超ワールドサッカー

シャフタール、今夏でディナモ・キエフ退団のブラジル人FWジュニオール・モラエスを獲得2018.06.19 00:05 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽シャフタールは18日、ディナモ・キエフからブラジル人FWジュニオール・モラエス(31)を獲得したことを発表した。契約期間は2年間となる。

▽サントスの下部組織出身のジュニオール・モラエスは、2010年1月にルーマニアのグロリア・ビストリツァに移籍し欧州に挑戦。その後はウクライナのメタルルフ・ドネツクやブルガリアのCSKAソフィアでプレー。2015年7月にディナモ・キエフに加入した。

▽2017年の冬には、中国スーパーリーグの天津権健にレンタルされたジュニオール・モラエスだが、ディナモ・キエフでは、在籍2年半でウクライナ・プレミアリーグ114試合に出場し56得点を記録した。

▽なお、ジュニオール・モラエスは今季限りでディナモ・キエフとの契約が切れるため、フリートランスファーでの加入となる。

コメント

関連ニュース

thumb

グアルディオラ、スターリングの誤審PKに「あのような形で得点することは望んでいない」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラが、イングランド代表FWラヒーム・スターリングのPK獲得シーンについて言及した。イギリス『Four Four Two』が伝えている。 ▽シティは7日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループF第4節でシャフタールと対戦。1-0で迎えた24分、この日先発したスターリングがボックス左で縦に仕掛けると、地面につま先を引っかけてしまいピッチに倒れ込んでしまう。すると、カッサイ主審は全く接触がなかったDFマトビイェンコが後方から倒したとの信じ難いジャッジでPKを与える。 ▽しかし、自身の躓きを勝手にPKと判断されたスターリングは自らノーファウルと申告することはなく、キッカーのジェズスが冷静に決めて試合を2-0に。その後もシティは得点を積み重ね、試合は結局6-0でシティの大勝で終わっている。 ▽指揮官のグアルディオラ監督は、スターリングが自らのミスで転倒したことを分かっていたようだ。試合後、「あのような形でゴールを奪うことは望んでいない」と語り、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)導入を推奨した。 「ペナルティではないと分かっていた。彼はボールを蹴りたかったのに、芝生に躓いた」 「あのような形でゴールを奪うことは望んでいない。しかし、彼は分からなかったんだろう。」 「VARはレフェリーを助けてくれるはずた。良い試合をしたいと思っていても、ゲームは速く選手たちのスキルも上がっている。ペナルティなのか、ペナルティではないのか、ジャッジには3秒から4秒かかる」 「こういう結果の後に、ペナルティについて話すことは難しい。ただ、あれはおかしかった。それだけは言える」 2018.11.08 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

自分で躓いたのに…誤審PK獲得のスターリングが謝罪「あれは僕が悪かった」

▽マンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリングが、シャフタール戦でのある出来事について謝罪をしている。イギリス『Four Four Two』が伝えた。 ▽シティは7日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループF第4節でシャフタールと対戦。1-0で迎えた24分、この日先発したスターリングがボックス左で縦に仕掛けると、地面につま先を引っかけてしまいピッチに倒れ込んでしまう。すると、カッサイ主審は全く接触がなかったDFマトビイェンコが後方から倒したとの信じ難いジャッジでPKを与える。 ▽しかし、自身の躓きを勝手にPKと判断されたスターリングは自らノーファウルと申告することはなく、キッカーのジェズスが冷静に決めて試合を2-0に。その後もシティは得点を積み重ね、試合は結局6-0でシティの大勝で終わっている。 ▽試合後、スターリングは同シーンについて言及。接触がなかったことを認め、審判団とシャフタールに謝罪をしている。 「僕はボールを蹴ろうとしたんだ。その次には何が起きたのか分からなかった。ピッチを倒れていたんだ」 「接触はなかったと思う。あれは僕が悪かったんだ。審判とシャフタールには謝罪したい」 2018.11.08 11:45 Thu
twitterfacebook
thumb

敵地で3発快勝のシティがグループF首位に浮上!《CL》

▽マンチェスター・シティは23日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第3節でシャフタール・ドネツクとアウェイで対戦し、3-0で勝利した。 ▽2日に行われた前節のホッフェンハイム戦で今季CL初勝利を飾ったシティは、直近に行われたプレミアリーグ第9節のバーンリー戦から先発を4人変更。アグエロ、ザネ、ベルナルド・シウバ、コンパニに代えてガブリエウ・ジェズス、スターリング、デ・ブライネ、オタメンディを起用した。 ▽一方、ここまでCLで2引き分けのシャフタールは、前節2ゴールのジュニオール・モラエスやフェルナンド、マイコンが先発に起用された。 ▽マフレズ、ジェズス、スターリングの3トップで試合に臨んだシティは、立ち上がりから両ウイングを経由した厚みのある攻撃でシャフタールゴールに迫る。すると14分、シルバのスルーパスでゴールエリア付近まで侵入したジェズスがシュートを放つも、これは飛び出したGKピアトフに阻まれた。 ▽主導権を握るシティは28分、マフレズの右クロスからゴール前に走り込んだシルバが左足で合わせたが、これは右ポストを直撃。決定機を逃したシティだが、30分に左サイドの高い位置でパスを受けたメンディの折り返しをボックス中央左寄りの位置で受けたジェズスが反転からシュート。これは相手DFのブロックに遭うも、セカンドボールの浮き球をシルバがダイレクトボレーでゴール右隅に突き刺した。 ▽先制したシティは、35分にもデ・ブルイネの左CKをゴール前のラポルテがヘディングシュートをゴール右に流し込み、立て続けにゴールネットを揺らした。 ▽後半も開始早々からシティが、シャフタールゴールに迫る。49分、マフレズのスルーパスを受けたジェズスがボックス右まで持ち上がりクロス。これを走り込んだシルバが左足で合わせるも、イスマイリがスライディングブロック。さらに、このプレーで獲得したCKのこぼれ球をボックス右手前で拾ったマフレズが、ミドルシュートでゴールを狙うも、これは枠の左に外れた。 ▽攻撃の手を緩めないシティは、69分にデ・ブライネを下げてベルナルド・シウバを投入。すると71分、マフレズのパスをバイタルエリア右で受けたベルナルド・シウバがダイアゴナルなドリブルでボックス中央まで持ち込みシュート。これが左ポストに当たりゴールに吸い込まれた。 ▽その後も危なげない試合運びを見せたシティは、3-0のまま試合をクローズ。敵地で快勝のシティが、CL連勝を飾りグループFの首位に浮上した。一方、ホームで完敗を喫したシャフタールは、最下位に沈んでいる。 2018.10.24 06:03 Wed
twitterfacebook
thumb

シャフタール2点先攻も、2分で2点を奪ったリヨンが引き分けに持ち込む《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第2節、リヨンvsシャフタールが2日に行われ、2-2の引き分けに終わった。 ▽開幕節で優勝候補のマンチェスター・シティを下して白星スタートを切ったリヨンは、その後のリーグ戦3試合も2勝1分けと好調をキープ。2連勝を目指すこの一戦に向けてはフェキルやムサ・デンベレ、トラオレらが先発に顔を揃えた。 ▽一方、前節はホッフェンハイムと引き分けたシャフタールは直近のリーグ戦では6得点圧勝を収めた。今大会初勝利を目指す今節は、前節ゴールのイスマイリやマイコン、ジュニオール・モラエスが先発に起用された。 ▽先にチャンスを迎えたのはリヨン。味方のパスから最終ラインを突破したムサ・デンベレがGKピアトフと一対一になるも、ゴールエリアを飛び出して対応してきたピアトフにシュートを阻まれ先制ならず。直後にはフェキルがロングループシュートでGKが出ていたところを狙ったが、枠を捉えられなかった。 ▽その後はシャフタールが立て続けにチャンスを演出。まずは18分、味方のパスでボックス左に入ったマイコンが至近距離から狙ったが、コースを切られシュートを外してしまう。22分には、ジュニオール・モラエスボックス手前から強烈なドライブがかかったシュートを見舞うが、GKアントニー・ロペスが片手一本で掻きだした。さらに30分にはカウンターから最後はマルロスがボックス右からシュートを狙うが、GKの正面に飛んでしまう。 ▽このまま後半に向かうかに思われた44分、攻勢を続けたシャフタールがついに均衡を破る。左サイドでタイソンのパスから敵陣深くに侵攻したイスマイリのクロスにジュニオール・モラエスがニアで反応。相手DFの間に上手く入ってマークを外したモラエスがグラウンダーのクロスをダイレクトで流し込み、シャフタールがリードを奪って後半に向かった。 ▽リヨンが積極的は入りを見せた後半、シャフタールが追いすがるリヨンを突き放す。55分、自陣右サイドでボールを奪ったシャフタールは、カウンターで徐々に左へと展開。最後にボックス左でボールを受けたジュニオール・モラエスは、相手のタイミングを外す巧みなシュートをファーサイドに流し込み、自身2点目となる追加点を挙げた。 ▽リードを2点に広げたシャフタール。65分には、再びカウンターからジュニオール・モラエスに3点目のチャンスが訪れるも、シュートは大きく枠を超えてしまう。 ▽するとシャフタールはここで決めきれなかったツケを支払わされることになる。70分、左サイドから攻めるリヨンは、フェキルのボックス左端からのシュートにM・デンベレが打点の高いヘディングシュートを突き刺し1点差に。さらにその2分後、再び左サイドを侵略したリヨンは、一度、クロスが相手に引っかかるも、そのこぼれ球をボックス左で拾ったアワールの折り返しをデュボワが押し込んで、瞬く間に同点に追いついた。 ▽たった2分で2点差を追いついたリヨンは78分、ピッチ中央でボールを奪いすぐさまカウンターに転じると、最後はM・デンベレがボックス左から流し込みにかかったがGKのファインセーブに遭ってしまう。後半アディショナルタイムにはシャフタールにラストチャンス。途中出場のカヨデのシュートがクロスバーを直撃。 ▽結局、試合は2-2のまま終了。2点を先攻したシャフタールにとっては痛いドローとなった。 2018.10.03 06:05 Wed
twitterfacebook
thumb

中島翔哉にCL常連シャフタールが再び関心?

▽ポルティモネンセに所属する日本代表FW中島翔哉(24)に、シャフタールが再び獲得に関心を寄せているようだ。ポルトガル『Record』が伝えている。 ▽中島は、昨夏にFC東京からポルティモネンセにレンタルで加入し、海外挑戦1年目から公式戦32試合10ゴール12アシストの好成績を残した。完全移籍を果たして背番号10を着用してプレーする今シーズンは、ここまで公式戦6試合に出場。23日に行われたポルトガルリーグ第5節のギマランエス戦では、今シーズン初ゴールを含む2ゴールと1アシストでチームの初白星に貢献した。 ▽今回伝えられるところによると、そんな中島に対して今年1月にも獲得に動いていたチャンピオンズリーグ常連のシャフタールが再び獲得を狙っている模様。ギマランエス戦にもスカウト陣を派遣していたようだ。 ▽1月時には1000万ユーロ(約13億円)だった中島の契約解除金は、現在4000万ユーロ(約53億円)に設定されているとされる。果たしてウクライナの強豪は、中島を獲得することができるのだろうか。 2018.09.24 19:40 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース