清水、ジェリー・ペイトン氏をコーチに招へい! 磐田、神戸、アーセナルなどのGKコーチを歴任2018.07.14 14:10 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽清水エスパルスは14日、コーチにジェリー・ペイトン氏を招へいしたことを発表した。▽ジェリー・ペイトン氏は、元アイルランド代表GK。指導者としては1994年から1995年までジュビロ磐田のGKコーチ、1995年から1997年までヴィッセル神戸のGKコーチを歴任。その後はスウェーデン1部リーグのAIKソルナ、フルアム、アーセナルでGKコーチを務めていた。

コメント

関連ニュース

thumb

名古屋が入れ替えPO圏16位に下降…北川&ドウグラス弾で完勝の清水が5戦負けなし《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第32節の清水エスパルスvs名古屋グランパスが、10日にIAIスタジアム日本平で行われ、2-0で清水が勝利した。 ▽4試合負けのない7位清水(勝ち点44)は0-0で引き分けた前節の湘南ベルマーレ戦からスタメンを1名のみ変更。金子に代えて、石毛を起用した。 ▽15位名古屋(勝ち点37)は1-0で勝利した直近の第28節延期分セレッソ大阪戦からスタメンを2名変更。前田、相馬に代えて、玉田、ガブリエル・シャビエルを起用した。 ▽立ち上がりこそ名古屋の勢いに押されかけた清水だが、5分にチャンスを作り出す。カウンターの流れからゴール前でボールを拾ったドウグラスがシュートを放ち、枠を捉える。しかし、GKランゲラックに阻まれスコアを動かすには至らない。 ▽名古屋は低い位置からショートパスを繋ぎつつ、ゴール前ではガブリエル・シャビエルやジョーらの連係で崩しを試みるが、清水が粘り強い守備で対応。なかなかシュートまで持ち込めない。21分にはガブリエル・シャビエルが巧みなフェイントでボックス手前右から中央まで運んでシュートを放ったが、枠を捉えなかった。 ▽清水は、優位な展開で試合を進めることが出来ているが、なかなか1点を奪うことができない。27分には白崎のミドルシュートが名古屋DFのブロックに遭ってこぼれ、反応した石毛がボックス手前中央からダイレクトで狙ったが、枠を捉えず。均衡が保たれたまま時計の針が進む。 ▽お互いに積極的に攻撃を繰り出し合う試合はその後もゴール前を行き来する展開が続くが、肝心の得点はなかなか生まれない。ゴールレスで折り返しを迎えることに。 ▽後半に入っても名古屋がゴール前で精度を欠き続けると、日本代表に選出された清水のエースが結果を出す。59分、右サイドを駆け上がった立田がクロスを上げると、フリーの北川が頭で合わせる。ゴール前でワンバウンドしたシュートがGKランゲラックの牙城を崩し、先制に成功した。 ▽巻き返しを図る名古屋は、62分に青木にかえて前田を投入。チャンスメイカーを送り出し、ゴールを目指していく。 ▽しかし65分、またしても清水に絶好機が訪れる。再び立田が右サイド深い位置からクロスを上げると、今度はドウグラスが反応。高い打点からヘディングシュートを叩き込み、リードを2点に広げた。 ▽残留のためにも負けられない名古屋は、69分に前田がボックス左から強烈なシュートを放つが枠を捉えず。79分にはボックス右に抜け出した前田のシュートが枠を捉えたが、GK六反がファインセーブで阻む。 ▽その後も、前田を中心に攻め込む名古屋だったが、最後まで試合をひっくり返すことはできず。清水が2-0のリードを保ったまま、終了の笛を迎えた。 ▽この結果、清水(勝ち点47)は5試合負けなしで7位を維持。3位鹿島アントラーズ(勝ち点52)との勝ち点差を「5」とし、わずかにACL圏浮上の可能性を残した。対する名古屋(勝ち点37/-8)は連勝ならず。15位サガン鳥栖(勝ち点37/-6)にかわされ、入れ替えPO圏の16位に順位を下げた。 2018.11.10 16:27 Sat
twitterfacebook
thumb

前回追加招集から代表定着へチャレンジ! 清水FW北川航也は周囲に感謝《キリンチャレンジカップ》

▽日本サッカー協会(JFA)は7日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 ▽清水エスパルスのFW北川航也は、16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦する日本代表に招集。前回の代表で追加招集から好印象を残した北川は、周囲への感謝を口にしている。 ◆FW北川航也 「今回も代表に選ばれる事ができ、とても嬉しいです。これも、日頃共に戦ってくれるチームメイトや、エスパルスに関わる全ての方のサポートがあったからだと思います。そういった方への感謝の気持ちを忘れる事なく、目一杯チャレンジしたいと思います」 2018.11.07 15:55 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南戦で退場の清水ヤン・ヨンソン監督、次節名古屋戦ベンチ入り停止

▽Jリーグは7日、清水エスパルスのヤン・ヨンソン監督のベンチ入り停止処分を発表した。 ▽清水エスパルスは2日、明治安田生命J1リーグ第31節で湘南ベルマーレと対戦。65分にMF河井陽介が相手との接触で倒れ込むと、湘南選手はプレーを切るためにボールを外へ。すると、ヤン・ヨンソン監督がピッチ内に入り、そのボールを蹴り返した。この行為により、同監督は退場処分を命じられていた。 ▽Jリーグは、(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同監督のインプレー中に無断でフィールドに侵入しボールを蹴って主審に異議を示した行為は、「主審、副審の判定に対する執拗な抗議」に相当すると判断、1試合のベンチ入り停止処分を下した。 【処分内容】 1試合のベンチ入り停止 【ベンチ入り停止試合】 ◆明治安田生命J1リーグ第32節 ▽11月10日(土) 清水エスパルス vs 名古屋グランパス 2018.11.07 13:30 Wed
twitterfacebook
thumb

清水MF兵働昭弘、14年間の現役生活に終止符「人に恵まれ、人に支えられた最高の現役生活でした」

▽清水エスパルスは5日、MF兵働昭弘(36)の今シーズン限りでの現役引退を発表した。 ▽兵働は2005年に筑波大学から清水に入団。同シーズン中盤にレギュラーを掴み取り、以降主力として活躍したが、清水在籍時には甲状腺機能障害に二度も悩まされた。それでも2009年にはチームキャプテンも歴任。その後、2011年に地元の柏レイソルに完全移籍し、ジェフユナイテッド千葉、大分トリニータ、水戸ホーリーホック、ヴァンフォーレ甲府を経て、2018年に8シーズンぶり清水復帰を果たした。今シーズンは明治安田生命J1リーグに4試合、YBCルヴァンカップに5試合、天皇杯に1試合出場している。 ▽なお、通算では現時点でJ1リーグ195試合17得点、J2リーグ180試合15得点、国内リーグカップ戦42試合2得点、天皇杯28試合5得点を記録している。 ▽14年間の現役生活に終止符を打つ決断をした兵働は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「私、兵働昭弘は、今シーズン限りで引退することを決断いたしました。たくさん笑って、たくさん喜んで、たくさん悔しがって、時には泣いたサッカー人生。14年間プレーできたことを嬉しく思い、誇りに思います。充実感に満ち溢れた、幸せな現役生活でした」 「清水エスパルス、柏レイソル、ジェフ千葉、大分トリニータ、水戸ホーリーホック、ヴァンフォーレ甲府と、たくさんのチームにお世話になりました。そこでのプレー、出会い、交流は私を成長させてくれ、財産になり、最高の宝物になりました。各チームのスポンサー様、チーム関係者の皆様、友人、ファン・サポーターの皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです」 「現役をスタートさせ、7年間在籍した清水エスパルスで引退することができて、今、本当に幸せです。皆さんに支えられ、ここまで来ることができました。ありがとうございました。チームメイトと共に、目標に向かって戦った時間は最高の時間でした。素敵な仲間と共に過ごした日々は、一生忘れることはありません。そして、自分の決断を尊重してくれ、一番近くで常に寄り添ってくれた家族にも感謝の気持ちでいっぱいです」 「2005年にキャリアをスタートさせてから、鳥肌が立つような素晴らしい試合を経験したり、満員のスタジアムでゴールを決めたり、リーグ優勝を経験したり、良い経験をたくさんしました。その反面、病気、ケガをして離脱したり、降格を経験したり、仲間との別れもあり、辛い経験もたくさんしました。その度に、皆さんに励まされ、勇気づけられ、ピッチに戻ることができました。皆さんの存在が、何度も私を奮い立たせてくれました。人に恵まれ、人に支えられた最高の現役生活でした。全ての時間、経験が特別で、夢のようでした。夢のような楽しい時間に終止符をうち、来年から新しいチャレンジをしていきたいと思います。本当にありがとうございました」 ▽なお、清水は11月24日に行われるホーム最終戦のヴィッセル神戸戦終了後に引退セレモニーを行う。 2018.11.05 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

清水、ヤン・ヨンソン監督が退席処分! 湘南猛攻及ばずゴールレスドローで3戦勝ちなし《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第31節の湘南ベルマーレvs清水エスパルスが、2日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、0-0の引き分けに終わった。 ▽リーグ2試合勝ちのない14位湘南(勝ち点36)は、0-1で敗北した直近の第28節未消化分ジュビロ磐田戦からスタメンを4名変更。秋野、杉岡、石川、梅崎に代えて、菊池、高山、山口、小川を起用した。 ▽3連勝中の8位清水(勝ち点43)は、2-0で勝利した前節のサンフレッチェ広島戦からスタメンを2名変更。石毛、クリスランに代えて、河井、ドウグラスを起用した。 ▽磐田戦のパフォーマンスを払しょくするように運動量を生かす湘南が積極的な入りを見せた試合。清水はあまりボールを落ち着けられない苦しい立ち上がりとなるが、6分にFKの流れからボックス手前中央のドウグラスがミドルシュートを狙う。しかし、これはGK秋元に阻まれる。 ▽比較的ボールを保持しながらもなかなかシュートまで持ち込めない湘南。24分には右CKの流れから清水DFのクリアが中途半端になり、ゴール手前から岡本がシュートを放ったが、ミートし切れずにスコアを動かすことはできない。 ▽35分、菊池が相手陣内中央のやや遠い位置から強烈なミドルシュートを放つ。しかし、GK六反に弾かれて清水が難を逃れることに。湘南の勢いに慣れ始めた清水が落ち着いた対応を見せ始める。 ▽しかし、清水も攻め切って湘南ゴールを脅かすことはできず、試合はゴールレスで折り返しを迎えた。 ▽50分、湘南が後半最初の決定機を迎える。ボックス左でボールを持った山口が右足で巻くようにしてシュートを放つ。すると、シュートが清水DFの手に当たったかに思われたが、主審はPKを取らず。湘南の選手のアピールにも判定は覆らない。 ▽カウンターの応酬のようになり試合展開が大味になってきた55分、小川のクロスに対応したGK秋元の処理が甘くなり、清水の選手が詰める。しかし、GK秋元が落としそうになったボールをしっかりと抱えシュートを許さない。 ▽再びピッチに勢いを注入したい湘南は、61分に高山に代えて杉岡を投入。ルヴァンカップ決勝で輝きを放った男を送り出し、勝負を決しにかかる。 ▽直後の66分、選手同士の接触があり、湘南の選手がボールをピッチ外に出そうとしたところ、清水のヤン・ヨンソン監督がピッチ内に入りボールを蹴り飛ばす。この行為により、退席処分を命じられ清水は指揮官不在の戦いを強いられることに。 ▽それでも、70分に清水が華麗な崩しを見せる。カウンターの場面で途中出場の村田が右サイドからクロスを上げると、竹内、北川が頭で繋ぎ、最後は飛び込んだ白崎がダイレクトボレーシュート。GK秋元がファインセーブでゴールを死守すると、レベルの高い攻防にスタジアムが沸いた。 ▽清水が細かい繋ぎからチャンスの数を増加させていく中、79分に湘南は小川に代えて梅崎を起用。チームの重要選手を途中出場させ攻撃に変化を付けていく。 ▽すると、攻撃に人数を割く湘南が波状攻撃を仕掛け、80分に杉岡が、82分には山崎がシュートを放つが、枠を捉えることができない。結局、重心を後ろにかける清水が勝ち点1を守り抜く形で試合を終えた。 ▽この結果、湘南はリーグ3試合勝ちなしに。対する清水は4試合負けなしとした。 2018.11.02 21:00 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース