ジョルジーニョ逃したシティ、コバチッチを注視2018.07.14 15:20 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティが、レアル・マドリーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)獲得を検討しているようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。

▽ナポリに所属するイタリア代表MFジョルジーニョの獲得を目指してきたシティ。6月上旬には、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が「我々はシティのリーダーたちと良い関係を築けている」とコメントしたことで、契約間近とみられていた。

▽しかし現在では、ナポリ前指揮官のマウリツィオ・サッリ監督がチェルシー行きが確定的と見られており、教え子のジョルジーニョも同クラブへの移籍が濃厚と伝えられている。一転して振られた形となったシティは、ジョルジーニョ以外の候補者の検討を迫られている。

▽そういった中で挙がっているのが、コバチッチだ。シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が昨シーズンを通してコバチッチを追跡しており、高い評価を下しているという。また、コバチッチ本人も6月下旬にマドリーからの移籍希望を表明していた。

▽マドリーとコバチッチの契約は2021年まで残っており、契約解除金は3億ユーロ(約394億円)。そのため、マドリーが法外の移籍金を要求する可能性も否定できない。しかし、もしコバチッチに移籍許可が下りれば、競合しているとされるチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドよりも、シティが有力だろうと記事は伝えている。

コメント

関連ニュース

thumb

デ・ブライネ、復帰は11月か マンチェスター・ダービー出場を予告

▽マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネがマンチェスター・ダービーでの戦列復帰を予告した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ジョゼップ・グアルディオラ体制下で完全無欠の創造者に君臨するデ・ブライネ。だが、プレミアリーグ開幕戦のアーセナル戦に途中出場して以降、ケガでチームから離脱している。 ▽早期復帰が待たれるデ・ブライネは、出席したイベント先で復帰時期について次のように示唆。11月11日にホームで行われる第12節のマンチェスター・ユナイテッド戦での復帰に意欲を示した。 「まだ3〜5週間ほどかかるけど、よくなりつつある」 「早く戻りたい。良いパフォーマンスでチームを助けたいよ」 「次の代表ウィーク明けにも合流したい。ダービーで戻りたいね」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 9月21日は、18歳でシティの練習に参加したオレンジ軍団期待のアタッカー

◆石毛秀樹 【Profile】 国籍:日本 誕生日:1994年9月21日 所属クラブ:清水エスパルス ポジション:MF 身長:170㎝ 体重:69kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』 9月21日は、清水エスパルスに所属するMF石毛秀樹だ。 ▽中学時代から清水下部組織に所属する石毛は、U-15から世代別日本代表に選出。2011年のFIFAU-17W杯では、4試合3得点を記録して日本の18年ぶりベスト8進出に貢献し、同年のアジア年間最優秀ユース選手賞も受賞した。 ▽2012年に清水とプロ契約を結ぶと、2012年4月4日のナビスコカップ(現・YBCルヴァンカップ)第2節アルビレックス新潟戦で公式戦初出場。当時クラブ公式戦最年少出場記録を持っていた元日本代表DF市川大祐氏の記録を塗り替えた。それだけに留まらず、同年のニューヒーロー賞も18歳1か月で受賞。これも最年少だった。 ▽その才能は海外にも伝わり、2012年にはマンチェスター・シティの練習にも参加。U-21チームでの練習試合では10番を着用し、現在ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリと2トップを組んだ。その際、PKをバロテッリから譲ってもらったというのは有名な話だ。 ▽昨シーズンファジアーノ岡山への期限付き移籍を経験した石毛は、清水に復帰した今シーズンここまで公式戦24試合1ゴールを記録中。新進気鋭の若手がひしめくオレンジ軍団で、さらなる飛躍が期待される。 ※誕生日が同じ主な著名人 森谷賢太郎(サッカー選手/川崎フロンターレ) 菅井直樹(サッカー選手/ベガルタ仙台) 森下仁志(サッカー指導者) リチャード・ダン(元サッカー選手) フェルナンド・カベナギ(元サッカー選手) ジュリアーノ・ジャンニケッダ(元サッカー選手) マラト・イズマイロフ(元サッカー選手) リアム・ギャラガー(歌手/オアシス) 安倍晋三(第90代・第96代・第97代・第98代内閣総理大臣) 二階堂ふみ(女優) 宇内梨沙(アナウンサー) 2018.09.21 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

CLはスタジアム場外も荒れる…!シティとリヨンサポが乱闘、2人の逮捕者も

▽19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループF第1節マンチェスター・シティvsリヨン後に、両サポーターによる乱闘騒ぎが発生していたようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽優勝候補の1つと見られているシティと、フランスの雄リヨンの一戦は、前半に2点を先行したリヨンが逃げ切り、下馬評を覆してグループ最大の難敵から勝利をもぎ取った。CLでしか見られない熱い一戦となったが、スタジアムの外ではさらに熱くなり過ぎたサポーターたちが騒動を起こしていたようだ。 ▽『デイリー・メール』が紹介している動画には、地元の小さなショップに籠城するリヨンサポーターと、店の外から物を投げ込むシティサポーターが乱闘をしているシーンが映されていた。店の商品を投げながら応戦するリヨンサポーターに対し、シティサポーターが「get out(出てこい)」と叫ぶ一幕も。 ▽そして、シティサポーターと思われる1人が店の中に駆け込むと、他の人に激突し意識不明に。この事態から、乱闘は徐々に収まっていったようだ。 ▽伝えられるところによると、グレーター・マンチェスター警察がこのうちの2人を逮捕したことを報告。今後、クラブと協力して調査を進めていくようだ。 2018.09.20 20:52 Thu
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・シティがプレミア勢初のCL4連敗…

▽19日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループF第1節マンチェスター・シティvsリヨンが行われ、1-2でシティが敗北。この結果、シティはプレミア勢として初めてCL4連敗を記録した。 ▽試合は26分、右サイドを突破されたシティはクロスからFWマクスウェル・コルネにゴールを許し先制点を奪われてしまう。さらに43分には、珍しく自陣でボールを失うと、FWナビ・フェキルにドリブル突破から追加点を許し2点差に。後半、MFベルナルド・シウバのゴールで1点を返すも、その後の追撃は阻まれ1-2で試合終了。2018-19シーズンのシティのCLは黒星スタートとなった。 ▽『Opta』によれば、この結果シティはプレミアリーグのチームとして初めてCLで4連敗を喫したチームに。昨季のCLラウンド16のバーゼル戦セカンドレグで敗れたシティは、合計スコアで勝ち上がり準々決勝でリバプールと対戦。しかし、この2戦で連敗を喫して敗退。そして今回のリヨン戦での敗戦で、4連敗となってしまった。 ▽なお、このリヨン戦では昨季のリバプール戦で退席処分を受けたジョゼップ・グアルディオラ監督はベンチ入り禁止処分を受けていたため、アシスタントコーチのミケル・アルテタ氏が指揮を執った。試合後には「彼(グアルディオラ監督)がベンチにいたら、結果が変わったかどうかは私には説明できない」とコメントしている。 2018.09.20 15:26 Thu
twitterfacebook
thumb

シティ、黒星スタート…指揮官不在で指揮したアルテタコーチ「ペップがいなかったことは事実だが」

▽マンチェスター・シティのアシスタントコーチを務めるミケル・アルテタ氏が、リヨン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽シティは19日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第1節でリヨンと対戦。この日、指揮官のジョゼップ・グアルディオラ監督は、昨シーズンのCL準々決勝リバプール戦で審判団への抗議によって退席処分を命じられた影響で今節ベンチに入ることができず、アルテタ氏の指揮でこのリヨン戦に臨んだ。試合はシティがボールを保持して押し込むも、中盤でのボールロストをきっかけに26分と43分に失点。67分にベルナルド・シウバのゴールで1点を返したものの、その後相手の牙城を崩すことができず、1-2と黒星スタートを切った。 ▽試合後、ペップ不在で代わりに指揮したアルテタ氏は、リヨン戦を回想。ペップ不在の影響については「わからない」と語り、要所でミスが多かったことを敗因として挙げた。 「我々はあまりに多くのデュエルに負けた。難しい状況でボールもロストし、2点を献上してしまった。ただ、そこからの反撃は素晴らしかったと思う」 「(ペップ不在の影響は)わからない。ペップがいなかったことは事実だが、試合に敗れた。彼がいたらどうなっていたかなんて話すことはできないね」 「我々はリヨンの長所と短所を理解していた。準備もした。しかし、CLではミスは許されず、ミスをすればその罰を受けることになる。1対1の状況で勝てなかったり、ボールを扱うことができなければ、自分たちが苦しい状況になる。今日はそれが出た試合だった」 「選手たちは完璧ではない。悪い日もあれば、良い日もある。努力を責めることはできないし、結果だけで選手たちをジャッジすることはない」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.20 13:20 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース