超ワールドサッカー

【日本代表ターニングポイント】先を見据えた選手起用も疑問が残る“ギャンブル”2018.06.29 06:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表は、28日に行われたロシア・ワールドカップのグループH最終戦でポーランド代表と対戦。0-1で敗れたものの、セネガル代表vsコロンビア代表でコロンビアが1-0と勝利したため、日本の決勝トーナメント進出が決定した。

▽引き分け以上の結果を残せば自力で決勝トーナメント進出を決められた日本。しかし、最後は自力を放棄し、他力に頼る決断を下した。

◆先を見据えた戦い
Getty Images
▽この試合のターニングポイントは、選手起用にある。

▽まず、スターティングメンバーを6人変更してきた。特に前線の選手は大きく入れ替え、最終ラインもDF昌子源を外し、DF槙野智章を起用した。

▽ワールドカップ前の国際親善試合3試合で起用していた選手を外し、本大会では、昌子、そしてMF柴崎岳をスタメン起用。その2人のパフォーマンスも高く、2試合は良い結果を残していた。

▽しかし、決勝トーナメント進出が懸かる大事な3戦目では、槙野をはじめ、MF山口蛍、DF酒井高徳、MF宇佐美貴史、FW岡崎慎司、FW武藤嘉紀を起用。攻守の核を外して、大一番に臨んだ。

▽無謀とも思われた大幅変更の選手起用だったが、先を見据えての選手起用だったとも言える。例えば、MF長谷部誠はイエローカードを貰っており、あと1枚でラウンド16に進出しても出場停止となる状況だった。

▽また、前線選手は2試合での疲労も考慮。ラウンド16の戦いに備えて休息を与えたと考えても良い。メンバーが変わっても、ある程度のパフォーマンスを出せる自信があったからこその決断だと思うが、結果的にラウンド16に進出したため、今回の判断は間違いではなかったと言わざるを得ない。

◆無謀過ぎるギャンブル
Getty Images
▽ある種の“ターニングポイント”となったのは、試合終盤の采配だ。日本は敗れれば、他会場の結果に左右されることとなるが、59分にポーランドに先制を許してしまう。

▽その後、一度は反撃に転じるが、勢いづくポーランドの前に思うようなプレーができず。徐々に押し込まれる展開となった。

▽すると、3枚目の交代カードとしてMF長谷部誠を起用。中盤を落ち着かせに行ったかと思われが、ここからまさかの展開を目の当たりにすることとなった。

▽1点ビハインドの状況ながら、最終ラインでパスを繋ぐことに終始。ポーランドも無理して追うことが無いため、時間がただ過ぎていくのを待っていた。

▽セネガルvsコロンビアは74分にコロンビアが先制。この情報が長谷部によって選手たちに伝えられたようだが、間違えないで欲しい。セネガルvsコロンビアがドローに終わっていたら、日本は敗退していたのだ。

▽アディショナルタイムを含めて10分強。その時間をセネガルvsコロンビアの結果に託したのだ。ギャンブルに勝ったから良いものの、果たして正解だったのか。結果オーライという言葉しか出てこず、判断は間違っていたとは言えない。ただ、上を目指すものの戦いだったかと言われると、疑問が残るラスト10分だった。

コメント

関連ニュース

thumb

【試合後会見】森保監督「与えられた環境の中で最善を尽くしてくれた」

▽日本代表は16日、大分スポーツ公園総合競技場でキリンチャレンジカップ2018のベネズエラ代表戦に臨み、1-1で引き分けた。試合後の森保一監督の会見全文は以下の通り。 ◆森保一監督(日本代表監督) 「我々もベネズエラのチームもスタジアムに来る途中、渋滞に巻き込まれて試合開始に間に合わないかという状況の中、大分の警察の方が先導してくださって、道を空けてくださって、我々に譲ってくださって、きょう試合ができたこと。サポーターの皆さんやきょう試合ができることに尽力してくれた方々に感謝したいと思います。ありがとうございます」 「試合はウォームアップの時間を取れない中、選手たちが最善の準備をしてくれて集中した入りをしてくれました。ベネズエラは規律があり、球際の厳しいチームだったが、ベースの部分の走って戦うということができて、先取点を奪ってくれた点が良かったと思います」 「その後もチャンスが作れましたし、できれば無失点に抑えたまま追加点を奪って勝てれば良かったと思うが、相手も力のあるチームですし、追いつかれたのはこれから勝ち切るための課題としたいです」 ――試合運びについて 「まずは相手のゴールに向かってプレーすることを選手たちはアグレッシブにしてくれました。そんな中で相手に守備を固められた時、幅を使ってから縦に入れるというプレーを選手たちは見せてくれました。今後も素早く攻撃していくところと、幅を使って揺さぶりを入れていくことを選手たちには使い分けしていってもらいたいです」 ――GKシュミット・ダニエルについて 「代表初キャップだったが、落ち着いてプレーしてくれました。彼に求めるプレーの一つに足下を使ったビルドアップがあります。そこの部分も良いチャレンジをしてくれました。プレッシャーを回避して前線に当ててビッグチャンスに繋がったりと、良い指針になるプレーが多かったと思います。守備の部分でもディフェンスラインと連係して安定していたと思います」 ――ウォーミングアップが短かったことについて 「ボールを使ったり、長い距離を走ったりというような試合の状況を想定した動きができませんでした。それでも選手たちはやってくれました。与えられた環境の中で最善を尽くしてくれたと思います」 ――後半に入ったアタッカー陣について 「勝っている状況の中でどうプレーするかは考えていたと思うが、うまくコンビネーションを使うことはできていなかったと思います。チーム全体で試合を勝ち切るために交代選手たちが試合を締める戦いをできるようにならなければならないと思います。攻撃のバリエーションはスタメンで出ていた攻撃陣が長い時間戦っている分、上がっていると思います。チームとしてもう一セット攻撃陣を作れるようになることが、私自身の仕事だと思っています」 ――個々の選手のチャレンジによって、チームのバランスが崩れているように思えたが 「私はバランスが崩れていたとは思いません。ただ、流れの中で得点を奪えなかった。より、お互いが同じ絵を描いて攻撃をしていかなければと思います」 ――ウォーミングアップが短かったことによってできなかったことあるか 「これまで通り、入りからアグレッシブにできていました。求めていることをやってくれました」 ――前線の選手4人を代えたのは元々の予定か 「ある程度のプランは考えていました。ただ、交代の時間や枚数は試合の流れを見てでした」 ――大迫の代わりとなり得る武藤や久保について 「もちろん、彼らは招集のリストに入っています。チームでの彼らの立ち位置も考えながら呼ぼうと思っています。大迫は良い選手ですし、代わりとなる選手はいません。それでも、選手層を厚くしていけるようにしていきたいです」 2018.11.16 23:45 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング:日本代表 1-1 ベネズエラ代表《キリンチャレンジカップ2018》

▽日本代表は16日、大分スポーツ公園総合競技場で行われたキリンチャレンジカップ2018でベネズエラ代表と対戦し、1-1のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽日本採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181116_33_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 23 シュミット・ダニエル 6.0 待望のフル代表デビュー。立ち上がりに硬さが見えたが、時間の経過と共に落ち着きを見せる。比較的プレッシャーが弱い中、酒井と大迫を狙ったフィードもきっちり通した DF 19 酒井宏樹 6.0 49戦目にして嬉しい代表初ゴールもPK献上で微妙な形に。それでも、安定した一対一の対応に加え、高さを生かしてGKからのフィードを収めて起点に 16 冨安健洋 6.5 立ち上がりのスーパークリアでチームを救う。屈強なロンドンを吉田とのコンビで封じ込んだ。出足の鋭い潰しなど積極性が光った 22 吉田麻也 6.5 試合勘が懸念されたものの、ベテランらしい読みを利かせたプレーで最終ラインを締める。正確な縦パスからビルドアップの起点にもなり、あわや決勝点というヘディングシュートも披露 4 佐々木翔 5.5 立ち上がりに軽率なバックパスで1失点もののミスを犯す。その後、守備では持ち直したが、マイボール時の軽さや攻撃参加の少なさはマイナス MF 21 堂安律 6.0 両足共にフィニッシュの精度は欠いたが、質の高い動き出しや切り替えの速さ、縦への推進力とパフォーマンス自体は良かった (→11 杉本健勇 5.0) 前線で収める仕事をほぼこなせず、決定機にも絡めず 6 遠藤航 6.0 前半は良い形でボールを奪えなかったが、冷静なカバーリングやスペースケアで最終ラインをサポート。後半は良い縦パスを通した 9 南野拓実 6.0 代表4戦連発はならず。堂安と共に切り替えの速さやスマートな動き出しとシンプルなプレーで決定機に絡んだ (→14 伊東純也 5.0) 仕掛ける場面はほとんどなかった。指示なのか、サイドに張り付き過ぎてボールを引き出せず 7 柴崎岳 5.5 前半は試合勘のなさからか、らしくないパスミスや球際での劣勢が見受けられたが、後半は徐々にリズムを掴んで幾つか良いパスを通した 10 中島翔哉 6.5 自身の決定機は逸したが、絶妙なプレースキックで先制点をアシスト。積極果敢な仕掛けで大迫と共に崩しに絡んだ (→8 原口元気 5.5) 持ち味の献身的なプレスバックと巧みなダブルタッチの仕掛けで見せ場を作った FW 15 大迫勇也 6.5 絶妙な動き出しでボールを引き出し、確度の高いポストプレーで抜群の存在感。崩しのアイデアも豊富だった (→13 北川航也 5.5) 終盤に絶妙なターンからゴールに迫るもわずかに及ばず 監督 森保一 5.5 大渋滞で会場入りが遅れるアクシデントに見舞われた中、最低限のドローで無敗継続。替えの利かない大迫のバックアッパー探しは今後の大きな課題に ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 大迫勇也(日本代表) ▽南米の屈強な守備陣を全く苦にしない強さと巧さを兼ね備えたプレーで攻撃を牽引し続けた。自身がベンチに下がった後の苦しい戦いぶりこそ、その抜群の存在感の表れだった。 日本 1-1 ベネズエラ 【日本】 酒井宏樹(前39) 【ベネズエラ】 リンコン(後36[PK]) 2018.11.16 21:54 Fri
twitterfacebook
thumb

酒井代表初弾もPK献上…ベネズエラとドローの森保ジャパン、史上初の初陣4連勝ならず《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は16日、大分スポーツ公園総合競技場でキリンチャレンジカップ2018のベネズエラ代表戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽初陣からの3試合で全勝を収めている森保ジャパン。初陣のコスタリカ代表戦、続くパナマ代表戦をどちらも3-0で制すと、先月行われた強豪ウルグアイ代表との試合でも4-3での勝利を収めた。 ▽日本代表監督としての就任初戦からの最多連勝記録は「3」。4戦4勝での記録更新に期待がかかる森保監督は、ウルグアイ戦からスタメンを3名変更し、GK東口、三浦、長友に代えて、GKシュミット・ダニエル、冨安、佐々木を起用した。GKシュミット・ダニエルにとっては、これが代表デビュー戦となった。 ▽試合開始早々、日本がファーストシュートを浴びせる。3分、堂安が右サイド高い位置で抜け出し、ボックス左の中島にボールを渡す。中島がGKロモの位置を見てループ気味に放ったシュートは枠を外れたが、幸先の良い入りを見せた。 ▽しかし、11分に日本はピンチを迎える。ベネズエラの選手がボックス手前中央からゴール前に浮き球のスルーパスを入れると佐々木が対処したが、GKシュミット・ダニエルへのバックパスは中途半端になり、反応したロンドンがボックス内フリーで一対一の状態に。すると、ロンドンが放ったシュートはGKシュミット・ダニエルの腕をすり抜けたが、冨安がゴールライン目前で決死のクリア。1点分の働きを披露する。 ▽さらに13分、自陣内から打ち込んだ柴崎の縦パスがマチスに引っかけられ、ショートカウンターを仕掛けられてしまう。自らプレスに行った柴崎がボックス手前右でマチスを倒してしまい、ベネズエラボールのFKに。しかし、この位置からロンドンが直接狙ったシュートは壁が阻み、跳ね返りに再びロンドンが合わせたシュートも枠を外れていく。 ▽相手の攻撃を凌ぎ続けている日本は、26分に決定機を作り出す。細かい連係からボックス手前中央の南野がボックス右の堂安にパスを送る。すると、堂安が華麗なターンでベネズエラDFのマークを剥がし一対一の状況に。しかし、右足のシュートはわずかに枠の左に外れた。先制点とはならなかったが、ここから盛り返し始める。さらに、34分にも大迫の縦パスに抜け出した中島がボックス左で一対一を迎えたが、GKロモのファインセーブに阻まれた。 ▽そして、39分に待望の瞬間が訪れる。相手陣内右サイド浅い位置で得たFKの場面で、キッカーは中島。ファーにボールが蹴り込まれると、酒井が飛び込み右足の豪快なジャンピングボレーシュートをネットに突き刺した。なお、これが酒井にとっての代表初ゴールとなっている。 ▽日本は、序盤こそベネズエラのフィジカルやスピードに苦しめられたものの、中島や大迫が前線でボールを引き出して徐々に応戦。良い流れでリードを奪い、1-0のスコアで試合の折り返しを迎えることに。 ▽後半に入っても、日本が優位に試合を進行。51分にショートカウンターの流れから右サイドを駆け上がった柴崎が入れたクロスはGKロモのパンチングに遭ったが、日本は攻勢を緩めない。挽回しようとするベネズエラのビルドアップを許さず、前線からプレスをかけ続ける。 ▽その後、お互いにペースを落とし中盤での攻防にシフトした試合は、チャンスの少ない時間帯が続く。1点を追うベネズエラは、65分に3枚替えを敢行。ロンドンらに代えて、ホセフ・マルティネスらを送り出した。対する日本も、直後にフレッシュな選手を投入。中島、大迫に代えて、原口、北川を起用する。 ▽すると75分、ボックス左でボールを持った原口がそのままドリブルで侵攻。ゴール目前まで運んでGKロモの股下を狙ったシュートは決め切れなかったが、早速チャンスを作り出した。77分、日本は堂安、南野に代えて、杉本、伊東を投入。攻撃にカードを次々と切り追加点を奪いに行く。 ▽しかし、80分にボックス内右で酒井が途中出場のルイス・ゴンザレスを倒してしまい、ベネズエラにPKが与えられる。これをキャプテンのリンコンが落ち着いて沈め、試合は振り出しに戻った。 ▽試合終了間際の91分には原口が左サイドを突破しクロスを供給。すると、ボックス内でトラップした北川がベネズエラDFをかわしてシュートを放ったが、ブロックに遭い勝ち越し弾とすることはできず。 ▽結局、試合は1-1のスコアで終了。この結果、日本代表史上初の新体制発足から4連勝とはならなかったが、無敗を継続した。日本は、20日に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦する。 2018.11.16 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ベネズエラ戦先発メンバー発表 GKシュミット・ダニエルがデビュー!《キリンチャレンジカップ》

▽本日16日19時30分にキックオフを迎えるキリンチャレンジカップ2018日本代表vsベネズエラ代表の、日本代表のスターティングメンバ―が発表された。 ▽アジアカップに向けて、最後のサバイバルとなる今シリーズ。その第一戦にはベネズエラ代表を迎えた。 ▽森保監督は、強豪ウルグアイ代表を4-3で撃破した先月の親善試合からスタメンを3名変更。GK東口順昭、DF三浦弦太、DF長友佑都に代えて、GKシュミット・ダニエル、DF冨安健洋、DF佐々木翔を起用した。シュミット・ダニエルにとってはデビュー戦となる。 ◆vsベネズエラ 日本代表スタメン GK:シュミット・ダニエル DF:酒井宏樹、冨安健洋、吉田麻也、佐々木翔 MF:堂安律、遠藤航、南野拓実、柴崎岳、中島翔哉 FW:大迫勇也 2018.11.16 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】左SBは新戦力の山中亮輔に期待! ベネズエラ戦スタメン希望結果

▽超WS有料版で実施していた「日本代表スタメンアンケート(ベネズエラ代表戦)」の結果を発表します。 ▽日本代表は本日16日、ベネズエラ代表との国際親善試合に挑みます。今回のアンケート結果では、ウルグアイ代表戦のスタメンを継続するよう望む声が大きかったようです。DF長友佑都(ガラタサライ)が務めていた左サイドバックには、初招集のDF山中亮輔(横浜F・マリノス)に期待が集まりました。 ▽アジアカップ前最後のサバイバルとなる今回のシリーズ。ベネズエラ代表戦は、大分スポーツ公園総合競技場で19時30分にキックオフを迎えます。 ◆予想スタメンアンケート結果 GK 東口順昭(ガンバ大阪) DF 酒井宏樹(マルセイユ/フランス) 吉田麻也(サウサンプトン/イングランド) 冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー) 山中亮輔(横浜F・マリノス) MF 堂安律(フローニンヘン/オランダ) 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン) 南野拓実(ザルツブルク/オーストリア) 遠藤航(シント=トロイデン/ベルギー) 中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル) FW 大迫勇也(ブレーメン/ドイツ) ◆代表に一言! (皆様の声※一部) ・楽しいサッカーが見たい。 ・新戦力の躍動を期待します! ・途中交代メンバーの起用が結果を出す、スーパーサブを輩出して欲しい! 野人岡野の様な! ・攻撃陣は好調さを維持出来るか、守備陣は無失点に抑えられるかに注目したい。 ・アジアカップに向けて骨格を確かにすべく、現時点でアグレッシブに闘えるメンバーを定めて貰いたい。 ・年内の2戦続けて連勝だ! 楽しませるサッカーを魅せてくれ!! 2018.11.16 15:30 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース