ベイル、胸中吐露…「不満を抱いていた」2018.07.14 14:40 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイルが、チャンピオンズリーグ(CL)決勝を振り返っている。スペイン『マルカ』が報じた。

▽昨シーズン、度重なるケガの影響もありジネディーヌ・ジダン前監督の信頼を勝ち取ることができなかったベイル。しかし、CL決勝リバプール戦では美しいオーバーヘッドシュートを沈めるなど、途中出場ながら2得点の大活躍を披露した。

▽その試合のMOMにも選ばれ、最終的には良い形でシーズンを締めくくったベイル。しかし、やはりプレー時間に対する不満は大きく感じているようだ。

「不満を抱いていたよ。前にも言ったけど、(CL決勝で)先発ではなかったからね」

「試合の中で自分が重要になれることは分かっていたけど、どうだったかな」

「あの(オーバーヘッドの)ゴールは凄かった。純粋に感情的であり、考えてはいけないような類のものの1つで、ただ反応したんだ」

「いつもオーバーヘッドキックで得点したいと思っていた。だけど、あの場面でそれをやるとは…間違いなくやるべき場所だった」

「その後、連絡を絶とうと試みてバケーションに出かけた。だから、あれを何回も観てはいないよ。でも、ああいったことはやろうとしなれば永遠にできないよ」

▽出場機会の減少から、今夏の移籍が取り沙汰されているベイル。以前からマンチェスター・ユナイテッドからの関心が伝えられているが、FWクリスティアーノ・ロナウドを失ったマドリーのアイコンとして、CL優勝の立役者が名乗りを上げる可能性はあるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

バルサ、ベンゼマ獲得を見送っていた! その理由は…

バルセロナが、過去にレアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマの獲得を見送っていたようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 2009年夏にリヨンからマドリーに移籍したベンゼマ。すると、現在まで不動のセンターフォワードに君臨しチームに欠かせない選手の一人となっている。 しかし、『マルカ』によると、ジョゼップ・グアルディオラ監督(現マンチェスター・シティ)が実験を握っていた2008-09シーズンにバルセロナはベンゼマの獲得を画策。サミュエル・エトー氏を構想から外そうとしていた同監督が、新たなフォワードを必要としていたようだ。 しかし、当時バルセロナのテクニカル・ディレクター(TD)を務めていたチキ・ベギリスタイン氏が、ベンゼマの家を訪れて契約を迫った後、交渉を打ち切り。ベギリスタインSDは同選手の交友関係や人との付き合い方を快く思わず。会話中に相手を見ないような態度がクラブでの適応にリスクを生じさせるとして、手を引いたようだ。 そしてその後、2009年夏にバルセロナはFWズラタン・イブラヒモビッチを獲得。さらに、そのイブラヒモビッチから一年遅れてFWダビド・ビジャが到着し、フォワードの補強問題はひと段落を迎えていた。 2019.02.19 21:55 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリー、若きセレソンDFミリトンの加入決定的!

ポルトに所属するブラジル代表DFエデル・ミリトン(21)のレアル・マドリー移籍が決定的になったようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 サンパウロ下部組織出身のミリトンは昨夏にポルト入り。今シーズンはセンターバックを主戦場にここまで公式戦31試合に出場し、3ゴール2アシストを記録している。また、昨年9月に行われたエル・サルバドル代表とのフレンドリーマッチではセレソンデビューも飾った。 ミリトンに関しては、マンチェスター・ユナイテッドなどの複数クラブが関心を示していた。最近では、ユベントスが12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのローマ戦に視察に訪れたことも伝えられたが、迅速に動いたマドリーが争奪戦を制した格好だという。 『マルカ』は「レアル・マドリーへの移籍に向けて後はサインするだけ」と断定的に報道。今後5000万ユーロ付近の移籍金を支払い、正式な契約に向かうようだ。 2019.02.19 18:57 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリー撃破のジローナ監督、不調マルセロのサイド突いたとの指摘に「私たちの選手を生かしただけ」

17日のリーガ・エスパニョーラ第24節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでの公式戦9試合ぶりの敗戦を喫した。好調だった彼らに土をつけたのは、不調にあったジローナである。<br><br>ここ12試合勝ちなし(4分け8敗)と泥沼に陥っていたジローナだったが、ローテーションを採用したレアル・マドリー相手に金星をつかんだ。前半にDFカセミロの先制点を許したものの、後半にFWクリスティアン・ストゥアーニ、FWポルトゥが得点を挙げて逆転を達成している。<br><br>試合後会見に出席したジローナのエウセビオ・サクリスタン監督は試合後、努力し続けてきたチームが然るべき褒賞を手にしたと、満足気な様子だった。<br><br>「ああ、私にとってとても幸せな日だよ。私たちは多大な努力、団結の精神の褒賞を手にした。ここまでは報いがなかったが、今日という日に手にしたんだよ。私たちにとっては重要な勝ち点3だ」<br><br>「ビハインドを負っていた状況で彼らに主導権を握られたが、しかしスコアは0-1のままで同点は遠いものではなかった。私たちは追いつく可能性を信じることができたんだ。今後も、今日のようなスピリッツを見せ続けなくてはならない」<br><br>ジローナの逆転の起点となったのは、途中出場のポルトゥだった。同選手は今季不調が続き、レギュラーではなくなったDFマルセロのサイドを執拗に攻めて、何度も決定機を生み出した。エウセビオ監督は、マルセロの守備の穴を突くようポルトゥに指示していたのだろうか。<br><br>「マドリーの選手たちには大きな敬意を払う。マルセロのような選手であれば、なおさらだ。私たちはただ、自分たちの選手を生かすことで試合を物にしようとしただけだ。ポルトゥは右サイドで良いプレーを見せ続けてきた。マドリーはとても攻撃的なチームだし、もちろんサイドを突いていかなくてはね」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.18 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

S・ラモス、マドリー通算出場数で“背番号4”の前任者イエロに並ぶ! 歴代5位に

レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、レジェンドであるフェルナンド・イエロ氏と肩を並べた。クラブ公式サイトが伝えている。 マドリーは17日、リーガエスパニョーラ第24節でジローナをホームに迎えた。2位キープのためにも勝利が欲しいマドリーだったが、1-2で敗戦。6試合ぶり黒星を喫し、3位に転落した。 この一戦に出場したセルヒオ・ラモスは、90分に退場したが、マドリー通算601試合に到達。これにより、元スペイン代表のフェルナンド・イエロ氏と元同国代表のパコ・ヘント氏(現名誉会長)に並ぶ歴代5位にランクアップした。 セルヒオ・ラモスは2005年夏にセビージャからマドリーに10代で加入。その際に、イエロ氏の背番号4を受け継ぎ、ここまで14シーズンに渡ってプレー。2015年に主将就任以降のCL3連覇を含む計4度の欧州制覇を成し遂げ、20個のタイトルを獲得している。 なお、通算成績は公式戦601試合に出場して84得点39アシスト。今シーズンは公式戦37試合に出場してキャリアハイの11得点の他、2アシストをマークしている。 ◆歴代レアル・マドリー公式戦通算600試合出場者 【741】 ラウール・ゴンサレス 【725】 イケル・カシージャス 【710】 マヌエル・サンチス 【645】 サンティリャーナ 【601】 セルヒオ・ラモス フェルナンド・イエロ パコ・ヘント 2019.02.18 12:10 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセロが謝罪! ファンのレギロン出場時との戦績比較投稿に「全て僕のせいだ」

レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロが、自身が出場した試合で勝利が少ないことを謝罪した。スペイン『マルカ』が伝えている。 マドリーは17日、リーガエスパニョーラ第24節でジローナをホームに迎えた。前日に行われたリーグ戦で3位だったアトレティコ・マドリーが勝利し、暫定2位に浮上したため、勝利が欲しいマドリーは25分にカゼミロのゴールで先制する。しかし、後半開始早々に、ジローナにPKを与えてしまい同点とされると、75分には逆転ゴールを許してしまい、1-2で敗戦。6試合ぶり黒星を喫し、3位に転落。首位・バルセロナとの勝ち点も「9」差に広がった。ちなみにこの一戦でマルセロはフル出場している。 今シーズンのマドリーは、マルセロが出場した試合で思うように勝利を積み重ねることができていない。ファン・サポーターの間でも同選手に批判が向けられており、スタメン起用に懐疑的な意見も寄せられている。 ジローナ戦後、あるマドリーファンは、マルセロが出場した直近9試合で1勝2分け6敗であることと、同ポジションの下部組織出身DFセルヒオ・レギロン・ロドリゲスが出場した9試合で全勝していることが分かる画像をインスタグラムで掲載。「なぜマルセロがスタメンなんだ? 私は彼を愛しているが、現実に目を向けなくてはならない」と投稿している。 これに対して、マルセロが反応。「全ては僕のせいだ! 僕たちは続けていくしかない」と謝罪した。無論、勝利を挙げられていないのは同選手だけの責任ではないが、レギロンが出場した際と比較してしまうと、苦しい状況に立たされているのは事実だろう。出場した試合で勝利に貢献し、自身に漂う嫌な雰囲気を払しょくしたいところだ。 2019.02.18 11:15 Mon
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース