今季J2で5ゴール中の“松本のスピードスター”FW前田大然が入籍! 2018.07.14 16:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽松本山雅FCは14日、FW前田大然(20)が10日に入籍したことを発表した。前田は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「私事ですが7月10日に入籍したことをご報告させていただきます。守るべき家族が出来たのでより一層責任と覚悟を持ってこれからも頑張ります。応援してくださっている皆様これからもよろしくお願いします」

▽前田は2018年に水戸ホーリーホックへの期限付き移籍から復帰。今シーズンは明治安田生命J2リーグでここまで18試合5ゴールを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

J1最下位・名古屋、松本MF前田直輝を完全移籍で獲得!

▽名古屋グランパスは19日、松本山雅FCからMF前田直輝(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「25」に決定している。 ▽前田は2018年に横浜F・マリノスから2015年に期限付き移籍をしていた松本に完全移籍。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグに16試合出場して3ゴールを記録していた。また、天皇杯には2試合に出場している。 ▽名古屋への完全移籍が決定した前田は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆名古屋グランパス 「初めまして。前田直輝です。名古屋グランパスという伝統あるクラブに声をかけていただいて嬉しく思います。少しでも早く風間監督はじめ、グランパスが目指してるサッカーを理解し、チームに貢献できるように頑張ります」 ◆松本山雅FC 「半年と短い期間でしたが、本当にありがとうございました。なかなか期待に応えるパフォーマンスが出せていないときでも、いつも温かく応援してくださり本当に感謝しています。このようなタイミングでの移籍で色々な事を思われると思いますが、今後も温かく見守っていただけたら嬉しいです。ありがとうございました」 2018.07.19 09:10 Thu
twitterfacebook
thumb

首位松本、パウリーニョが全治3カ月のケガで一時帰国

▽松本山雅FCは18日、ブラジル人MFパウリーニョの一時帰国を発表した。 ▽帰国理由は、治療のため。11日に行われた天皇杯3回戦の浦和レッズ戦で負傷したパウリーニョは、検査の結果、右長内転筋筋断裂で全治約3カ月と診断された。19日より9月下旬までブラジルで治療を受けるという。クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「今回の怪我の治療のためにチームを離れてブラジルに一時帰国することになりました。サッカーの世界でこのような怪我は起きることなので避けることはできません。避けることが出来れば良かったのですが、きちんと自分の怪我と向き合っていきたいと思います。また怪我をしてからも、家族・仲間・クラブを応援してくれる多くの方から温かい励ましの声をいただきました。なるべく早くサポーターのために復帰し、これからも山雅のために戦っていきたいと思います」 ▽パウリーニョは、今シーズンのここまで明治安田生命J2リーグ21試合3得点を記録。11勝8分け4敗で首位の松本は、21日に行われる次節、京都サンガF.C.をホームに迎え撃つ。 2018.07.18 15:45 Wed
twitterfacebook
thumb

岡山とゴールレスドローの松本が首位キープ! 平戸3アシストで4戦ぶり白星の町田が2位浮上!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第23節の3試合が16日に行われた。 ▽シティライトスタジアムで行われたファジアーノ岡山vs松本山雅FCは、0-0のドローに終わった。 ▽前節、東京ヴェルディを相手に7試合ぶりの勝利を収めた8位の岡山と、リーグ戦3連勝で大分トリニータ、レノファ山口FCと同勝ち点(40)ながら首位に立つ松本の上位対決。 ▽平成30年7月西日本豪雨で大きな被害を負った岡山での開催となった試合は立ち上がりはアウェイの松本ペースに。開始7分にFKの流れから浦田のフリックをゴール前の當間がアクロバティックなボレーで合わすと、21分には岩間の強烈なミドルシュートでGK金山を脅かす。一方、時間の経過と共にカウンターからチャンスを窺う岡山は神出鬼没な仲間が相手守備を翻弄。40分には喜山の絶妙な浮き球フィードをゴール前に抜け出し正確なトラップからフィニッシュに持ち込むが、ここはGK守田の好守に阻まれた。 ▽ゴールレスで折り返した試合は後半に入って完全に岡山ペースに。49分にはボックス右に抜け出した仲間がGK守田が不用意に飛び出して空けた無人のゴールへシュートを狙うが、守田が触ってゴール方向に向かったボールはゴールライン上でDF飯田にクリアされる。その後も椋原、末吉のミドルレンジのシュートでゴールに迫るが、GK守田の好守に遭う。 ▽その後は前田大然の投入で推進力を増した松本が盛り返し一進一退の攻防が繰り広げられたが、互いに相手の堅守をこじ開けるにはあとひとつパワーが足りず、白熱の上位対決は痛み分けのドローとなった。なお、連勝が「3」でストップした松本だが、勝ち点を「41」に伸ばし首位キープに成功した。 ▽えがお健康スタジアムで行われたロアッソ熊本vsFC町田ゼルビアは、アウェイの町田が3-2で勝利した。 ▽リーグ7戦未勝利の19位熊本と、リーグ戦3戦未勝利の4位町田が対峙した一戦。試合は立ち上がりからオープンな展開に。開始9分、町田の右CKの場面でキッカーの平戸が入れたクロスをニアに飛び込んだ中島が頭で合わせ、アウェイチームが先制点を奪取。続く19分には右サイドのスローインの流れから平戸が入れたクロスを再びニアに飛び込んだ中島が頭で流し込み、町田が追加点を奪った。 ▽ホームで2点のビハインドを背負った熊本だが、田中と黒木の両ウイングバックの攻め上がりを生かしたカウンターから幾度か決定機を創出。すると31分、その田中と黒木の立て続けのクロスからボックス内で伊東が落としたボールを安柄俊が巧みな反転シュートで決め切り、1点を返す。さらに1点ビハインドで折り返した後半立ち上がりの47分にはハーフタイム明けに投入された坂本の左サイドからのクロスをボックス内で皆川が短くマイナスに落とすと、これを安柄俊が冷静に流し込み、同点に追いついた。 ▽2-2のイーブンとなった試合はここからややこう着状態に入る。それでも、試合巧者の町田が得意のセットプレーで突き放す。70分、右CKの場面でキッカーの平戸が右足アウトスウィングのボールを入れると中央でドフリーの藤井が豪快なヘディングシュートを右隅に流し込んだ。さらに76分には接触プレーでこの試合2枚目の警告を受けた安柄俊が退場となり、町田が1点リードに加えて数的優位を手にした。その後、巻らの投入で必死に同点を目指す熊本の反撃を凌いだ町田が平戸の3アシストの活躍もあって4試合ぶりの勝利。暫定2位に浮上した。 ▽また、4戦未勝利で暫定最下位に沈む京都サンガF.C.と3戦負けなしの14位水戸ホーリーホックの一戦は、アウェイの水戸が1-0で勝利した。5戦ぶりの白星を目指す京都が積極的な入りを見せたものの、前半20分を過ぎると水戸のプレスやカウンターが機能し始めて一進一退の展開に。結局、ゴールレスで折り返した後半も拮抗した状況が続くが、65分にボックス手前でパスを受けた伊藤涼太郎がドライブ回転をかけた右足のミドルシュートを放つと、GKの手前でバウンドしたボールがGK若原の手を弾いてネットに吸い込まれた。その後、京都の反撃を危なげなく凌ぎ切った水戸が2連勝。一方、5戦未勝利の京都は最下位を脱出することはできず。 ◆明治安田生命J2リーグ第23節 結果 ▽7/16(月・祝) 京都サンガF.C. 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 水戸ホーリーホック</span> ロアッソ熊本 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 FC町田ゼルビア</span> ファジアーノ岡山 0-0 松本山雅FC ▽7/15(日) ヴァンフォーレ甲府 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 FC岐阜</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 3</span>-1 カマタマーレ讃岐 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 3</span>-1 レノファ山口FC ジェフユナイテッド千葉 3-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ツエーゲン金沢</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">栃木SC 1</span>-0 モンテディオ山形 アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 横浜FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 1</span>-0 大分トリニータ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">愛媛FC 1</span>-0 徳島ヴォルティス 2018.07.16 21:13 Mon
twitterfacebook
thumb

松本首位浮上も、大分と山口も同勝ち点「40」で三つ巴に《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第22節の10試合が7日に行われた。 ▽松本山雅FCvsアルビレックス新潟は、2-0で松本が勝利した。 ▽ゴールレスで迎えた後半、57分に高崎が相手GKに倒され松本にPKが与えられる。これを高崎自ら沈めて先制すると、81分には右サイドのスローインから岩上がボックスの右端からシュートを放つ。このシュートは枠から大きく外れたコースに飛んだが、高崎がこれを頭で合わせてゴールイン。結果、2-0で松本が勝利し、首位に浮上した、 ▽一方の大分トリニータvsヴァンフォーレ甲府は、4-2で甲府が勝利。 ▽序盤から積極的な攻撃を見せた甲府は、堀米と曽根田のゴールで2点のリードを得て後半へ。59分には、堀米のループシュートがクロスバーに跳ね返ったところを佐藤が頭で押し込んで3点目。さらに84分には、最終ラインにいた大分MF小手川のミスを見逃さず、GKも躱してゴールに流し込み4点目。最終的に4-2で甲府が勝利した。敗れた大分は、松本に抜かされ2位に転落した。 ▽ツエーゲン金沢vsレノファ山口は、2-2の引き分けに終わっている。 ▽試合は早々に動く。5分、山口が細かいパス回しで金沢のゴールに迫ると、三幸からオナイウ阿道へのパスが相手の足に当たり跳ね上がってしまう。だが、このルーズボールをオナイウ阿道が豪快にダイレクトボレーで振り抜き、見事なシュートが金沢ゴールに突き刺さった。 ▽山口がリードして迎えた後半だったが60分に、ジェルソン・ビエイラが杉浦を倒してしまいPKを献上。これをマラニョンに決められ同点に。さらにその3分後にも加藤にゴールを決められ逆転を許してしまう。 ▽それでも69分に高木が今季6点目となるゴールを決めて再び同点にした。その後は互いにチャンスを迎えつつも得点を奪えず試合終了。勝ち点を「1」伸ばした大分はは、首位松本と2位大分と同じ勝ち点「40」に積み上げ、3位に並んでいる。 ◆明治安田生命J2リーグ第22節 ▽7/7(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 5</span>-0 カマタマーレ讃岐 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 2</span>-0 アルビレックス新潟 町田ゼルビア 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 栃木SC</span> 東京ヴェルディ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ファジアーノ岡山</span> ジェフユナイテッド千葉 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 大宮アルディージャ</span> 横浜FC 1-1 モンテディオ山形 ツエーゲン金沢 2-2 レノファ山口 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 1</span>-0 ロアッソ熊本 大分トリニータ 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 ヴァンフォーレ甲府</span> ▽7/8(日) FC岐阜 vs 愛媛FC ▽未定 京都サンガ vs アビスパ福岡※雨天中止 2018.07.07 21:35 Sat
twitterfacebook
thumb

松本の“10番”MF工藤浩平、完全移籍で8年ぶりに千葉復帰!

▽ジェフユナイテッド千葉は1日、松本山雅FCからMF工藤浩平(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽千葉下部組織出身の工藤は、2003年にトップチーム昇格。2007年から主力に定着すると、2008年には岡田武史監督率いる日本代表に初選出された。その後、京都サンガF.C.やサンフレッチェ広島を経て、2015年に松本へ加入。今シーズンは明治安田生命J2リーグに12試合、天皇杯に1試合出場していた。 ▽千葉復帰が決定した工藤は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆ジェフユナイテッド千葉 「8年ぶりにジェフに戻ることになりました。 小学生からサッカーをしていたジェフで再びプレーできることに感謝しながら、クラブの力になれるよう頑張ります。 よろしくお願いします」 ◆松本山雅FC 「2015年からの3年間、山雅に関わる皆さんには試合だけでなく、練習場など日頃から温かく接していただき心から感謝しています。また、シーズン折り返しのこのタイミングですが、自分が小さい頃からサッカーボールを追いかけ、プロになったクラブで再びプレーしたいという僕の決断を尊重してくれたクラブにも感謝します」 「J1昇格のライバルになりますが、これからも自分らしいスタイルをピッチで表現していきたいと思います。どんなときでも熱くご声援を送っていただき本当にありがとうございました」 2018.07.01 16:50 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース