PSGがFFP違反回避! UEFAがFFPに関する各クラブへの処分内容を開示2018.06.14 16:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州サッカー連盟(UEFA)は13日、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に関する各クラブへの処分内容を開示した。▽今回の処分内容で大きな注目を集めたのは、UEFAがパリ・サンジェルマン(FFP)の2015~2017年の財務状況に関しての調査を終了し、処分なしと判断されたことだった。

▽PSGは昨夏、バルセロナからブラジル代表FWネイマール獲得時に2億2000万ユーロ(約286億円)の移籍金を支払い、今夏に1億8000万ユーロ(約234億円)での買い取りが予定されるフランス代表FWキリアン・ムバッペをモナコからレンタルで獲得した。そのため、以前から移籍市場に大量の資金を投下してきたクラブのFFP違反は確実と目されていた。

▽だが、UEFAの調査委員会は前述の期間の財務状況に問題はなく、現時点で処分を下すことはないことを確認した。その一方、UEFAは2017年夏からの移籍市場の動き、2018年度の財務状況に関しては厳しく監視を行うことを通達しており、今後の状況次第で処分を科す可能性を認めている。

▽そして、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、PSGは今月末までに6000万ユーロ(約78億円)の資金調達が必要となり、主力選手の売却を余儀なくされるという。その候補に関してはバレンシアが買い取りを目指すポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデスらの名前が挙がっている。

▽その他のクラブではこれまでUEFAと和解協定を結んでいたローマとモナコ、FCクラスノダール、ロコモティフ・モスクワ、ゼニトの5クラブが期限内でのFFP遵守が確認されたことで、和解協定からの離脱が発表された。

▽これによって前述の5クラブはUEFAコンペティションにおける選手登録制限、出場禁止などの制裁回避と共に、FFP遵守のため移籍市場における無理な主力選手売却の状況から脱することになった。

▽一方、インテルとフェネルバフチェ、トラブゾンシュポルの3クラブに関しては2017-18シーズンにUEFAと結んだ和解協定における一部目標を達成したものの、協定からの離脱はならず。引き続き和解協定を継続することになった。

▽そのため、来シーズンにチャンピオンズリーグ参戦となるインテルは通常25名の登録が認められるA選手リストが22名に制限されることになり、今夏の移籍市場でも収支のバランスを取る必要があり、積極的な補強は難しい状況だ。

▽また、FFP違反を犯したガラタサライ、マルセイユ、マッカビ・テル・アビブの3クラブに対しては罰金処分が科されることになった。
コメント
関連ニュース
thumb

PSG、ラビオとの延長交渉打ち切りへ

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)との延長交渉を打ち切ったようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽PSGとの契約が今シーズン限りとなっているラビオ。ここ数ヵ月間は同選手側がクラブからの延長オファーを拒み続けていることが伝えられており、今冬もしくは来夏の退団が濃厚とみられている。 ▽ラビオについて問われたPSGのスポーツディレクター(SD)のアンテロ・エンリケ氏は、以下のようにコメント。もはや慰留に向けた働きかけをする気がないことを明かした。 「現時点で、私たちに(アドリアン・ラビオとの)交渉を継続する意思はない」 「これは、ラビオに関しての数々の会議を経て下された決断だ。彼は契約にサインしないだろうし、今シーズンの終わりにフリーでこのクラブを出て行きたがっている」 「選手に対して、これは非常に明確な結果をもたらす。彼はいつまでもベンチに残されることになるだろう」 ▽PSG下部組織出身のラビオは、今シーズンここまで公式戦20試合に出場して2ゴール2アシストを記録。この若きフランス代表に対しては、バルセロナを筆頭とした数々のビッグクラブが熱視線を注いでいる。 2018.12.18 08:40 Tue
twitterfacebook
thumb

【CLグループC総括】死の組を抜け出したのはPSGとリバプール! ナポリは一歩及ばず…

▽今大会屈指の激戦のグループと目されたグループCは、その期待に違わぬ痺れる試合が多く繰り広げられた。そんな中、最終節まで突破チームの決まらない大激戦を勝ち抜いたのはパリ・サンジェルマン(PSG)とリバプールとなった。ナポリは一歩及ばず、草刈り場となることが予想されたツルヴェナ・ズヴェズダも意外な存在感を見せた。 ■グループC順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.パリ・サンジェルマン[11/3/2/1/8] 2.リバプール[9/3/0/3/2]※総得点9 3.ナポリ[9/2/3/1/2]※総得点7 4.ツルヴェナ・ズヴェズダ[4/1/1/4/-12] ◆戦術家トゥヘルによって魅惑の攻撃陣が機能~PSG~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_44_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽多様な戦術を駆使する新指揮官トゥヘル監督の下、PSGが死の組を首位で通過した。FWムバッペとFWネイマールの2大巨頭の他、FWカバーニ、FWディ・マリアという一流のアタッカーをうまく組み合わせ、同時起用を実現した。最適解を見つけたPSGは初戦のリバプール戦こそ落としたものの、その後は3勝2分けと無敗。とりわけ、リバプールとのリターンマッチでは攻撃陣が躍動し、2-1というスコア以上の差で勝利して見せた。 ◆ギリギリの戦いを制して逆転2位通過~リバプール~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_44_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ウィークポイントのGKにアリソンを迎えた昨季ファイナリストは、初戦のPSG戦を制す最高のスタートを切った。しかし、続くナポリ戦を終盤の被弾で落とすと、第4節のツルヴェナ・ズヴェズダ戦、第5節のPSG戦と敗れ、無敗を維持するプレミアリーグとは打って変わって苦戦し、グループステージ敗退の窮地に立たされた。1-0の勝利か、2点差以上での勝利で逆転突破という厳しい状況で迎えたナポリとの最終節、圧倒して見せたリバプールは1-0で勝利し、見事逆転での決勝トーナメント進出を果たした。 ◆首位から一転、昨季に続く悔しい敗退~ナポリ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_44_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽メガクラブのPSG、リバプールと十分に渡り合ったナポリだったが、最後の最後で泣いた。サッリ前監督の遺産をうまく活用しつつ、[4-4-2]へのシステム変更などモデルチェンジして見せたアンチェロッティ新監督の下、ナポリは最終節リバプールに敗れるまで無敗を維持して首位に立っていた。とりわけPSGとの2試合はハイレベルでナポリのクオリティの高さを示す試合だった。他のグループであれば…、と思いたくなるような昨季に続く悔しいグループステージ敗退となった。 ◆リバプールから金星、ナポリにドロー~ツルヴェナ・ズヴェズダ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_44_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3クラブの草刈り場となることが予想されたセルビア王者は、最下位に終わったものの、リバプールに勝利し、ナポリに引き分ける大善戦を見せた。その立役者となったのは横浜FマリノスでプレーしていたDFデゲネク。彼の統率する守備によって引き締まったツルヴェナ・ズヴェズダは、リバプールとナポリの強力攻撃陣をシャットアウトして見せた。 2018.12.14 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

大規模デモ影響で延期となったリーグ・アン第17節の代替開催日が決定

▽リーグ・アンを運営するリーグ・デ・フットボール・プロフェッショナル(LFP)は12日、現在フランス国内で発生している大規模デモを受け、延期されたリーグ・アン第17節の代替開催日を発表した。 ▽フランスでは、11月半ばから燃料税引き上げに抗議する大規模デモが発生しており、第17節の開催が予定されていた8日にもSNS上でデモ開催の呼び掛けが拡散されていた。 ▽これを受け、警察当局はLFPに対して主要都市での試合中止を要請。LFPも選手、サポーターの安全面を考慮し、パリ・サンジェルマンvsモンペリエやトゥールーズvsリヨン、サンテチェンヌvsマルセイユなど計6試合が延期となっていた。 ▽LFPの発表によれば、代替日は2019年1月15、16日に決定。今回発表された日程は、以下のとおり。 ◆リーグ・アン第17節 ▽2019年1月15日 《27:00》 アンジェ vs ボルドー 《29:00》 パリ・サンジェルマン vs モンペリエ ▽2019年1月16日 《27:00》 トゥールーズ vs リヨン ニーム vs ナント モナコ vs ニース 《29:00》 サンテチェンヌ vs マルセイユ 2018.12.12 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ムバッペ、首位通過に満足げ…ネイマール&カバーニとの関係性にも言及

パリ・サンジェルマン(PSG)のFWキリアン・ムバッペが、決勝トーナメント進出に満足する様子を見せた。フランス『RMCスポーツ』が伝えている。<br><br>PSGは11日、チャンピオンズリーグ・グループステージ最終節でツルヴェナ・ズヴェズダと対戦。ムバッペ、ネイマール、エディンソン・カバーニらのゴールで4-1と勝利し、首位で決勝トーナメント進出を決めた。ムバッペは満足げな表情でこのように語っている。<br><br>「僕らは満足している。決勝トーナメントへ進むことができたし、自分たちの仕事ができた。これからはリーグと国内カップに一度集中する。2月にまたチャンピオンズリーグにフォーカスするよ」<br><br>また、前線で違いを作ったネイマールとカバーニにも言及。「2人の偉大な選手とプレーができて幸運」と話し、このように続けた。<br><br>「今日のようなプレーができていれば、それは全員にとっていいことだ。カバーニはクラブの歴史上トップスコアラーだし、ネイマールは世界最高の選手の一人だ。輝くためにはお互いが必要なことはわかっているし、それはチームのためにもなる」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.12 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

攻撃陣揃い踏みのPSG、ズヴェズダに圧勝して首位通過《CL》

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は11日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループC最終節でツルヴェナ・ズヴェズダとのアウェイ戦に臨み、4-1で快勝した。この結果、首位でのグループステージ突破を決めている。 ▽前節リバプール戦を2-1と勝利して2位に浮上したPSG(勝ち点8)は、引き分けでも突破となる中、1-1で引き分けた1週間前のストラスブール戦で温存されていたネイマールやムバッペ、チアゴ・シウバら主力がスタメンに戻った。 ▽[4-2-1-3]を採用したPSGは3トップに右からディ・マリア、カバーニ、ムバッペ、トップ下にネイマールを配した。そのPSGがポゼッションする立ち上がりとなると、9分にあっさり先制する。ムバッペが左サイドをスピードで振り切ってボックス左に侵入。丁寧なパスをゴール前に詰めていたカバーニが難なく押し込んだ ▽先制後も敵陣でポゼッションを続けるPSGは、31分にネイマールとディ・マリアが立て続けに決定的なシュートを浴びせると、40分に加点する。ムバッペのパスを受けた左サイドのネイマールがボックス左からカットインし、冷静にシュートを決めきった。 ▽余裕の展開で2点をリードしたPSGは迎えた後半、ツルヴェナの反撃を受けると56分に失点する。クロスボールのルーズボールをボックス右のゴベルジッチにボレーで決められた。 ▽1点差に詰め寄られたPSGだったが、徐々に反撃に出ると、74分に左サイドからのディ・マリアのFKをマルキーニョスがヘッドで流し込んで3-1。さらに追加タイム2分にもムバッペが決めて攻撃陣揃い踏みのPSGが快勝。ナポリがリバプールに敗れたため、首位での決勝トーナメント進出を決めている。 2018.12.12 07:17 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース