決戦地ロシアから震災に心配の声…高槻市出身の東口順昭「気をつけて」2018.06.18 21:05 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽ガンバ大阪に所属する日本代表GK東口順昭が18日、自身のツイッター(@hi_five21)を通じて、大阪府北部を襲った震度6弱の地震による被害を心配した。

▽東口は大阪府高槻市出身。所属クラブも震源地の大阪府北部をホームタウンとするG大阪だ。現在、ロシア・ワールドカップに参戦中の日本代表に帯同する東口。決戦の地ロシアから被災地にメッセージを寄せた。

「心配です。まだまだ気は抜けないとは思いますが、皆さん気をつけて下さい!」

コメント

関連ニュース

thumb

G大阪、今季敵地初白星で連勝 ウィジョが神戸破る逆転弾《J1》

▽15日にノエビアスタジアム神戸で行われた明治安田生命J1リーグ第26節のヴィッセル神戸vsガンバ大阪は、アウェイのG大阪が2-1で勝利した。 ▽ACL出場権争いを演じる7位の神戸は、ルーカス・ポドルスキと渡部が出場停止で欠場した一方で、右足痛で別メニューが続いたアンドレス・イニエスタが先発に名を連ねた。 ▽残留争いからの脱却を図りたい17位のG大阪は、アジア競技大会のU-23韓国代表に帯同したファン・ウィジョが先発に復帰。今夏に神戸から加入した渡邉と初共演を果たした。 ▽試合は3分、遠藤のパスからG大阪に決定機。バイタルエリア中央に落ちた渡邉がワンタッチでボールを叩くと、スペースに抜け出したファン・ウィジョが右足を振り抜くが、GKの正面に飛ぶ。 ▽肝を冷やした神戸は続く5分、高い位置でアンドレス・イニエスタが三浦からボールを奪取。ボックス左でボールを受けた古橋がシュートを放つが、ファビオのカバーリングに阻まれてしまう。 ▽立ち上がりから攻めの姿勢がぶつかり合う展開の試合は、次第により高い位置でボールを動かし始めた神戸の流れに。ただ、G大阪も連動した守備から速攻で神戸のゴールマウスに襲いかかる。 ▽その中、神戸は35分、ボックス中央でアンドレス・イニエスタのパスを受けた古橋が相手DFを交わして左足シュート。GKに弾かれたボールが左ポストの内側を叩いて吸い込まれ、先制に成功する。 ▽1点を追うG大阪は、後半の頭から高江を下げてオ・ジェソクをピッチに送り込み、布陣も3バックから4バックに変更。だが、ポゼッションサッカーを体現する神戸から反撃の一手を見いだせない。 ▽それでも、52分に右サイドの小野瀬が自身を追い越す動きで縦にランしたオ・ジェソクにパス。右足ダイレクトで上がったボールをファーサイドの倉田が押し込み、試合を振り出しに戻す。 ▽相手の疲れにも乗じて攻勢を強めたG大阪は68分、左サイドのスペースに抜け出した倉田がボックス左からグラウンダーのパス。これにファーサイドのファン・ウィジョが合わせ、遂に逆転する。 ▽2失点目前の郷家投入も実らず、逆転を許した神戸。続く71分に交代を直訴したアンドレス・イニエスタに代えて今夏にG大阪から加入した長沢、さらに75分に三田から田中をピッチに送り込む。 ▽追いつきたい神戸は、80分にウェリントンが右足のジャンピングボレー。続く81分に田中が左足のミドルシュートを放つ。だが、全体的な運動量の低下もあり、淡白な攻撃が続いてしまう。 ▽結局、残る交代カードで高と一美といった走れる選手を起用したG大阪が昨年から続くJ1ワーストタイの敵地連続未勝利試合を「17」で止め、今シーズン2度目の連勝。神戸は3連敗となる。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.15 20:55 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】ポルディ欠場の関西決戦! 青黒に主砲ウィジョが帰還《神戸vsG大阪》

▽ACL出場権獲得を狙うヴィッセル神戸(7位/勝ち点36)と、降格危機からの生還を渇望するガンバ大阪(17位/同24)。熱戦必至の関西勢対決が15日にノエビアスタジアム神戸で行われる。 ◆ポルディ欠場、イニエスタ流動的〜ヴィッセル神戸〜 ▽神戸は前節、敵地で北海道コンサドーレ札幌と対戦。ACL出場権争いのライバルに手痛い敗北(1-3)を喫して2連敗となり、順位を5位から7位に下げた。 ▽しかしながら、ACL出場圏内の3位に位置するFC東京との勝ち点はまだ6ポイント差。やろうとしていることは連敗の戦いからも見えており、下を向く必要はない。 ▽ただ、悠長なことを言っていられる状況でもない。今節はFWポドルスキとDF渡部博文が出場停止。MFイニエスタも別メニュー調整が続いており、出場できるか否か流動的だ。 ▽そのため、今節は神戸を指揮して2年目を迎える吉田孝行監督の手腕が試されることになりそうだ。厳しい台所事情の中で指揮官の一手はいかに。 ◆ウィジョ、待望の帰還〜ガンバ大阪〜 ▽対するG大阪は前節、上位の川崎フロンターレ戦を相手に新布陣[3-4-2-1]を用い、2-0の会心の勝利。4試合ぶりの白星を飾り、残る9試合に機運を高めた。 ▽とはいえ、代表ウィーク期間に行われたルヴァンカップ準々決勝で横浜F・マリノスに連敗。しかも、2戦合計スコア1-7の大量失点と、守備面に不安を露呈した。 ▽そうした中で、再開後のリーグ初戦は、同じく関西を拠点とする神戸が相手。かつて関西の雄として名を馳せたG大阪の誇りある戦いに期待したいところだ。 ▽そして、今節からアジア競技大会でU-23韓国代表の優勝に貢献した主砲のFWファン・ウィジョ、GK東口順昭とDF三浦弦太の日本代表組も復帰。個々の収穫をチームの力に還元したい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆ヴィッセル神戸[4-1-2-3]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180915_3_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:キム・スンギュ DF:藤谷壮、大崎玲央、アフメド・ヤセル、ティーラトン MF:三田啓貴、藤田直之、田中順也 FW:郷家友太、長沢駿、古橋亨梧 監督:吉田孝行<hr>▽上述のとおり、ポドルスキと渡部が出場できず、イニエスタの出場も不透明。また、U-19日本代表のメキシコ遠征に参加したMF郷家友太も状態が気がかりだ。ただ、FW古橋亨梧が負傷から復帰。さらに、今夏にG大阪から期限付き加入のFW長沢駿も異例ながら契約の中で出場が認められており、起用可能だ。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆ガンバ大阪[3-4-1-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180915_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:三浦弦太、ファビオ、菅沼駿哉 MF:オ・ジェソク、今野泰幸、遠藤保仁、藤春廣輝、倉田秋 FW:ファン・ウィジョ、渡邉千真 監督:宮本恒靖<hr>▽G大阪の注目ポイントは布陣。川崎Fを完封した[3-4-2-1]を継続するかどうか。ルヴァンカップで破城したことを考えれば、[4-4-2]に立ち返る可能性もある。あとは、韓国代表への参加が続いたファン・ウィジョのコンディション。出場となれば、今夏神戸から加入のFW渡邉千真との連携面に注目だ。 【注目選手】 ◆FW長沢駿(ヴィッセル神戸)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180915_3_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽神戸の注目選手は長沢だ。192cmの長身が魅力のストライカーは今夏、活躍先を3年過ごしたG大阪から神戸に。チームこそ敗れたものの、前節の札幌戦で移籍後初得点をマークした。今節はわずか1カ月あまりで実現する古巣戦。札幌戦で負った右足首痛も癒え、万全の状態で古巣のゴールに向かう。 ◆FW渡邉千真(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180915_3_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽G大阪のキープレーヤーは、その長沢を入れ替わる形で青黒の仲間入りを果たした渡邉だ。J1通算80発以上の実績を誇る稀代の点取り屋はG大阪に加入して以降、3試合で2ゴール。さっそく類い稀な決定力を示しており、流れの中でも起点となる動きでチームの攻撃を新たに形づくる。早くも迎える古巣戦、燃えないわけがない。 ◆同級生指揮官対決 ▽直近の戦いを見ても課題がはっきりしている両雄の一戦となる。神戸で言えば、直近のリーグ戦3試合でわずか1得点の得点力。掲げるポゼッションサッカーをどうゴールに結びつけていくかが鍵となる。対するG大阪は前述のとおり、先のルヴァンカップで露呈した守備面。この短期間でどこまで修正できるか。 ▽また、テクニカルエリアに立つ神戸の吉田監督と、G大阪の宮本恒靖監督の両指揮官にも注目だ。いずれも1977年生まれで、現役時代の2009〜10年まで神戸の同僚として共闘した仲。指揮官としては、初対戦となる。関西勢対決で3ポイントをもたらす指揮官はどちらか──。明治安田生命J1第26節屈指の注目カードは19時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">古巣相手に躍動するのは長沢? 渡邉?<br />神戸vsG大阪をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.15 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【編集部コラム】運命的な吹田凱旋 堂安律、強い思いで代表として再び

▽「スタジアムも凄いし、ロッカールームも凄いし、懐かしい」。ガンバ大阪のユース、トップチームでキャリアを築いてきたMF堂安律が日本代表の一員として古巣の本拠地に帰ってくる。 ▽日本代表は11日、パナソニック スタジアム吹田でキリンチャレンジカップのコスタリカ代表と対戦する。森保一新体制の初陣だ。だが、選手にスポットを当てるとなれば、吹田に縁深く、海外勢で最も輝きを放つ男、堂安に触れないわけはいかない。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/daihyo20180911doan_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽G大阪育成出身の堂安は、クラブ史最年少(16歳11カ月18日)でトップデビュー。2017年夏、フローニンヘンに移籍した。そのエールディビジ1年目で9得点4アシストと活躍。サポーター選定のMVPにも輝くなど、夢の海外で圧倒的なタレント性を示している。 ▽その活躍ぶりからロシア・ワールドカップの最終メンバー入りにも期待が集まったが、西野朗前日本代表監督の招集リストに名前がなかった堂安。だが、森保新監督は、自身の初陣となる今回の代表ウィークで迷わず堂安を招集した。その堂安は試合前日、こう語る。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/daihyo20180911doan_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「ゴール前の質、どこで点を取るか、そういった得点感覚は今までの感覚とはまったく違う。89分間、調子が悪くても、1点取れるような感覚がある」 ▽まだ20歳。ふとしたときの表情こそ若者というイメージを抱かせるが、ミックスゾーンでの対応や練習姿勢は、わずか1年半程度の海外挑戦で手にした自信で満ち溢れており、年上の選手が多い代表の中でも地に足の着いた振る舞いが印象的だ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/daihyo20180911doan_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽その堂安は、出場となればA代表デビューとなる凱旋試合のコスタリカ代表戦を前に今何を思うか。大阪移動後、メディア陣の質問はそれを意図した質問が集中した。そういった問いに対して、堂安自身も内を隠さなかった。 「大阪に着いてホテルに向かうバスは、窓側に座らせてもらった。感覚は良く、トレーニングの雰囲気とか、芝生の感触、匂い、全てにおいて帰ってきたなという感じ。試合が来ると終わってしまうので、少し寂しいけど、楽しみたい。待ち遠しい」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/daihyo20180911doan_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽前日のミックスゾーンで「個人よりチーム」の姿勢を示した堂安だが、目標は他にもある。それは、苦楽の思い出が詰まるかつての本拠地で、かつてのサポーターに感謝の気持ちを伝えること。堂安は次のように誓っている。 ▽「運命なのかわからないけど、このスタジアムで多くの試合をさせてもらって、たくさんの思い出がある。次は来てくれるサポーターに思い出を残せるようなプレーがしたい」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/daihyo20180911doan_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽同じくG大阪ユース出身者で同様に海外挑戦を果たしたFW宇佐美貴史や、MF井手口陽介といったクラブが誇る傑作の1人、堂安。凱旋試合でデビューを飾り、古巣サポーターに思いを届けられるか。 ▽日本代表の次期エースとしての活躍と共に、G大阪のサポーターに成長した姿を見せるため、移籍から1年2カ月が経った今、再びパナソニック スタジアム吹田のピッチに立つ。 《超ワールドサッカー編集部・玉田裕太》 2018.09.11 13:30 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪の若きDF三浦弦太、代表として本拠凱旋へ 「良い雰囲気になる」《キリンチャレンジカップ》

▽日本代表は9日、雨が降りしきる中、大阪府吹田市にあるガンバ大阪の練習グラウンドでトレーニングを行った。 ▽代表復帰となるDF三浦弦太(ガンバ大阪)。慣れ親しむ吹田での代表戦に期待感を膨らませつつ、密かな海外挑戦への想いや、代表定着への意気込みを語った。 ◆DF三浦弦太(ガンバ大阪) ──今日の練習で確認したポイントはあるか 「ビルドアップの作りのところだったりを練習した。そこは自分も得意にしているところでもあるので、チームの戦術を落とし込みながらやれた」 ──チームとして詰めているポイントとは 「ビルドアップもそうで、切り替えだったり、サポートの早さは、普段やっているチームと違う部分で感じるところもある。すごく楽しんでやれているので、試合にも出られるように明日もアピールしていきたい」 ──吹田での試合について 「他の選手と比べて普段からプレーしているスタジアムだし、たくさんのお客さんが入ると、良い雰囲気になるのもわかっている。そこを楽しみにしたい」 ──代表選出に驚いていた様子だったが 「やっぱり練習をしていて楽しい。引き続き呼ばれるように、練習からしっかりやっていきたい」 ──プレーエリアでの手応え 「普段やっていることを評価してもらって呼ばれていると思っているので、そこを出していきたい」 ──自分たちより経験豊富な選手と何か話をしたか 「たくさん見習うべき選手がいて、そういった部分から刺激をもらうことが多い」 ──海外勢のセンターバックがいる。参考になるか 「自分の中にも、(海外に)もちろんチャレンジしたい気持ちはある。でも、そこを目標にしているわけじゃない」 「どこのチームでもそうだけど、クラブで良さを出すことで代表に選ばれて、代表でそのプレーすることで評価されると思っている。まずは良い準備をしたい」 2018.09.09 22:45 Sun
twitterfacebook
thumb

伊藤翔の公式戦3連続複数得点でG大阪圧倒の横浜FMが準決勝進出! 決勝進出を懸けて鹿島との名門対決《YBCルヴァンカップ》

▽2018Jリーグ YBC ルヴァンカップのプライムステージ準々決勝第2戦の横浜F・マリノスvsガンバ大阪が9日に日産スタジアムで行われ、ホームの横浜FMが3-1で快勝した。この結果、2戦合計7-1とした横浜FMの準決勝進出が決定した。 ▽5日に行われたG大阪ホームの第1戦では主力を起用したアウェイの横浜FMが伊藤の2ゴールの活躍などで、代表組不在で若手主体のG大阪相手に4-0のスコアで先勝した。 ▽4強進出に王手をかけた横浜FMは前回対戦から先発2人を変更。畠中とオリヴィエ・ブマルに代えてチアゴ・マルチンス、遠藤渓太を起用した。一方、奇跡の逆転突破を目指すG大阪は菅沼、野田、一美とアデミウソンの2トップを除き7選手を変更。今野、倉田、遠藤保仁とリーグ戦の主力を起用した。 ▽立ち上がりから互いに攻め合う姿勢を見せると、12分に最初のゴールが生まれる。ボックス右に抜け出した遠藤渓太がゴールライン際で折り返すと、これをニアに走り込んだ伊藤が右足で合わす。このシュートは左ポストを叩くもこぼれ球に反応した仲川が無人のゴールへ流し込み、ホームの横浜FMが先制に成功した。 ▽畳みかけるホームチームは19分、松原のスルーパスに抜け出した仲川が今野を振り切ってボックス内に侵入すると、古巣対戦のGK鈴木がやや無謀な飛び出しで仲川を倒す。これをキッカーの伊藤が冷静に決めて瞬く間に2点目を奪取した。 ▽2戦合計0-6と逆転突破は絶望的も意地を見せたいG大阪は29分に古巣対戦のアデミウソンが際どいミドルシュートを放つが、ここは相手GK飯倉の好守に遭う。前半終盤にかけてもリスクを冒した攻めに出るが、横浜FMの粘り強い守備を崩し切れない。 ▽横浜FMの2点リードで折り返した試合は、後半立ち上がりにホームチームのミスからアウェイチームにようやく1点が生まれる。52分、左サイドのタッチラインを割りそうだったボールをイッペイ・シノヅカが無理にバックパスで戻すと、一瞬動きが止まった守備陣の連係ミスを突いた一美がこのパスをカット。そのまま持ち込んでGKをかわして無人のゴールへ流し込んだ。 ▽2戦合計で初めて失点を喫したものの試合をコントロールする横浜FMはハーフタイムに仲川に代えて投入したユン・イルロクに続き65分には喜田、大津を下げてウーゴ・ヴィエイラ、中町を予定通りのタイミングで投入。一方、G大阪は今野やアデミウソンを下げて高江、中村と若手をピッチに送り出す。 ▽後半は互いに決定機が多い展開となったが両GKの奮闘によって2-1の状況が続くも、84分にはボックス手前でクリアボールに反応した伊藤が見事な左足のダイレクトシュートをゴール右隅に流し込み、公式戦3試合連続で複数得点を記録した。その後、試合終了間際にはGK飯倉との接触で胸部を強く打った中村が担架でピッチを後にするアクシデントに見舞われたものの、試合はこのまま3-1でタイムアップ。 ▽2戦合計7-1とG大阪を圧倒した横浜FMの準決勝進出が決定。なお、来月行われる準決勝の対戦相手は川崎フロンターレを破った鹿島アントラーズとなった。 2018.09.09 21:07 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース