チェルシーから一転…ゴロビンはユーベ移籍希望? 2018.07.14 20:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽CSKAモスクワに所属するロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビン(22)が、ユベントス移籍を望んでいるようだ。イギリス『ミラー』が報じた。

▽ゴロビンは、自国開催となったワールドカップ(W杯)でブレイク。優れた技術と視野、豊富な運動量でロシア代表の攻撃の中心選手となり、チームを準々決勝に導いた。当然ながら、移籍市場においても人気を博しており、去就が注目を集めている。

▽『ミラー』によると、アーセナルとチェルシーが速い段階で獲得に乗り出しており、中でもチェルシーが優勢な状況だ。しかし、イタリア『トゥットスポルト』の報道を引用したところでは、選手当人がユベントス行きを望んでいるという。

▽レアル・マドリーからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得したことにより、スーパースターとの競演を希望しているゴロビンの気持ちが、ユベントスに傾いたとのことだ。

▽昨シーズンのゴロビンは、CSKAモスクワでの公式戦43試合に出場して7ゴール6アシストを記録。突如として眩い輝きを放った22歳のプレーメーカーの去就は、どのような形で決着を迎えるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

アッレグリが歴代最多4度目のセリエA最優秀監督に選出

▽2017-18シーズンのセリエA最優秀監督に贈られるパンキーナ・ドーロが12日に発表され、ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が選出された。 ▽パンキーナ・ドーロは、毎年恒例となっているイタリアサッカー界で監督に与えられる栄誉ある個人賞の一つ。同業者による投票により、年間最優秀監督が決定する。 ▽ユベントスをセリエA7連覇に導いたアッレグリ監督は17票を獲得。昨季ナポリを率いていたマウリツィオ・サッリ監督、ラツィオのシモーネ・インザーギ監督がそれぞれ8票を獲得した。 ▽カリアリ時代を含めて2年連続4度目の受賞となったアッレグリ監督は、アントニオ・コンテ氏、ファビオ・カペッロ氏を抜いて歴代最多となった。 ▽アッレグリ監督は「スタッフに感謝したい。大変なプレッシャーを彼らが緩和してくれる。もちろん、選手たちにも感謝したい。できるだけ長くユベントスに留まることを願っている。セリエAでの経験は私を成長させてくれた。今の目標はセリエA8連覇とチャンピオンズリーグ優勝を果たすことだ」とコメントした。 2018.11.13 00:10 Tue
twitterfacebook
thumb

イグアインのPK失敗は必然? 元同僚シュチェスニー&C・ロナウドに完全に読まれていた…

▽ユベントスは11日に敵地サン・シーロで行われたセリエA第12節のミラン戦を2-0で勝利した。同試合後、殊勲のPKストップなどクリーンシートで勝利に貢献したポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーが同試合を振り返った。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。 ▽4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦で今季公式戦初黒星も、リーグ戦では10勝1分けの無敗で首位を快走するユベントスが、3連勝中で4位に付けるミランのホームに乗り込んだ一戦。 ▽試合は8分にFWマリオ・マンジュキッチのヘディングシュートでアウェイチームが先制に成功。だが、前半終盤にDFメディ・ベナティアのエリア内でのハンドでミランにPKを献上してしまう。それでも、古巣対戦で気合いが入るキッカーのFWゴンサロ・イグアインの左隅を狙ったシュートはGKシュチェスニーが見事な反応で触り左ポストを直撃。守護神の活躍でリードを保ったユベントスは82分にFWクリスティアーノ・ロナウドのタップインで追加点を奪い、直後にベナティアへのファウルを取られて激昂したイグアインの退場もあり、敵地で2-0の快勝を収めた。 ▽そして、試合の行方を左右するPKストップを見せたシュチェスニーは、「僕たちはお互いを良くわかっている」と、かつての同僚の癖を見抜いた末のプレーだったことを説明。また、PK前の同僚C・ロナウドとのやり取りに関しても明かした。 「僕たちはお互いを良くわかっている。僕はイグアインがPKで強く低いボールを蹴る傾向にあることを知っていたんだ。そして、幸運なことにあの場面ではとてもうまくいったよ」 「ロナウドはPKの前にできるだけ早くアクションを起こすようにとアドバイスしてくれた。ピピータがパワフルなPKを蹴る傾向があることもね。ただ、僕は事前にそのことを知っていたけどね」 2018.11.12 14:53 Mon
twitterfacebook
thumb

退場処分のイグアイン、謝罪も主審の判定に恨み節「僕らはロボットじゃなく人間だ」

11日のユベントス戦で退場処分を受けたミランのFWゴンサロ・イグアインが、試合終了後イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じた。<br><br>イグアインは、前節のウディネーゼ戦で背中を負傷し、ミッドウィークのヨーロッパリーグのベティス戦を欠場していたが古巣ユベントスとの一戦を前に復帰し、先発メンバーに名を連ねた。しかしこの日のイグアインは悪い意味で目立つ格好となった。41分、1点を追う展開で獲得したPKは、GKヴォイチェフ・シュチェスニーに阻まれて失敗。FWクリスティアーノ・ロナウドに追加点を決められた直後の84分には、DFメディ・ベナティアとの競り合いでファールを取られてイエローカードを提示され、フラストレーションを爆発させて主審に対し猛抗議。すかさず2枚目のイエローカードを提示され、退場処分を命じられた。ミランはそのまま0-2で敗れ、チャンピオンズリーグ出場圏外の5位に後退した。<br><br>アルゼンチン人FWは、自身の行為を謝罪しつつ、判定に不満を覗かせた。<br><br>「まず、チームや監督、ファンの皆に自分の振る舞いについて謝罪しなければならない。主審は僕が何を言ったのか知っている。自分の行為については責任を取るつもりだ。なぜこんな反応をしたか?僕はベナティアのファウルを受けたのに、主審はユーベにFKを与えて僕を退場させた。僕としては賛同できない判定だったが、受け入れなければならなかった」<br><br>「ユベントスと対戦することで僕の気持ちに変化があったか?当然あるが、今回のようなことは起きないことを願っている。負けていたし、僕はPKを失敗していて、そういうタイミングだった。僕らもロボットではなく、人間なんでね。時によっては審判も状況を理解して欲しいと思う。それでも言い訳を探すつもりはない。子供たちの模範であるべきなのに、僕の態度は適切ではなかった」<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.12 13:16 Mon
twitterfacebook
thumb

明暗くっきり…C・ロナウドが散々なイグアインに同情

▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがミランのアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインの心中を察した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽ユベントスとミランは、11日にサンシーロで行われたセリエA第12節で激突した。先発のC・ロナウドはユベントスの勝利を決定づける得点をマーク。チームの開幕12試合無敗に貢献した。 ▽一方、C・ロナウドに押し出される形で今夏にユベントスからミランに移籍したイグアインもこの一戦に先発。だが、前半にPKを失敗した挙句、83分に退場処分が科される散々な結果に終わった。 ▽C・ロナウドは試合後、『スカイ・スポーツ・イタリア』で退場判定に激昂したイグアインをなだめに行った際のやり取りを語り、レアル・マドリー時代の同僚に対する処分軽減を願った。 「僕は彼に落ち着くよう話した。もっと最悪な処分を受けるリスクがあったからだ。でも、彼は止まらなかった。だいぶ苛立っていたね。気持ちはわかる。厳しい処分が科されないことを願うよ」 2018.11.12 09:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベ、むちゃ強い! 開幕12戦勝ち点がセリエA記録

▽今夏のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの加入に湧いたユベントスが歴史を築いた。 ▽ユベントスは11日、セリエA第12節でミランと激突。敵地での一戦だったが、2-0の勝利を収め、リーグ3連勝を飾った。 ▽これにより、ユベントスは開幕12戦負けなし(11勝1分け無敗)。2位のナポリに6ポイント差をつけ、首位を快走している。 ▽データを扱う『Opta(@OptaPaolo)』によれば、開幕から積み上げた34ポイントという数字はセリエA新記録になるという。 ▽セリエA8連覇に視界良好なユベントス。この爆進を止めるクラブは現れるのだろうか。 ◆ユベントスの開幕12試合成績 第1節vsキエーボ 3-2 ◯ 第2節vsラツィオ 2-0 ◯ 第3節vsパルマ 2-1 ◯ 第4節vsサッスオーロ 2-1 ◯ 第5節vsフロジノーネ 2-0 ◯ 第6節vsボローニャ 2-0 ◯ 第7節vsナポリ 3-1 ◯ 第8節vsウディネーゼ 2-0 ◯ 第9節vsジェノア 1-1 △ 第10節vsエンポリ 2-1 ◯ 第11節vsカリアリ 3-1 ◯ 第12節vsミラン 2-0 ◯ 2018.11.12 08:25 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース