ベイル、胸中吐露…「不満を抱いていた」2018.07.14 14:40 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイルが、チャンピオンズリーグ(CL)決勝を振り返っている。スペイン『マルカ』が報じた。

▽昨シーズン、度重なるケガの影響もありジネディーヌ・ジダン前監督の信頼を勝ち取ることができなかったベイル。しかし、CL決勝リバプール戦では美しいオーバーヘッドシュートを沈めるなど、途中出場ながら2得点の大活躍を披露した。

▽その試合のMOMにも選ばれ、最終的には良い形でシーズンを締めくくったベイル。しかし、やはりプレー時間に対する不満は大きく感じているようだ。

「不満を抱いていたよ。前にも言ったけど、(CL決勝で)先発ではなかったからね」

「試合の中で自分が重要になれることは分かっていたけど、どうだったかな」

「あの(オーバーヘッドの)ゴールは凄かった。純粋に感情的であり、考えてはいけないような類のものの1つで、ただ反応したんだ」

「いつもオーバーヘッドキックで得点したいと思っていた。だけど、あの場面でそれをやるとは…間違いなくやるべき場所だった」

「その後、連絡を絶とうと試みてバケーションに出かけた。だから、あれを何回も観てはいないよ。でも、ああいったことはやろうとしなれば永遠にできないよ」

▽出場機会の減少から、今夏の移籍が取り沙汰されているベイル。以前からマンチェスター・ユナイテッドからの関心が伝えられているが、FWクリスティアーノ・ロナウドを失ったマドリーのアイコンとして、CL優勝の立役者が名乗りを上げる可能性はあるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

「タイトルを取るためにはアザールが必要」セスクが“最重要選手”のチェルシー残留を切望

チェルシーのMFセスク・ファブレガスは、退団が濃厚とされるエデン・アザールの残留を強く望んだ。<br><br>2012年にリールからチェルシーへと加入したアザールは以降、チームの主力として2度のプレミアリーグ優勝と昨シーズンのFAカップ制覇に貢献。今夏のワールドカップでも3位になったベルギー代表の主将としてプレーした同選手だが、レアル・マドリーに移籍するのではないかと頻繁に報じられている。<br><br>アザールの去就に関してさまざまな憶測が流れる中、チェルシーのオーストラリア遠征に参加するセスクは「彼は僕たちのチームのベストプレーヤーだ」とエースとしてタイトル獲得に貢献した同選手を称えた。<br><br>「僕たちはトップクラブで、タイトルを勝ち取りたいと考えている。それを実現するには最高の選手が必要で、エデンはその一人だ。彼はみんなが一緒にプレーしたいと思っている選手で、特に僕は強くそう考えている。僕たちにとって彼は一番重要な選手だ。ファン、クラブ、選手、誰もが彼を愛し、必要としている。彼自身もそれを知っているはずだ」<br><br>セスク自身は2011年にアーセナルを離れ、バルセロナへと移籍したが、わずか3年でスペインを後にし、再びプレミアリーグでプレーを続ける。スペインとイングランドの両方を知る同選手は、友人のアザールに同様の道を進んでほしくはないと考えているようだ。はたしてセスクの願いは届くのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.07.21 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリー、イカルディ獲得説が再燃

▽レアル・マドリーが、インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)を再びターゲットに据えているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽マドリーのフレロンティーノ・ペレス会長は、今夏新加入のDFアルバロ・オドリオソラの入団プレゼンテーションにて、今後のビッグディール締結を宣言。『マルカ』は、それがイカルディになるのではないかと推測している。 ▽イカルディは今年の冬にマドリー加入が取り沙汰されていたが、クラブ柄この時期に大きな投資を行うことを割ける傾向にあるため、一度は立ち消えになっていた。 ▽契約解除金を1億1000万ユーロ(約143億7000万円)に設定されているイカルディ。先日のイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は同選手のインテル残留が濃厚と報じていたが、『マルカ』によればFWクリスティアーノ・ロナウドのユベントス移籍により新たなゴールゲッターを必要としているマドリーが白羽の矢を立てているという。 ▽イカルディは、2016-17シーズンにはセリエA34試合で24ゴール記録。昨シーズンもセリエA34試合24ゴールで得点王に輝いており、インテルに7シーズンぶりのチャンピオンズリーグ(CL)出場権をもたらしていた。 2018.07.21 16:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ、ミラン幹部らと会談 移籍に意欲的とも

▽レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマ(30)が、移籍に向けてミラン幹部らと会談を行ったようだ。イタリア『スカイ』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、ベンゼマは16日にミラネッロスポーツセンターを訪れ、マッシミリアーノ・ミラベッリSDとジェンナーロ・ガットゥーゾ監督と会談を行った模様。そこでは具体的な契約内容まで話し合われ、ミラン側は1年間の契約延長オプションが付随した年俸900万ユーロ(約11億円)の3年契約を用意しているという。 ▽しかし、考慮しなければならないのはマドリーが要求する移籍金と、ミラベッリSDの進退だという。ベンゼマ獲得はミラベッリ氏の意向も含んでいるようで、同氏の代わりに就任した新SDが同選手の獲得を望まなければ、ベンゼマの獲得は破談になるかもしれないと伝えられている。 ▽また、ベンゼマの代理人を務めるカリム・ジャジリ氏が、『スカイ』の著名ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏の記事をもとにした『@ActuFoot_ 』のツイートに対し、笑い泣きする絵文字を返信しているが、何を意味するのだろうか。 2018.07.21 15:35 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、アザールに163億円オファー 地元紙報じる

▽イギリスのロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』は、レアル・マドリーがチェルシーに所属するベルギ―代表FWエデン・アザール(27)に入札したと報じた。 ▽チェルシーとベルギー代表で同僚のGKティボー・クルトワ(26)と共に、今夏のレアル・マドリー行きが取り沙汰されるアザール。既報によれば、クルトワは既にレアル・マドリーと合意に至ったとみられ、チェルシーが後釜を確保次第、移籍成立の見方が強まっている。 ▽そのレアル・マドリーは、チェルシーの象徴であるアザールの獲得に向けた動きも本格化。チェルシーに対して、移籍金1億1200万ポンド(約163億3000万円)を提示したという。 ▽だが、チェルシーは、最低でも2億ポンド(約292億6000万円)を要求している模様。そのため、1億1200万ポンドに及ぶレアル・マドリーのオファーに断りを入れるものとみられる。 2018.07.21 09:05 Sat
twitterfacebook
thumb

“次代のネイマール”ヴィニシウスが入団会見! 今季初めはカスティージャでプレーか

▽レアル・マドリーは20日、フラメンゴのブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオール(18)が今シーズンから正式に入団することを発表した。 ▽マドリーは、昨年5月に当時16歳だったヴィニシウスと契約したことを発表。移籍そのものは、国際サッカー連盟(FIFA)の定めた国外移籍が認められる満18歳の誕生日を迎えた後の2018年7月以降でないと行えず、内定扱いとなっていた。 ▽20日、ヴィニシウスはフロレンティーノ・ペレス会長と共に、サンティアゴ・ベルナベウの貴賓室で行われた入団会見に出席して契約書にサイン。ユニフォームを手にして写真を撮影した後、ピッチに移動してファンの前でリフティングを披露した。 ▽なお、入団以降の扱いについて、レンタルという形で2019年7月まではフラメンゴに残る可能性が伝えられていた。しかし、スペイン『マルカ』によれば、スペインでの生活に慣れるため、Bチームであるレアル・マドリー・カスティージャでプレーする可能性も浮上。また、順調に適応することができれば、カスティージャでのプレーは最初の数カ月になるだろうということも伝えられている。 ▽“次代のネイマール”とも称され、ブラジル国民からも大きな期待を背負っているヴィニシウス。チャンピオンズリーグ(CL)3連覇を果たしたクラブに入団した18歳は、厳しいレギュラー争いに勝利してスーパースターの仲間入りを果たすことができるのだろうか。 2018.07.20 21:00 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース