徳島、2016年J1得点王のFWピーター・ウタカの加入を発表!2018.06.14 16:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽徳島ヴォルティスは14日、元ナイジェリア代表FWピーター・ウタカ(34)の完全移籍での加入を発表した。背番号は「50」となり、ユニフォーム表記は「UTAKA」となる。▽徳島でJ2初参戦となるウタカはクラブ公式サイトで意気込みを語っている。

「徳島ヴォルティスを応援する皆さん、はじめまして。ピーター・ウタカです。このたび、徳島に来られたことを本当に幸せに思っています。新しいチームメイト、そしてスタッフと一緒にプレーすること、働くことがとても待ち遠しいです。チームの目標のために自分の100%を出してチームに貢献したいと思っています」

「早くピッチの上で徳島ヴォルティスのファン・サポーターの皆さんに会えることを楽しみにしています!」

▽清水エスパルスやサンフレッチェ広島、FC東京とJリーグの3クラブでプレーしていたウタカは、2018年2月に広島からデンマーク2部のヴェイレBKへ完全移籍。シーズン後半で6試合に出場したものの、ゴールを記録することはなかった。そして、先月25日に同クラブからの退団が発表されていた。

▽現在、J1自動昇格圏内と13ポイント差の13位に低迷する徳島はリーグワースト3位の14得点と深刻な得点力不足に陥っており、広島時代の2016シーズンにJ1で19ゴールを記録し得点王に輝いた点取り屋の加入は後半戦に向けた大きな補強となりそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

鳥取、20歳のブラジル人FWを獲得 期限付き加入で合意

ガイナーレ鳥取は19日、コインブラ・エスポルチ・クルベ(ブラジル)に所属するブラジル人FWユリ(20)の期限付き移籍加入合意を発表した。 ユリは身長185cm、体重78kgのFW。鳥取入りを受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「こんにちは。新しい経験ができる事をとても楽しみにしています。また、多くの人に尊敬される日本の文化に携われる事を嬉しく思います。自分のできる最大限の力を発揮しチームに1日でも早く貢献したいです」 2019.01.19 11:05 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖、元バルサのクエンカ獲得を正式発表 背番号「7」に決定

サガン鳥栖は19日、CFレウス(スペイン)に所属するスペイン人MFフアン・イサック・クエンカ・ロペス(27)の完全移籍加入を正式発表した。背番号「7」を着用する。 バルセロナ下部組織で育ったクエンカはジョゼップ・グアルディオラ現マンチェスター・シティ監督の下、2011年にトップチームデビュー。その後、アヤックスやデポルティボ、ブルサシュポル、グラナダ、ハポエルを渡り歩き、今シーズンからスペイン2部の故郷であるレウスに活躍の場を移した。 バルセロナB時代にレンタル移籍したサバテルで師事を仰いだルイス・カレーラス・フェレール監督との再会となるクエンカはクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「サガン鳥栖ファミリーの皆さん、こんにちは! まず、私に大きなチャンスを与えてくれたクラブの社長及び関わる全ての方に感謝します。サガン鳥栖ファミリーの一員になれてとても幸せであり、これは私にとって大きなチャレンジになると思います。全ての練習と試合において、サガンティーノとクラブのために全力を尽くして闘う事を約束します。応援よろしくお願いします!」 なお、契約期間などの詳細については明らかにされていないが、スペイン『マルカ』など事前の報道によれば、1年の延長オプションが付随した3年契約での鳥栖加入とみられる。 2019.01.19 10:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ移籍情報/1月18日】ゴン中山が契約更新! MF二川孝広はG大阪に別れ

2019年1月18日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。 【J1】 ◆ガンバ大阪 《完全移籍》 MF二川孝広(38)→FCティアモ枚方(関西1部) ◆サガン鳥栖 《期限付き移籍》 FW池田圭(32)→FELDAユナイテッドFC(マレーシア) ◆大分トリニータ 《期限付き移籍》 MFティティパン(25)←バンコク・グラスFC(タイ) 【J2】 ◆東京ヴェルディ 《期限付き移籍》 FWヴァウメルソン(25)←コロラドAC(ブラジル) ◆京都サンガF.C. 《期限付き移籍》 MF島村拓弥(19)→ロンドリーナEC(ブラジル) MF荻野広大(21)→ロンドリーナEC(ブラジル) ◆ファジアーノ岡山 《移籍先決定》 MF末吉隼也(31)→SC相模原 【J3】 ◆いわてグルージャ盛岡 《退団》 GK中島宏海(25) ◆ザスパクサツ群馬 《移籍先決定》 DF阿部巧(27)→SC相模原 ◆Y.S.C.C.横浜 《契約更新》 DF西山峻太(29) ◆SC相模原 《現役引退》 DF辻尾真二(33) 《完全移籍》 DF阿部巧(27)←ザスパクサツ群馬 MF末吉隼也(31)←ファジアーノ岡山 ◆アスルクラロ沼津 《契約更新》 FW中山雅史(51) 《現役引退》 MF太田一輝(25) 《完全移籍》 MF渥美瑛亮(23)→FC刈谷(東海1部) ◆藤枝MYFC 《移籍先決定》 DF浦島貴大(30)→MIOびわこ滋賀(JFL) MF稲垣雄太(26)→MIOびわこ滋賀(JFL) 2019.01.19 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

元バルサのクエンカ、Jリーグ挑戦確定か SNSアイコンが鳥栖エンブレムに

レウスに所属するスペイン人FWイサーク・クエンカ(27)のサガン鳥栖入りはやはり決定的なのかもしれない。 バルセロナ下部組織で育ったクエンカはジョゼップ・グアルディオラ現マンチェスター・シティ監督の下、2011年にトップチームデビュー。その後、アヤックスやデポルティボ、ブルサシュポル、グラナダ、ハポエルを渡り歩き、今シーズンからスペイン2部の故郷であるレウスに活躍の場を移した。 そのクエンカを巡っては先日、『マルカ』が「フェルナンド・トーレスを擁する鳥栖との契約にサインした」と報道。1年の延長オプションが付随した3年契約を締結したとみられ、バルセロナB時代にレンタル移籍したサバテルで師事を仰いだルイス・カレーラス・フェレール監督との再会に注目が集まっている。 そして、渦中のクエンカは自身インスタグラム(cuencaisaac)のプロフィール画像を鳥栖のエンブレム画像にリニューアル。そういった動きからして、クエンカのJリーグ挑戦はほぼ間違いなしと言っても差し支えなさそうだ。 2019.01.19 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

元日本代表MF二川孝広、関西1部FCティアモ枚方に完全移籍

ガンバ大阪は18日、元日本代表MF二川孝広(38)がFCティアモ枚方(関西サッカーリーグ1部)に完全移籍することを正式発表した。 二川は1999年にG大阪ユースからトップチーム昇格すると、J1リーグやJリーグカップ、天皇杯、AFCチャンピオンズリーグといった数多くの主要タイトル獲得に貢献。2016年途中から東京ヴェルディ、2018年途中から栃木SCにそれぞれ期限付き移籍で加わった。その昨シーズンは明治安田生命J3リーグ7試合に出場。無得点だった。 ユース時代から22年間を過ごしたG大阪に別れを告げる二川はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「この度、FCティアモ枚方へ完全移籍することとなりました。ガンバ時代には多くのサポーター・ファンの皆さんに応援して頂き、本当に有難うございました。改めて感謝いたします。同じ大阪にあるチームで現役としてまだプレーをするので、引き続き応援してもらいたいと思います」 2019.01.18 17:15 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース