開催国ロシア大勝にCSKAモスクワはにんまり? 躍動ゴロビンの移籍金跳ねあがる2018.06.15 14:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽14日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)の開幕戦は開催国ロシア代表がサウジアラビア代表に5-0の大勝を収めた。この大勝を受けて、CSKAモスクワの首脳陣は思わずにんまりとしているかもしれない。

▽イタリア『gianlucadimarzio.com』はユベントスが獲得を目指すロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビン(22)の市場価値が今大会を通じて跳ね上がる可能性を伝えている。

▽CSKAモスクワの下部組織出身のゴロビンは2015年にトップチームデビュー。多彩なキックと攻撃センスに優れる万能型MFは昨シーズンにレギュラーポジションを掴むと、今シーズンここまでは公式戦43試合に出場し7ゴール6アシストを記録。ヨーロッパリーグのアーセナル戦では見事な直接FKも決めていた。

▽さらに、前述のW杯開幕戦では鮮やかな直接FKでゴールを記録すると共に、絶妙なクロスから2つのアシストを記録するなど、圧巻のパフォーマンスを披露していた。

▽今夏のCSKAモスクワ退団が決定的とみられるゴロビンにはナポリやチェルシー、アーセナル、ユベントス、ミランが関心を寄せている。とりわけ、ユベントスは数週間前に個人間での合意を取り付けたといわれている。ただ、ユベントスは当時1800万~2000万ユーロ(約23億~25億6000万円)に設定されていた移籍金の支払いを渋り、W杯前にクラブ間での合意の道筋を見いだせず。

▽そして、開幕戦に続きゴロビンがこのまま活躍を見せるようだと、更なる移籍金の上昇が見込まれる。

コメント

関連ニュース

thumb

イスコ芸術FKにベイル快速弾&マリアーノ復帰弾の王者マドリーがローマに完勝! CSKAモスクワは劇的ドローも西村デビューはお預け《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループG第1節、レアル・マドリーvsローマが19日にサンティアゴ・ベルナベウで行われ、ホームのマドリーが3-0で勝利した。 ▽史上初の4連覇を目指す3連覇中の王者マドリーと、昨季のベスト4チーム、ローマによる一戦。ロペテギ新監督の下、国内リーグで3勝1分けのスタートを切ったホームチームは1-1で引き分けたアスレティック・ビルバオ戦から先発3人を変更。GKクルトワ、セバージョス、アセンシオに代わってGKケイロル・ナバス、カゼミロ、イスコを起用した。 ▽一方、ディ・フランチェスコ体制2年目で大幅なメンバー変更で今季に臨んだローマは、開幕から1勝1敗2分けの厳しいスタートに。直近のキエーボ戦では最下位相手に2点差を追いつかれてのドローとなった。絶対王者相手にバウンスバックを目指すチームは先発3人を変更。ファン・ジェズス、ペッレグリーニ、クリスタンテに代えてファシオとデ・ロッシ、これが移籍後初出場となる19歳のイタリア代表MFザニオーロがCLデビューを飾ることになった。 ▽互いに様子見の入りとなった中、ホームのマドリーが立ち上がりに決定機を作り出す。開始4分、ハーフウェイライン付近でルックアップしたクロースから右サイドからダイアゴナルランでゴール前に飛び出したベイルが胸トラップから左足を振り抜くが、これは枠の右に外れる。それでも、このワンプレーでいきなりスタンドを沸かせたホームチームは8分にも右サイドでの崩しからモドリッチのスルーパスに抜け出したイスコがゴール前で決定機を迎えるが、ここはGKオルセンのビッグセーブに阻まれた。 ▽一方、後方に重心を置きながらも相手のサイドバックが上がった裏のスペースを起点にロングカウンターを狙うローマは、14分に完璧に背後を取ったジェンギズ・ユンデルに決定機もやや焦って放ったミドルシュートは枠の右に外れる。 ▽前半も半ばを過ぎると圧倒的なボール支配率でローマを押し込むマドリーがゴールを予感させる仕掛けを幾度となく見せていく。38分にはクロースの右CKをゴール前フリーのセルヒオ・ラモスが頭で、直後の39分にはイスコがボックス手前からカットインして右足を振り抜くが、いずれもGKオルセンの好守に阻まれる。それでも、前半終了間際の45分にはペナルティアーク付近でデ・ロッシに後ろからユニフォームを掴まれて倒されたイスコが好位置でFKを獲得。これをキッカーのイスコが壁の上をギリギリで越える見事な軌道のシュートで左隅に突き刺し、最高の時間帯に先制に成功した。 ▽マドリーの1点リードで折り返した試合は後半に入ってよりオープンな展開に。48分には右サイドでゼコのパスを受けたジェンギズが得意のカットインから左足を振り抜くが、枠の右隅を捉えたシュートはGKナバスのワンハンドセーブに阻まれる。この直後にはマルセロのスルーパスに反応したベイルにゴール前で絶好機も、ここはシュートをクロスバーに当ててしまう。 ▽その後はビハインドを追うローマが攻勢を見せる中、マドリーの高速カウンターが発動。58分、ハーフウェイライン付近で前を向いたモドリッチが左サイドのスペースへ絶妙なスルーパス。これに圧倒的なスプリントで反応したベイルがDFマノラスを完全に振り切りボックス左からゴール右隅へ左足のシュートで流し込んだ。 ▽相手の十八番の形から厳しい2点目を献上したローマは失点前に投入したペッレグリーニに続いてペロッティを投入。63分にはコラロフの強烈なミドルシュートが枠を捉えるもGKナバスのビッグセーブに遭う。その後、エンゾンジを下げて最後の交代カードでシックを投入。ジェンギズの右サイドを起点に幾度か相手ゴールに迫っていくが、最後の場面で精度を欠く。 ▽一方、余裕の試合運びを見せるマドリーはベンゼマ、ベイル、モドリッチと続けざまに主力を下げてアセンシオ、マリアーノ、ダニ・セバージョスと若手選手をピッチに送り出す。積極的に3点目を目指すマドリーはイスコやアセンシオの決定機を相手GKの好守に阻まれるも、後半アディショナルタイム2分にはカウンターからマルセロのパスに抜け出したマリアーノが古巣再デビューを自ら祝う見事なコントロールシュートを突き刺し、トドメの3点目を奪った。 ▽そして、昨季4強のローマ相手に格の違いを見せつけたマドリーが4連覇に向けて好発進を見せた。一方、敗れたローマは公式戦4試合未勝利と苦しい戦いが続く。 ▽また、同日行われたビクトリア・プルゼニvsCSKAモスクワは2-2のドローに終わった。なお、CSKAモスクワのFW西村拓真はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽CSKAモスクワの西村のデビューが期待されたチェコ王者との一戦は試合巧者のホームチームが前半にクルメンチクの2ゴールで2点を先行。だが、諦めないCSKAモスクワは後半立ち上がりに若きエースFWチャロフのゴールで1点を返すと、試合終了間際の95分にはヴラシッチがPKを決めて劇的ドローに持ち込んだ。 2018.09.20 06:18 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループG展望】絶対王者レアル・マドリーと昨季4強ローマの突破有力! 西村拓真加入のCSKAモスクワにも注目

▽2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月18日に開幕する。グループGでは4連覇を目指す絶対王者レアル・マドリーと昨季ベスト4のローマの2強と、CSKAモスクワとビクトリア・プルゼニの2弱というハッキリとした構図での戦いが予想される。 <span style="font-weight:700;">◆編集部予想</span> ◎本命:レアル・マドリー ○対抗:ローマ △連下:CSKAモスクワ ☆大穴:ビクトリア・プルゼニ <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">◆新体制移行も死角なし~レアル・マドリー~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ジダン前監督の下で史上初のCL3連覇を成し遂げた絶対的王者がグループ首位通過の大本命だ。その3連覇に貢献したフランス人指揮官、絶対的エースに君臨したFWクリスティアーノ・ロナウドの退団によってロペテギ新監督の下で変革のシーズンに臨むマドリーだが、ここまではエース退団をプラスに捉えたポジティブな戦いぶりが目立つ。 ▽今夏の補強は新守護神候補クルトワ、リヨンで成長したFWマリアーノを除き将来への投資という意味合いが強かったが、C・ロナウド退団で生き生きとプレーするMFベイルやFWベンゼマ、ジダン体制で冷遇されたMFダニ・セバージョスが周囲の不安を払しょくする好パフォーマンスを披露。また、ポゼッションスタイルを志向する新指揮官の下でMFイスコやFWアセンシオといった代表の教え子たちも新たな輝きを放っている。今後、決勝トーナメントの舞台で圧倒的な勝負強さを誇ったC・ロナウドの不在を痛感する試合が訪れるかもしれないが、今回のグループステージではその心配はいらないはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆実績&タレント力で優位も不安多し~ローマ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽その絶対的王者の対抗馬は昨季のベスト4チームのローマだ。とはいえ、現実的な目標は格下2チームにきっちり勝ち切ってグループステージを突破することだ。昨季、CL初挑戦のディ・フランチェスコ監督の下でアトレティコ・マドリー、チェルシーと同居した死のグループを首位通過し、準々決勝ではバルセロナ相手に奇跡の逆転突破を果たす、大躍進を見せたローマは、今夏その躍進に貢献した守護神アリソン、MFナインゴラン、MFストロートマンという3人の主力が新天地に旅立った。代わって敏腕SDモンチ氏がMFエンゾンジ、MFクリスタンテ、MFパストーレ、FWクライファートなど若手逸材を中心に10人以上の新戦力を積極補強した。 ▽しかし、国内リーグでは開幕4試合を1勝1敗2分けという低調な形でスタートし、複数のシステム、メンバーを使い分ける中で指揮官が最適解を見いだすことができず、内容面でも課題ばかりが目に付く。とりわけ、新守護神オルセンのパフォーマンスを含め開幕4戦で7失点を喫している守備、ナインゴランとストロートマン不在で苦しむゲームコントロールを早い段階で修正できなければ、グループステージ敗退の可能性も十二分にあるはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆過渡期の中でCL初参戦の西村に期待~CSKAモスクワ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽前述の2強と同様に過渡期の中で今大会を迎えるCSKAモスクワ。今夏にDFイグナシェビッチ、双子のベレズツキ兄弟と守護神アキンフェエフと共に長らく守備陣を支えてきた重鎮が現役を退いたチームではMFゴロビン、FWムサ、MFウェルンブルームなどその他の主力も新天地を求め大幅なメンバー変更を余儀なくされた。さらに代わって迎え入れられた新戦力はFWアベル・エルナンデス、MFヴラシッチ、DFマグヌソンというインパクトに欠ける新戦力だった。 ▽大幅なメンバー変更に加え、開幕から主力の負傷離脱に悩まされており、ここまで の国内リーグでは3勝1敗3分けとやや出遅れている。そのCSKAモスクワの中で期待したいのが、今夏ベガルタ仙台から新加入のFW西村拓真だ。今季のJ1リーグで11ゴールを奪い、ブレイクを果たした21歳FWは自身初の海外挑戦でかつてFW本田圭佑が輝いたロシアの地でいきなりサッカー界最高の舞台に挑む。なお、ここまでリーグ戦未出場の同選手はビクトリア・プルゼニとの開幕戦でデビューを飾る可能性もある。 <span style="font-weight:700;">◆現実目標は3位通過~ビクトリア・プルゼニ~</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180917_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽チェコの強豪としてCLやELの舞台の常連であるビクトリア・プルゼニだが、今グループステージでの目標は勝ち点3奪取とEL決勝トーナメントへの出場権が与えられる3位通過となる。かつてチェコ代表を率いた経験もある国内屈指の名将ブルバ監督の下、スロバキア人守護神のコザチックらを除きほぼチェコ人選手だけで構成されるチームの組織力は非常に整っている。とはいえ、マドリーやローマ相手に勝ち点3を奪うのは非常に困難であり、現実的にはホームゲームで何とか勝ち点を拾い、実力的に一番近いCSKAモスクワとの直接対決を制し3位通過を狙いたいところだ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台から移籍のFW西村拓真がCSKAモスクワのCLメンバーに登録《CL》

▽CSKAモスクワは3日、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ登録メンバーを発表した。ベガルタ仙台から完全移籍したFW西村拓真も登録されている。 ▽先日行われた組み合わせ抽選会で、3連覇中の王者レアル・マドリーやローマ、ビクトリア・プルゼニとグループで同居したCSKAモスクワ。20名の登録選手に加え、9名のB登録選手をUEFA(欧州サッカー連盟)に提出した。 <div class="disp-news-link" style="display:none;text-align:center;"> <a href="/news/view?news_no=325510"><span style="color:#f3a600;font-weight:700;">仙台FW西村拓真がCSKAモスクワと4年契約!</span></a> </div> ▽西村以外には、ロシア代表としても活躍するGKイゴール・アキンフェエフやMFアラン・ジャゴエフが登録。また、FWアベル・エルナンデスなど主力が順当に登録されている。 ▽CSKAモスクワは、19日(水)に行われる初戦でビクトリア・プルゼニと対戦し、10月2日(火)に行われる第2戦でレアル・マドリーと対戦する。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">西村拓真はCL出場なるか!?<br />チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ◆CSKAモスクワ登録メンバー GK イリヤ・ポマズン イゴール・アキンフェエフ DF ニキータ・チェルノフ マリオ・フィゲイラ・フェルナンデス ホルドゥル・マグヌソン キリル・ナバブキン ロドリゴ・ベカン ゲオルギ・シェンニコフ ヴィクトル・ヴァシン MF イルザット・アフメトフ ジャカ・ビヨル クリスティヤン・ビストロビッチ アラン・ジャゴエフ ドミトリ・エフレモフ アレクサンドル・マカロフ イバン・オブリャコフ アルノル・シグルドソン ニコラ・ヴラシッチ FW アベル・エルナンデス 西村拓真 2018.09.04 14:45 Tue
twitterfacebook
thumb

CSKAモスクワ、ロシアW杯で躍動した守護神アキンフェエフと契約延長!

▽CSKAモスクワは29日、ロシア代表GKイゴール・アキンフェエフ(32)と2022年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽わずか4歳でCSKAモスクワのアカデミーに加入したアキンフェエフは、2003年にトップチームに昇格。以降、16年間に渡って同クラブの守護神に君臨し続け、ここまで公式戦571試合に出場。この間に6度のリーグ制覇に6度の国内カップ制覇、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)のタイトルを獲得してきた。 ▽また、2004年にデビューを果たしたロシア代表ではここまで通算112試合に出場。自国開催となった先日のロシア・ワールドカップでは正GKとして全試合に出場し、ラウンド16のスペイン代表戦ではPK戦で2度のPKストップを見せる活躍で同国のベスト8進出の立役者の1人となっていた。 2018.08.30 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

CSKAモスクワ、積極補強のエバートンからクロアチア代表MFヴラシッチをレンタルで獲得

▽CSKAモスクワは15日、エバートンからクロアチア代表MFニコラ・ヴラシッチ(20)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 ▽クロアチアの名門ハイドゥク・スプリトで2014年にプロデビューしたヴラシッチは、加入初年度からレギュラーに定着。在籍3シーズンで公式戦120試合に出場し15ゴール20アシストを記録。 ▽この活躍を受け、2017年夏にエバートンへ移籍。昨シーズンは主にカップ戦要因としてプレミアリーグ12試合を含む公式戦19試合に出場し2ゴール記録していた。 ▽また、各年代のクロアチア代表に選出されてきたヴラシッチは、2017年5月にフル代表へデビューを飾ると、これまで2試合に出場している。 2018.08.16 03:33 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース