開催国ロシア大勝にCSKAモスクワはにんまり? 躍動ゴロビンの移籍金跳ねあがる2018.06.15 14:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽14日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)の開幕戦は開催国ロシア代表がサウジアラビア代表に5-0の大勝を収めた。この大勝を受けて、CSKAモスクワの首脳陣は思わずにんまりとしているかもしれない。

▽イタリア『gianlucadimarzio.com』はユベントスが獲得を目指すロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビン(22)の市場価値が今大会を通じて跳ね上がる可能性を伝えている。

▽CSKAモスクワの下部組織出身のゴロビンは2015年にトップチームデビュー。多彩なキックと攻撃センスに優れる万能型MFは昨シーズンにレギュラーポジションを掴むと、今シーズンここまでは公式戦43試合に出場し7ゴール6アシストを記録。ヨーロッパリーグのアーセナル戦では見事な直接FKも決めていた。

▽さらに、前述のW杯開幕戦では鮮やかな直接FKでゴールを記録すると共に、絶妙なクロスから2つのアシストを記録するなど、圧巻のパフォーマンスを披露していた。

▽今夏のCSKAモスクワ退団が決定的とみられるゴロビンにはナポリやチェルシー、アーセナル、ユベントス、ミランが関心を寄せている。とりわけ、ユベントスは数週間前に個人間での合意を取り付けたといわれている。ただ、ユベントスは当時1800万~2000万ユーロ(約23億~25億6000万円)に設定されていた移籍金の支払いを渋り、W杯前にクラブ間での合意の道筋を見いだせず。

▽そして、開幕戦に続きゴロビンがこのまま活躍を見せるようだと、更なる移籍金の上昇が見込まれる。

コメント

関連ニュース

thumb

W杯出場中のアイスランド代表DFマグヌソンが開催国のCSKAモスクワに移籍!

▽CSKAモスクワは20日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のブリストル・シティからアイスランド代表DFホルドゥル・マグヌソン(25)を完全移籍で獲得することで合意したことを発表した。同選手は近日中にCSKAモスクワとの正式契約にサインする予定だ。 ▽母国のフラム・レイキャヴィークからユベントスの下部組織に加入した大型左サイドバックのマグヌソンだが、トップチームでの出場機会はなくスペツィア、チェゼーナへのレンタル移籍を経験。その後、2016年にはブリストルに完全移籍していた。今季は左サイドバックとセンターバックを主戦場に公式戦32試合に出場していた。 ▽また、2014年にデビューを飾ったアイスランド代表ではここまで通算17試合に出場し2ゴールを記録。ロシア・ワールドカップではグループD初戦のアルゼンチン代表戦にも出場していた。 2018.06.21 01:16 Thu
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 6月17日は、母国開催のロシアW杯で、わずか24分で負傷交代となった悲劇のMF

◆アラン・ジャゴエフ 【Profile】 国籍:ロシア 所属:CSKAモスクワ 誕生日:1990/6/17 ポジション:MF 身長:179㎝ 体重:70kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』6月17日は、ロシア代表MFアラン・ジャゴエフだ。 ▽2006年にプロデビューし、2007年からCSKAモスクワでプレーするロシア代表MF。今季はリーグ戦21試合で3ゴール7アシストを記録し、ロシア・ワールドカップ(W杯)に臨むロシア代表入りを果たした。 ▽母国開催となった今大会。14日に行われた開幕戦ロシア代表vsサウジアラビア代表に先発出場したジャゴエフは、24分に左足太ももを痛めあまりに早く負傷交代を強いられてしまった。 ▽ロシアサッカー連盟は試合後、ジャゴエフのハムストリング負傷を報告。MRI検査が予定され、そこで全治が明らかになる見通しとなっているが、グループステージ中での復帰は難しいようだ。 ※誕生日が同じ主な著名人 山寺宏一(声優) 城彰二(元サッカー選手) 麻生久美子(女優) 風間俊介(タレント、俳優) 二宮和也(ジャニーズ/嵐) 辻希美(タレント) 波留(女優) 森川葵(女優) クレマン・ラングレ(サッカー選手/セビージャ) ジョーダン・ヘンダーソン(サッカー選手/リバプール) グレゴワール・デフレル(サッカー選手/ローマ) 2018.06.17 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ゴロビンの気持ちはユベントスに…? 移籍の噂には「光栄」

▽ロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビンに注目が集まっている。イタリアメディアは、ユベントスやミランへの移籍を頻繁に取り上げた。 ▽ゴロビンは現地時間14日に行われたロシア・ワールドカップ開幕戦のサウジアラビア戦で1ゴール2アシストを記録。抜群の存在感を放った。 ▽『トゥットスポルト』は、ユベントスからの関心について問われたゴロビンのコメントを掲載。同選手は「光栄なことでうれしい」と語り、「(パウロ・)ディバラは僕がユベントスで最も好きな選手だね」と話している。 ▽また、『トゥットユーベ』は、ユベントスファンの間でSNSで拡散されているゴロビンの子供の頃の写真を掲載。ゴロビンがユベントスのユニフォームを着てメダルをかけている写真を紹介した。8歳~9歳のときの写真とされており、「夢はもうすぐ現実になる」と記事は締めくくられている。 2018.06.15 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリがロシア代表MFゴロビン獲得に関心

▽ナポリがCSKAモスクワに所属するロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビン(21)の獲得に関心を示しているようだ。『Championat.com』が伝えている。 ▽CSKAモスクワの下部組織出身のゴロビンは2015年にトップチームデビュー。多彩なキックと攻撃センスに優れる万能型MFは昨シーズンにレギュラーポジションを掴むと、今シーズンここまでは公式戦39試合に出場し6ゴール5アシストを記録。先日のヨーロッパリーグのアーセナル戦では見事な直接FKも決めていた。 ▽また、来月30日に22歳の誕生日を迎えるゴロビンはロシア代表でも17試合に出場しており、開催国として臨むロシア・ワールドカップ本大会でもレギュラーとしての活躍が期待される。 ▽『Championat.com』の伝えるところによれば、ナポリは先日にイタリア入りしていたゴロビンの代理人と移籍に向けた交渉を行っていたという。また、移籍金に関しては1600万ユーロ(約21億2000万円)ほどが必要になるようだ。 ▽なお、ゴロビンにはチェルシーやアーセナルといったプレミア勢も獲得に興味を示している。 2018.04.20 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

CSKAモスクワの猛追を振り切りアーセナルが準決勝進出!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグ、CSKAモスクワvsアーセナルが12日に行われ、2-2で引き分けた。この結果、2戦合計スコア3-6でアーセナルが準決勝進出を決めた。 ▽5日に行われた1stレグでは、ラムジーとラカゼットがそれぞれ2ゴールずつ決めて4-1で勝利したアーセナル。その後のリーグ戦でも、サウサンプトンに逆転勝利を収めて公式戦6連勝とし、1stレグの勢いそのままに迎えた2ndレグでは、前回から2選手を変更。ジャカとムヒタリアンに代えて、ウェルベックとエルネニーを先発に起用した。 ▽序盤は青赤のホームユニフォームを身に纏ったCSKAモスクワがボール支配率を高めていく。しかし攻撃にアイデアを欠き、アーセナルのブロックを崩すことができない。 ▽方やアーセナルは攻撃時には人数をかけコンビ―ネーションで攻略していく。15分頃には、バイタルエリアでのパス回しから右サイドを上がってきたベジェリンへ。最終ラインを抜けてクロスを送るが相手にクリアされてしまう。 ▽先に決定機を迎えたのはアーセナル。27分、カウンターから一気に相手陣内を攻め上がると、最後はボックス右に侵入したラカゼットがシュートを放つ。しかしDFのスライディングタックルに絡まれてしまう。 ▽38分にジャゴエフの負傷交代というアクシデントに見舞われたCSKAモスクワはその直後、クチャイェフの右サイドからのクロスをナバブキンが競り勝ってヘディングシュートを放つと、GKチェフがこれをファインセーブ。しかし、こぼれ球をチャロフが詰めてCSKAモスクワが1点を返し、合計スコアを2-4とした。 ▽迎えた後半、勝ち抜けにはあと2点が必要なCSKAモスクワは50分、ゴロビンのミドルシュートをGKチェフにブロックされたこぼれ球をナバブキンが押し込んで追加点。1-4という厳しい状況からついに準決勝進出まであと1点というところまできた。 ▽勢いを増すホームチームは53分、ボックス手前左の位置で得たFKの場面でゴロビンが強烈なシュートを見舞うがGKチェフが掻き出す。余裕がなくなったアーセナルも57分に、ベジェリンのクロスからエルネニーが頭でネットを揺らすがオフサイドの判定。 ▽その後も主導権を握るのはCSKAモスクワ。70分にはイグナシェビッチが強烈なミドルシュートで闘志を見せる。しかし75分、アーセナルはウェルベックが左サイドを突破すると、一度中のエルネニーに預けて自身はボックスの中へ。そこへエルネニーがダイレクトで繋げると、ゴール前でフリーとなったウェルベックがゴール右隅にシュートを沈めて、準決勝進出を一気に手繰り寄せる1点を奪った。 ▽再び厳しい状況に立たされたCSKAモスクワはその後、前がかりになってゴールを奪いに行くが、後半アディショナルタイムには、逆にカウンターを突かれラムジーにダメ押し弾を決められてしまう展開に。その直後試合はタイムアップを迎え、2ndレグは2-2のドロー。2戦合計スコア3-6でアーセナルが準決勝進出を決めた。 2018.04.13 06:04 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース