ジョルジーニョ逃したシティ、コバチッチを注視2018.07.14 15:20 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティが、レアル・マドリーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)獲得を検討しているようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。

▽ナポリに所属するイタリア代表MFジョルジーニョの獲得を目指してきたシティ。6月上旬には、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が「我々はシティのリーダーたちと良い関係を築けている」とコメントしたことで、契約間近とみられていた。

▽しかし現在では、ナポリ前指揮官のマウリツィオ・サッリ監督がチェルシー行きが確定的と見られており、教え子のジョルジーニョも同クラブへの移籍が濃厚と伝えられている。一転して振られた形となったシティは、ジョルジーニョ以外の候補者の検討を迫られている。

▽そういった中で挙がっているのが、コバチッチだ。シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が昨シーズンを通してコバチッチを追跡しており、高い評価を下しているという。また、コバチッチ本人も6月下旬にマドリーからの移籍希望を表明していた。

▽マドリーとコバチッチの契約は2021年まで残っており、契約解除金は3億ユーロ(約394億円)。そのため、マドリーが法外の移籍金を要求する可能性も否定できない。しかし、もしコバチッチに移籍許可が下りれば、競合しているとされるチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドよりも、シティが有力だろうと記事は伝えている。
コメント
関連ニュース
thumb

シティ、キミッヒへの関心継続か

マンチェスター・シティが、バイエルンに所属するドイツ代表MFヨシュア・キミッヒ(24)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 キミッヒは2015年7月に、当時バイエルンを率いていたジョゼップ・グアルディオラ元監督(現マンチェスター・シティ)の希望によりドイツ王者に加入。右サイドバックや守備的MFなど複数ポジションをこなすマルチロールプレイヤーは、加入初年度から公式戦36試合に出場してリーグ優勝に貢献し、今シーズンもここまでブンデスリーガ全22試合にフル出場して1ゴール10アシストとハイパフォーマンスを継続している。 そんなキミッヒに関しては、シティが長年関心を示していることが報じられていた。バイエルンとの契約は2023年まで残しているが、シティは獲得を諦めていないという。 ブラジル代表MFフェルナンジーニョ(33)の後釜探しに奔走しているシティ。イタリア代表MFジョルジーニョ(27)やブラジル代表MFフレッジ(25)、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)の獲得に相次ぎ失敗しているが、果たして今回は成就するのだろうか。 2019.02.19 21:41 Tue
twitterfacebook
thumb

シティを真のエリートクラブに! ギュンドアン「CLで優勝すれば新時代に突入する」

マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが、チャンピオンズリーグ(CL)制覇の重要性を口にした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ジョゼップ・グアルディオラ監督を指揮官に迎えて以来、真のトップクラブへの道を駆け上がり続けているシティ。昨シーズンには勝ち点を大台の「100」に乗せてプレミアリーグ制覇を成し遂げ、現在では欧州最強の一角と目されている。 しかし、ギュンドアンは、レアル・マドリーやバルセロナ、バイエルンといった国際舞台でも常に結果を残しているクラブに並び、本当の意味での“エリートクラブ”に名を連ねるためには、CLの制覇が不可欠だと考えているようだ。 「国際的なエリートになりたいなら、クラブとしても選手としてもそうなりたいと思うなら、あのトロフィー(CL)を獲得する必要がある」 「少なくとも僕の見解では、(CL制覇無しに)それは乗り越えられないと思う。いつの日かもし優勝すれば、このクラブは新たな時代に突入する」 「そうしたらレアル、バルサ、バイエルン、ユベントスといった僕らの上のクラブと同じレベルに引き上げられるだろうね」 2019.02.19 15:35 Tue
twitterfacebook
thumb

FAカップ準々決勝組み合わせ…ガナーズ&ブルーズ撃破の赤い悪魔はウルブスと激突!

FAカップ準々決勝の対戦カードが決定した。 マンチェスター・ユナイテッドは18日に敵地で行われた5回戦でフランス代表MFポール・ポグバの1得点1アシストにより、アーセナルに続いてチェルシーを2-0で撃破。ウォルバーハンプトンと4強の椅子をかけて激突する。 マンチェスター・シティは16日に敵地で行われた5回戦でU-21イングランド代表MFフィル・フォーデンの2得点により、ニューポート・カウンティ(イングランド4部相当)を4-1で撃破。準々決勝でスウォンジーと対戦する。 準々決勝は3月15〜18日にかけて開催予定。優勝チームに対して、賞金72万ポンド(約1億円)が贈呈される。 ◆FAカップ準々決勝対戦カード スウォンジー(2部相当) vs マンチェスター・シティ ワトフォード vs クリスタル・パレス ウォルバーハンプトン vs マンチェスター・ユナイテッド ミルウォール(2部相当) vs ブライトン 2019.02.19 14:35 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミアで最もクリーンなクラブはリバプール! 最下位は…

リバプールが、フェアプレーランキングでプレミアリーグのトップに立っているようだ。イギリス『リバプール・エコー』が報じた。 プレミアリーグ第26節終了時点で2位に付けているリバプール。1試合消化数の多い首位マンチェスター・シティと勝ち点65で並んでおり、中でも特筆すべきはその失点数だ。ここまでの15失点という数字は2番目のシティ(20失点)を引き離し、リーグで最も強固な守備力を誇っていることを証明している。しかし、その堅守は決して荒く激しいプレーに支えられているわけではない。 『リバプール・エコー』によると、リバプールはプレミアリーグにおけるフェアプレーランキングで現在首位。イエローカードが1pt、2枚目のイエローによる退場が3pt、一発レッドカードが5ptとして計算されるそのランキングでは、2位のチェルシー(33pt)をかわして27ptで首位に立っている。なお、上位勢が軒並みリーグ順位と連動する中、マンチェスター・ユナイテッドが現時点での最下位となった。 ◆フェアプレーランキング(プレミアリーグ)※第26節終了時点 1.リバプール 27pt 2.チェルシー 33pt 3.トッテナム 37pt 4.マンチェスター・シティ 39pt 5.ボーンマス 43pt 6.アーセナル 46pt 7.ニューカッスル 47pt 8.ウェストハム 49pt 9.カーディフ・シティ 49pt 10.ハダースフィールド 49pt 11.クリスタルパレス 51pt 12.フルアム 51pt 13.ウォルバーハンプトン 53pt 14.ブライトン 54pt 15.ワトフォード 55pt 16.レスター・シティ 56pt 17.バーンリー 59pt 18.エバートン 62pt 19.サウサンプトン 62pt 20.マンチェスター・ユナイテッド 63pt 2019.02.17 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ&バルサに渡さない! アーセナルがデ・リフト争奪戦に名乗り

アーセナルが、アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)を今夏のターゲットに据えているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 名門アヤックスの下部組織で屈強な身体を鍛え上げ、今シーズンからトップチームのキャプテンも務めているデ・リフト。2018年にはDFトレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)やFWヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー)らを抑えてゴールデンボーイ賞も獲得した逸材だ。 当然ながらその動向は欧州中のクラブに見守られており、アヤックスMFフレンキー・デ・ヨングの夏加入を内定させたバルセロナや、DFヴァンサン・コンパニの後継者を探すマンチェスター・シティが有力とされている。 しかし、報道によるとデ・リフトはアーセナルの熱烈なサポーターである模様。アヤックスで共に働くマルク・オーフェルマルス氏やデニス・ベルカンプ氏といった、現役時代にアーセナルで輝いた人物たちに憧れを抱いているようだ。 なお、トップ4圏外もしくはヨーロッパリーグ(EL)制覇を阻まれた場合、アーセナルの今夏の補強予算は約4000万ポンド(約57億円)。もし何らかの方法でチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できれば、約1億ポンド(約142億円)の費用を引き出せるとされており、その場合の獲得候補としてウナイ・エメリ監督がデ・リフトを挙げているようだ。 2019.02.17 15:15 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース