ベイル、胸中吐露…「不満を抱いていた」2018.07.14 14:40 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイルが、チャンピオンズリーグ(CL)決勝を振り返っている。スペイン『マルカ』が報じた。

▽昨シーズン、度重なるケガの影響もありジネディーヌ・ジダン前監督の信頼を勝ち取ることができなかったベイル。しかし、CL決勝リバプール戦では美しいオーバーヘッドシュートを沈めるなど、途中出場ながら2得点の大活躍を披露した。

▽その試合のMOMにも選ばれ、最終的には良い形でシーズンを締めくくったベイル。しかし、やはりプレー時間に対する不満は大きく感じているようだ。

「不満を抱いていたよ。前にも言ったけど、(CL決勝で)先発ではなかったからね」

「試合の中で自分が重要になれることは分かっていたけど、どうだったかな」

「あの(オーバーヘッドの)ゴールは凄かった。純粋に感情的であり、考えてはいけないような類のものの1つで、ただ反応したんだ」

「いつもオーバーヘッドキックで得点したいと思っていた。だけど、あの場面でそれをやるとは…間違いなくやるべき場所だった」

「その後、連絡を絶とうと試みてバケーションに出かけた。だから、あれを何回も観てはいないよ。でも、ああいったことはやろうとしなれば永遠にできないよ」

▽出場機会の減少から、今夏の移籍が取り沙汰されているベイル。以前からマンチェスター・ユナイテッドからの関心が伝えられているが、FWクリスティアーノ・ロナウドを失ったマドリーのアイコンとして、CL優勝の立役者が名乗りを上げる可能性はあるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

モドリッチも自ら渇望 「バロンドールが欲しい」

▽レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが自身のバロンドール受賞を自ら希望した。イギリス『Tribal Football』が報じた。 ▽レアル・マドリーをチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に導き、クロアチア代表として準優勝の功績を収めたロシア・ワールドカップでもMVPに輝いたモドリッチ。さらに、欧州サッカー連盟(UEFA)最優秀選手賞をも手にした今、最終候補3名にノミネートされた国際サッカー連盟(FIFA)最優秀選手賞の受賞にも期待が集まっている。 ▽そのモドリッチは、19日にホームで行われたCLグループステージ開幕節のローマ戦に出場。3-0で勝利した同試合の後半には、バロンドール受賞を推す一部サポーターからのチャントがモドリッチを包んだ。個人賞の総ナメが注目されるクロアチア人司令塔も試合後、チームを最重要としつつ、自身のバロンドール受賞を夢見た。 「称賛されて誇らしいよ。受賞できたら、なおさら嬉しいね」 「バロンドールを勝ち取りたい。でも、それを毎日考えているわけじゃなければ、固執しているわけでもないよ」 「僕にとって、最も重要なのはチームだ。チームを助けることさ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 11:40 Fri
twitterfacebook
thumb

イエロー王セルヒオ・ラモス、CLでも記録更新

▽レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスがチャンピオンズリーグ(CL)で不名誉な記録を更新した。スペイン『アス』が伝えている。 ▽セルヒオ・ラモスは19日に行われたCLグループG第1節レアル・マドリーvsローマに出場。この試合で23分に、ローマMFスティーブン・エンゾンジに対するタックルが警告判定となりイエローカードを受けてしまった。これにより、同選手はCLにおいて「37」枚目のイエローカードを記録。現役時代にマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元イングランド代表MFポール・スコールズ氏の「36」枚を抜く新記録を樹立した。 ▽ちなみに、『アス』が伝えるとことによると、セルヒオ・ラモスは代表やリーグ戦でも最もイエローカードを貰っている選手のようで、今年2月には、ラ・リーガのレガネス戦で受けたイエローカードが通算「163」枚目を数え、かつてエスパニョールやデポルティボで活躍したアルベルト・ロポ氏の記録を凌駕。現在その記録は「165」となっている。 ▽なお、今季のリーグ戦ではここまで4試合を終えてイエローカードは未だもらっていない。 2018.09.20 17:20 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、またストライカー獲得失敗?

▽レアル・マドリーはローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表エディン・ゼコ(32)にオファーを出していたようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽今夏に、得点源であったポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが退団したことで決定力不足が指摘されていたマドリーは、後釜としてチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールやパリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得に尽力。しかし、C・ロナウドに代わる大物獲得は失敗に終わり、ストライカーとして獲得できたのは、リヨンから買い戻いしたドミニカ代表FWマリアーノ・ディアスのみだった。そんな中で、ゼコの獲得にも動いていたようだ。 ▽『マルカ』によると、ゼコと個人間での話し合いの場を持っていたマドリーだったが、同選手は元フランス代表カリム・ベンゼマやウェールズ代表MFガレス・ベイルの控えに回る可能性が高いことからオファーを拒否。ローマでの生活を満足しているということもあり残留を決めたという。 ▽それでも、ストライカー獲得を諦めていないマドリーは、冬の移籍市場でもゼコの説得に動くという。だが、ゼコには他にも複数のクラブからオファーが来ているようで、中にはチェルシーといったビッグクラブも興味を示している模様だ。 ▽2015年にマンチェスター・シティからレンタル移籍で加入したゼコは、加入初年度からリーグ戦31試合で8ゴール5アシストを記録。その活躍が認められ2016年に完全移籍で加入した。ローマではここまでリーグ戦通算107試合で53得点を記録し、エースとして活躍している。 2018.09.20 14:39 Thu
twitterfacebook
thumb

「何のレッドカード?」C・ロナウド退場に現役選手やOBから疑問の声続出

ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドの退場に、現役選手や解説者から疑問の声が上がっている。<br><br>19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)で、ユベントスはバレンシアと対戦。敵地ながら2-0で試合を制し、初戦で勝ち点3を手にしている。<br><br>しかしこの一戦の29分、この試合がユベントスの選手としてCLデビューとなったC・ロナウドが小競り合いからレッドカードを受けて一発退場に。この判定に、選手は信じられない様子で座り込み、涙を流しながらピッチを後にしている。<br><br>ユベントス指揮官マッシリミアーノ・アッレグリやチームメイトから疑問の声が上がるなか、英『BBC Radio5』に出演したストークMFダレン・フレッチャーは判定は「軽すぎる」との見解を示した。<br><br>「ロナウドにとって軽るすぎる退場となったね。だけど、少なくとも1試合の出場停止にはなるだろう。チームメイトをがっかりさせてしまったと感じているかもしれないけど、マンチェスター・ユナイテッド戦には出られると思う」<br><br>また、サッスオーロMFケヴィン=プリンス・ボアテングは「何のレッドカード? うーん」とSNSに投稿。また、バレンシアのOBサンティアゴ・カニサレス氏は「私の意見では、彼はレッドカードに値しなかった」とSNSで綴っている。元イングランド代表ギャリー・リネカー氏は「ロナウドはユベントスでのCLデビューで30分でレッドカードを受けた。涙が流れる」とSNSに投稿している。<br><br>今回の退場判定については、しばらく議論が続きそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.20 12:35 Thu
twitterfacebook
thumb

アッレグリ、C・ロナウド退場の不可解な判定に「VARがどうレフェリーを助けてくれるかを表している」

▽ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの退場を受けてビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の必要性を訴えた。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽ユベントスは19日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第1節でバレンシアと対戦。立ち上がりから相手を押し込んでいたユベントスだったが、29分にC・ロナウドが相手ボックス内でムリージョと交錯した後、倒れたムリージョの頭頂部を触ると小競り合いに発展してしまう。 ▽すると副審と相談した主審は、C・ロナウドにレッドカードを提示。この判定にユベントス側は抗議するも覆らず、同選手は退場処分となった。 ▽試合は2-0で勝利したものの、アッレグリ監督は試合後、「不要なレッドカード」と判定に首を傾け、VARの必要性を説いた。 「クリスティアーノの退場は、VARがどのようにレフェリーを助けてくれるかを表す例の一つだ」 「不要なレッドカードによって10人となり、試合が複雑になってしまったが、ありがたいことに問題にはならなかった。彼は動揺していた。落ち着く時間が必要だろう。しかし、それでも日曜日の試合に焦点を当てなくてはならない」 ▽ユベントスは23日、セリエA第5節でフロジノーネのホームに乗り込む。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.20 11:56 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース