PSG、クルザワ後釜にポルトで今季20アシストのA・テレスをリストアップ!2018.06.14 21:28 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマン(PSG)がポルトのブラジル人DFアレックス・テレス(25)の獲得に関心を示しているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。

▽2014年に母国のグレミオからガラタサライに移籍したテレスは、その翌シーズンにインテルへ買い取りオプション付きの1年間のレンタルで加入。その後、インテルが買い取りオプションを行使しなかったことで、2016年にポルトに完全移籍した。

▽そのポルトでは加入1年目からレギュラーポジションを掴むと、今季は公式戦45試合の出場で4ゴール20アシストという圧巻のパフォーマンスを披露し、ポルトのリーグ制覇の立役者の1人となった。

▽『レキップ』が伝えるところによれば、今夏フランス代表DFレイヴァン・クルザワに退団の可能性が浮上しているPSGは同選手の後釜として同じ攻撃的な左サイドバックであるテレス獲得に動いているという。

▽ただ、フランス『Le Parisien』はPSGがテレス以外にもユベントスのブラジル代表DFアレックス・サンドロ、新指揮官トーマス・トゥヘル監督の教え子であるドルトムントのポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロの動向も注視していると主張している。

▽なお、ポルトでの2シーズンで評価を高めるテレスに関してはポルト側が“非売品”と主張しているものの、PSGと共にチェルシーとリバプールも関心を寄せているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

PSG、中盤の強化試みるも…

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は今夏に、ユベントスのドイツ代表MFサミ・ケディラ(31)と、アヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)の獲得を目指していたようだ。フランス『レキップ』をもとにイタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽PSGは今夏、新指揮官としてトーマス・トゥヘル監督が就任。トゥヘル監督は、中盤の強化を図るべくケディラとF・デ・ヨングの獲得をクラブに要請していたようだ。 ▽ケディラは2015年にレアル・マドリーからユベントスにフリーで加入。加入初年度こそケガに泣かされリーグ戦出場は20試合だったが、2016-17シーズンにはリーグ戦31試合出場した。これまでリーグ戦通算81試合で20ゴール10アシストと、チームの欠かせない存在になっている。その証拠にユベントスは先日、ケディラと契約を2021年まで延長。PSG移籍の可能性は消滅した。 ▽ヴィレムⅡでプロキャリアをスタートしたF・デ・ヨングは、2015年にオランダの名門アヤックスに加入。最初の2シーズンはリザーブチームにあたるヨング・アヤックスを主戦場としてきたものの、昨シーズンからトップチームに定着した。後半戦はケガで棒に振ったが、22試合で8アシストをマークしブレイク。オランダの有望株として多くのビッククラブが関心を寄せている。また、スペイン『ムンド・デポルティボ』によれば1月の移籍市場でPSGが再び獲得に動くと見込まれている。 2018.09.20 20:39 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミアとリーグ・アンの比較に不満のカバーニ「フランスはW杯で優勝したんだ」

パリ・サンジェルマンのFWエディンソン・カバーニは、プレミアリーグのチームがどのようにリーグ・アンで戦っていくのか見てみたいと話した。<br><br>18日に行われたチャンピオンズリーグのグループC第1戦でPSGは敵地でリヴァプールと対戦。2点のビハインドからPSGは同点に追いつくものの、終盤に決勝点を許して2-3で敗れた。この試合の大半をリバプールに支配された展開に、多くの解説陣がプレミアリーグとリーグ・アンを比較するコメントを残していた。<br><br>しかし試合後、カバーニはこのような考えに対して不満をあらわにした。「ヨーロッパ中のベストチームがチャンピオンズリーグでプレーし、彼らとの対戦で、ときには勝つこともあるし、ときには負けることもある」<br><br>「僕はプレミアリーグのチームがリーグ・アンで戦う姿を見てみたいね。そうすれば、どれだけプレミアリーグのチームが優れているかが分かるんじゃないのか。フランスはワールドカップで優勝したし、その中の多くの選手がリーグ・アンでプレーしたから、僕はフランスのリーグが劣っているとは思えない。フランスのチームだってここ数年のチャンピオンズリーグで上位に進出している」<br><br>1995年以降、CLベスト8の壁を破れないでいるPSGはここ2年間連続でベスト16どまり。今シーズンのCL初戦を落とした同クラブだが、グループリーグの残り5試合で巻き返し、今シーズンこそベスト4に進出できるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.20 14:50 Thu
twitterfacebook
thumb

PSG戦前日…マネ、左眼負傷のフィルミノへ「君がプレーするのに目は必要ない」

▽リバプールに所属するセネガル代表FWサディオ・マネは、パリ・サンジェルマン(PSG)戦を前にブラジル代表FWロベルト・フィルミノにあるメッセージを送っていたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽フィルミノは15日に行われたプレミアリーグ第5節のトッテナム戦に先発し、チームの2点目を奪い、2-1の勝利に貢献。しかし、試合中ベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲンから偶発的ながら目突きを食らって左眼球を負傷し、74分に負傷交代していた。 ▽これによりフィルミノは18日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループC第1節PSG戦の出場が危ぶまれていた。しかし、試合当日同選手はベンチ入りを果たすと2-1でリードする中、72分に途中出場。その後、試合終盤にPSGに2-2と追いつかれてしまうも、後半アディショナルタイムにボックス右でパスを受けたフィルミノが右足を一閃してゴール左へと決めきり、リバプールを勝利に導いた。 ▽試合後、マネは「ボビー(ロベルト・フィルミノ)がプレーするのに目は必要ないんだ」とコメント。すると、PSG戦前日に目を負傷していたフィルミノにあるテキストメッセージを送っていたことを明かした。 「僕は試合前日ボビーに『ヘイ! ボビー! 頼むぜ! 僕らには君が必要なんだ』ってメッセージを送ったんだ。そして、『君に目は必要ないよ』ってね」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.20 10:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ネイマールのスポーツマンシップが素敵!同胞のリバプールFWフィルミノの決勝ゴールに「素晴らしかった」

▽スポーツマンシップはいつだって美しいものだ。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループC第1節のリバプールvsパリ・サンジェルマン(PSG)が18日に行われた。試合は2-2で迎えた後半アディショナルタイム、途中出場のブラジル代表FWロベルト・フィルミノのゴールでリバプールが勝利をもぎ取った。 ▽試合後、ミックスゾーンでインタビューに答えていたフィルミノのもとに、PSGのブラジル代表FWネイマールが。イギリス『メトロ』が伝えるところによると、この時ネイマールはフィルミノに「おめでとう。素晴らしかったよ。また後で」と言って立ち去って行ったという。 ▽自身としては満足の行く活躍が出来ず、試合終了間際の失点での敗戦だっただけに大きな悔しさが残ったであろうネイマールだが、同胞のゴールを祝福しにわざわざやって来たようだ。 ▽トッププレイヤーであるが故に、批判の声も多いネイマールだが、そんな憎まれっ子の見せた姿勢には素直に賛辞を贈りたい。 2018.09.19 20:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ネイマールを抑えての勝利にクロップがご満悦「彼が左でプレーすることを想定していた」

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、ネイマールが左サイドでプレーすることを想定してこの試合を準備していたと明かした。<br><br>18日に行われたチャンピオンズリーグのグループステージ第1戦でリバプールはホームでパリ・サンジェルマンと対戦。36分までにダニエル・スタリッジとジェームズ・ミルナーのゴールで2点をリードしたリバプールだが、40分と83分にゴールを許して同点に。しかし、試合終了間際にロベルト・フィルミノが値千金の決勝点をマークして3-2で白星を飾った。<br><br>試合後、劇的な勝利を収めたクロップ監督はインタビューで「このようなゲームのスタートを切れたことは本当に重要だった。彼らは本当に強く、上手くボールを保持してプレーしていた。彼らがシステムを変更してくると想定していたから我々もシステムを変えて挑んだ。ネイマールは左サイドで、(アンヘル)ディ・マリアがセンターの位置でプレーすると考えていたからそこまでディフェンス陣がトラブルを抱えなかった」と話した。<br><br>「我々は全精力を注ぐ必要があった。本当に上手くやれていた。多くの場面でしっかりとカバーでき、ギャップを埋めることができた。ボールを持った時にも右サイドを使えた。ネイマールはワールドクラスの選手だが、守備の選手ではない。我々はそれを活用できていた」<br><br>実際にこの試合、キリアン・ムバッペのゴールをアシストしたシーンを除いてはネイマールに活躍の場をほとんど与えなかった。また、クロップ監督は先制点をマークしたスタリッジを称賛した。<br><br>「ダニエルは最高のパフォーマンスをした。我々のプレースタイルには9番の役割が不可欠で、彼は必要な時にそこら中に顔を出していた。試合前に彼に&ldquo;今まで見てきた中でベストの状態だ&rdquo;って伝えた。このような状況なら起用しないわけにはいかない。スーパーな試合で、スーパーなゴールだった」<br><br>前の試合で目を負傷して、この試合への出場が危ぶまれていたフィルミノへの賛辞も欠かさなかった。「ボビー(フィルミノ)には昨日の段階でチャンスはなかった。しかし、今朝になって&ldquo;目が開けられる&rdquo;と教えてくれた。彼は多くを助けてくれたし、私は彼のゴールセレブレーションを気に入ったね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.19 08:45 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース