京都、FW大野耀平とMF重廣卓也のプロA契約締結を発表2018.06.14 18:35 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽京都サンガF.C.は14日、FW大野耀平(23)とMF重廣卓也(23)とのプロA契約締結を発表した。▽両選手は天皇杯2回戦のツエーゲン金沢戦で、規定の公式戦出場時間に到達した。2017年に常葉大学から入団した大野は、今シーズンここまで明治安田生命J2リーグで12試合2ゴールを記録。2018年に阪南大学から加入した重廣は、J2リーグでここまで12試合2ゴールを記録している。

▽プロA契約を結んだ両選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆大野耀平
「プロA契約を締結していただくことが出来て、本当に良かったです。ただ、僕自身やることは変わらないので、もっと自覚を持って、チームに貢献できるように頑張ります」

◆重廣卓也
「まずはプロA契約を締結していただいたことにホッとしています。さらに身が引き締まったので、これからもっと責任感を持って、ピッチの上に立ちたいと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

岐阜、レンタル加入中のMF永島悠史を完全移籍で獲得…今季はJ2リーグ10試合1得点

▽岐阜FCは11日、京都サンガF.C.から期限付き移籍で加入していたMF永島悠史(22)の完全移籍加入を発表した。 ▽京都下部組織出身の永島は、2015年にトップチームに昇格した。その後、2017年に岐阜へ期限付き移籍を果たし、同年の明治安田生命J2リーグで39試合5ゴール。期限付き移籍期間を延長して臨んだ今シーズンはオーバートレーニング症候群の患った影響もあり、リーグ戦10試合1ゴールとなっていた。 ▽岐阜への完全移籍が決まった永島は両クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆FC岐阜 「来シーズンよりFC岐阜に完全移籍することになりました。今シーズンは思うような活躍が出来ず、本当に申し訳なく思っています。来シーズンは今シーズンの分まで活躍できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」 ◆京都サンガF.C. 「この度、京都サンガF.C.を退団することになりました。小学生時代からお世話になったこのクラブには本当に感謝しかありません。それと同時に、トップチームに上がってからは中々チームに貢献できず大変申し訳なく思っています」 「京都サンガという素晴らしいクラブで出会った方達と共に過ごした日々は、毎日が充実していてその1日1日が私にとって財産です。クラブを離れFC岐阜に移籍しますが、ここで経験したものを活かしてこれからさらに充実したサッカー人生を送りたいと思っています。これからも永島悠史をどうぞよろしくお願いします。12年間本当にありがとうございました」 2018.12.11 17:12 Tue
twitterfacebook
thumb

京都、DF安藤淳が6年ぶりに復帰! 今季は愛媛でプレー

▽京都サンガF.C.は11日、愛媛FCに所属するDF安藤淳(34)の完全移籍加入を発表した。 ▽安藤は2007年に京都でプロキャリアをスタート後、セレッソ大阪、松本山雅FCを経て、今年から愛媛でプレー。明治安田生命J2リーグ30試合に出場した。 ▽2013年以来の京都復帰となる安藤は両クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆京都サンガF.C. 「愛媛FCから加入する事になった安藤淳です。6年ぶりに京都サンガF.C.に加入する事が出来て凄く幸せに思いますし、紫のユニフォームをまた着れることに本当に興奮しています。サポーターのみなさん、熱いサポートをよろしくお願いします。サンガは2010年に降格してから8年間J2で悔しい思いをしていて、僕自身も降格と2度のプレーオフなどでそれを経験しています。その悔しさを今までずっと抱えながらサッカーしていて、今回その悔しさを晴らす最後のチャンスだと思っています。2020年に出来る新スタジアムをJ1の舞台で戦えるように自分の全てをサンガに捧げ、チームに貢献出来るよう情熱を持って戦いたいと思います。J1に上がる為に一丸となって頑張りましょう!」 ◆愛媛FC 「シーズンから京都サンガF.C.でプレーする事になりました。1年間という短い期間でしたが、ありがとうございました。契約満了になった僕を拾ってくれた愛媛FCには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。この1年間は改めてサッカー選手として大事なものを気付かせてもらえた1年でした。愛媛FCに来られて本当に良かったです。そして、共に戦ったチームメイト、スタッフ、サポーター、愛媛FCを支えてくれる全ての人に感謝しています。愛媛FCのこれからの活躍を応援しています! バーモ愛媛!」 2018.12.11 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

京都、今季途中加入のMFジュニーニョが完全移籍加入!

▽京都サンガF.C.は11日、ブラジル人MFジュニーニョ(24)の完全移籍加入を発表した。 ▽ジュニーニョはFC大阪から今シーズン途中に期限付き加入。半シーズンながら明治安田生命J2リーグ16試合2得点の成績を残した。 ▽来年も引き続き京都でプレーすることが決まったジュニーニョはクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「この度、京都サンガF.C.に完全移籍で加入することとなりました。まず、この半年間、呼んでくれたクラブにはすごく感謝していますし、J2でプレーできたことは本当に良い経験になったと思います。そして来年もクラブに残ることが出来て本当に嬉しく思います。来年に関しては、また最初から頑張っていかないといけないと思うので、今年以上に自分の力を見せたいと思います。よろしくお願いします」 2018.12.11 15:55 Tue
twitterfacebook
thumb

京都、G大阪U-23實好礼忠監督のトップチームコーチ就任を発表

▽京都サンガF.C.は10日、来シーズンからガンバ大阪U-23監督の實好礼忠氏(46)がトップチームコーチに就任することを発表した。 ▽現役時代にG大阪一筋を貫いた實好氏は、2008年にユースチームのコーチに就任。その後、トップチームのコーチ、ヘッドコーチを務めると、2014年に名古屋グランパスのコーチに。その後、2016年に新設されたG大阪U-23の監督に就任。2017年からはG大阪ユースを指揮していたが、2018年7月からトップチームのレヴィー・クルピ監督解任に伴う、宮本恒靖監督の就任によって、再びU-23の監督に就任していた。今シーズンは明治安田生命J3リーグを6位で終えている。 ▽京都のトップチームコーチ就任が決定した實好氏は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「2019シーズンよりコーチに就任する實好礼忠です。チームの目標達成のために全力で取り組みます。京都の皆さん、どうぞよろしくお願いいたします」 2018.12.10 17:05 Mon
twitterfacebook
thumb

京都、フィゲイレンセからMFレナン・モッタを完全移籍で獲得!「モチベーションは最高です」

▽京都サンガF.C.は10日、フィゲイレンセからブラジル人MFレナン・モッタ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。メディカルチェック後に正式契約となる。 ▽ブラジルのサントス下部組織であるレナン・モッタは、2010年4月にトップチーム昇格。その後、複数の国内クラブを渡り歩き、2017年1月にフィゲイレンセに加入。今シーズンはセリエBで28試合3ゴール7アシストを記録した。 ▽クラブは同選手の特徴を「緩急をつけた切れ味鋭いドリブルと創造性溢れるパスが武器のMF」と紹介している。 ▽京都でプレーすることが決定したレナン・モッタは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「京都サンガと契約が出来て、本当にうれしいです。オファーが来た時、早く決めたいという気持ちでしたし、日本でプレーすることは、ずっと私の希望でした。今年のフィゲイレンセでのプレー以上の結果を、来季、京都サンガで出したいです。このチャンスをものにしたいので、モチベーションは最高です」 2018.12.10 15:55 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース