PSG、クルザワ後釜にポルトで今季20アシストのA・テレスをリストアップ!2018.06.14 21:28 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)がポルトのブラジル人DFアレックス・テレス(25)の獲得に関心を示しているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。

▽2014年に母国のグレミオからガラタサライに移籍したテレスは、その翌シーズンにインテルへ買い取りオプション付きの1年間のレンタルで加入。その後、インテルが買い取りオプションを行使しなかったことで、2016年にポルトに完全移籍した。

▽そのポルトでは加入1年目からレギュラーポジションを掴むと、今季は公式戦45試合の出場で4ゴール20アシストという圧巻のパフォーマンスを披露し、ポルトのリーグ制覇の立役者の1人となった。

▽『レキップ』が伝えるところによれば、今夏フランス代表DFレイヴァン・クルザワに退団の可能性が浮上しているPSGは同選手の後釜として同じ攻撃的な左サイドバックであるテレス獲得に動いているという。

▽ただ、フランス『Le Parisien』はPSGがテレス以外にもユベントスのブラジル代表DFアレックス・サンドロ、新指揮官トーマス・トゥヘル監督の教え子であるドルトムントのポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロの動向も注視していると主張している。

▽なお、ポルトでの2シーズンで評価を高めるテレスに関してはポルト側が“非売品”と主張しているものの、PSGと共にチェルシーとリバプールも関心を寄せているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマール慰留へPSGが“緊急補強”!迎え入れたのは意外な人物

パリ・サンジェルマン(PSG)は、レアル・マドリー移籍が取り沙汰されるFWネイマールの慰留に向け、ブラジル代表の理学療法士を招き入れたようだ。米メディア『ESPN』が伝えている。<br><br>ネイマールは2月に右足の第5中足骨骨折で残りシーズンを棒に振った。しかし、6月に開幕するロシアW杯に間に合わせるために、ブラジル代表の理学療法士であるブルーノ・マチオッチ氏の下でリハビリを行った結果、大会をベストコンディションで迎えることができた。<br><br>マチオッチ氏は、過去にブラジルのコリンチャンスや中国の山東魯能でロナウドやアレシャンドレ・パトのために働いた経験があり、『ESPN』によると、「ネイマールをはじめ、PSGに所属するダニエウ・アウベス、チアゴ・シウバ、マルキーニョスはクラブでもマチオッチと仕事をしたいと希望しているようだ」と伝えている。<br><br>さらにPSGのこの選択にるいて「W杯以来レアル・マドリーへの移籍の噂が増えているネイマールを喜ばせるために取ったステップだ」とし、ブラジル代表のエースを慰留するため、ネイマールが全幅の信頼を寄せるマチオッチ氏を迎えたとみられている。<br><br>マチオッチ氏は自身のインスタグラムで「このプロジェクトの一環としてこのクラブが成長するのを支援したい。それが私の責任であり、自信を持っている。このチャレンジは大変になるが、私の成功したいという意欲はますます大きくなっているよ。パリ・サンジェルマンが私の新しい家となったことは非常に幸せだ!」とPSG入りを喜んだ。<br><br>かねてからレアルへの移籍が取り沙汰されているネイマールだが、現地時間13日にレアルが公式声明を発表。ネイマールについて「我々はオファーを出す予定がないことを明らかにする。パリSGと我々の関係は素晴らしいものであり、レアル・マドリーがもしパリSGの選手の獲得を検討する時には、クラブに対して正式な獲得オファーを打診することになっている」と移籍騒動を完全否定している。<br><br>果たしてネイマールの去就はどうなるのだろうか。今後の一挙手一投足から目が離せない。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.14 19:30 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーが今夏のネイマール獲得を完全否定! 今夏2度目の公式声明

▽レアル・マドリーは13日、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(26)獲得に関する一連の報道を完全に否定した。 ▽ブラジル『グローボ・エスポルチ』は13日、マドリーのネイマール獲得プランが再浮上していると報じた。同メディアはマドリーの南米担当スカウトのジュニ・カラファト氏が、ネイマールの父親とファーストコンタクトを取ったと伝えていた。 ▽この報道を受けて、マドリーは13日夜にクラブ公式サイトでクラブがネイマールに向けてオファーを掲示する予定がないことを明言した。 「PSGプレーヤーのネイマールJr.と我々のクラブに関する結びつきが絶え間なく伝えられているが、レアル・マドリーは同プレーヤーに対していかなるオファーも掲示するプランがないことを、ここで明確にしたい」 「両クラブの間には素晴らしい関係があり、仮にレアル・マドリーがPSGのプレーヤーの獲得を検討する場合、まず始めにクラブ側にコンタクトを取る」 ▽なお、ネイマールとマドリーに関しては、今月2日にもスペインのテレビ局『TVE』がネイマールに史上最高額の移籍金3億1000万ユーロ(約406億円)のオファーを提示したと報じ、マドリーが今回と同様に公式声明にて報道を否定していた。 2018.07.14 04:07 Sat
twitterfacebook
thumb

PSGがJ・ボアテング獲得に3500万ユーロのオファーを掲示

▽パリ・サンジェルマン(PSG)がバイエルンに所属するドイツ代表DFジェローム・ボアテング(29)の獲得に向けて具体的な条件掲示を行ったようだ。『Culture PSG』が伝えている。 ▽ボアテングは、2011年夏にマンチェスター・シティからバイエルンに加入。以降、6度のブンデスリーガ優勝や1度のチャンピオンズリーグ制覇など数々のタイトルに貢献してきた。 ▽しかし、先日にイギリス『FourFourTwo』のインタビューで「外国はいつだって興味深い。そう多くのチャンスはないからね。誰もが決断を迫られるものさ。自分が経験を積みたいかどうかを」と語り、国外での新たな挑戦を希望していることを明かしていた。 ▽そのボアテングにはマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーに加え、ユベントスやナポリといったビッグクラブが関心を示している模様だ。 ▽しかし、『Culture PSG』が伝えるところによれば、トーマス・トゥヘル新監督率いるPSGがボアテング獲得に向けて3500万ユーロ(約46億円)のオファーを掲示したようだ。 ▽また、PSGはすでにボアテング側にも接触しており、年俸800万ユーロ(約10億5000万円)のオファーを掲示したようだ。 2018.07.14 00:33 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリー、ネイマール獲得説が再浮上! 南米担当スカウトが接触

▽レアル・マドリーが、パリ・サンジェルマンの(PSG)ブラジル代表FWネイマール(26)獲得に動き出しているようだ。スペイン『マルカ』が、ブラジル『Globo Esporte』の報道を基に伝えた。 ▽マドリーは今夏、クラブの象徴として数々の栄光をもたらしたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに放出。当然ながら、次なるスタープレーヤーの確保が急務とされており、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールなどビッグネームの名前が挙がっている。 ▽そんな中、『Globo Esporte』はマドリーのネイマール獲得説が再浮上していると報じた。同クラブは、ネイマールに史上最高額の移籍金3億1000万ユーロ(約406億円)でのオファーを提示したとするスペインのテレビ局『TVE』の報道を公式声明で強く否定していた。 ▽しかし、伝えられるところでは、マドリーの南米担当スカウトのジュニ・カラファト氏が、ネイマールの父親とファーストコンタクトを取ったという。ブラジル在住のカラファト氏は、ネイマールが14歳の頃からマドリー側の窓口として連絡を取り合っていたことでも知られる人物だ。 ▽PSGはネイマールに契約解除金を設定しておらず、ナセル・アル・ケライフィ会長も放出を拒否している。マドリーにとって厳しい交渉になることが予測されるが、必要な圧力をかけることで可能にするかもしれない、と『マルカ』は見解を示している。 2018.07.13 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

カンテ慰留を望むチェルシー、現行契約の倍額を用意か

▽チェルシーがフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)に新契約を用意するようだ。イギリス『エクスプレス』が報じている。 ▽2016年夏にレスター・シティから加入し、瞬く間にチェルシーの中心選手となったカンテ。2015-16シーズンのレスターの奇跡の優勝を置土産にビッグクラブへステップアップした同選手は16-17シーズンにもチェルシーでプレミアリーグを制覇。異なるチームで試合に出場してプレミア連覇を成し遂げた史上初の選手となった。 ▽今回のロシア・ワールドカップでもグループリーグから準決勝までの全試合でフル出場を果たしており、決勝進出を決めたフランス代表でも不可欠な選手となっている。そんなカンテにフランスの強豪パリ・サンジェルマン(PSG)が興味。近年、ブラジル代表FWネイマールやフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得で移籍市場の話題を独占してきたフランスの雄が、今夏にも9000万ポンド(約133億円)の資金を投じてカンテ獲得を試みるようだ。 ▽しかし、当然ながらチェルシー側もチームのダイナモを手放す気はないようで、週給20万ポンド(約2900万円)を用意し新たに5年契約を締結させたい意向のようだ。現行契約を3年残しているカンテは現在推定週給11万ポンド(約1600万円)を受け取っているため、今回のオファーはおよそ2倍の額を提示する形になるようだ。 2018.07.12 14:01 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース