「報道は真実ではない」ジョー、コリンチャンス復帰希望の噂否定で名古屋残留を明言2018.06.15 12:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽名古屋グランパスに所属する元ブラジル代表FWジョー(31)が、コリンチャンス復帰の噂について否定している。

▽昨シーズンコリンチャンスでブラジル選手権34試合18ゴールを記録してチームの優勝と共に個人では得点王とベストイレブン、最優秀選手賞を受賞したジョーは、2018年に名古屋に加入。今シーズンはここまで公式戦18試合7ゴール1アシストを記録している。そんな同選手が最近最下位に沈むチームに不満を抱いているとされ、コリンチャンス復帰を希望しているとの噂がブラジルメディアによって伝えられた。

▽これに対してジョーは14日に自身のインスタグラム(jooficial7)で否定。日本での生活に満足していることを明かし、名古屋残留を明言している。

「僕がコリンチャンスへの復帰を希望しているというニュースが出ているが、今それをハッキリさせたい。これは真実ではない。僕には日本のクラブとの契約があり、家族も日本の生活に適応している。報道が伝えているものとは異なり、僕はここで幸せだよ。そして契約を全うするつもりさ。コリンチャンスのファン・サポーターに期待させないために伝える」

コメント

関連ニュース

thumb

阿部豪快弾&小林悠バースデー前祝い弾! 川崎F、風間グランパス撃破で首位との勝ち点差「4」に!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節の川崎フロンターレvs名古屋グランパスが22日に等々力陸上競技場で行われ、3-1で川崎Fが勝利した。 ▽ここまで15勝4分け6敗で2位につける川崎F(勝ち点49/1試合未消化)と、9勝4分け12敗で12位に位置する名古屋(勝ち点31/1試合未消化)が激突した。前節の北海道コンサドーレ札幌戦を7-0で勝利して公式戦3戦未勝利のうっ憤を晴らした川崎Fは、その試合と同様のメンバーを先発に送り出した。 ▽一方、前節最下位のV・ファーレン長崎に3-4と打ち負けて、連勝が「7」でストップした名古屋は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。児玉に代えて和泉を起用した。 ▽2016シーズンまで川崎Fで指揮を執っていた名古屋の風間八宏監督と今夏に川崎Fから名古屋に加入したエドゥアルド・ネットにとっては初の等々力帰還試合となった一戦。試合はホームの川崎Fが4分、下田の縦パスを受けてボックス手前に侵攻した阿部が中村に預ける。これを中村がボックス左にワンタッチでスルーパスを送ると、小林悠が抜け出すもギリギリのところで宮原のディフェンスを受け、シュートを放つことができない。 ▽立ち上がりからボールを保持する川崎Fは10分、ボックス手前でFKを獲得。キッカーの中村が右足を振り抜いてゴール左を狙うも、ここはGKランゲラックにキャッチされる。 ▽その後も素早い寄せとセカンドボールへの反応で名古屋に反撃の機会を与えない川崎F。すると20分、ラッキーな形で先制点を奪う。大島がボックス左手前での巧みなキープから家長のフリーランを見逃さずにボックス右へ浮き球のスルーパスを供給。しかし、これを察知した名古屋の和泉に頭でクリアされたが、ボールはゴール方向へ。そのまま左ポストに当たってゴールに吸い込まれた。 ▽不運なオウンゴールで先制点を許した名古屋も30分にようやく反撃。前田が味方とのパスワークからボックス左外に突破してクロスを送る。中央のジョーが押し込もうとするも、ここは車屋に寄せられてしまう。 ▽このピンチを凌いだ川崎Fに追加点のチャンス。34分、阿部がボックス手前やや左の位置で下田からパスを受けると、左足を一閃する。強烈なシュートはゴール左上へと突き刺さり、川崎Fがリードを2点に広げる。 ▽順調な試合運びを見せる川崎Fは、攻撃の手を全く緩めず名古屋を畳みかける。39分、家長が中村とのワンツーでボックス右から内側へと侵攻。切れ味鋭い切り返しから右足でシュートを放ち、丸山の股を抜くもゴールラインギリギリのところで中谷に阻まれる。さらにこぼれ球を小林がプッシュするも、シュートは枠外へ。3点目とはならなかったが、2-0で川崎Fがリードして試合を折り返す。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽流れを変えたい名古屋は、後半に入ってもやや押し込まれる展開に。それでも59分、ジョーの縦パスをボックス左手前で受けた金井が一瞬のスキを突いてボックス内へスルーパス。これに走り込んだ前田が素早くゴール右へシュートを放ち、1点差に詰め寄る。 ▽川崎Fは失点直後、ゴールを許したばかりの前田にボックス右を突破され、シュートを許す危険な場面を作られる。しかし、ここはGKチョン・ソンリョンが右足で好セーブ。このピンチを凌ぐと64分、明日23日が31歳の誕生日であるエースが追加点を奪う。中村が左サイド深い位置からクロスを送る。これをボックス左手前の谷口が頭で落とし、車屋がボックス左を抜け出して折り返す。最後はニアサイドに走り込んだ小林が詰めて、スコアを3-1とする。 ▽貴重な追加点を奪った川崎Fは、その後試合を締めにかかる。これを許さない名古屋は83分に前田がボックス左手前から強烈なミドルシュートを放つが、GKチョン・ソンリョンの好守に阻まれる。 ▽3-1で勝利した川崎Fが連勝。さらに同時刻にキックオフを迎えた首位・サンフレッチェ広島(勝ち点55)vs3位・FC東京(勝ち点42)が1-1のドローに終わったため、首位との勝ち点差を「4」に縮めた。一方の名古屋は連敗を喫している。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 20:58 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】同じDNAを持つ両者再び…風間八宏、等々力初帰還《川崎Fvs名古屋》

▽明治安田生命J1リーグ第27節が21日から23日にかけて行われる。逆転優勝を目指す2位・川崎フロンターレ(勝ち点49/1試合未消化)は、風間八宏前監督が率いる12位・名古屋グランパス(勝ち点31/1試合未消化)を本拠地・等々力陸上競技場に迎える。 ◆逆転優勝への加速を~川崎フロンターレ~ ▽前節の北海道コンサドーレ札幌戦を7-0で大勝し、首位・サンフレッチェ広島との勝ち点差を「6」に縮めた川崎F。試合の入り方にこそ反省点を残したものの、リーグ戦デビューを飾ったMF下田北斗とMF田中碧の両選手を含め7人にゴールが生まれる嬉しい展開で、前々節のガンバ大阪戦(0-2●)、YBCルヴァンカップ準々決勝の鹿島アントラーズ戦(第1戦:1-1△、第2戦:1-3)と続いていた公式戦3試合未勝利という嫌な雰囲気を払しょくした。 ▽しかし19日、前節欠場したMF守田英正の約1カ月離脱が発表。総力が問われる戦いが続く。そして迎える今節の相手は、2016シーズンまで指揮を執った風間監督率いる名古屋。後半戦驚異の巻き返しを見せる強力な攻撃陣に加え、チームを知る風間監督とMFエドゥアルド・ネット擁する嫌な相手だ。それでも26日には台風の影響で延期された第18節湘南ベルマーレ戦が控えており、ここで一気に首位との勝ち点差を縮めることができる可能性もある。元指揮官率いるチームにきっちりダブルを飾り、連勝で逆転優勝へ加速したい。 ◆残留争い脱出へのリスタートを~名古屋グランパス~ ▽一方のここまで快進撃を見せていた名古屋は、前節最下位・V・ファーレン長崎に3-4で敗れて連勝が「7」でストップ。立ち上がりに先制点を許すと、一度は逆転するも、そこからひっくり返されて得意の打ち合いで敗北を喫する形に。攻撃面でこそ8試合連続複数得点中だが、守備面では課題が浮き彫りとなった。 ▽さらに今節の相手は王者・川崎F。リーグ屈指の攻撃力を誇る相手だけに、直近3試合連続失点中の守備の改善は急務だ。現在12位に位置しているものの、J1参入プレーオフ圏内となる16位・サガン鳥栖との勝ち点差はわずか「2」。一つの敗戦で再び降格圏内に引きずり戻される可能性もある。相手はリーグ最少失点の堅守も持ち合わせているが、好調な攻撃陣で何としても攻め勝ち、残留争い脱出へのリスタートを切りたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆川崎フロンターレ[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180922_100_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:大島僚太、下田北斗 MF:家長昭博、中村憲剛、阿部浩之 FW:小林悠 監督:鬼木達<hr>▽前節同様の先発メンバーが予想。上述通り、守田は引き続き欠場。中盤には前節移籍後リーグ戦初出場を果たした下田がMF大島僚太とダブルボランチを形成する。 ◆名古屋グランパス[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180922_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、金井貢史 MF:前田直輝、小林裕紀、エドゥアルド・ネット、和泉竜司 FW:玉田圭司、ジョー 監督:風間八宏<hr>▽前節からの変更点は2点か。前節欠場のMFガブリエル・シャビエルは今節も出場できない見込み。右サイドにMF前田直輝が入り、最前線はFW玉田圭司がエースFWジョーとツートップを組むことになりそうだ。今夏に川崎Fから加わったMFエドゥアルド・ネットは古巣戦を迎える。 【注目選手】 ◆FW小林悠(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180922_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽逆転優勝への加速に向けてカギとなるのはFW小林悠だ。代表戦からクラブに戻ったエースは前節1ゴール1アシストを記録したほか、裏への抜け出しやボックス内での粘りからチャンスを演出。得点ランキングでも12得点で日本人トップの3位タイに躍り出た。前回対戦時では不発。今節こそ恩師・風間監督の前でゴールを奪うことができるか。 ◆FWジョー(名古屋グランパス)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180922_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽一方、名古屋の注目選手は8試合連続得点中のジョーだ。前節2ゴールを記録すると、ついに20ゴールに到達して得点ランキングトップに立った。それでも本人は「第一目標はチームが勝つこと、そのための得点を取れれば」と語っている。得点を量産する怪物FW、ホームで6試合連続無失点の川崎F守備陣までも崩せるか。 ◆風間八宏のDNAを持つ両者…ポイントは立ち上がりか ▽攻撃を第一に掲げる風間八宏監督のDNAを持つ両者。前回対戦は、互いの攻撃スタイルがぶつかり合う中、川崎Fがセットプレーからのゴールで1-0で勝利した。当時こそ、鬼木達監督の守備意識の要求によって風間スタイルを成熟させた川崎Fと、風間監督就任2年目を迎えたばかりの名古屋では完成度が違った。 それでも名古屋は前節で連勝がストップしたものの、それまで7連勝を飾るなど現在J1を脅かす存在となっている。 ▽逆転優勝を目指す川崎Fと、残留争い脱出を目指す名古屋。立ち位置は違えど、攻撃的サッカーを標榜する両者だけに打ち合いになる可能性は十分に秘めている。そこでポイントとなるのは立ち上がりか。前節川崎Fは7発で大勝したものの、立ち上がりは札幌に押し込まれた。これには鬼木監督も「何点取られてもおかしくないような入り」と評していた。一方、名古屋も前節、前田が「フワッと入ってしまった」と語る通り、立ち上がりから長崎に押し込まれて8分に先制点を許した。 ▽前節の反省を改善することができなければ、早い時間帯に先制点を許しかねない。そういう意味でも立ち上がりから目が離せない試合になりそうだ。勝利するのは川崎Fか、名古屋か。風間監督が種を蒔いた攻撃スタイルを持つ両者の一戦は、22日の19時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">風間八宏、等々力初帰還<br />川崎Fvs名古屋をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

鈴木武蔵ハットの長崎が名古屋に打ち勝って8戦ぶり白星! ジョー7連発で今季20点到達も守備崩壊名古屋は7連勝でストップ…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第26節、名古屋グランパスvsV・ファーレン長崎がパロマ瑞穂スタジアムで行われ、アウェイの長崎が4-3で勝利した。 ▽後半戦に入って7連勝と現在J1で最も“ホット”な11位名古屋と、5連敗で最下位に低迷する長崎による昇格組対決。クラブ最多記録の8連勝を目指す名古屋は6-1で圧勝した前節のジュビロ磐田戦から先発1人を変更。負傷のガブリエル・シャビエルに代わって特別指定選手の児玉が起用された。 ▽一方、何とか連敗をストップし勝ち点を積み上げたい長崎は前節の湘南ベルマーレ戦から先発3人を変更。前田悠、大本、平松に代わって澤田、黒木、翁長を起用した。 ▽立ち上がりからアウェイの長崎が圧力をかけていくと、早い時間帯に試合が動く。8分、ボックス手前で抜群のキープで溜めを作った澤田がボックス右に走り込むフリーの飯田へ丁寧に展開。飯田がすかさずグラウンダーのマイナスクロスをゴール前に入れると、最後はゴール前に飛び込んだ鈴木が泥臭く押し込んだ。 ▽ホームで先制を許すも8月の月間MVPのジョーを筆頭に爆発的な攻撃力を誇るホームチームはすかさず反撃に転じる。12分にはそのジョーの絶妙な落としからボックス左の前田直にシュートチャンスも、これは枠の右に外れる。ここから一気に名古屋の時間と思われたが、相手の粘り強い守備を前にやや簡単にボールを失う場面が散見。逆に中村に際どいミドルシュートを打たれてあわや2失点目というピンチもここはGKランゲラックの好守で凌いだ。 ▽2週間ぶりの実戦の影響か攻撃のテンポが上がり切らない名古屋だったが、絶好調の若手レフティーが圧巻の一撃で同点ゴールをもたらす。30分、右サイド深くでボールを持った前田直が得意のカットインでボックス手前まで運んで左足を振り抜くと、絶妙なコントロールシュートがゴール左隅に突き刺さった。このゴールで勢いづくホームチームは直後にも前田直、ジョー、玉田と3人のレフティーの共演でゴールネットを揺らすが、ここはジョーがオフサイドを取られて早々の逆転ゴールとはならなかった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽同点以降、完全に名古屋ペースで進んだものの試合は1-1のイーブンで後半へ。攻勢を強めたい名古屋ベンチは児玉に代えて和泉をハーフタイム明けに投入。すると、立ち上がりの48分に逆転ゴールが生まれる。丸山のロングフィードに反応したジョーがDF田上を強靭なフィジカルでブロック。ボックス内で利き足とは逆の右足を振り抜くと、これがゴールネットを揺らし出場試合で7試合連続ゴールを記録した。 ▽後半立ち上がりに試合を引っくり返されてここから厳しい展開が予想された長崎だったが、ここから見事な反撃を見せる。まずは53分、ショートカウンターから澤田のスルーパスに抜け出した飯尾が右足のクロスを入れると、これをファーでフリーになった鈴木が頭で合わせ同点ゴール。さらに56分には相手CKのカウンターから中村のパスに抜け出した右サイドの澤田がグラウンダーのクロスをゴール前に入れると、これを再び鈴木がスライディングで流し込み、ハットトリック達成で再逆転に成功した。 ▽前半戦を再現するかのような連続失点で瞬く間にビハインドを背負った名古屋は66分に玉田を下げて八反田を2枚目のカードで投入。だが、69分には長崎のセットプレーの場面でDF中谷が田上をボックス内で倒してしまい、痛恨のPK献上。これをキッカーの中村に決められてリードを2点に広げられた。 ▽その後、互いに交代カードを切っていく中、何とか追いつきたい名古屋は小林を下げて新井を投入。丸山を前線に上げて決死のパワープレーを敢行すると、89分に右サイドからのスローインの流れで前田直のシュートのこぼれ球をジョーが右足で泥臭く流し込み、今季リーグ20点目で反撃の狼煙を上げる。そして、6分が与えられた後半アディショナルタイムにも猛攻を見せたホームチームだったが、4点目を奪うことはできず。 ▽鈴木のハットトリックの活躍で絶好調の名古屋を敵地で沈めた長崎が連敗を「5」でストップすると共に8試合ぶりの勝利を収めた。一方、今季最多の4失点と守備が崩壊した名古屋は連勝が「7」でストップすると共に9試合ぶりの敗戦を喫した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.15 20:09 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋、来季加入内定の東海学園大MF渡邉柊斗を特別指定選手として登録! 同大学FW榎本大輝は認定解除

▽名古屋グランパスは13日、来シーズン加入が内定している東海学園大学のMF渡邉柊斗(21)を特別指定選手としてトップチームに登録することを発表した。背番号は「40」に決定している。 ▽渡邉は、2017年12月に2019シーズンからの加入が内定。地元の愛知県出身で、東海学園高校から東海学園大学へと進学していた。プレーの特徴について、名古屋は「卓越した技術・広い視野・ボールにかかわり続ける運動量・高い戦術眼を持つ。フリーキックの質もハイレベル」と紹介している。 ▽なお、J1クラブのJFA・Jリーグ特別指定選手の人数枠は3名まで。現在名古屋には東海学園大学MF児玉駿斗(19)、早稲田大学MF相馬勇紀(21)、東海学園大学FW榎本大輝(21)の3名が特別指定選手としてプレーしており、今回渡邉は榎本と入れ替えて登録することとなった。 2018.09.13 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋FWジョーと、町田MF平戸太貴が月間MVPを初受賞《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは12日、8月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」として、J1からは名古屋グランパスのFWジョー、J2からはFC町田ゼルビアのMF平戸太貴を選出した。両選手とも初受賞となる。 ▽鈴木は8月に行われた第19節から第24節の5試合のうち4試合に出場。その間、第20節のガンバ大阪戦と第24節の浦和レッズ戦の2試合でハットトリックを達成し、10ゴールを記録した。ジョーのコメントとJリーグ選考委員会による総評は次のとおり。 ◆FWジョー(名古屋グランパス) 「このような賞を受賞でき、すごく嬉しいです。8月はクラブにとって大事な試合が続く非常に重要な月でしたが、チームが皆さんの期待に応え良い成績を残せたのは、非常に素晴らしいことだと思っています。その中で自分が月間MVPに選ばれてすごく光栄ですし、この結果はチームメイトをはじめ、クラブを支えていただいている全ての皆さんのおかげだと思います。このまま良い結果が続くように全力を尽くしたいと思います」 ◆Jリーグ選考委員会による総評 「8月は1試合の出場停止がありながら、2度のハットトリックを含む5試合10得点と爆発的な得点力で名古屋を連勝街道に導いている。右足、左足、そして打点の高いヘディングで得点を重ね、得点ランキングでは単独2位に躍り出た。多彩な得点パターンに加え、攻撃の起点にもなるプレーは対戦チームにとって脅威となっている。 本人のフィジカルコンディションもピークに達し、チームの快進撃を支える活躍が評価され、文句なしの受賞となった」 ▽また、平戸は8月の4試合で5得点を奪い町田の首位浮上に大きく貢献。コメントとJリーグ選考委員会による総評は以下のようになっている。 ◆MF平戸太貴(FC町田ゼルビア) 「この度、月間MVPという素晴らしい賞に選んでいただき、とても光栄に感じています。本当にありがとうございました。この賞をいただけたのは、自分だけの力ではなく、一緒に戦っているチームメイト、スタッフ、そしてファン・サポーターの皆様のおかげだと思っております」 「8月は非常に暑く厳しい試合が多かったのですが、ファン・サポーターの皆様の声援が力となり、結果を残すことができました。改めて、ありがとうございました、と感謝の気持ちを伝えたいと思います。シーズンは終盤に入りますが、これからも1試合1試合、ゼルビアが掲げている“チャレンジャー"という気持ちをもち続け、今まで以上にチームを勝利に結びつけられるような選手になりたいと思っています。チーム一丸となって戦い続けますので、引き続き熱い応援をよろしくお願い致します」 ◆Jリーグ選考委員会による総評 「MFながら4試合でチーム総得点(8ゴール)の半数以上となる5ゴールを叩きだし、チームをけん引。今まではチャンスメークで貢献してきたが、高い得点力を発揮し、首位に躍り出たチームの最大の立役者となっている。また、第29節の松本戦では試合終了間際に鮮やかなFKを決め、その正確なプレースキックでチームを勝利に導いた。今、明治安田生命J2リーグで最もノリにのっている選手で、今後の活躍にも期待が持てる活躍が初となるMVP受賞を呼び込んだ」 2018.09.12 16:00 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース