マウコムはインテルを待つ2018.07.14 17:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ボルドーに所属するブラジル人FWマウコム(21)は、インテルに加入することになりそうだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。

▽セレソンの次代を担う逸材レフティと評されるマウコム。2016年1月にコリンチャンスからボルドーに移籍を果たすと、昨季はリーグ戦35試合に出場し12ゴール7アシストを挙げるなど、その才能を遺憾なく発揮している。

▽その活躍から今夏、マウコムを望むクラブが殺到。これまでにバイエルンやチェルシー、アーセナル、トッテナムといった数々のビッグクラブが獲得レースを繰り広げてきた。一時はトッテナム移籍が近づいたとされている同選手だが、『カルチョメルカート』によれば、代理人であるフェルナンド・ガルシア氏が自身のSNSで「我々はインテルを待っている」と投稿したようだ。

▽インテルはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)抵触を避けるため何人かの選手売却をしなければならない模様。マウコムのインテル移籍は、ネラズーリの陣容の整理がついてからまとまる形になりそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

インテルCEOとイカルディ妻が生放送で和解へ前進「インテルは家族」新契約提示へ

インテルのCEOジュゼッペ・マロッタ氏とFWマウロ・イカルディの妻で代理人のワンダ・ナラさんが17日、イタリアメディア『メディアセット』のテレビ番組『ティキタカ』に生出演し、和解を図った。<br><br>イカルディは14日に行われたヨーロッパリーグのラピッド・ウィーン戦へ帯同を拒否し、その後キャプテンマークをはく奪されて物議を醸した。シーズン終了後の退団の可能性も報じられる中、ワンダさんはテレビ番組に出演すると夫を弁護し、インテル愛を強調した。<br><br>「彼にとって両足を奪われたようなもの。彼は常にインテルのために誇りを持ってプレーしてきた。お金のことを考えたことは1度もない。キャプテンマークを付けることに誇りを持ち、相応しいプレーをしようと全力を尽くしていた。彼はインテルのユニフォームに愛着を感じている。私たちにとってインテルは家族であり、ここを離れたくない」<br><br>またイカルディの妻は、今回のインテルの措置を批判していたマッシモ・モラッティ元会長に仲介を求めたことを涙ながらに明かした。<br><br>「彼の意見に感謝し、メッセージを送った。マウロはかなり落ち込んでいたので、彼がプレーできるように助けてほしいとお願いした。今の状況を解決したいと思っている」<br><br>■まもなくイカルディに契約延長を打診か続いてマロッタCEOも番組のインタビューを受け、ワンダさんへ向けて返答した。<br><br>「再び平穏を取り戻したい。インテルのため、マウロのため、そしてあなたやファンのためにも我々は最善を尽くす。(キャプテンマークはく奪は)懲罰的な措置ではなかった。会社を運営していく上でとらなければならない決断があり、苦渋の決断だった」<br><br>「ここは家庭と同じだ。マウロはまだ25歳。これからもどんどん成長するだろう。(サミル)ハンダノヴィッチを新キャプテンに任命したからと言って、イカルディの技術的なキャリアに影を落とすことはない。彼をロッカールームに呼び、この決断を説明した。今回の件について近いうちに直接話し合おう。平穏を取り戻した上で、まもなく契約更新のオファーを提示するつもりだ」<br><br>提供:goal.com 2019.02.19 19:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ナインゴラン、イカルディ復帰を渇望「僕たちには彼が必要」

インテルのベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが、渦中のFWマウロ・イカルディの復帰を渇望している。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 イカルディは先日、インテルからキャプテンマークを剥奪され、それに対する抵抗の表れからか、ヨーロッパリーグ・ラウンド16の1stレグ、ラピド・ウィーン戦の遠征メンバー入りを拒否。さらに17日のセリエA第24節のサンプドリア戦では招集外となったことで、クラブは理由を「ケガ」と発表したが、周囲からは両者の関係が悪化してきていると捉えられている。 そんな中でのサンプドリア戦で、ナインゴランは決勝ゴールを決め、辛勝に貢献。イカルディについて、不在を嘆いている。 「彼はいつもチームに献身的だった。出来るだけ早く戻ってくることを願っているよ」 「前線には他にも素晴らしいストライカーはいるけど、僕たちには全員の力が必要なんだ。早く問題が解決すればいいんだけど」 2019.02.19 03:10 Tue
twitterfacebook
thumb

イカルディ不在で直近2戦2勝もインテル指揮官が強調「マウロはチームの一員」

インテルの指揮官ルチアーノ・スパレッティが17日、サンプドリア戦終了後の記者会見に出席して勝利を喜んだほか、FWマウロ・イカルティについて言及した。<br><br>インテルでは、主将を務めていたFWマウロ・イカルディがヨーロッパリーグのラピッド・ウィーン戦への帯同を拒否。その後インテルがイカルディからキャプテンマークをはく奪するなど両者の溝は深まっていたかに見えた。17日に行われたセリエA第24節サンプドリアでは、アルゼンチン人FWは公式上、ケガを理由にベンチ外となったが、チームはホームで2-1と勝利し、公式戦3連勝を飾った。スパレッティはインテルのパフォーマンスに満足しつつ、観客席に姿を見せたイカルディと妻で代理人のワンダ・ナラさんを評価した。<br><br>「前半はやや臆病になっていて、苦しめられた。サンプドリアは良いチームであり、いかに相手を無駄に走らせるかを心得ている。1-1の同点となった後の拍手は非常に素晴らしかった。我々を鼓舞し、反撃を支えてくれた。観客も一体となった試合だった」<br><br>「インテルについて様々なことが言われる中で、ラピッド戦、そして今日の試合と2連勝してチームが真剣に取り組んでいることを示すことができた。これからさらに困難なこともあるが、今日のように力強くぶち当たっていきたい。イカルディがワンダと一緒にスタジアムへ来ていたのは非常に喜ばしいことだ。もしロッカールームまで来て一緒に勝利を祝うことができていたら、もっと嬉しかったがね。マウロはこのチームの一員であり、彼も我々と同様に幸せに感じていると思う」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.18 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ナインゴランの決勝弾でサンプに競り勝ったインテルがセリエA10戦ぶり複数得点で公式戦3連勝!《セリエA》

セリエA第24節、インテルvsサンプドリアが17日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、ホームのインテルが2-1で勝利した。 前節、パルマ相手に辛勝した3位のインテルは公式戦の連敗を「3」でストップ。しかし、今週ミッドウィークにはイカルディのキャプテン剥奪、GKハンダノビッチの新キャプテン就任、イカルディの招集メンバー入り拒否とチーム状況は混沌を極める。幸い、直近のヨーロッパリーグ(EL)のラピド・ウィーン戦ではラウタロ・マルティネスの公式戦2試合連続ゴールで1-0の先勝。 9位のサンプドリアをホームで迎え撃ったこの一戦に向けては先発5人を変更。デ・フライを除く最終ラインにシュクリアニル、ダンブロージオ、ダウベルト・エンリケ、セントラルMFにブロゾビッチ、ガリアルディーニを起用。前線はポリターノ、ナインゴラン、ペリシッチの2列目にラウタロ・マルティネスが引き続き最前線で起用された。 互いに集中した入りを見せた中、最初の決定機はインテルに訪れる。4分、ブロゾビッチの左CKをニアに飛び込んだペリシッチが頭で合わすが、これはGKアウデーロにはじき出された。 その後はGKから丁寧にショートパスを繋いで前進を図るアウェイチームに対して、インテルが前線からの積極的なプレッシングで応戦する互いの特徴が出る攻防に。 その流れの中でインテルは30分、ペナルティアーク付近でラウタロの落としに反応したナインゴランがミドルシュートも枠の左。続く36分にはペリシッチのグラウンダーのシュートをGKアウデーロの股間を抜くが、ゴールライン手前でカバーされる。 さらに前半アディショナルタイムにはセットプレーの流れからシュクリニアルが豪快ボレーでネットを揺らすが、ここはその前のプレーに関与したダンブロージオがオフサイドとなり、ゴールは認められず。 結局、ゴールレスで折り返した試合は後半立ち上がりにサンプドリアにビッグチャンス。46分、カウンターからボックス右でスルーパスを受けたデフレルが右足を強振。だが、このシュートはGKハンダノビッチが見事な反応ではじき出す。 一方、後半も徐々に攻撃のギアを上げていくインテルは54分に最初の決定機。ボックス左で巧みな切り返しでDFを振り切ったペリシッチがグラウンダーで折り返すと、これに反応したラウタロ、ガリアルディーニが押し込みにかかるが、ここはDFとGKの身体を張った守備に阻まれた。 時間の経過と共に押し込む時間が増えるインテルは59分にガリアルディーニを下げてジョアン・マリオ、69分にはポリターノに代えてカンドレーバを続けてピッチに送り出す。72分にはブロゾビッチのスルーパスに反応したペリシッチがボックス左からダイレクトシュートを枠に飛ばすが、GKアウデーロのワンハンドセーブに遭う。だが、直後の73分にはボックス左で仕掛けたペリシッチからのグラウンダークロスをゴール前に飛び込んだダンブロージオがワンタッチで流し込み、攻勢の中で待望の先制点を奪う。 劣勢を耐えきれずに失点したサンプドリアは失点直後にサポナーラを下げてガッビアディーニを投入すると、この交代策が完璧にハマる。75分、ボックス内で粘ったリネティが潰れると、ルーズボールを奪い返したガッビアディーニが冷静にゴール右隅へ流し込み、すぐさま試合を振り出しに戻した。 先制からわずか2分で追いつかれたインテルだったが、こちらもすぐさま反発を見せる。78分、右CKの流れからボックス手前でクリアボールに反応したナインゴランが抑えの利いた右足のダイレクトシュートを放つと、これがゴール左隅の絶妙なコースに決まった。 リーグ戦10試合ぶりの複数得点で再び優位に立ったインテルはここから守備を固めながらカウンターで追加点を狙う戦い方にシフト。幾度か迎えたカウンターチャンスを決め切れない中、試合最終盤には相手のパワープレーに防戦一方の展開を強いられたが、新主将のハンダノビッチを中心に何とか凌ぎ切って2-1の勝利。難敵相手に競り勝ったインテルは公式戦3連勝を飾っている。 2019.02.18 04:04 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリーがイカルディ獲得に本腰を入れない理由とは

レアル・マドリー寄りで知られるスペイン『マルカ』が、同クラブがインテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)獲得に本腰を入れない理由を主張した。 インテルの絶対的エースに君臨し、今シーズンもここまでの公式戦28試合で15ゴールを決めているイカルディ。当然、この実力者には移籍市場でも注目が集まっており、長らくマドリーからの関心が取り沙汰されてきた。 しかし、イカルディは現在、キャリアの重要な岐路に立たされているかもしれない。インテルは13日、同選手からキャプテンマークを剥奪すると異例の公式発表。これに反発したイカルディ側も14日のヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグのラピド・ウィーン戦への招集を拒否し、事態は泥沼化している。 そもそも、インテルが強硬にキャプテンを退かせたのは、現行契約が2021年までとなっているイカルディに関する延長交渉が遅々として進まず、痺れを切らした為だという。そして、同選手の代理人を務め交渉を行っている人物は、妻でもあるワンダ・ナラ氏だ。 ワンダ・ナラ氏は以前からイカルディの給与アップを求めており、時には公の場で移籍を匂わす様な発言も辞さず。一方で契約延長を仄めかすこともあり、その挑発的な言動は少なくない批判を集めていた。イカルディが主将を剥奪された直後には、同選手の妹が「もしあなたにちゃんと面倒を見てくれる真面目な人が付いてくれてたら…」とワンダ・ナラ氏に対する憤りを露わにしている。 そして、『マルカ』は「レアル・マドリーがイカルディとサインしない理由はワンダ・ナラだ」というタイトルの記事をリリース。マドリーは以前からワンダ・ナラ氏が代理人であるという点を懸念しており、2018年冬の移籍市場で真剣にオファーを検討した際にも、それが理由で交渉を切り上げたことが伝えられている。 2019.02.17 18:29 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース