言うまでもなくワールドクラスの選手が揃っているチームです」 「以前、ボルシア・ドルトムントとの試合を行った際には、何も出来ず相手に翻弄されてしまったので、今回こそ日本のクラブ、Jリーグチャンピオンチームの意地を見せたいです」 「フロンターレのサポーターだけはなく、チェルシーの試合を見たいという皆さんもたくさん来てくれると思います。そんな皆さんたちにもこれがフロンターレのサッカーだというものを見せたいですし、フロンターレのことも好きになってもらえればと思います」 「また、Jリーグのサッカーって面白い、楽しいと感じてもらえるような試合にしたいと思います。明治安田生命保険相互会社様、Jリーグの関係者の皆様にこの素晴らしい機会をいただいたことを感謝します。 チーム一丸となって精一杯頑張ります!」 ◆ブルース・バック会長(チェルシー) 「チェルシーFCの来季プレシーズン日程に関して、その最初となる試合を正式に発表出来る事を非常に嬉しく思います。クラブにとって刺激的な夏になるでしょう。約7年ぶりに日本を再訪できる機会を非常に嬉しく思い、この試合の実現にあたりJリーグに感謝します。横浜国際総合競技場に集まる情熱的なファンを前に、新シーズンの準備を整える我々にとって、川崎フロンターレは間違いなく手強い対戦相手となるでしょう」 2019.03.20 19:35 Wed
twitterfacebook
thumb

代表初招集のMF橋本拳人、持ち味発揮に自信「ボールを奪いに行く部分は通用すると思う」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、今月の代表ウィークに向けたトレーニングを神奈川県内で行った。 ケガで離脱した川崎フロンターレのMF守田英正に代わり、追加招集で初めての日本代表を経験しているFC東京のMF橋本拳人は、合流初日のトレーニング終了後、インタビューに応対。強豪・コロンビア代表相手にも自身の持ち味が通用すると自信を見せている。 ◆MF橋本拳人(FC東京) ──代表初日を終えてみて 「まだ全員の選手とは話せていないです。経験のある選手であったり、今まで話したことない選手もいますし、刺激も受けています。明日からの練習でしっかりプレーで示していきたいと思っています」 ──連携の部分で特徴を出すためのイメージの共有について 「練習中に気になるプレーとか、自分の特徴を知って貰う上では、コミュニケーションが大事だと思います。まずは練習中から自分の良さを積極的に出して、練習以外のところでもコミュニケーションを取って擦り合わせていきたいと思っています」 ──同世代の選手も多いが 「下の世代も多いですし、リオデジャネイロ五輪に入ってた選手も多く、そこの選手たちに刺激を受けていたので、ここから勝負していきたいと思っています」 ──自信は 「まだ、練習をやっていないのでわからないですけど、今まで培ってきたものをしっかり出せれば、やれると思うので、そこに集中したいです」 ──コロンビア代表のイメージは 「身体能力が高い選手が揃っています。自分がどこまでやれるのか楽しみです。そういったところで負けないように頑張りたいと思います」 ──身体能力が高い選手に対してもボール奪取できるか 「そうですね。球際の部分であったり、相手より一歩早く動いて、ボールを奪いに行くというところは通用すると思っています。どれだけそれを出せるかが非常に大事になってくると思います」 2019.03.19 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

代表生き残りへの覚悟! MF山口蛍「最後のチャンスかもしれないという思いで来ました」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は19日、今月行われるキリンチャレンジカップ2019に向けて神奈川県内でトレーニングを行った。 トレーニング終了後、MF山口蛍(ヴィッセル神戸)がメディア陣による取材に応対。森保一体制初招集となった山口は、代表への生き残りをかけて強い思いを口にした。 ◆MF山口蛍(ヴィッセル神戸) ──代表選出について 「驚きの方が大きいですけど、神戸でうまくやってた中での選出だったのですごく嬉しいです。(代表に呼ばれるのは)まだまだかなって思ってたので」 「ただ、アジアカップのメンバーが何人いないかっていうのもありますし、ケガでいないという中で選ばれていることも理解しています。もしかしたらこれが最後のチャンスかもしれないという思いで来ましたし、チャンスがあったらしっかりやりたいです」 ──神戸でのプレーが評価され、試される立場にいる状況について 「監督が森保さんになって、自分たちのプレーを見てくれていると思いますけど、今までと違ってゼロからのスタートだと思います。半年以上、森保さんに呼ばれていないので、ずっと呼ばれているメンバーとの差はあると思います。追いつくためには、今まで以上に必死になってやらないといけないなと思います」 ──今シーズンの神戸での手応え 「手応えというところまではまだいかないですけど、ボールを握るスタイルにチャレンジする中で、神戸は後ろからボールを蹴ることは本当にしません。キーパーから全部繋いでいくスタイルで、自分はボランチという位置で、一役買っているところもあります」 「神戸もうまくできていないところもたくさんあり、もっとそういった部分をやっていかなくてはいけないなと思います。セレッソ大阪にいた時は、そういうプレーをあまりしていなかったなと自分の感覚でもあります。セレッソでのプレーをみせて呼ばれたということはないと思います」 ──世界的なプレーヤーと一緒にやってみて違ったものが見られたりするか 「違ったものが見れるというレベルの選手ではないです。明らかに今までいた選手たちと全然違いますし、自分たちが貰う刺激もあります。日頃のプレー1つ1つから驚かされることばかりです」 「そういった選手たちと常日頃から出来るというのは、すごくプラスでもありますし、自分としては迷った決断でしたけど、今はこういって代表にも呼んで貰えましたし、すごくいい決断だったと思います」 2019.03.19 20:50 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース