イタリアにもDAZN旋風…セリエA114試合を国内独占配信へ2018.06.14 19:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽英パフォーム・グループは14日、イタリアでスポーツライブストリーミングサービス『DAZN』を開始することを発表した。イタリア『トゥットスポルト』などが伝えている。

▽日本でJリーグ全試合を配信する『DAZN』が、イタリアにも上陸する。発表によると、日本とは異なり、セリエAを1シーズンで114試合独占配信する。各節3試合ずつで残り7試合についてはハイライトの放送となるとのことだ。

▽放映権の契約は3年間となっており、月額9.99ユーロ(約1300円)。日本で旋風を巻き起こした『DAZN』。イタリアではどのように受け入れられるのだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

ナポリ会長、サッリを暗に批判「今は楽しく時が流れる。ナポリは昨季よりも強い」

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が23日、トリノ戦終了後にイタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、指揮官のカルロ・アンチェロッティを称えた。<br><br>ナポリは23日、セリエA第5節において敵地でトリノと対戦。イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェがドッピエッタ(1試合2得点)を決める活躍を見せ、3-1で勝利した。ナポリは今シーズン、4勝1敗となっており、全勝の首位ユヴェントスを3ポイント差で追う。デ・ラウレンティス会長は、前任のマウリツィオ・サッリと比較し、満足げに語った。<br><br>「昨シーズンよりも強い。アンチェロッティがサッリのサッカー哲学を引き継ぐとは考えられなかったが、彼はこれまで数々のタイトルを獲得し、素晴らしいプレーを見せてきたので、何も証明してもらう必要はなかった。だから安心していられるように彼を招へいした」<br><br>「カルロの戦い方は模範的だよ。それぞれが役割を果たしているが、必要不可欠な者は誰もいない。合宿でも360度違うスタイルに気付いた。サッカーは、あくまでも情熱、規律、スポーツマンシップに則り、楽しめるゲームでなくてはならない」<br><br>またナポリ会長は、『DAZN』のインタビューでも現チェルシー指揮官を遠回しに批判している。<br><br>「人生とは、流れが常に一定でないからこそ美しい。アンチェロッティと一緒にいると、時が楽しく流れていく。(ドリース)メルテンスのプレーを見直してみた。サッリの頃は狭いスペースで暗記したようなプレーをしていたが、今はもっとバリエーションがある。アンチェロッティは経験のある監督だから安心していられる。今シーズンはスタートからずっと安心していられたよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.24 18:30 Mon
twitterfacebook
thumb

トッティ氏「獲得タイトルは多くないが、ローマで生涯プレーできたことが最大の勝利」

ローマで幹部を務めるフランチェスコ・トッティ氏が23日、イタリア国営放送『Rai』のテレビ番組『ケ・テンポ・ファ』に出演した。トッティ氏は、キャリアを通してローマでプレーできたことを誇った。<br><br>27日に42歳の誕生日を迎えるローマのレジェンドは、まもなくイタリアで出版される自伝本の宣伝のためにテレビ番組に出演し、昨年5月の現役引退の日を振り返った。約25年間にわたったローマでのキャリアだが、引退の日は特別なものだったようだ。<br><br>「25年のキャリアを過ごした中でも、別れの日は別物だった。唯一、ローマのユニフォームを着てキャリアを終えたいと願っていた通り、終わりのときが来たと自覚していた。移籍をするチャンスはあったが、最終的にローマへの愛が勝った。タイトルはあまり獲得できなかったが、(ローマで生涯プレーできたことこそ)最大の勝利だと思う。私は恵まれていると思う」<br><br>「(別れの挨拶は)1カ月前から(妻の)イラリーと話し合って、簡単なものにしたいと思っていた。結局、内容を少し削って、サポーターへの私の愛が伝わるようにした。読み上げるのは簡単ではなかった。家に1人でいるときでも、読みながら泣いてしまったよ。子供たちに見られないようにしていたが、無理だったよ」<br><br>またトッティ氏は、ローマの下部組織でプレーする長男のクリスティアン・トッティ君にも言及している。クリスティアン君は先日、試合中に相手チームのGKが倒れこんだ際、シュートチャンスをあきらめ、相手を気遣ったとして各紙から称賛された。ローマのレジェンドは、息子が「やるべきことをしただけ」と説明したが、「私だったら先にゴールを決めてしまっただろう」と明かしている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.24 18:25 Mon
twitterfacebook
thumb

「過去8年間で最強」キエッリーニ、C・ロナウド加入で戦力アップのユーベに自信

ユベントスに所属するDFジョルジョ・キエッリーニが23日のフロジノーネ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じた。キエッリーニは今季のユベントスが近年においても最強であると自負した。<br><br>ユベントスは23日、セリエA第5節においてフロジノーネとアウェーで対戦した。イタリア王者は、昇格組のフロジノーネのゴールをなかなかこじ開けられずにいたが、81分、FWクリスティアーノ・ロナウドが先制点を挙げると、後半アディショナルタイムにFWフェデリコ・ベルナルデスキが追加点を決め、2-0で勝利した。主将のキエッリーニは、試合を振り返った。<br><br>「今日は注意深く、冷静に集中して、良い試合ができた。相手は守備を固めており、難しい試合だった。こうなると無理にプレーしようとして、無駄なファウルをしてしまうものだ。それでも僕らの前線のクオリティを考えれば、0-0で試合が終わることは難しいだろう。今日はFWの選手たちがよくやってくれた」<br><br>続いてキエッリーニは、C・ロナウドや今シーズン、まだ無得点のFWパウロ・ディバラについて言及し、賛辞を贈った。<br><br>「ロナウドはこれからゴールを量産してくれるだろう。彼は想像していた通りだよ。今日は、ディバラが重要な役割を果たしてくれたと思う。FKを獲得してくれたおかげで、一息つくことができた。彼はユベントスにとって本当に特別だよ。僕らにとっては、去年よりも今日の方が良かった。ゴール数で評価されてしまうが、ピッチにいる僕らにとっては違う。彼は重要な選手だよ」<br><br>■近年で最強のユベントスと自負C・ロナウドが加入したユベントスは、史上最強との呼び名も高いが、キエッリーニは過去を振り返り、レジェンドの名前を挙げて、持論を展開した。<br><br>「(ファビオ)カンナヴァーロや(アンドレア)ピルロ、(アレッサンドロ)デル・ピエロや(ジャンルイジ)ブッフォンら、偉大なマエストロを同僚に持つことができた。彼らはどんな練習においても、上達しようという意欲を持っていた。僕らもそれに倣わなければならない。これが本当のカギだと思う。守備では光栄に(リリアン)テュラム、カンナヴァーロと一緒にプレーした。サッカーは進化しているので、カンピオーネたちと比較するのは難しいが、今のユーベはここ8年間では最強だと思う」<br><br>提供:goal.com 2018.09.24 15:45 Mon
twitterfacebook
thumb

勝てないローマに会長から苦言…主将デ・ロッシは指揮官を擁護「選手にも責任がある」

ローマの主将MFダニエレ・デ・ロッシが23日のボローニャ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、指揮官のエウゼビオ・ディ・フランチェスコを擁護した。<br><br>ローマは23日、セリエA第5節において敵地でボローニャと対戦したが、0-2で敗北を喫した。今夏、主力であったGKアリソンやMFラジャ・ナインゴランを放出した影響か、今シーズンは開幕戦でトリノに勝利して以降、白星を挙げることができておらず、リーグ戦5試合を終えて1勝2敗2分で獲得ポイントはわずか5ポイントと低迷している。ローマのジェームズ・パロッタ会長は、ローマ情報サイト『RomaPress.us』に対し、「うんざりしている」と苦言を呈しているが、35歳の主将は、指揮官を擁護した。<br><br>「物事が全く上手く行かないときや、方向転換が不可能に思えるとき、不条理に感じる。僕の経験では、これまで何度もこのような瞬間はあったし、その後、良くなることもあれば、悪くなることもあった。ディ・フランチェスコは、僕らをチャンピオンズリーグの準決勝へ導いてくれたあの時と同じ監督だ。監督とはコミュニケーションが取れているし、なぜ彼1人の責任になるのか分からない」<br><br>「リスペクトを欠くつもりはないが、ボローニャやキエーボに勝つために、(ジョゼップ・)グアルディオラはベンチに必要ない。僕らがそれぞれ自分の責任を負うべきだ。監督は間違っているかもしれないが、僕ら選手たちも同じように間違っているのかもしれない。誰も責任逃れはできない。今は、監督の責任を問うべきときではないと僕は考える」<br><br>提供:goal.com 2018.09.24 15:40 Mon
twitterfacebook
thumb

インシーニェ、代理人をミノ・ライオラ氏に変更か

▽ナポリに所属するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(27)が、来年6月に代理人をミノ・ライオラ氏に変更する可能性が高いようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』を引用して伝えている。 ▽ミノ・ライオラ氏は、マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバや、ベルギー代表FWロメル・ルカク、ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ、ミランに所属するイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマといった有力タレントを顧客に持つ大物代理人だ。 ▽伝えられるところによると、インシーニェはライオラ氏への代理人変更に合意。これに伴い、契約解除金を2億ユーロ(約264億円)に設定する予定のようだ。 ▽ライオラ氏は契約選手を定期的に他クラブへ移籍させる傾向があるが、同メディアはインシーニェをナポリを退団させることはしないという。また、自身もユース時代から過ごすナポリ一筋を貫く考えを抱いており、「残りの人生をこのクラブで過ごしたい」と語っていた。 2018.09.24 14:40 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース