超ワールドサッカー

PSG、フランス代表MFカンテ獲得に123億円準備か2018.06.17 01:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)獲得を画策しているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。

▽伝えられているところでは、PSGはカンテ獲得に9000万ポンド(約123億円)を準備。昨年の夏にバルセロナからブラジル代表FWネイマールを2億2200万ユーロ(現在のレートで約285億円)で獲得したPSGは、プレミアリーグで一貫してハイレベルなパフォーマンスを続けるカンテを“銀河系軍団”の一員に迎えたいと考えているという。

▽また、5月初めにもフランス『beIN Sports』のテレビ番組に出演したPSGのフランス代表FWキリアン・ムバッペが、「PSGに加えたい選手は? 」という問いに「カンテのようなプレーヤーを連れて来られれば最高」と返答。ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨む代表チームの同僚としてのみでなく、クラブレベルでの競演を希望していた。

▽また、ビッグオファーを連発しているPSGが悩まされていたファイナンシャル・フェアプレー(FFP)についても、欧州サッカー連盟(UEFA)が13日に処分内容を開示。PSGは監視こそ継続されるものの、処分そのものは下されないことが明らかにされていた。

▽2015-16シーズンにレスターの奇跡の優勝の立役者となり、2016-17シーズンには移籍先のチェルシーでプレミアリーグ優勝の原動力となったカンテ。チェルシー移籍のタイミングでPSGからの誘いを固辞したことが報じられていたが、5位でフィニッシュしチャンピオンズリーグ(CL)出場権を失った2017-18シーズンを振り返り、心変わりをすることはあるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

マテュイディ、フランス代表の神童ムバッペに「このまま立ち止まるな」

ユベントスのMFブレーズ・マテュイディが記者会見で、フランス代表でチームメイトのFWキリアン・ムバッペについて語った。<br><br>フランス代表は欧州で行われているUEFAネーションズリーグで、リーグAのグループ1に所属。オランダとドイツという強豪国と同居するグループに入っているが、2試合を終えた時点でフランスがグループ首位に位置している。<br><br>マテュイディは16日に控えたオランダ戦を前に、ロシア・ワールドカップでフランスの優勝に大きく貢献した19歳のFWについて「このまま立ち止まるな」と語った。<br><br>「彼は多くの才能を持った素晴らしいプレーヤーだ。優れた選手は素晴らしいパーソナリティを持っている。ズラタン(イブラヒモビッチ)からもそれを感じたよ。クリスティアーノ(ロナウド)や(リオネル)メッシにも同じことが言えるね」<br><br>「キリアンはより優れた選手に進化するだろう。彼は大きなことを成し遂げてきた。彼のような選手がフランスには必要なんだ。だから、このまま立ち止まるなって僕は促しているよ」<br><br>また10月にドイツを3-0で下したオランダに警戒を強めている。<br><br>「僕らはよく守らないといけなくなると思うよ。オランダはドイツ相手に3点を奪ったんだ。ボールをキープし、相手にプレーさせないようにする。相手は危険なチームだが、フランスも危険さ。僕らの才能溢れるプレーヤーが彼らを困らせるだろうね」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.11.15 20:16 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、FFP制裁危機PSGに選択迫る! ムバッペorネイマール獲得へ

▽レアル・マドリーが、パリ・サンジェルマン(PSG)からスーパースターを奪う準備を開始したようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)違反の疑いで、欧州サッカー連盟(UEFA)からの継続的な調査を受けているPSG。2億2200万ユーロ(現在のレートで約285億円)でバルセロナから獲得したブラジル代表FWネイマール(26)、モナコから1億8000万ユーロ(現在のレートで約231億円)で買い取ったフランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)のオペレーションに関連した違反の可能性が追及されており、『アス』によれば厳密な取り調べが行われている段階のようだ。 ▽また、もし違反していた場合には、PSGへの罰としてチャンピオンズリーグ(CL)の参加停止処分が検討される模様。そういった状況を回避するため、ネイマールかムバッペどちらか1人の売却を強いられることになるかもしれない。 ▽この一連の流れに目を光らせているのが、マドリーだ。同クラブは今夏にFWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに放出したが、代わりとなるアタッカーは獲得しておらず。以前から獲得を目指していたPSGのアタッカーのどちらかを、確保しようとしているようだ。 ▽記事は、ネイマールがより有力な候補になると主張。PSGは以前は同選手を最優先でキープしようとしていたが、現在ではロシア・ワールドカップ(W杯)で王者となったムバッペにプライオリティーが移ったという。また、ムバッペはPSGがFFPによりCLから排除された場合の補償を契約に盛り込もうとしており、最悪の場合でもクラブを離れようとはしていないようだ。 2018.11.14 21:25 Wed
twitterfacebook
thumb

パコ・アルカセルが凄すぎる! 5大リーグ断トツNo.1の得点率

▽ドルトムントに所属するスペイン代表FWパコ・アルカセルが、欧州No.1の得点率を誇っている。スペイン『マルカ』が称賛した。 ▽アルカセルは、今夏にバルセロナからドルトムントに買い取りオプション付きのレンタルで加入し、公式戦23試合7ゴール4アシストに終わった昨シーズンが嘘のように爆発。ここまでブンデスリーガ6試合に出場して8ゴールを奪っている上に、先発出場はわずか2試合のみだ。 ▽凄まじいまでの得点率を記録するアルカセルを、『マルカ』が称賛。5大リーグの内、5試合以上に出場している選手の中では、プレー時間当たりの得点数が抜きん出ている。 ◆<span style="font-weight:700;">1G当たりの所要時間</span>(今季5大リーグ5試合以上出場) 1位<span style="font-weight:700;">パコ・アルカセル</span>(25)/ドルトムント [6試合8G 29分間] 2位<span style="font-weight:700;">レイス・ネルソン</span>(18)/ホッフェンハイム [7試合6G 55分間] 3位<span style="font-weight:700;">ルカ・ヨビッチ</span>(20)/フランクフルト [9試合9G 62分間] 4位<span style="font-weight:700;">キリアン・ムバッペ</span>(19)/パリ・サンジェルマン [9試合11G 64分間] 5位<span style="font-weight:700;">アルフレッド・フィンボガソン</span>(29)/アウグスブルク [6試合7G 70分間] 6位<span style="font-weight:700;">エミリアーノ・サラー</span>(28)/ナント [12試合11G 77分間] 7位<span style="font-weight:700;">エディンソン・カバーニ</span>(31)/パリ・サンジェルマン [8試合8G 82分間] 2018.11.14 18:40 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、クラブ史上最高額でO・デンベレ獲得か

▽リバプールが、バルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(21)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『メトロ』がイギリス『サン』の報道をもとに伝えている。 ▽現在何かと話題になっているO・デンベレにリバプールが興味を示しているようだ。同選手は昨夏にドルトムントから1億3550万ポンド(約200億円)の移籍金で加入。今季はここまで公式戦15試合に出場し6ゴール2アシストを記録しているが、成績よりも素行の悪さが目立ってしまっている。 ▽というのも、O・デンベレにはどうやら遅刻癖があるようで、練習に遅れて参加することもしばしば。バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督もついに11日に行われたリーガエスパニョーラ第12節のベティス戦でベンチ外という形で処分を下し、さらにはフランス代表のディディエ・デシャン監督も態度を改めるよう提言。21歳のフランス代表アタッカーに非難の声が挙がっている。 ▽そんなO・デンベレにリバプールのユルゲン・クロップ監督が興味を示しているという。素行の悪さからバルセロナが放出を考えているのではないかとの報道も流れる中で、リバプールはクラブ史上最高額の8500万ポンド(約120億円)の移籍金を用意しているようだ。現在は、今夏にサウサンプトンから獲得したオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクに費やした7500万ポンド(約110億円)が第高額となっている。 ▽クロップ監督は、O・デンベレがバルセロナに移籍する前にも関心を持っていたようで、チャンスがあれば獲得に動くだろうとみられている。 2018.11.14 16:38 Wed
twitterfacebook
thumb

“怪物”ムバッペが語る理想の選手とは?「メッシの左足とネイマールの右足に…」

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが、『ESPN』のインタビューに応じている。<br><br>2015年にモナコでプロデビューを果たして以降、進化が止まらないムバッペ。昨季はPSGで46試合で21ゴール15アシストを記録し、リーグ・アン制覇に貢献。さらに、ロシア・ワールドカップでフランスを優勝に導き、自身も大会最優秀若手選手賞を受賞した。<br><br>そんなムバッペは、PSG悲願のチャンピオンズリーグ(CL)優勝は「最終的な目標」としつつ、まずは全員で成長していくことが大事だと語っている。<br><br>「新しいオーナーが来て以来、クラブは成長を止めていない。一緒に成長していかなければならないんだ。CL制覇を考える前にね。それは最後のステップだ。クラブはそれを意識しているし、もし全員が自分の役割を果たせれば、自然と優勝できると思う。僕らのポテンシャルを考えれば、CL優勝はある段階で目標になるだろうね」<br><br>そして、チームメイトで友人でもあるネイマールにも言及。息子さんとの仲も明かしている。<br><br>「PSGに来る前から話していたんだ。僕がここに来る前からいたし、僕が来ることも知っていた。いつ、どうやって来るのか聞いてきたんだ。2人共英語は上手くないし、彼はフランス語が話せないから簡単ではなかったけどね。今は会話もできるし、自然と仲良くなったよ」<br><br>「(ネイマールの息子は)パリにいる時はいつもトレーニングしているし、僕らとも一緒に少しやるんだ。良い子だね」<br><br>現在20歳のムバッペは、度々ブラジル代表のレジェンド、ペレ氏と比較されている。本人は「誇らしいけど、ペレはオンリーワン。誰もが彼のようになれないので、あまり気にしない」と語っている。<br><br>最後に理想の選手について問われると、以下のように語った。<br><br>「メッシの左足、ネイマールの右足、クリスティアーノ・ロナウドのメンタリティと、ブッフォンの格を選びたいね。ムバッペのパート? 必要ないよ、これが良いんだ!」<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.14 13:10 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース