ボルシアMG、今季ブンデスで24試合に出場したU-19フランス代表MFと2023年まで契約延長!2018.06.15 01:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ボルシアMGは14日、U-19フランス代表MFミカエル・キュイサンス(18)との契約を2023年まで延長したことを発表した。

▽母国フランスのナンシーユース出身のキュイサンスは、2016年にナンシーのセカンドチームに昇格すると、2017年の夏にボルシアMGへ移籍。今シーズンはブンデスリーガ24試合に出場し、2アシストを記録していた。

▽また、各年代のフランス代表に選出されてきたキュイサンスは、2017年9月にU-19フランス代表に選出されると、これまで10キャップを数え、1ゴールをマークしていた。

▽ボルシアMGのマックス・エーベルルSD(スポーツディレクター)は、キュイサンスとの契約延長について以下のように語った。

「ミカエルは今シーズンの大きな驚きのひとつだった。彼はすぐにブンデスでの戦い方に順応し、大きく飛躍したね。我々が彼の素晴らしい未来を信じており、今回のような長期的な契約を結べたことに満足しているよ」

コメント

関連ニュース

thumb

ボルシアMGに完敗でリーグ戦2連敗のバイエルン、公式戦4試合勝利なしの泥沼《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは6日、ブンデスリーガ第7節でボルシアMGをホームに迎え、0-3で完敗した。 ▽前節ヘルタ・ベルリン戦ではまさかの敗戦を喫して今季初黒星となったバイエルン。リーグ戦2試合未勝利となった中、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアヤックス戦ではホームながら劣勢を強いられ、1-1の引き分けに終わった。公式戦3試合勝利のないチームは、アヤックス戦のスタメンから3選手を変更。リベリ、J・ボアテング、ハビ・マルティネスに代えてハメス・ロドリゲス、ジューレ、ゴレツカを起用した。 ▽ここまで3勝2分け1敗と4位に付ける難敵ボルシアMGに対し、3トップに右からロッベン、レヴァンドフスキ、ハメス・ロドリゲスと並べ、中盤アンカーにチアゴ、インサイドにミュラーとゴレツカを配す[4-3-3]で臨んだバイエルンが立ち上がりから攻勢に出る展開となった。 ▽しかし10分、チーム状態を象徴するように先制を許してしまう。ボックス手前左からプレアにミドルシュートを打たれると、ゴール右隅に決まってしまった。 ▽さらに16分、GKノイアーのパスを受けたチアゴのボールロストからボックス中央のシュティンドルに決められて追加点を奪われてしまう。 ▽まさかの2点ビハインドとなったバイエルンが引き続き押し込む展開とすると、32分にようやくチャンス。左サイドからのクロスを受けたファーサイドのロッベンがシュート。しかしGKゾンマーのセーブに阻まれた。35分にもレヴァンドフスキが枠内シュートを浴びせたバイエルンだったが、ハーフタイムにかけてはボルシアMGの集中した守備の前に好機を生み出せずに0-2で前半を終えた。 ▽後半からロッベンとミュラーに代えて左ウイングにリベリ、右ウイングにニャブリを投入したバイエルンは、52分にアラバが負傷してレナト・サンチェスを投入。交代枠を使い切ってしまう。 ▽アラバを失った左サイドバックにゴレツカを充てたバイエルンは、63分にようやくリベリが枠内シュートをマーク。67分にはハメス・ロドリゲスのスルーパスを受けたレヴァンドフスキがネットを揺らしたバイエルンだったが、わずかにオフサイドに阻まれる。 ▽ゴールが遠いバイエルンは終盤にかけても攻めあぐねると、88分に終戦する。CKの流れからボックス左のヘアマンにボレーシュートを叩き込まれた。 ▽このまま0-3で完敗したバイエルンは7年ぶりのリーグ戦2連敗となり、公式戦4試合勝利から見放されている。 2018.10.07 03:25 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部がボランチでフル出場のフランクフルト、ボルシアMGに完敗《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは26日、ブンデスリーガ第5節でボルシアMGとのアウェイ戦に臨み、1-3で敗れた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 ▽前節ライプツィヒ戦を1-1の引き分けに持ち込まれて開幕戦以来勝利のないフランクフルトは、リーグ戦初先発を飾った長谷部が引き続き先発となり、[4-2-3-1]のボランチでスタートした。 ▽立ち上がりから押し込まれる展開を強いられたフランクフルトは18分にピンチ。 CKの流れからプレアに枠内シュートを打たれたが、GKトラップがセーブした。 ▽劣勢のフランクフルトは21分、長谷部がボレーシュートを放ったが枠を捉えきれない。 ▽前半半ば以降もボルシアMGのペースが続くと、42分にはCKからギンターのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKトラップがファインセーブで凌ぎ、前半をゴールレスで終えた。 ▽しかし56分、ボルシアMGに先制を許す。ボックス右でパスを受けたプレアがDFを背負いながら強烈なシュートをニア上に突き刺した。 ▽失点後、アブラアムのヘディングシュートでゴールに迫ったフランクフルトだったが、 61分にプレアのミドルシュートでゴールを脅かされると、65分にリードを広げられる。ノイハウスのラストパスを受けたボックス左のT・アザールがゴール右にシュートを決めた。 ▽73分に途中出場のレビッチが1点を返したフランクフルトだったが、85分にCKからエルベディにヘディングシュートを決められて万事休す。完敗で4試合勝利なしとなった。 2018.09.27 06:41 Thu
twitterfacebook
thumb

エバートンがボルシアMGのスイス代表MF獲得に関心

▽エバートンがボルシアMGに所属するスイス代表MFデニス・ザカリア(21)の獲得に動いているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽今季から新指揮官に就任したマルコ・シウバ監督の下、ワトフォードのブラジル人FWリシャルリソン(21)を4000万ポンド(約58億5000万円)で獲得するなど、新シーズンに向けて大型補強を目指すエバートン。 ▽ここまでバルセロナのフランス代表DFリュカ・ディーニュやチェルシーのベルギー代表MFミッチー・バチュアイ、イングランド代表MFルベン・ロフタス=チーク、インテルのU-21フランス代表FWヤン・カラモーへの関心も伝えられる中、今回新たに獲得候補に浮上したのが、ボルシアMGの大型ボランチだ。 ▽母国ヤング・ボーイズでの活躍が認められ、2017年夏にボルシアMGへステップアップしたザカリアは、190cmの屈強なフィジカルを持つボランチ。その体格通りのボール奪取力を生かしたプレーで、移籍初年度からブンデスリーガで十分な存在感を発揮し、公式戦33試合で2ゴールの数字を残した。 ▽また、2016年5月にデビューした代表でもレギュラーに定着。ロシア・ワールドカップではグループリーグで途中出場2試合にとどまったものの、今後の代表を背負って立つ大器だ。 2018.07.25 17:55 Wed
twitterfacebook
thumb

レノに続くGK補強か アーセナルがゾンマー獲得交渉

▽新シーズンからアーセナルを率いるウナイ・エメリ監督は、さらなるGK補強に動いているようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えた。 ▽22年間のアーセン・ヴェンゲル体制に終止符を打ったアーセナル。今夏、レバークーゼンからドイツ代表GKベルント・レノ(26)を獲得した。 ▽しかし、エメリ監督は依然、ボルシアMGに所属するスイス代表ヤン・ゾンマー(29)の獲得にも向かっている模様だ。 ▽そのアーセナルは、バルセロナも関心を寄せているとされるゾンマー獲得に向け、先進的な交渉に開始したという。 ▽スイス代表としてロシア・ワールドカップを戦ったゾンマーは、2014年からボルシアMGでプレー。2017-18シーズンは公式戦33試合に出場した。 2018.07.22 11:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGがニースのFWプレアと5年契約

▽ボルシアMGは13日、ニースのフランス人FWアラサン・プレア(25)の加入を発表した。契約期間は5年間となる。 ▽プレアは、リヨンの下部組織出身で、オセールを経て2014年8月にニースへ加入。2017-18シーズンはリーグ・アンで35試合に出場し16ゴール6アシストを記録。ヨーロッパリーグでは8試合に出場し4ゴール1アシストを記録していた。 ▽また、世代別のフランス代表にも選ばれ続け、U-18、U-19、U-20、U-21で代表に選出されている。 2018.07.13 20:40 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース