磐田、MF中村俊輔の手術を発表…6週間離脱へ2018.06.14 16:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽ジュビロ磐田は14日、MF中村俊輔が手術を受けたことを報告した。

▽中村は右足関節前方インピンジメント症候群、滑膜炎と診断され11日に出術を受けたとのこと。トレーニング合流までに6週間程度擁すると伝えられている。

▽磐田で2年目のシーズンを迎えている中村は今季はリーグ戦9試合に出場し2アシストを記録。今月24日に40歳を迎える。

▽なお、磐田は明治安田生命J1リーグが再開する7月18日に、ホームで鹿島アントラーズと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

残留へ両者譲らずドロー! 最下位・長崎、ライバルとの勝ち点差縮められず…磐田は降格圏脱出《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第30節のV・ファーレン長崎vsジュビロ磐田が、21日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽現時点で8勝4分け17敗で最下位に沈む長崎(勝ち点28)と、8勝9分け11敗で17位に位置する磐田が激突した。前節のヴィッセル神戸戦を1-1で引き分けた長崎は、その一戦から先発メンバーを2人変更。大本に代えて中村慶太を起用した。また、試合前に発表されたスタメンではGK徳重が先発だったが、アクシデントにより急遽GK増田が先発に名を連ねた。 ▽一方、前節清水エスパルスとの静岡ダービーで1-5の大敗を喫した磐田は、その一戦から先発メンバーを2人変更。森下と大久保に代えて山田と松浦を起用した。 ▽残留への希望を見出したい長崎と、迫る降格危機から一歩脱出したい磐田の残留争い直接対決。試合は両者立ち上がりから積極的に敵陣へと攻め込もうとするが、うまくフィニッシュまではつなげられず。そんな中、長崎は14分に、飯尾のクロスに田上がボレーで合わせるも、大井の体を張ったブロックに阻まれる。こぼれ球に澤田が反応したが、今度は高橋に防がれた。 ▽前半終盤に差し掛かると、最下位・長崎に決定機。35分、後方からのロングボールにファンマが反応する。ボックス右手前で収め、飛び出したGKカミンスキーと一対一を迎えたが、右足のシュートはカミンスキーに阻まれ、先制のチャンスを逃してしまう。 ▽後半に入ると、残留へポイントロスが避けられない長崎がセットプレーからチャンスを迎える。54分、中村慶太の右CKにゴール前で黒木がヘディング。しかし、シュートは枠を捉えきれず。 ▽対する磐田も反撃。55分、左サイドでボールを持った松浦がドリブルで切れ込み、田口とのワンツーでゴール前左へ。GK増田を引き付けて中央へ折り返したが、味方と合わず決めきることができない。 ▽後半立ち上がりが経過すると、両者徐々にゴール前への侵攻回数が増加。磐田は75分、右サイドでパスを受けた山田が左足でゴール前にクロスを送る。川又が頭で合わせるも、ボールはゴールの上へ。 ▽なかなかゴールが奪えない磐田は終盤攻勢を強めて長崎ゴールに襲い掛かる。86分、山田の右CKから小川航基がオーバヘッド、さらに大井健太郎がヘディングでゴールを狙うが、GK増田の好守もあり、ゴールネットを揺らすことができない。後半アディショナルタイムには長崎がパワープレーを仕掛けたが、最後まで両者にゴールは生まれず。 ▽結局試合はゴールレスで試合終了。最下位・長崎は勝ち点1を積み上げたが、残留争いのライバルである磐田との勝ち点差を縮められず。一方の磐田は、15位に浮上して降格圏内を脱出している。 2018.10.21 18:04 Sun
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 10月14日は、日本代表追加招集からパナマ戦で得点に絡んだストライカー

◆川又堅碁 【Profile】 国籍:日本 誕生日:1989年10月14日 所属クラブ:ジュビロ磐田 ポジション:FW 身長:184㎝ 体重:76㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 10月14日は、日本代表FW川又堅碁だ。 ▽愛媛県出身の川又は2006年に愛媛FCに特別指定選手として登録され、同年に高校生ながらデビューを果たした。 ▽高校卒業後の2008年にアルビレックス新潟に入団。カタンドゥヴェンセやファジアーノ岡山へのレンタルもありながら6年間過ごし、公式戦96試合で30得点を挙げた。その後、名古屋グランパスでは2年間で公式戦79試合21得点。昨シーズンからは活躍の場を磐田に移しゴール重ねている。 ▽川又の日本代表デビューは2015年3月。同27日にチュニジア代表戦でデビューし、総31日のウズベキスタン代表戦で初ゴールを記録した。先日のパナマ代表戦では途中出場から得点に絡む活躍を見せた。 ※誕生日が同じ主な著名人 正岡子規(詩人) ラルフ・ローレン(ファッションデザイナー) マイコーりょう(お笑いタレント) 永作博美(女優) 堺雅人(俳優) 海原やすよ(漫才師/海原やすよ・ともこ) 岩沢厚治(ミュージシャン/ゆず) 牧野ステテコ(お笑い芸人) 足立佳奈(シンガーソングライター) アーメド・ムサ(サッカー選手/アル・ナスル) ワラセ(サッカー選手/ラツィオ) 2018.10.14 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ダービーの醍醐味か勝者のマナーか? 清水がダービー後の一部サポーターの挑発行為を謝罪/編集部コラム

▽ダービーの醍醐味か勝者のマナーか…。7日に開催された“静岡ダービー”では、その2つのバランスの難しさを問うような出来事が起こった。 ▽清水エスパルスは10日、10月7日に開催された明治安田生命J1リーグ第29節ジュビロ磐田戦において、試合終了後の一部サポーターによる挑発行為を謝罪した。 ▽清水の発表によると、一部サポーターは5-1で清水の勝利に終わったダービー終了後、磐田の勝利時に歌われる歌を挑発的な目的で歌ったという。 ▽クラブはこの行為に関して、「相手に対する挑発行為であることは明らかであり、スポーツマンシップにも反し、クラブとして到底容認できる行為ではありません。今後、二度とこのようなことが行われないよう、クラブといたしましても厳正に対処して参ります」と、クラブとしての見解を発表した。 ▽さらに、「ご来場いただいたジュビロ磐田サポーターの皆様はじめ、ジュビロ磐田関係者の皆様に、不快な思いをさせてしまいましたことに対し、深くお詫び申し上げます」と、磐田サイドへの謝罪の言葉を述べた。 ▽今回の一件に関しては磐田サイドやサポーター側からの申し入れ、あるいは挑発を問題視したクラブ、清水サポーターの指摘により、謝罪文の掲載という形になった模様だ。しかし、個人的にはクラブが謝罪すべき案件なのか疑問だ。 ▽もちろん、今回の挑発行為によって磐田サイドやサポーターが不快な思いをしたことは事実であり、清水が試合運営者として謝罪を行う気持ちも理解できる。とはいえ、挑発行為は選手やスタッフ、運営側が主導して行ったものではなく、人種差別的な意図や相手を必要以上に貶めるようなものでもなく、個人的にはブラックユーモアの範疇だと思う。 ▽また、この試合が人間教育の場でもある高校や大学サッカーの場であれば、問題になってもおかしくないが、今回はエンターテイメント性も求められるプロサッカーの舞台で行われたものであり、それも“ダービー”という特別な一戦だ。 ▽イングランド発祥といわれるダービーマッチは、同じ都市や州など同一地域に本拠地を置くクラブ同士が対戦する、いわゆるローカル・ダービーや、労働者階級の支持するクラブと、資本家階級の支持するクラブが対峙する社会的な立場の違いを起源としたものなどがある。 ▽とりわけサッカーが社会、文化に根差しているヨーロッパや南米ではバルセロナvsレアル・マドリーの“エル・クラシコ”や、ローマvsラツィオの“デルビー・デッラ・カピターレ”、ミランvsインテルの“デルビー・ディ・ミラーノ”ボカ・ジュニアーズvsリーベル・プレートの“スーペル・クラシコ”など、多くの有名なダービーマッチがある。 ▽また、チームや街の規模に限らず、ダービーは常にピッチ上、スタンドに熱狂をもたらす大スペクタクルの特別な一戦だ。そこには喜怒哀楽のすべてが詰まっており、順位争いとは異なる大きな魅力がある。 ▽そして、そのダービーを特別なものとするのが、両クラブ間の対立関係だ。試合前の荘厳なコレオグラフィーに定評がある“デルビー・ディ・ミラーノ”では両サポーターが多くのお金やアイデアをつぎ込んで、いかに巧く相手サイドを挑発できるか腐心する。また、ダービーで勝敗が決することになれば、勝者のサポーターはリターンマッチが行われるまでの期間、敗者側のサポーターをイジる特権を得ることになり、勝者はこの優越感をずっと継続することを望み、敗者はこの屈辱をリターンマッチまでの糧とする。この関係性が入れ替わっていくことで、ダービーとしての深みが生まれていく。 ▽もちろん、『敗者は勝者を讃え、勝者は敗者を敬う』という武士道精神を伝統とする日本の相手を敬う考え方や勝者のマナーというものは素晴らしいものである。ただ、普段のゲームとは異なるダービーに限っては少しぐらいの挑発はブラックユーモアとして許容されるべきだとも思う。 ▽今回のダービー後、磐田を率いる名波浩監督は、「選手には清水のサポーターが喜んでいる姿を、いつかここでその悔しさを晴らせるように、ちゃんと目に焼き付けておけと、言いました。実際そのミーティングが終わった時に、外にすぐ出て、何人かの選手がちゃんとそれを見ていました。ロッカーで泣いている選手もいましたけど、この悔しさはチームとして次につながると信じたいです」と、磐田の勝利時に歌われる歌を聞いたかに関しては言及していないもののダービー敗戦の悔しさを次への糧としたい旨の発言をしていた。 ▽また、SNS上ではそれが磐田サポーターの総意ではないが、「次は必ずダービーに勝って“勝ちロコ(清水勝利後の儀式)”をやろう」というような意見も出ていた。 ▽家族連れでの観戦も多いJリーグの試合で過度の挑発合戦や罵り合いは相応しくないと思われるが、ダービーの醍醐味である“悔しさ”、“喜び”を増幅させるような隠し味程度の挑発やブラックユーモアは受け入れられてほしいと感じる。 《超ワールドサッカー編集部・岸上敏宏》 2018.10.10 20:30 Wed
twitterfacebook
thumb

浅野拓磨辞退の日本代表、磐田FW川又堅碁を追加招集

▽日本サッカー協会(JFA)は8日、ハノーファーに所属するFW浅野拓磨の代表不参加を受け、ジュビロ磐田でプレーするFW川又堅碁の追加招集を発表した。 ▽浅野は6日に行われたブンデスリーガ第7節のシュツットガルト戦に先発出場も、前半序盤に左ハムストリングを痛め負傷交代していた。 ▽昨年12月のEAFF E-1サッカー選手権2017以来の代表招集となる川又は今季の明治安田生命J1リーグで27試合に出場し、チームトップの9ゴールを記録している。 ▽なお、今回追加招集された川又は磐田の公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。 「日本代表に招集され、うれしく思います。しっかりと自分のプレーをし、チームに貢献できるように頑張ります」 2018.10.08 18:21 Mon
twitterfacebook
thumb

ドグ&北川コンビ大爆発に村田バースデー弾! 清水、静岡ダービー勝ち越しで昨季全敗の屈辱晴らす《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第29節の清水エスパルスvsジュビロ磐田が、7日にIAIスタジアム日本平で行われ、5-1で清水が勝利した。 ▽現在11勝4分け13敗で10位につける清水(勝ち点37)と、8勝9分け10敗で15位に位置する磐田(勝ち点33)の静岡ダービー。前節のFC東京戦を2-0で勝利した清水は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。河井に代えて石毛を投入した。 ▽一方、9月26日の天皇杯ラウンド16で北海道コンサドーレ札幌を4-2で撃破してベスト8進出を決めるも、前節の湘南ベルマーレ戦が台風24号の影響で延期になった磐田。選手・スタッフの自宅が停電や断水の被害を受けるなど、難しい期間を過ごした中、札幌戦から先発メンバーを大幅に入れ替えた。GKカミンスキー、大井、中村、大久保ら先発。また、今夏加入のエレンが移籍後初先発を飾った。 ▽今シーズンの静岡ダービーは、1勝1分け1敗と互角。両者決着を着けたい一戦は、昨シーズン静岡ダービーで全敗という屈辱を味わった清水が開始直後に先制する。1分、ショートカウンターからハーフウェイラインを越えたあたりでパスを受けたドウグラスが前線へスルーパス。これに抜け出した北川がボックス内に侵攻して左足を振り抜くと、シュートは右ポストを叩いてゴールに吸い込まれた。 ▽いきなり先制点を奪われた磐田は、その後中村のセットプレーから反撃を試みる。しかし、これをなんとか跳ね返す清水は18分、ドウグラスが右サイドをドリブルで持ち上がると、北川がボックス内での駆け引きからファーサイドへ動くのを見逃さず、クロスを供給。これに北川が飛び込んだが、わずかに届かず。追加点とはならなかったが、ドウグラスと北川のコンビで磐田ゴールに襲い掛かる。 ▽その後も磐田に反撃を許さない清水。すると38分、敵陣中央の北川が粘りのキープから最終ラインの裏にスルーパス。これを受けたドウグラスが相手に囲まれながらもボックス内に侵攻し、左足でゴール右へと突き刺した。 ▽2-0とリードを広げた清水は前半アディショナルタイムにも石毛が直接FKでゴールを脅かす。ここはGKカミンスキーに防がれたが、良い流れで試合を折り返した。 ▽ここまで苦しい展開を強いられている磐田は、後半開始から上原と大久保を代えて山本と荒木を投入。すると51分、中村からパスを受けた田口がボックス右手前からボックス右へパスを送り、自身はゴール前へ。パスを受けた櫻内がボックス右からクロスを送り、最後はゴール前へ走り込んだ田口がゴール右へ押し込んで、2-1と磐田が1点差に詰め寄る。 ▽反撃の狼煙を上げた磐田は、途中出場の荒木が惜しいシュートを放つなど押し込み始める。しかし、清水は62分、後方からのハイボールをボックス手前のドウグラスが競ると、近くの北川がワンタッチで再びドウグラスへ。最後はドリブルでボックス中央やや右に持ち込み、右足でゴール左へと流し込んだ。 ▽さらに清水は72分、自陣でのフレイレのインターセプトからカウンターを発動。敵陣へと持ち運び、ドウグラス、石毛とつなぐと最後は北川がボックス内へのスルーパスに反応して追加点を奪った。 ▽これでスコアを4-1とした清水は、後半アディショナルタイムにもこの日が29歳の誕生日の村田が追加点を奪い、5-1で試合終了。5発大勝を飾った清水は、今季の静岡ダービー勝ち越しで昨シーズンの全敗の屈辱を晴らした。一方の磐田は、リーグ戦5試合未勝利と残留へ厳しい状況が続いている。 2018.10.07 16:59 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース