マドリーのモロッコ代表SBアクラフ・ハキミがドルトムントに2年間レンタル2018.07.11 22:49 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは11日、レアル・マドリーのモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(19)を、2020年6月30日までの2年間のレンタルで獲得したことを発表した。

▽2006年にレアル・マドリーの下部組織に入団した右サイドバックを主戦場とするアクラフ・ハキミは、2016年7月にプレシーズンマッチでトップチームデビュー。昨季はダニーロのマンチェスター・シティ移籍に伴いトップチームに昇格すると、カルバハルの負傷離脱を受け、2017年10月に行われたリーガエスパニョーラ第7節のエスパニョール戦でリーガデビュー。公式戦17試合に出場し2ゴールを記録していた。また、モロッコ代表としてもロシア・ワールドカップ3試合にフル出場していた。

▽そのアクラフ・ハキミの獲得についてドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは次のように語っている。

「アクラフ・ハキミは若く、非常にダイナミックなサイドバックであり、レアル・マドリードやモロッコ代表など、非常に高いレベルでプレーしてきた選手だよ」

▽レアル・マドリーではレギュラーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルの他、スペイン代表DFナチョ・フェルナンデス、今夏にレアル・ソシエダから加入の決まったスペイン代表DFアルバロ・オドリオソラがおり、アクラフ・ハキミの出場機会が限られることが予想されていた。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシー、マドリーからのアザール獲得オファーを拒否!

チェルシーが、所属するベルギー代表MFエデン・アザール(28)に対するレアル・マドリーからのオファーを拒否したようだ。イギリス『エクスプレス』が報じた。 2012年にリールから加わって以来、チェルシーで眩く輝き続けているアザール。今シーズンも、ここまでの公式戦39試合で16ゴール11アシストと、チームを牽引している。 とはいえ、そんなアザールとチェルシーの現行契約も来シーズン終了まで。チェルシーからの契約延長オファーを固辞している上、同選手は以前からマドリーへの憧れを隠しておらず。さらに、マドリー指揮官にはアザールにとってのアイドルであるジネディーヌ・ジダン監督が復任し、今夏移籍の可能性が高まっている。 そして、今回の報道によると、マドリーはアザール獲得に向けて最初のオファーを提示したが、チェルシーが拒否。先日伝えられた通り、チェルシーは1億ユーロ(約126億円)付近での売却を狙っており、来年夏にフリーでスターを失うリスクを背負いつつ交渉を進めているようだ。 2019.03.19 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ベッカム、新型ベントレーで“ながらスマホ”…容疑認める

デイヴィッド・ベッカム氏が、運転中の携帯電話での通話を認めたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ベッカム氏は昨年11月21日に2018年新型ベントレーを運転している最中に、携帯電話を使用している姿を目撃されており、起訴されていた。『スカイ・スポーツ』によると、ベッカム氏は罪を認めており、ロンドン警視庁本部は、「ベッカム氏は容疑を認め、ブロムリー治安判事裁判所により有罪の申し立てが受理されました」と発表している。 なお、今回の一件については3月19日にも裁判所で審理される予定だが、ベッカム氏当人の出席は見込まれておらず、報道関係者などの立ち入りも認められないとのこと。今回の場合は免許点数の減点や罰金などが科されることとなりそうだ。 また、ベッカム氏の広報担当者は、『スカイ・スポーツ』の取材の申し込みに対してすぐには返答せず。ベッカム氏当人のコメントに関しても、差し控えられている。 2019.03.19 15:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ベイル、バイエルン行きの可能性が浮上! 関係者「成立し得る」

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)に、バイエルン移籍の可能性が浮上した。イギリス『TeamTalk』の情報を基に、スペイン『アス』が報じた。 ケガ癖による稼働率の低さや、スペイン語不習得によるコミュニケーション不足が指摘され続け、マドリーでの将来が危ぶまれるベイル。先日復任したジネディーヌ・ジダン監督の下でチームが今夏大型補強に乗り出すとも見られており、ベイルの去就に関して様々な憶測が飛び交っている。 そして、『TeamTalk』はベイルのバイエルン移籍に関して、関係者が「この移籍は多方面に対し、そして選手自身にとって魅力的なものだ。バイエルン・ミュンヘンのためにプレーしたくない選手がいるのか? 」と述べていると報道。さらに、「レアルとバイエルンは良好な関係を築いている。これは、成立し得る取引だ」とも語られたようだ。 また、バイエルンからは、今シーズン終了後にFWアリエン・ロッベン、MFフランク・リベリという2人の偉大なウインガーが去る。適切な後釜を探す同クラブにとっても魅力的な選択肢になるかもしれない、と『アス』は伝えている。また、バイエルン側はオファーを検討している段階で、選手当人は移籍に興味を示しているという。 2019.03.19 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ジダン第一次政権時に重宝されたヴァラン、マドリー退団を検討か

レアル・マドリーに所属するフランス代表DFラファエル・ヴァラン(25)が同クラブ退団を検討しているようだ。フランス『レキップ』の情報をもとにイギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 2011年にランスからマドリー入りしたヴァラン。25歳にしてここまで4度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇や2度のリーガエスパニョーラ優勝などを成し遂げた。また、昨年行われたロシア・ワールドカップ(W杯)では全試合に出場し、ディフェンスリーダーとしてフランス代表の5大会ぶり2度目の優勝に貢献した。 今シーズンもサンティアゴ・ソラーリ前監督の下、公式戦34試合に出場していたヴァランは、16日に行われたジネディーヌ・ジダン監督体制初陣のリーガエスパニョーラ第28節のセルタ戦にも出場。同監督の一次政権時にも重宝されていたことで現体制でも中心選手として期待されていることは間違いない。 しかし、今回伝えられるところによると、ヴァランは環境を変え、新たな挑戦をすることを希望している模様。マドリーを離れることも考えており、選択肢を模索しているという。 現在、ヴァランにはマンチェスター・ユナイテッドからの関心が報じられているが、果たしてマドリーを退団することになるのだろうか。 2019.03.19 11:20 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーとバイエルン、近く会談へ ハメス語る

バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)が将来に言及した。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 今シーズン終了後にレアル・マドリーとバイエルンの2年間にわたるレンタル移籍期間が失効するハメス。レアル・マドリー復帰説やプレミアリーグクラブの関心など様々な憶測が取り沙汰されているが、バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏が最近の発言で3500万ユーロ(約44億3000万円)の買取条項を行使する可能性をちらつかせており、どのような結末を迎えるのか不透明な状況だ。 そうしたなか、当のハメスは17日にホームで行われたブンデスリーガ第26節のマインツ戦(6-0でバイエルンが勝利)でハットトリックの活躍を披露。試合後、騒がしくなりつつある去就について問われると、次のように話したという。 「今後、クラブ同士で僕の将来について話し合う。現時点でどうなるのかなんて誰にもわからないことだけどね」 「僕はこのクラブにすごく満足していて、気分も良い。(ニコ・)コバチは偉大な監督で、一緒に多くのトロフィーを獲得していきたいね」 2019.03.18 22:15 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース