ヴォルフスブルク、リンツからオーストリア代表GKペルヴァンを獲得2018.06.19 03:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴォルフスブルクは18日、オーストリアリーグのリンツに所属するオーストリア代表GKパヴァオ・ペルヴァン(30)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年までの3年間となっている。

▽ボスニア・ヘルツェゴビナ出身のペルヴァンは、4歳の頃にオーストリアへ移住。2005年にSVシュベヒャトでプロデビューを果たしたペルヴァンは、その後も国内クラブを渡り歩き、2010年にリンツへ加入。

▽昇格組としてオーストリア1部リーグに臨んだ今季は、主将としてクラブを引っ張るとリーグ戦35試合に出場し13試合のクリーンシートを達成。見事に4位でシーズンを終え、クラブにヨーロッパリーグ(EL)出場権をもたらした。なお、デビューはしていないが2017年10月にはオーストリア代表に初招集された。

▽現在、ヴォルフスブルクは守護神のベルギー代表GKコーエン・カスティールスのほかに下部チームに所属している若手GKのフィリップ・メンゼルしかおらず、ペルヴァンは第2GKとして期待されている。

コメント

関連ニュース

thumb

シュツットガルトがヴォルフスブルクから下部組織出身のMFディダヴィを獲得!2016年以来の復帰

▽シュツットガルトは29日、ヴォルフスブルクからMFダニエル・ディダヴィ(28)を獲得した。契約期間は2021年6月30日までとなる。 ▽シュツットガルトの下部組織出身のディダヴィは、2010-11シーズンにトップチームデビューを飾ると、5シーズンで公式戦70試合に出場し19ゴールをマーク。しかし、ブンデスリーガ2部降格となった2016年の夏にヴォルフスブルクへ移籍。 ▽ヴォルフスブルクでは、在籍2シーズンで公式戦55試合に出場し14ゴール12アシストを記録した。今季もレギュラーとしてブンデスリーガ30試合に出場し、9ゴール6アシストを記録した。 2018.06.30 05:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、シュツットガルトからFWギンチェク獲得を発表!

▽ヴォルフスブルクは29日、シュツットガルトからFWダニエル・ギンチェク(29)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。 ▽2010年にドルトムントでプロデビューしたギンチェクは、ニュルンベルクでのプレーを経て2014年の夏にシュツットガルトへ加入。シュツットガルトでは、度重なるケガに悩まされながら、在籍4シーズンで公式戦40試合の出場で23ゴール11アシストをマーク。今シーズンは、公式戦25試合で8ゴールを記録していた。 ▽ヴォルフスブルクのブルーノ・ラッバディア監督は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「ダニエルはかなり完成されたストライカーだ。私は彼の持つ力に確信を抱いているし、彼のようなスタイルは新たに獲得したベグホルストと共にうちのFW陣の補強に向けて、理想的なものだよ」 2018.06.30 01:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、AZからオランダ代表FWベグホルストを獲得!「僕のステップアップとって正しい決断」

▽ヴォルフスブルクは26日、AZからオランダ代表FWワウト・ベグホルスト(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 ▽2012年に当時エールステ・ディヴィジ(オランダ2部)に所属していたエメンでプロデビューを飾ったベグホルストは、ヘラクレス・アルメロでのプレーを経て、2016年の夏にAZへ加入。 ▽AZでは加入初年度からレギュラーとしてリーグ戦29試合に出場し、13ゴール4アシストをマークすると、シーズン途中に主将に就任した今季もリーグ戦31試合で18ゴール6アシストを記録した。 ▽また、2018年3月に行われたイングランド代表との国際親善試合でオランダ代表デビューすると、ここまで3試合に出場している。 ▽ベグホルストは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「AZでの時間はとても素晴らしいものでした。だけど、僕は次のステップへ踏み出した位と思ったんだ。いまは新たな挑戦が楽しみだよ」 「ブンデスリーガへの挑戦は、僕のステップアップとって正しい決断だと確信している。新たなチームメイトと新たな環境を学ぶことを今から楽しみにしているよ」 2018.06.27 00:40 Wed
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀にドイツ国内から関心…ヴォルフスブルクが攻撃陣の刷新に白羽の矢

マインツに所属する日本代表FW武藤嘉紀に、ブンデスリーガ内移籍の可能性が浮上しているようだ。ドイツ誌『キッカー』が伝えている。<br><br>2015年夏にFC東京からマインツに渡った武藤だが、今シーズン終盤に今夏の退団を示唆し、憧れのプレミアリーグに向かう可能性が報じられてきた。だが25歳のアタッカーにはドイツの他クラブも熱視線を送っているようだ。<br><br>『キッカー』によれば、興味を抱いているのは以前ハノーファーやケルンで強化を担当していたヨルク・シュマットケSD(スポーツディレクター)を招へいしたヴォルフスブルクとのこと。ここ数シーズン、残留争いに巻き込まれているクラブだが、攻撃陣の刷新を図り、武藤の獲得を狙っているという。<br><br>一方で、マインツとは2019年までの契約を残す武藤だが、クラブ側はロシア・ワールドカップでの活躍することで、より高額の移籍金を見込めるイングランド行きに期待。ヴォルフスブルクへの移籍は、プレミアリーグ挑戦が実現しなかった場合のみの選択肢となるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.11 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

クノッヘのヘディング弾で連勝のヴォルフスブルクが1部残留を決める!《ブンデス昇格・降格プレーオフ》

▽21日にブンデス昇格・降格プレーオフ2ndレグのホルシュタイン・キールvsヴォルフスブルクが行われ、0-1でヴォルフスブルクが勝利した。この結果、2戦合計4-1でヴォルフスブルクが1部残留を決めた。 ▽ホームで行われた1stレグを3-1と快勝したヴォルフスブルクが、逆転を狙うキールの本拠地ホルシュタイン・シュタディオンに乗り込んだ一戦。試合は、立ち上がりから積極的な姿勢を見せたキールが優勢に試合を進める。 ▽すると14分、ヨハネス・ファン・デン・ベルフのパスをボックス左手前で受けたアーロン・ザイデルが、ボックス左まで持ち上がりシュート。しかし、これはわずかに枠の右に逸れた。 ▽対するヴォルフスブルクは、17分に決定機。ドリブルでボックス右から侵入したジョシュア・ギラヴォギの折り返しを中央で受けたユヌス・マリが左足で流し込んだ。しかし、主審はゴール前のディヴォク・オリジが相手GKのブラインドになったことがプレーに関与したと見なされ、オフサイドの判定となった。 ▽キールは前半間際の46分、ドリブルでボックス左から侵入したアレキサンダー・ビエリ―のパスをボックス深くのマーヴィン・ドゥクシュが折り返し、最後はダビド・キンソンビが合わせたが、シュートはGKコーエン・カスティールスがキャッチ。 ▽ゴールレスで迎えた後半もキールが積極的な入りを見せると、58分右サイドでボールを受けたパトリック・ヘアマンのクロスをザイデルが頭で合わせるも、これはGKカスティールスがセーブ。 ▽対するヴォルフスブルクは75分、マキシミリアン・アーノルドの左CKをロビン・クノッヘがヘディングで叩き込み、先制に成功した。 ▽ホームでリードを許したキールは、86分にマヌエル・ヤンツァーの左CKをニアサイドのドミニク・ペイツがフリックしたボールをゴール前に走り込んだラファエル・チコスがゴールに押し込んだ。しかし、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の結果、主審はチコスが腕で押し込んだと判断し、ハンドの判定でゴールを取り消した。 ▽結局、試合はそのまま0-1で終了。この結果、2戦合計4-1で勝利したヴォルフスブルクが1部残留を決めた。 キール 0-1(AGG:1-4) ヴォルフスブルク 【ヴォルフスブルク】 クノッヘ(後30) 2018.05.22 07:04 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース