アトレティコ新加入のロドリが意気込み! 「大物選手にならなくては」2018.07.14 16:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽新シーズンからアトレティコ・マドリーに加入したスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスが、意気込みを語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。▽首都マドリードで生まれアトレティコの下部組織で育った“ロドリ”の愛称で知られるロドリゴ・エルナンデスは、低身長や体力不足を理由に出場機会を与えられず、2013年にビジャレアルへ完全移籍した。

▽その後、同クラブでトップチーム昇格を果たしたロドリゴ・エルナンデスは現在では190cmの偉丈夫となり、卓越した身体能力と戦術眼を武器にバルセロナMFセルヒオ・ブスケッツの後継者と目されるまでのトッププレーヤーに成長。今夏に、アトレティコとの5年契約を勝ち取ることとなった。

▽プレシーズンを開始させたロドリゴ・エルナンデスは、以下のようにアトレティコ加入に際しての抱負を述べた。

「これは僕の人生の中でも重要な一歩だ。なぜなら、家から離れれば戻るチャンスが得られるかどうかは分からないからだ」

「僕はビッグクラブで大物選手にならなくてはいけない」

「同い年で、一緒にいくつかのタイトルを勝ち取った仲間と再会できることは喜びだよ」

「彼(ディエゴ・シメオネ監督)はここで最も誠実な人物の1人だ。このクラブに来て以来ね」

「彼ら(サポーター)は非常に重要だよ。フィールドの上で大きな自信を与えてくれるんだ」

「ホームでのプレー、ファンからの後押し、そして彼らに多くの勝利を捧げることができるのを楽しみにしている」
コメント
関連ニュース
thumb

ミラン合意報道のサン=マクシマン、アトレティコ&ドルトムント参戦で争奪戦へ?

ニースに所属するU-21フランス代表FWアラン・サン=マクシマン(21)を巡って争奪戦が勃発しているようだ。イタリア『トゥットメルカート』が同『トゥットスポルト』の情報を引用して伝えている。 サンテチェンヌ下部組織出身のサン=マクシマンは、16歳の若さでプロデビューを果たすと、その後、モナコ、ハノーファー、バスティアを経て2017年にニースに加入。卓越したスピードとテクニック、創造性を併せ持つドリブラーは今シーズンここまでリーグアン22試合で6ゴール3アシストを記録している。 報道によれば、この逸材はチーム内でパトリック・ヴィエラ監督と衝突。指揮官との関係性がこじれ、今夏の退団が有力視されている。そうした中で、目を付けていると以前から伝えられていたのがミランだ。チャンピオンズリーグ(CL)の出場権を獲得した場合と限定されてはいるものの、ミランが移籍金2000万ユーロ(約25億円)の5年契約で合意至ったという具体的な情報も飛び出した。 依然として、サン=マクシマン争奪戦では同選手の代理人であるミーノ・ライオラと友好な関係を築いているミランがポールポジションに立っているという。しかし、現在ではアトレティコ・マドリーとドルトムントからの関心も伝えられており、簡単な交渉とはならなそうだ。 2019.02.19 16:54 Tue
twitterfacebook
thumb

シメオネ・スタイルを肯定するグリーズマン「最後にはボール奪取を、球際の争いを好きになる」

アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンにとって、ディエゴ・シメオネ監督が実践するプレースタイルは絶対的なものであるようだ。<br><br>堅守速攻のベースとするシメオネ監督のプレースタイルは、「アンチ・フットボール」や「退屈なフットボール」と揶揄されることもある。しかし『UEFA.com』とのインタビューに応じたグリーズマンは、肯定すべきスタイルであるとの見解を述べた。<br><br>「ここのフットボールは、レアル・ソシエダで慣れ親しんできたものとは異なる。戦術レベルで守備の仕事が多く、もっと働かなくてはならない。でも、こういったプレースタイルは僕が好むものだ。このスタイルこそが僕たちを勝利に導くものだし、変える必要なんてどこにもない」<br><br>「最初は難しいよ。慣れているわけではないし、前に残ってボールを届くのを待つことを望んでしまうものだからね。だけど、ここではそんなことをしちゃいけない。全員で働き、守備でチームメートを助け、ボールを奪い、それを前に出さなくてはいけない。そして、最後には好きなるんだよ。ボールを奪うこと、その身を地面に投げ出すこと、球際の争いで勝つことをね。そうしたことは、ボールを保持した際に自信を与えてくれさえする」<br><br>アトレティコで最高年俸を受け取るグリーズマンは、同クラブにおける自身の重要性をひしひしと感じているようだ。<br><br>「クラブが抱えているプロジェクトにおいて、自分は重要な一部なんだと思っている。それが(残留を)決断する後押しになった。僕は監督、クラブ、チームメートから信頼されている&hellip;&hellip;。自分が重要な人間であることは分かっているし、このクラブができる限り遠くに到達できるよう助けられたらいい」<br><br>アトレティコはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでユヴェントスと対戦。グリーズマンはこの対戦について「僕たちはできる限り進んでいきたい。まずはベスト16だ。高レベルの選手たちによる、戦術的に細かな2試合になるだろう」と意気込み、アトレティコの本拠地メトロポリターノで行われる決勝まで到達することも願った。<br><br>「僕たちやファンにとっては特別なモチベーションとなる。メトロポリターノで行われるチャンピオンズの試合では、信じられない雰囲気が生み出されるんだ。その雰囲気は僕たちが必要としているものだ。(決勝までの)道のりは困難なものだけど、僕たちは全力を出すし、すべてを出し尽くす&hellip;&hellip;。どうなるか見てみようじゃないか」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.19 09:10 Tue
twitterfacebook
thumb

シメオネ・スタイルを肯定するグリーズマン「最後にはボール奪取を、球際の争いを好きになる」

アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンにとって、ディエゴ・シメオネ監督が実践するプレースタイルは絶対的なものであるようだ。<br><br>堅守速攻のベースとするシメオネ監督のプレースタイルは、「アンチ・フットボール」や「退屈なフットボール」と揶揄されることもある。しかし『UEFA.com』とのインタビューに応じたグリーズマンは、肯定すべきスタイルであるとの見解を述べた。<br><br>「ここのフットボールは、レアル・ソシエダで慣れ親しんできたものとは異なる。戦術レベルで守備の仕事が多く、もっと働かなくてはならない。でも、こういったプレースタイルは僕が好むものだ。このスタイルこそが僕たちを勝利に導くものだし、変える必要なんてどこにもない」<br><br>「最初は難しいよ。慣れているわけではないし、前に残ってボールを届くのを待つことを望んでしまうものだからね。だけど、ここではそんなことをしちゃいけない。全員で働き、守備でチームメートを助け、ボールを奪い、それを前に出さなくてはいけない。そして、最後には好きなるんだよ。ボールを奪うこと、その身を地面に投げ出すこと、球際の争いで勝つことをね。そうしたことは、ボールを保持した際に自信を与えてくれさえする」<br><br>アトレティコで最高年俸を受け取るグリーズマンは、同クラブにおける自身の重要性をひしひしと感じているようだ。<br><br>「クラブが抱えているプロジェクトにおいて、自分は重要な一部なんだと思っている。それが(残留を)決断する後押しになった。僕は監督、クラブ、チームメートから信頼されている&hellip;&hellip;。自分が重要な人間であることは分かっているし、このクラブができる限り遠くに到達できるよう助けられたらいい」<br><br>アトレティコはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでユヴェントスと対戦。グリーズマンはこの対戦について「僕たちはできる限り進んでいきたい。まずはベスト16だ。高レベルの選手たちによる、戦術的に細かな2試合になるだろう」と意気込み、アトレティコの本拠地メトロポリターノで行われる決勝まで到達することも願った。<br><br>「僕たちやファンにとっては特別なモチベーションとなる。メトロポリターノで行われるチャンピオンズの試合では、信じられない雰囲気が生み出されるんだ。その雰囲気は僕たちが必要としているものだ。(決勝までの)道のりは困難なものだけど、僕たちは全力を出すし、すべてを出し尽くす&hellip;&hellip;。どうなるか見てみようじゃないか」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.19 01:15 Tue
twitterfacebook
thumb

負傷離脱のコケ、CL・ユベントス戦の大一番で復帰か

アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFコケが、ユベントス戦に出場できる可能性が出てきた。スペイン『マルカ』が伝えている。 コケは、1月19日に敵地で行われたリーガエスパニョーラ第20節ウエスカ戦で1ゴールを記録したものの、72分に負傷交代。検査を受けた結果、グレード1の右ハムストリング損傷が判明し、全治1~2週間と伝えられていた。 以降、2月9日のリーガエスパニョーラ第23節、レアル・マドリー戦を含めて4試合連続で欠場。当初は20日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントラウンド16・1stレグのユベントス戦の出場も危ぶまれていた。 しかし、今回伝えられるところによると、コケは17日の全体練習に合流。違和感もなく取り組むことができたという。 アトレティコは16日に行われたリーグ第24節のラージョ戦でも長期離脱していたスペイン代表FWジエゴ・コスタが、途中出場し復帰。来る20日の大一番・ユベントス戦に向けてポジティブな話題が増えてきた。 2019.02.18 16:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ラージョ戦辛勝のシメオネ「美しいプレーを選ぶ人たちも最後には勝利求める。私たちは最初から勝利求める」

16日のリーガエスパニョーラ第24節、アトレティコ・マドリーは敵地バジェカスでのラージョ・バジェカーノ戦を1-0で制した。ディエゴ・シメオネ監督は、低調なパフォーマンスながら勝利を手にした重要性を説いている。<br><br>攻撃はラージョの3/5バックを相手にほぼ通用せず、さらに中盤の守備が緩慢で何度も失点の危機も迎えたアトレティコ。それでもワンプレーからFWアントワーヌ・グリーズマンが先制点を決め、GKヤン・オブラクが好守を連発したことで勝ち点3を獲得している。<br><br>シメオネ監督は試合後、自チームのパフォーマンスに不満が噴出しそうな状況で、勝利を手にする価値を強調した。<br><br>「いつだって勝つことが大切だ。『私は美しいプレーを選ぶ』という有名が言葉がある。しかし美しいプレーを選択する人々も、最後には悪いプレーであっても勝つことを望むものだ。一方で私たちはいつどんな時にも勝利を求めている」<br><br>「これでユーベ戦に勝てるのか? これが私たちの強さ。皆がそう考えているはずだ」<br><br>「ここ(バジェカス)でのプレーは、いつだって苦労を強いられる。いつだって厳しい戦いとなり、ほとんどが最少得点差の結果となった。決して簡単なピッチではないんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.18 01:17 Mon
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース