今季J2で5ゴール中の“松本のスピードスター”FW前田大然が入籍! 2018.07.14 16:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽松本山雅FCは14日、FW前田大然(20)が10日に入籍したことを発表した。前田は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。「私事ですが7月10日に入籍したことをご報告させていただきます。守るべき家族が出来たのでより一層責任と覚悟を持ってこれからも頑張ります。応援してくださっている皆様これからもよろしくお願いします」

▽前田は2018年に水戸ホーリーホックへの期限付き移籍から復帰。今シーズンは明治安田生命J2リーグでここまで18試合5ゴールを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

満員のサポーターの前でJ2優勝&J1昇格へ! 松本、最終節徳島戦ホーム側チケット完売

▽松本山雅FCは12日、17日にサンプロアルウィンで行われる明治安田生命J2リーグ最終節の徳島ヴォルティス戦のホーム側チケット完売を発表した。 ▽今回完売したのは、松本サポーターの入場可能席種チケット。「現在アウェイ自由席のみ販売中ではございますが、ホームグッズの着用や応援は出来ませんのでご理解・ご協力の程お願いいたします」とクラブは呼び掛けている。 ▽今後については、現在予約中のチケットが期限内に決済されず、キャンセルが発生した場合のみ再販売される場合があるとのこと。そのほか、当日について以下のようにコメントしている。 「当日は大変な混雑が予想されます。お一人さま一席、席を詰めあって、お声掛けいただきながら熱くフェアに、応援いただきますようお願い申し上げます」 「安全・安心・全緑のスタジアムを山雅ファミリー全員で共に作り上げられますよう、ご協力の程よろしくお願いいたします」 ▽松本は現在、明治安田生命J2リーグで首位に位置。次節徳島戦に勝利すれば、無条件でJ2優勝とJ1昇格が決定する。 2018.11.12 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

松本、今節4年ぶりJ1昇格&J2初優勝かかる 気になる条件は?

▽松本山雅FCに、今週末にもJ2リーグ優勝の可能性がある。 ▽松本は明治安田生命J2リーグ残り2節の現時点で20勝13分け7敗の首位。勝ち点72で並ぶ2位・大分トリニータと3位・FC町田ゼルビアに1ポイント差、勝ち点70で追う4位・横浜FCに3ポイント差をつけて、11日に行われる第41節で栃木SCとのアウェイ戦に臨む。 ▽その一戦で栃木に勝利した場合、他会場の結果次第で松本のJ2初優勝、4年ぶりJ1参戦が決定。大分と町田がともに敗戦し、横浜FCが引き分け以下に終われば戴冠となる。 ◆松本の今節優勝条件 勝利→大分、町田が敗戦、かつ横浜FCが引き分け以下 引き分け→次節持ち越し 敗戦→次節持ち越し ◆松本の今節昇格確定条件 勝利→大分が敗戦、町田が敗戦、横浜FCが引き分け以下のうち2つの要素を満たす 引き分け→次節持ち越し 敗戦→次節持ち越し ◆第40節終了時の順位 (勝/分/敗/勝点/得失) 1位 松本山雅FC 20/13/7/73/+19 2位 大分トリニータ 22/6/12/72/+24 3位 FC町田ゼルビア 20/12/8/72/+16 4位 横浜FC 19/13/8/70/+17 5位 東京ヴェルディ 18/13/9/67/+14 2018.11.10 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

上位6クラブ一斉直接対決! 松本がOG弾で東京V下し首位浮上、大宮は自動昇格消滅…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第40節の10試合が、4日に各地で行われた。 ▽残り3試合となったJ2リーグ。今節は、3位FC町田ゼルビアvs6位アビスパ福岡、4位横浜FCvs首位大分トリニータ、2位松本山雅FCvs5位東京ヴェルディと、首位大分(勝ち点72)から6位福岡(勝ち点66)までの上位6クラブが直接相まみえた。 ▽2位松本(勝ち点70)が5位東京V(勝ち点67)をホームに迎えた一戦では、1-0で松本が勝利した。 ▽試合の序盤、ホームの松本が東京V陣内でボールを繋ぎつつ攻め込む。GK上福元が弾いたものの、6分にはボックス手前の岩上が放ったミドルシュートがゴールを強襲。松本が優位に試合を運ぶ。 ▽さらに16分、左サイドでボールを持った石原がアーリークロスを供給。しかし、飛び込んだ前田が狙ったヘディングシュートは枠を捉えず。東京Vがギリギリのところで凌ぎ続ける。 ▽東京Vは左右にボールを振りつつ攻撃に転じようとするが、松本の連動したプレスに苦しみ危険なゾーンまで到達できない。前半中頃からは松本の攻撃回数も減りややこう着状態に。 ▽お互いに守備面で持ち味を発揮している試合は、セットプレーで動きを見せる。36分、松本が左サイドでFKを獲得しキッカーの岩上がボックス内にクロスを蹴り込む。高崎のヘディングシュートが東京Vの選手に当たりながらもネットを揺らした。 ▽松本が1-0でリードして迎えた後半、東京Vは流れを変えるべく大胆な2枚替えを敢行。51分に佐藤、林陵に代えてレアンドロ、李栄直を送り出し、巻き返しを図っていく。 ▽すると61分、東京Vに決定機が訪れる。右サイドに抜け出したドウグラス・ヴィエイラがクロスを入れると、飛び込んだのは梶川。しかし、ヘディングシュートは枠を左に外れ同点にはできない。 ▽先制している松本の重心が後ろにかかり、東京Vがボールを保持する時間を増加させているものの、なかなかゴールを奪うことができない。68分には最終ラインの裏に抜け出した李栄直がボックス左で一対一を迎えたが、ここではGK村山に軍配が上がった。 ▽試合終了間際86分、松本は前田に代えて岩間を投入。より守備的な布陣にシフトして逃げ切りを図った。 ▽すると、最終盤には東京Vがロングボールを多用して猛攻をかけるが、松本が決死の守備でシャットダウン。1-0で試合を終え、貴重な勝ち点3をもぎ取った。 ▽また、町田vs福岡では2-1で町田が勝利し、横浜FCvs大分では3-1で横浜FCが勝利。この結果、松本は3試合ぶりの勝利で首位浮上に成功した。4試合ぶりに敗北した東京Vは5位をキープしたものの、残り2試合で2位大分との勝ち点差は「5」。自動昇格がかなり難しい状況となった。 ▽また、7位大宮アルディージャはツエーゲン金沢と1-1で引き分け、自動昇格圏争いは6位アビスパ福岡までに絞られている。 ◆明治安田生命J2リーグ第40節 ▽11/4(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 2</span>-0 ヴァンフォーレ甲府 ツエーゲン金沢 1-1 大宮アルディージャ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 2</span>-0 徳島ヴォルティス <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC町田ゼルビア 2</span>-1 アビスパ福岡 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">横浜FC 3</span>-1 大分トリニータ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 1</span>-0 東京ヴェルディ FC岐阜 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 モンテディオ山形</span> カマタマーレ讃岐 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 栃木SC</span> 京都サンガF.C. 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 愛媛FC</span> ファジアーノ岡山 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 レノファ山口FC</span> ▽11/3(土) アルビレックス新潟 2-3 ロアッソ熊本 ◆J2順位表(第40節終了時点) [勝ち点(勝ち/負け/引き分け)試合数] <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #99df99;transition: .4s;width:100%;">1位 松本山雅FC 73(20/13/7/19)40</span> <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #99df99;transition: .4s;width:100%;">2位 大分トリニータ 72(22/6/12/24)40</span> <span style="font-weight: bold;font-size:13px;">── ↑ 自動昇格 ↑ ──</span> <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #ffffaa;transition: .4s;width:100%;">3位 FC町田ゼルビア 72(20/12/8/16)40</span> <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #ffffaa;transition: .4s;width:100%;">4位 横浜FC 70(19/13/8/17)40</span> <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #ffffaa;transition: .4s;width:100%;">5位 東京ヴェルディ 67(18/13/9/14)40</span> <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #ffffaa;transition: .4s;width:100%;">6位 アビスパ福岡 66(18/12/10/15)40</span> <span style="font-weight: bold;font-size:13px;">── ↑ プレーオフ ↑ ──</span> <span style="font-weight: bold;font-size:13px;">7位 大宮アルディージャ 65(19/8/13/15)40</span> 2018.11.04 20:55 Sun
twitterfacebook
thumb

松本との天王山を制した大分が首位浮上!4戦負けなしの横浜FCが4位へ《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第39節の11試合が28日に行われた。 ▽今節最注目カード、優勝を占う天王山となった大分トリニータvs松本山雅FCは、1-0で大分が勝利した。 ▽序盤はローギアで試合に入った両者。ボールを保持する大分に対し、松本が守備体制をとる構図に。大分が攻勢に出るも、精細を欠いてなかなかいい形でフィニッシュに持ち込めない。だがそんな中、ゴールは松本のミスから生まれた。 ▽32分、攻め込まれていた松本が自陣から攻撃に転じようとしたときに素早く三平がボールを奪い返すと、大分はボックス手前で細かくパスを繋いで、最後は藤本のヒールパスを受けた三平がシュートを突き刺し先制点を奪った。 ▽迎えた後半、リードしている大分がボールを支配。51分には味方からのスルーパスを受けた星がボックス左からポストを叩くシュートを放つなど積極的に追加点を奪いにいく。 ▽その後、スコアは動かないまま両チームとも選手を入れ替える。すると松本は途中出場の岡本を起点にチャンスを演出。右サイドの岡本のクロスを永井が頭で合わせにいくが、うまく捉えることはできなかった。 ▽試合終盤には大分が猛攻を仕掛けるも得点は生まれず。それでも最後まで前半のゴールを守り切った大分が試合を制し、松本を抜いて首位に浮上した。 ▽また、愛媛FCvs東京ヴェルディは2-2の引き分けに終わっている。 ▽試合はホームの愛媛が先制する。31分、パスを回しながら隙を探る愛媛は後方から左サイドへ展開。深い位置でボールを持った神谷はドリブルで相手を2人躱してボックス左から右足を振り抜く。するとこれが内田の頭に当たってゴールイン。ラッキーな形で愛媛が先制した。 ▽だが東京Vもすぐさま反撃。35分、ドリブルでボックス左に侵入した泉澤がゴールのニアを突いてゴール。カウンターからの一撃だった。 ▽さらに前半終了間際には、ロングボールで泉澤が左サイドを攻略。1点目と同じようにボックス左に侵入してシュートを放つがこれは相手GKに防がれる。だが、アラン・ピニェイロがこぼれ球を押し込んで逆転に成功。 ▽東京Vの1点リードで迎えた後半、愛媛が同点に持ち込む。67分、左サイドの神谷のマイナスのクロスを小池がボックス手前で収めると、そこから左足を振り抜きネットに突き刺した。 ▽その後は何度か東京Vがゴールに迫るシーンもあったものの、これ以上得点は生まれず2-2のまま試合終了。優勝を争う東京Vは勝ち点1を得るにとどまった。 ▽そのほか、アルビレックス新潟vsFC町田ゼルビアは2-0で新潟が勝利。後半に渡邉が2ゴールを奪った新潟がこれで引き分けを挟んで5連勝。一方の町田は連敗を喫して上位浮上はならなかった。 ◆明治安田生命J2リーグ第39節 ▽10/28(日) モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 水戸ホーリーホック</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大分トリニータ 1</span>-0 松本山雅FC 徳島ヴォルティス 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 横浜FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC岐阜 2</span>-0 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルビレックス新潟 2</span>-0 FC町田セルビア アビスパ福岡 2-2 ツエーゲン金沢 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レノファ山口 1</span>-0 栃木SC ロアッソ熊本 0-0 ファジアーノ岡山 大宮アルディージャ 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 京都サンガF.C.</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 1</span>-0 カマタマーレ讃岐 愛媛FC 2-2 東京ヴェルディ ◆J2順位表(第39節消化時点) [勝ち点(得点/失点/得失点)試合数] <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #99df99;transition: .4s;width:100%;">1位 大分トリニータ 72(22/6/11/26)39</span> <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #99df99;transition: .4s;width:100%;">2位 松本山雅FC 70(19/13/7/18)39</span> <span style="font-weight: bold;font-size:13px;">── ↑ 自動昇格 ↑ ──</span> <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #ffffaa;transition: .4s;width:100%;">3位 FC町田ゼルビア 68(19/11/8/15)38</span> <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #ffffaa;transition: .4s;width:100%;">4位 横浜FC 67(18/13/8/15)39</span> <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #ffffaa;transition: .4s;width:100%;">5位 東京ヴェルディ 67(18/13/8/15)39</span> <span style="position: relative;display: inline-block;font-weight: bold;font-size:13px;padding: 0.5em 0.3em;margin: 0.25em 0.25em;text-decoration: none;color: #000000;background: #ffffaa;transition: .4s;width:100%;">6位 アビスパ福岡 66(18/12/9/16)39</span> <span style="font-weight: bold;font-size:13px;">── ↑ プレーオフ ↑ ──</span> <span style="font-weight: bold;font-size:13px;">7位 大宮アルディージャ 64(19/7/13/15)39</span> 2018.10.28 19:20 Sun
twitterfacebook
thumb

松本、選手権王者・前橋育英高のU-18日本代表FW榎本樹の来季加入内定を発表!

▽松本山雅FCは26日、前橋育英高校に所属するFW榎本樹(18)の来シーズン加入内定を発表した。 ▽榎本は、東松山ペレーニアジュニアユースから前橋育英高校に進学。2017年には全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会ベストに貢献し、自身は得点王と優秀選手を受賞。第96回全国高校サッカー選手権大会では優勝を成し遂げた。また、今年も全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会で優秀選手に輝き、U-18日本代表にも選出された。 ▽松本内定が決定した榎本は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「プロサッカー選手になるという幼い頃からの夢が叶い嬉しく思います。練習にも参加させていただき、松本山雅のサッカーが自分に合っているので、今は早く試合に出たい気持ちでいっぱいです」 「1日も早く試合に出て、チームの為に結果を残していくので応援よろしくお願いします」 2018.10.26 13:50 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース