超ワールドサッカー

スパーズ、グリーリッシュ獲得に関心か2018.06.14 19:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムがアストン・ビラに所属するイングランド人MFジャック・グリーリッシュ(22)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽アストン・ビラのアカデミー出身である攻撃的MFのグリーリッシュは、16歳でトップチーム昇格を果たした将来を嘱望されるタレント。ピッチ外での問題行為が目立つ一方、ピッチ内では卓越したテクニックと創造性を発揮するイングランドでは珍しいファンタジスタタイプのチャンスメーカーだ。今季は腎臓の問題でシーズン序盤戦を棒に振るも、チャンピオンシップ(イングランド2部)で27試合に出場し3ゴール5アシストを記録した。

▽なお、クラブ売却が伝えられるビラの窮状を察知したトッテナムは、ビラが3000万ポンド(約44億3000万円)を望んでいるグリーリッシュに対して、1500万ポンド(約22億1500万円)のオファーを掲示したようだ。

▽ただ、グリーリッシュに関してはチェルシーも関心を示しており、より好条件のオファーと共に来シーズンはレンタルという形でビラに残留させるという魅力的な提案で逸材確保を目指しているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

エリクセン、ベイルを警戒「彼はメッシやC・ロナウドの領域にとても近い選手」

▽トッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、ウェールズ代表FWガレス・ベイルを警戒している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽デンマーク代表は16日、UEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグB・グループ4の第3戦でウェールズ代表と対戦する。現在、デンマークは1勝1分けで2位につけており、首位浮上に向けても負けられない一戦を迎える。 ▽今回負傷から復帰したエリクセンは、ウェールズ戦に向けてエースのベイルについて言及。フットボール界をけん引し続けるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに匹敵する選手だと語った。 「彼はトップ。トッププレイヤーだ。メッシやロナウドと同等な人は誰もいないが、彼はその領域にとても近い選手だね」 「彼は長い間レアル・マドリーでプレーしているし、そこで上手くやっている。ベイルは常に違いを作れる選手だ。どのチームでも彼はそれができる」 「彼はとても速い。常に複数ゴールが保証されている。代表のチームでは、ゴールを決めることが全てであり、彼はそれができるんだ」 2018.11.15 08:50 Thu
twitterfacebook
thumb

トッテナム、主力が続々と…エリクセンも契約延長間近

▽トッテナムが着実に戦力確保を進めている。 ▽近年のプレミアリーグにおいて着々と力をつけてきているトッテナム。2014年夏にマウリシオ・ポチェッティーノ監督が就任して以降はプレミアの強豪と肩を並べるようになり、ここ3シーズン連続で3位以内の成績を収めるなど、ロンドンでの覇権はアーセナルを上回っていると言っても過言ではない。 ▽そしてその強豪トッテナムはしばらく続きそうだ。今夏にイングランド代表FWハリー・ケインと2024年まで契約延長。元アルゼンチン代表MFエリク・ラメラとも2022年まで延長した。さらに、最近ではイングランド代表MFデレ・アリと2024年まで、韓国代表MFソン・フンミンとは2023年まで契約延長に合意した。また、トッテナムを強豪に押し上げたポチェッティーノ監督とも今年5月に2023年まで契約を更新し、長期政権を築こうとしている。 ▽加えてこの度、イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えるところによると、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンもこれに続こうとしているようだ。現行契約を2020年までとしているエリクセンだが、年明けにも新契約にサインする模様。その際、週給も7万ポンド(約1000万円)まで引き上げられると見込まれている。 ▽トッテナムは現在、完成は遅れているものの新スタジアムを建設中で新たな時代を開こうとしている。今季のプレミアリーグでもここまで9勝3敗とクラブ史上最高の前半戦となっている。クラブの黄金期はまだまだ続きそうだ。 2018.11.14 13:48 Wed
twitterfacebook
thumb

イングランド代表、そ径部負傷のトリッピアーが代表辞退《UEFAネーションズリーグ》

▽イングランドサッカー協会(FA)は13日、そ径部負傷のトッテナム代表DFキーラン・トリッピアーがイングランド代表を辞退することを発表した。 ▽トリッピアーは10日に行われたプレミアリーグ第12節のクリスタル・パレス戦の前半にそ径部を痛めて負傷交代を強いられていた。 ▽同選手のケガに関しては重いものではないものの、代表には合流せずクラブでリハビリに専念させることを選んだ。 ▽なお、現時点で同選手に代わる追加選手の招集はない。 ▽イングランドは15日にアメリカ代表との国際親善試合を戦った後、18日にホームでUEFAネーションズリーグ(UNL)2018-19最終戦のクロアチア戦を戦う。 2018.11.13 20:39 Tue
twitterfacebook
thumb

わずか数日間で地獄と天国を味わったスパーズDFフォイスを同僚が称賛

▽トッテナムに所属するアルゼンチン代表DFフアン・フォイスはまるでジェットコースターのような10日間を過ごした。 ▽10月31日に行われたEFLカップ4回戦のウェストハム戦で今季初出場を飾り、チームの勝利に貢献する見事なパフォーマンスを披露したフォイス。この活躍が評価され、11月3日に行われたウォルバーハンプトン戦では待望のプレミアリーグデビューを飾った。しかし、同試合ではチームが3-2で勝利した一方、後半に2つのPKを献上してしまうホロ苦いデビュー戦となった。 ▽しかし、現役時代に名センターバックとして活躍したマウリシオ・ポチェッティーノ監督は10日に行われたクリスタル・パレス戦で再びフォイスをスタメンに抜擢。すると、同胞の指揮官の期待に応えたフォイスは安定したプレーでクリーンシートに貢献すると共に、チームを勝利に導くプレミアリーグ初ゴールを記録。わずか10日間に地獄と天国を味わうジェットコースターのような日々を過ごした。 ▽そのフォイスはパレス戦後、クラブの公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「今は本当に幸せな気分だ。だけど、何よりもチームの勝利が嬉しいんだ。前半は難しい展開だったけど、勝利が最も重要なんだ。僕はこの前の試合で与えた2つのPKから学習した。個人的にあの出来事は経験という部分で自分の糧になったと思っているんだ」 ▽また、ウォルバーハンプトン戦から見事なリバウンドメンタリティを示した20歳DFにMFデレ・アリは賛辞のコメントを寄せている。 「フアンは多くの信頼に値する。彼は素晴らしいパフォーマンスをみせ、ゴールまで奪って見せた。彼は毎日チャンスを得るために熱心にトレーニングに励んでいるし、ウルブズ戦の2つのPKを払拭するキャラクターを示した」 ▽また、今月の代表ウィークでフォイスと共にアルゼンチン代表から招集されたGKパウロ・ガッサニーガとMFエリク・ラメラも進境著しい後輩の活躍に目を細めている。 ▽ガッサニーガは、「僕たちにとって彼の活躍に何の驚きも感じていないよ。昨年から彼の成長を見守ってきたからね。彼は常にハードワークしてきたし、今回それが証明されたんだ」と、日ごろからの努力を称賛した。 ▽一方、ラメラは「イングランドへの適応は簡単じゃないし、時間がかかるものなんだ。だけど、フアンは素晴らしいプレーを見せてくれているし、僕は自分のことのように嬉しいんだ。パウロも言っていたけど、彼は本当に努力していたし、彼のクオリティはみんなが見たとおりだよ。彼がそれをピッチで証明していることが僕自身嬉しい」と、フォイスが自身も苦しんだイングランドのスタイルに順応しつつあると語った。 2018.11.12 21:21 Mon
twitterfacebook
thumb

負傷者続出の中で現れた救世主ムサ・シソコ、「このパフォーマンスを継続していきたい」

▽トッテナムに所属するフランス代表MFムサ・シソコがここ最近の好調なパフォーマンスに関して語っている。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 ▽2016年夏にニューカッスルからトッテナムに加入したシソコは途中出場を中心に十分な出場機会を与えられてきた一方、戦術理解度の低さや判断力、プレー精度の低さを理由に多くの識者やサポーターから厳しい批判に晒され、移籍市場が開くごとに放出候補に挙げられてきた。 ▽しかし、今シーズンはロシア・ワールドカップ(W杯)に出場した主力の疲弊、MFムサ・デンベレやDFエリック・ダイアー、MFビクター・ワニャマ、MFデレ・アリ、MFクリスティアン・エリクセンと2列目とセントラルMFに負傷離脱が相次いだ中、圧倒的な身体能力とスタミナ、ユーティリティー性を武器に、ここまで公式戦10試合に出場。ゴールなどの決定的な仕事こそないものの、直近はリーグ戦5試合連続でスタメン起用されるなど、好パフォーマンスでチームを支えている。 ▽とりわけ、10日に行われた直近のクリスタル・パレスでは攻守両面で多くの仕事をこなし、試合終了後にはサポーターから盛大なチャントで労を労われていた。シソコはこれまで批判的な意見が多かったサポーターからの信頼に喜びを見せつつ、現在のパフォーマンスを継続していきたいと語った。 「素晴らしい気分だったよ。そして、ファンたちに感謝を示したい。自分にとって最高の瞬間のひとつだったし、このパフォーマンスを継続していきたい」 「自分がプレーしているときは試合に集中しているし、チームを助けることを常に心がけているんだ。もちろん、外部からの騒音(批判やブーイング)は聞こえているけど、優先すべきはピッチ内の出来事だ。ただ、自分を褒めてくれる声というのは嬉しいことだけどね」 「5試合連続のスタメンは本当に嬉しいよ。フットボールでは状況の変化が激しいけど、僕は決して諦めないよ。毎試合で全力を尽くし、練習からハードワークしていくよ」 「幸い、現時点でチーム同様に個人としてもうまくいっている。それは本当に嬉しいことだけど、今後もその状態を継続できるように努力を続けていきたい」 2018.11.12 18:00 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース