アトレティコ新加入のロドリが意気込み! 「大物選手にならなくては」2018.07.14 16:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽新シーズンからアトレティコ・マドリーに加入したスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスが、意気込みを語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。▽首都マドリードで生まれアトレティコの下部組織で育った“ロドリ”の愛称で知られるロドリゴ・エルナンデスは、低身長や体力不足を理由に出場機会を与えられず、2013年にビジャレアルへ完全移籍した。

▽その後、同クラブでトップチーム昇格を果たしたロドリゴ・エルナンデスは現在では190cmの偉丈夫となり、卓越した身体能力と戦術眼を武器にバルセロナMFセルヒオ・ブスケッツの後継者と目されるまでのトッププレーヤーに成長。今夏に、アトレティコとの5年契約を勝ち取ることとなった。

▽プレシーズンを開始させたロドリゴ・エルナンデスは、以下のようにアトレティコ加入に際しての抱負を述べた。

「これは僕の人生の中でも重要な一歩だ。なぜなら、家から離れれば戻るチャンスが得られるかどうかは分からないからだ」

「僕はビッグクラブで大物選手にならなくてはいけない」

「同い年で、一緒にいくつかのタイトルを勝ち取った仲間と再会できることは喜びだよ」

「彼(ディエゴ・シメオネ監督)はここで最も誠実な人物の1人だ。このクラブに来て以来ね」

「彼ら(サポーター)は非常に重要だよ。フィールドの上で大きな自信を与えてくれるんだ」

「ホームでのプレー、ファンからの後押し、そして彼らに多くの勝利を捧げることができるのを楽しみにしている」

コメント

関連ニュース

thumb

ゴディン、20日~1カ月の離脱でバルセロナとの首位攻防戦欠場へ

▽アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンが20日~1カ月の離脱となるようだ。 ▽ゴディンは10日に行われたリーガエスパニョーラ第12節のビルバオ戦で左足太ももを負傷。それでも後半追加タイムに決勝弾を決め、チームを勝利に導いていた。 ▽ゴディンはスペイン『スポルト』に対し、「以前にも同じようなケガをしたからどの程度復帰までに時間がかかるはわかっている。20日~1カ月ほどの離脱となるだろう。もちろん、なるべく早く復帰できるようにしたい。ビルバオ戦では負傷しながらもピッチに残り、勝利に貢献することができた。チームを助けられ、ピッチに残っていた価値があったと思う」 ▽アトレティコは代表ウィーク明け後、リーガエスパニョーラ第13節で1ポイント差のバルセロナとの首位攻防戦を控えているが、闘将抜きで戦うことが確実となった。 2018.11.13 01:21 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 11月12日はW杯覇者となったアトレティコの新アタッカーのバースデー

◆トマ・レマル 【Profile】 国籍:フランス 誕生日:1995年11月12日 クラブ:アトレティコ・マドリー ポジション:MF 身長:163cm ▽『今日の誕生日は誰だ! 』 11月12日は、アトレティコ・マドリーのMFトマ・レマルだ。 ▽卓越した左足の技術とパス精度、攻撃センスを武器にリーグ・アン屈指の攻撃的MFと評価されたレマルは、カーンの下部組織で育ち、2013年にトップチームへ昇格。2015年夏から2018年夏まではモナコで才能を輝かせ、公式戦通算127試合22ゴール32アシストと、若手らしからぬ数字を残している。 ▽代表レベルでは各世代でプレーし、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むフランス代表にも召集され、優勝を経験。2018年夏には多くのビッグクラブからの関心が報じられ、2018-19シーズンからアトレティコ・マドリーに活躍の場を移した。同クラブではFWグリーズマンやDFリュカといったフランス代表メンバーと好関係を構築しており、今後の活躍が期待されている。 ※誕生日が同じ主な著名人 高木琢也(サッカー監督/V・ファーレン長崎) エンツォ・フランチェスコリ(元サッカー選手) ロベルト・イングレーゼ(サッカー選手/パルマ) イグナシオ・アバーテ(サッカー選手/ミラン) 清武弘嗣(サッカー選手/セレッソ大阪) ナディア・コマネチ(体操選手) ミヒャエル・エンデ(作家) ニール・ヤング(ギタリスト) アン・ハサウェイ(女優) 由美かおる(女優) 中野聡子(お笑い芸人/日本エレキテル連合) 2018.11.12 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

負傷のゴディンが劇的逆転弾決めたアトレティコ、シメオネ「負傷者を前線に残すのは一つの手」

10日のリーガエスパニョーラ第12節、アトレティコ・マドリーは本拠地ワンダ・メトロポリターノでのアスレティック・ビルバオ戦を3-2で制した。ディエゴ・シメオネ監督は、終了間際の決勝点に大きな感動を覚えているようだ。<br><br>アスレティックにリードを奪われ続ける厳しい展開を強いられたアトレティコだったが、80分にMFロドリのゴールで同点に追いつくと、91分には負傷しながらも交代枠を使い切っていたために前線に残ってプレーし続けたDFディエゴ・ゴディンが逆転弾を決めた。<br><br>試合後会見に出席したシメオネ監督は、メトロポリターノの盛り上がりとゴディンの逆転弾について、次のように語った。<br><br>「強烈な感情と喜びを感じた。フットボールはスタイルや形式のほか、エモーショナルなものがある。この試合の終了間際のようにね。こうした形で勝利する側に回れるというのは、並外れている。とても良い後味だよ。私たちは決勝のような舞台で93分に敗れたり、引き分けたりしてきたからね。メトロポリターノ(の熱狂)は、現れるときに現れた」<br><br>「今日は形式について、つまりどのようにプレーしたかということで議論をすることができるだろう。前半の私たちのプレーにはリズムがなかった。それはドルトムント戦の消耗があったためだ。今日の相手は勝利の必要に迫られており、素晴らしいプレッシングを仕掛けるなど良い働きを見せ、前半の私たちはチャンスを生み出せなかった」<br><br>「それでもチームは後半に同点に追いついたが、しかしさらなる失点を喫して、その直後にゴディンが負傷した&hellip;&hellip;。そこからは説明しようとしても説明する術がないことが起きたね。負傷したディエゴ(・ゴディン)には『ストライカーとして残れ』と伝えた。それと言うのも、止まっている選手が前線にいれば、相手が嫌がるものなんだ。とてもうまくいったよ。私はとても満足している。本当に苦労したが、しかしハート、努力、執着と、様々な形で勝利はつかめる。好きか嫌いはあるとしてもね」<br><br>負傷したゴディンをピッチに立たせ続けた意図については、より詳細に説明している。<br><br>「ディエゴが負傷したとき、私の考えはプレーさせ続けることにあった。止まっている選手を扱うのは難しい。彼をマークするのか、それとも放っておくのかという判断を相手に迫れるわけだ。それは1970年代、80年代に行われていた手段で、今日のようにうまくいくこともあった。ワンダ・メトロポリターノで手にした最もエモーショナルな勝利の一つだ」<br><br>提供:goal.com 2018.11.11 12:20 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコが奇跡の逆転勝利!負傷しながら逆転弾決めたゴディン「シメオネにピッチに残っていろと言われた」

10日のリーガエスパニョーラ第12節、アトレティコ・マドリーは本拠地ワンダ・メトロポリターノでのアスレティック・ビルバオ戦に3&minus;2で勝利した。<br><br>本拠地にバスクの古豪アスレティックを迎えたアトレティコは、36分にFWイニャキ・ウィリアムスに先制点を許し、61分にMFトマス・パールティが同点弾を決めるも64分に再度イ・ウィリアムスに勝ち越し弾を奪われた。<br><br>苦しい展開を強いられるアトレティコのディエゴ・シメオネ監督は早い段階で交代カードを使い切ったが、直後にDFディエゴ・ゴディンが左足を負傷。ゴディンは左足を引きずりながら前線でプレーし、センターバックはトマスとMFサウール・ニゲスが務めることになった。<br><br>はちゃめちゃな布陣のアトレティコだったが、ここからドラマを起こす。まず80分、トマスのCKにMFロドリが頭で合わせて同点に追いつくと、後半アディショナルタイムにゴディンのゴールで逆転。91分に迎えたペナルティーエリア手前からのFK、トマスがエリア内右に送ったボールをサウールが折り返し、そこからグリーズマンがジャンピングヒールパスを繰り出すと、フリーとなっていたウルグアイ代表DFがヘディングシュートを突き刺した。副審はオフサイドと判定したが、ゴディンは余裕の表情で主審や副審に向かってVARと相談しろのジェスチャー。結局オフサイドは存在せずにゴールは認められ、アトレティコが奇跡的な逆転勝利を果たしている。<br><br>2試合ぶりに勝利したアトレティコは、勝ち点を23として暫定で2位に浮上。翌日にベティス戦に臨む首位バルセロナとは、勝ち点1差となっている。<br><br>なお、この勝利の立役者となったゴディンは試合後、次のように語った。<br><br>「ウィリアムスの2ゴール目の場面で足を壊した。ピッチから去ろうとしたけど、もう交代枠がなくて残ることになったんだ。チョロ(シメオネ監督)から前線で相手の邪魔をするために残れと言われた」<br><br>「負傷箇所? 肉離れを起こしている可能性がある。おそらく20日間から1カ月の離脱になるだろう。自分の体のことは、自分が一番分かっているさ。深刻なものにならないよう、できる限りがんばらないように努めたよ。でも、最後には褒賞を得ることができた」<br><br>提供:goal.com 2018.11.11 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ゴディンが劇的逆転決勝弾!アトレティコがビルバオとの壮絶な点の取り合いを制す!《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは10日、リーガエスパニョーラ第12節でビルバオとホームで対戦し、3-2で勝利した。 ▽ここまで5勝5分け1敗で4位に付けているアトレティコ。直近のチャンピオンズリーグのドルトムント戦では2-0で快勝し、前回対戦の借りを返しグループステージ突破を大きく手繰り寄せた。リーグ戦2試合ぶりの勝利を目指す今節は、ドルトムント戦からカリニッチに代わりジエゴ・コスタが先発となった。 ▽試合の主導権はアトレティコが握る。8分に、ボックス手前右からのグリーズマンのクロスをフィリペ・ルイスが頭で折り返し、ゴール前にジエゴ・コスタが飛び込むが、足が届く前にボールはGKイアゴ・エレリンの手の中へ。 ▽20分には、トーマスの縦パスをボックス右で受けたグリーズマンが反転してS・アリアスに落とすと、ボックス右端から左足を振り抜く。しかし右ポストの外に流れてしまう。 ▽ここまでアトレティコペースだったものの、36分にビルバオがワンチャンスをモノにする。味方のパスで右サイドを抜けたスサエタのクロスをサン・ホセがシュート。これはGKに弾かれクロスバーを叩くものの、そのこぼれ球をイニャキ・ウィリアムズが押し込んで先制。 ▽リードを許したアトレティコはハーフタイムにジエゴ・コスタを下げてビトロを投入して後半に臨んだ。56分にはモンテーロを下げてジェウソン・マルティンスをピッチに送り攻勢を強める。 ▽だが、チャンスを作ったのはビルバオ。58分、ボックス右に侵攻したウナイ・ヌニェスの折り返しをイニャキ・ウィリアムズが合わせる。ゴール前フリーで絶好機だったが、アトレティコGKオブラクがファインセーブ。 ▽するとその後、守護神の好プレーに応えるかのように、アトレティコは同点に追いつく。62分、敵陣左サイドでボールを待ったトーマスは、ゆっくり内側に運びチェックが来ないとみるや、ボックス手前左から右足を一閃。これがゴール左上に突き刺さり、アトレティコが同点に追いついた。 ▽ところがその2分後、自陣でボールを奪われたアトレティコは、ムニアインのスルーパスからイニャキ・ウィリアムズに最終ラインを突破される。ゴディンが必死に戻ったがお構いなしにゴール右に流し込みビルバオが再び勝ち越した。 ▽しかし、アトレティコは逃がさなかった。80分に得た左CKで、トーマスがクロスを入れると、競り勝ったロドリゴ・エルナンデスが頭で流し込みまたもや同点に追いついた。 ▽白熱した試合を見せる両チーム。試合はこれで終わりではなかった。後半アディショナルタイム、敵陣中央でFKを得たアトレティコはトーマスがボックス右に展開。サウールが折り返したところをグリーズマンがフリック。その先に居たのがゴディンだった。ゴディンは頭で押し込んでゴールを祝福。ビルバオはオフサイドを主張したもののVARはオンサイドと判断しゴールが認められた。 ▽点の取り合いとなった試合は、アトレティコが劇的ゴールを決めて逆転勝利。ここまでわずか1勝のビルバオは4敗目を喫した。 2018.11.11 04:33 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース