プレミアリーグの新シーズン日程が発表! 開幕戦でエメリ新生アーセナルvs王者シティ!!2018.06.14 17:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグは14日、2018-19シーズンの日程を公式サイトで発表した。

▽2017-18シーズンは、ジョゼップ・グアルディオラ監督2年目のマンチェスター・シティが最多勝利、最多勝ち点、最多得点など記録ずくめの圧勝劇で優勝した。グアルディオラ体制3年目で連覇を目指すシティは、開幕節でアーセン・ヴェンゲル前監督からバトンを受け取ったウナイ・エメリ新監督率いるアーセナルとのアウェイゲームでシーズンをスタートすることになった。

▽また、昨季ジョゼ・モウリーニョ監督2年目で無冠に終わった2位マンチェスター・ユナイテッドは、開幕節で日本代表FW岡崎慎司が在籍するレスター・シティとのホームゲームに挑む。そのほかでは3位のトッテナムが昨シーズンに続きニューカッスルと、4位のリバプールがマヌエル・ペジェグリーニ新監督を向けたウェストハム、指揮官の去就が注目されるチェルシーはハダースフィールド、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンはバーンリーとの開幕戦を戦う。

▽そのほか、第2節ではチェルシーvsアーセナルのビッグロンドン・ダービーが組まれており、アーセナルは開幕から2戦連続のビッグマッチに臨む。また、マンチェスター・ダービーは2018年11月11日(シティホーム)と2019年3月16日(ユナイテッドホーム)、ノースロンドン・ダービーは2018年12月1日(アーセナルホーム)、2019年3月2日(トッテナムホーム)。マージーサイドダービーは2018年12月1日(リバプールホーム)、2019年3月2日(エバートンホーム)に開催される。

▽なお、新シーズンから新スタジアムで戦うトッテナムだが、8月18日に行われる第2節フルアムとのホームゲームは建設工事遅延の影響でウェンブリー・スタジアムでの代替開催となり、9月15日に行われる第5節のリバプール戦が新スタジアムでの初戦となる。2018-19シーズンのプレミアリーグ開幕からの3節および最終節の対戦カードは以下のとおり。

◆2018-19シーズン プレミアリーグ
【開幕節】
《2018年8月11日》
ボーンマス vs カーディフ
アーセナル vs マンチェスター・シティ
フルアム vs クリスタル・パレス
ハダースフィールド vs チェルシー
リバプール vs ウェストハム
マンチェスター・ユナイテッド vs レスター・シティ
ニューカッスル vs トッテナム
サウサンプトン vs バーンリー
ワトフォード vs ブライトン
ウォルバーハンプトン vs エバートン

【第2節】
《2018年8月18日》
ブライトン vs マンチェスター・ユナイテッド
バーンリー vs ワトフォード
カーディフ vs ニューカッスル
チェルシー vs アーセナル
クリスタル・パレス vs リバプール
エバートン vs サウサンプトン
レスター・シティ vs ウォルバーハンプトン
マンチェスター・シティ vs ハダースフィールド
トッテナム vs フルアム
ウェストハム vs ボーンマス

【第3節】
《2018年8月25日》
アーセナル vs ウェストハム
ボーンマス vs エバートン
フルアム vs バーンリー
ハダースフィールド vs カーディフ
リバプール vs ブライトン
マンチェスター・ユナイテッド vs トッテナム
ニューカッスル vs チェルシー
サウサンプトン vs レスター・シティ
ワトフォード vs クリスタル・パレス
ウォルバーハンプトン vs マンチェスター・シティ

【最終節】
《2019年5月12日》
ブライトン vs マンチェスター・シティ
バーンリー vs アーセナル
クリスタル・パレス vs ボーンマス
フルアム vs ニューカッスル
レスター・シティ vs チェルシー
リバプール vs ウォルバーハンプトン
マンチェスター・ユナイテッド vs カーディフ
サウサンプトン vs ハダースフィールド
トッテナム vs エバートン
ワトフォード vs ウェストハム

コメント

関連ニュース

thumb

ウェストハム、ついに念願のウィルシャー獲得へ?

▽ウェストハムが、2017-18シーズン限りでのアーセナル退団を明言しているイングランド代表MFジャック・ウィルシャー(26)獲得に関心を抱いている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ウィルシャーは19日、自身のインスタグラムを更新して「契約が切れる6月終わりに僕はアーセナルを去る」と投稿。ユース時代から過ごしてきたクラブを離れる決断をしたことを明かした。度重なるケガに悩まされながらも若くから大きな才能が評価され“ガラスの天才”と評されるウィルシャー。フリートランスファーで獲得できるチャンスに、各方面からの興味が報じられている。 ▽そういった中で『スカイ・スポーツ』が大きく取り上げたのが、アーセナルと同じロンドンに本拠地を置くウェストハムだ。昨年の夏と今年の冬にもウィルシャーに対するウェストハムの強い関心が報道されており、その際には残り僅かとなっていた契約期間を念頭に置いた駆け引きが焦点となっていた。 ▽また、ウィルシャーにはクリスタルパレス、エバートン、ユベントス、ウルブス、ユベントス、ミラン、サンプドリアからの視線も注がれていると、『スカイ・スポーツ』は伝えている。 2018.06.22 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルがエメリ愛弟子のバネガ獲得に迫る! ウィルシャー代役か

▽アーセナルがセビージャのアルゼンチン代表MFエベル・バネガ(29)の獲得に迫っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今夏の移籍市場でセントラルMFの獲得を目指すアーセナルは、すでにサンプドリアのウルグアイ代表MFルーカス・トレイラの獲得に迫っており、近日中に3000万ユーロ(約39億円)での獲得が発表される見通しだ。 ▽その一方で、イングランド代表MFジャック・ウィルシャーが現行契約を更新せず、今季限りでの退団を発表したため、同選手に代わる新たなセントラルMFの獲得が必要になっている。 ▽この状況を受けて、ウナイ・エメリ監督はバレンシアとセビージャ時代に指導した経験のある愛弟子、バネガの獲得をクラブにリクエストしたようだ。そして、アーセナルの首脳陣は数日以内にバネガの代理人との交渉を行う準備を進めているようだ。 ▽なお、昨夏インテルからセビージャに復帰したバネガはトップ下とセントラルMFを主戦場に今季公式戦50試合に出場し5ゴール6アシストを記録。また、現在開催中のロシア・ワールドカップにはアルゼンチン代表の一員として参加している。 2018.06.21 00:57 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルへ? サンプ会長、トレイラ放出認める

▽サンプドリアのMFルーカス・トレイラが、アーセナルへ移籍することになりそうだ。サンプドリアのマッシモ・フェレーロ会長が、同選手の放出を認めた。『Sportitalia』で語っている。 ▽ウルグアイ代表に招集されているトレイラは、アーセナルへの移籍が噂になっているところ。フェレーロ会長は「3000万ユーロ(約39億円)で彼は移籍する」と語り、クラブ名は明かしていないが、放出することは認めた。 ▽さらに同会長は、「私は彼をペスカーラから買った。だれも彼のことを信じていなかったが、300万ユーロ(約3.9億円)のギャンブルに勝ったんだ」と述べ、良い取引ができたと感じている様子だ。 2018.06.20 23:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ウィルシャーが今季限りでアーセナルを退団…「僕はアーセナルを去る、ここで続けるのは難しい」

▽アーセナルのイングランド代表MFジャック・ウィルシャー(26)が19日に自身のインスタグラムを更新し、今季限りでアーセナルを離れることを明らかにした。 ▽アーセナルとの契約が2018年6月30日までとなっているウィルシャーだったが、クラブとの契約延長交渉は一向に進まず、両者の間には大きな溝があると伝えられてきた。そんな中、先月始めには「今まで移籍なんて考えたことがなかった」と、残留を示唆するようなコメントを残していた。 ▽しかし、結局クラブとの合意には至らなかったようで、ウィルシャーは自身のインスタぐタムで今季限りでアーセナルを退団することを決意したことを伝えた。 「クラブとの契約が切れる6月終わりに、僕はアーセナルを去る」 ▽ユース時代からアーセナルで過ごしてきたウィルシャーは2008年のデビュー以降ここまで公式戦197試合に出場。大きな才能を持っているにもかかわらず、ケガが多いことから“ガラスの天才”と呼ばれ、順調なキャリアとはいえなかった。 ▽今回の決断についてウィルシャーは「レギュラーで活躍できる場が必要なんだ。(ウナイ・)エメリ新監督と話をして、アーセナルで続けるには難しいと感じた」と綴っている。 ▽なお、ウィルシャーの移籍先候補にはエバートンやサウサンプトン、来季からプレミアリーグで戦うウォルバーハンプトン、ほかにはパリ・サンジェルマンなどが挙がっている。 2018.06.20 06:08 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルがドイツ代表GKレノを獲得! 「CLの舞台に返り咲きトロフィーを獲得するために貢献したい」

▽アーセナルは19日、レバークーゼンからドイツ代表GKベルント・レノ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽なお、契約に関する詳細は明かされていないが、ドイツ『キッカー』は移籍金は2500万ユーロ(約32億円)程度になり、レノ自身は2023年までの5年契約にサインしたと伝えている。 ▽アーセナル加入が決定したレノはクラブ公式サイトで意気込みを語った。 「いまはとても良い気分だよ。アーセナルとの契約にサインできたことを光栄に思うし、ここでプレーすることは自分にとって夢だったんだ」 「このクラブの歴史やファン、クラブのクオリティーは本当に素晴らしいと思う。そして、アーセナルがチャンピオンズリーグの舞台に返り咲き、いくつものトロフィーを獲得するために貢献したいんだ」 「このクラブに関してはティエリ・アンリやイェンス・レーマン、ハイバリー・スタジアム、アレクサンデル・フレブといった存在をすぐに思い浮かべるね。特に、フレブはシュツットガルトでプレーしていたときから知っているし、僕は彼と同じ道を歩んでいくことになるね」 ▽一方、スイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナーに続く今夏2人目の補強に成功したウナイ・エメリ監督は、「ベルント・レノがチームに加わったことを嬉しく思うよ。彼はクオリティーと経験を持ったゴールキーパーだ。ベルントがアーセナルを選んでくれたことに興奮しているし、プレシーズンに共に仕事ができることを楽しみにしている」と、新守護神獲得に満足感を示した。 ▽2011年8月にシュツットガルトからレンタルでレバークーゼンに加入し、3カ月で完全移籍を勝ち取ったレノ。以降、7シーズンに渡って守護神としてチームを支え続け、ブンデスリーガでの233試合を含む公式戦304試合に出場。今シーズンも公式戦38試合に出場して12度のクリーンシートを達成した。 ▽また、通算6キャップを誇るドイツ代表ではロシア・ワールドカップの予備登録メンバーに選出されていたものの、本大会のメンバー入りは逃していた。 ▽アトレティコ・マドリーやナポリから関心を寄せられてきたとされるレノだが、昨シーズンの低調なパフォーマンスで限界説も伝えられる元チェコ代表GKペトル・チェフ(35)の後釜という形でアーセナルの正GK就任を目指す。 2018.06.20 05:00 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース