PSGがFFP違反回避! UEFAがFFPに関する各クラブへの処分内容を開示2018.06.14 16:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州サッカー連盟(UEFA)は13日、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に関する各クラブへの処分内容を開示した。

▽今回の処分内容で大きな注目を集めたのは、UEFAがパリ・サンジェルマン(FFP)の2015~2017年の財務状況に関しての調査を終了し、処分なしと判断されたことだった。

▽PSGは昨夏、バルセロナからブラジル代表FWネイマール獲得時に2億2000万ユーロ(約286億円)の移籍金を支払い、今夏に1億8000万ユーロ(約234億円)での買い取りが予定されるフランス代表FWキリアン・ムバッペをモナコからレンタルで獲得した。そのため、以前から移籍市場に大量の資金を投下してきたクラブのFFP違反は確実と目されていた。

▽だが、UEFAの調査委員会は前述の期間の財務状況に問題はなく、現時点で処分を下すことはないことを確認した。その一方、UEFAは2017年夏からの移籍市場の動き、2018年度の財務状況に関しては厳しく監視を行うことを通達しており、今後の状況次第で処分を科す可能性を認めている。

▽そして、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、PSGは今月末までに6000万ユーロ(約78億円)の資金調達が必要となり、主力選手の売却を余儀なくされるという。その候補に関してはバレンシアが買い取りを目指すポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデスらの名前が挙がっている。

▽その他のクラブではこれまでUEFAと和解協定を結んでいたローマとモナコ、FCクラスノダール、ロコモティフ・モスクワ、ゼニトの5クラブが期限内でのFFP遵守が確認されたことで、和解協定からの離脱が発表された。

▽これによって前述の5クラブはUEFAコンペティションにおける選手登録制限、出場禁止などの制裁回避と共に、FFP遵守のため移籍市場における無理な主力選手売却の状況から脱することになった。

▽一方、インテルとフェネルバフチェ、トラブゾンシュポルの3クラブに関しては2017-18シーズンにUEFAと結んだ和解協定における一部目標を達成したものの、協定からの離脱はならず。引き続き和解協定を継続することになった。

▽そのため、来シーズンにチャンピオンズリーグ参戦となるインテルは通常25名の登録が認められるA選手リストが22名に制限されることになり、今夏の移籍市場でも収支のバランスを取る必要があり、積極的な補強は難しい状況だ。

▽また、FFP違反を犯したガラタサライ、マルセイユ、マッカビ・テル・アビブの3クラブに対しては罰金処分が科されることになった。

コメント

関連ニュース

thumb

レアル・マドリーのネイマール獲得、PSGのFFP次第 制裁決定なら379億投下へ

▽イギリス『エクスプレス』は、レアル・マドリーがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(26)の獲得チャンスをうかがっていると報じた。 ▽フレン・ロペテギ監督の下、新シーズンを迎えるレアル・マドリー。今夏、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに手放したものの、それに代わる補強がない。そうした中、先のUEFAスーパーカップでアトレティコ・マドリーに敗戦。改めて補強の必要性が問われつつある。 ▽そのレアル・マドリーで会長を務めるフロレンティーノ・ペレス会長は、依然としてネイマールを追跡。現在、欧州サッカー連盟(UEFA)制定のファイナンシャル・フェアプレー(FFP)抵触が指摘されるPSGへの最終決定を待っている状況だという。 ▽報道によれば、PSGはUEFAからFFP違反の制裁を受けた場合、ネイマールの売却を強いられる可能性がある様子。そこに目をつけたペレス会長は、ネイマール獲得資金として3億ユーロ(約379億2000万円)に及ぶ巨額投資の準備を整えている模様だ。 2018.08.18 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサとPSGがトップ会合 議題はデンベレとラビオか

▽スペイン『アス』は、バルセロナとパリ・サンジェルマン(PSG)の関係者による会合をスクープした。 ▽バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長と、PSGのナセル・アル・ケラフィ会長は17日、マドリッドのホテルで会談。バルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(21)と、PSGに所属する同代表MFアドリアン・ラビオ(23)の交渉がなされたとみられる。 ▽ウスマーヌ・デンベレは2017年夏、ドルトムントからバルセロナ入りを果たしたが、期待を裏切る結果に。バルセロナは売却を検討しており、PSGからオファーが届けば応じる姿勢を示している模様だ。 ▽一方、現行契約が残り1年のラビオは、長らくバルセロナの獲得候補として名前が浮上しており、PSGの延長オファーを蹴ったとも。PSGに現時点で放出の意思はないとみられるが、移籍の可能性が取り沙汰されている。 ▽なお、リーガエスパニョーラとリーグ・アンの今夏における移籍市場閉幕日は、ともに31日。今後もバルセロナとPSGの動きから目が離せない。 2018.08.18 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG行き噂のヴァイグル、値段上昇 ドルトが63→94億円に設定

▽ドルトムントがドイツ代表MFユリアン・ヴァイグル(22)の移籍金を釣り上げた。イタリア『カルチョメルカート』がフランスのレポートをもとに報じた。 ▽ドイツ代表として5キャップを誇るヴァイグルは2015年夏、移籍金250万ユーロで1860ミュンヘンからドルトムントに加入。広い視野とパスセンスが魅力の守備的MFとして、公式戦通算127試合2得点1アシストを記録している。 ▽そのヴァイグルを巡っては今夏、パリ・サンジェルマン(PSG)や、マンチェスター・シティが関心。中でも、過去にドルトムントで師事を仰いだトーマス・トゥヘル監督が今シーズンから率いるPSG行きが有力視されている。 ▽既報で5000万ユーロ(約63億1000万円)でヴァイグルの移籍を容認するとされてきたドルトムントだが、より利益を求めて売却額を見直した様子。新たに7500万ユーロ(約94億7000万円)の値段を設定したという。 2018.08.18 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

PSGがドイツ期待の若手CBケフラーをシャルケから完全移籍で獲得

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は16日、シャルケのU-21ドイツ代表DFシロ・ケフラー(21)の加入を発表した。背番号は「4」を着用。契約期間は2023年6月30日までの5年間となる。 ▽ケフラーは、U-17年代でシュツットガルトの下部組織からシャルケの下部組織に入団。2015年夏にトップチーム昇格を果たすと、徐々に出場機会を増やしていき、昨シーズンは公式戦33試合3ゴール2アシストの成績を収めていた。 ▽また、ドイツ代表としても各年代で招集されている期待の若手CB。2017年6月には、U-21ドイツ代表としてU-21欧州選手権に出場。チームの優勝メンバーの1人だった。フランス『レキップ』によると移籍金は推定3700万ユーロ(約47億円)とされている。 2018.08.16 19:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン復帰を望まないチアゴ・シウバ「PSGで引退したい」

▽ミランへの復帰も噂されたブラジル代表DFチアゴ・シウバが、パリ・サンジェルマン(PSG)での引退願望を明かした。フランス『Canal+』が報じた。 ▽ポルトやディナモ・モスクワでプレーをしたチアゴ・シウバは、2009年1月にフルミネンセからミランへと移籍。ミランではレギュラーとして活躍し、世界最高のDFの一人と称されるほど評価を上げ、2012年7月にPSGへと完全移籍した。 ▽PSGではキャプテンも務め、リーグ・アン4連覇を含む5度の優勝を経験。黄金期を支えたが、今夏ミランへの復帰が噂されていた。 ▽しかし、チアゴ・シウバはミランへの復帰を望んでないとコメント。また、今シーズンからスポーツ・ディレクター(SD)に就任し、かつてはPSGでSDを務めていたレオナルド氏からも誘いはなかったと語った。 「僕はPSGに居ること、そしてパリに居て幸せだ。僕は契約を結んでおり、ここで引退することを願っている」 「レオナルドは僕にミランに来るようには言ってこなかったよ」 2018.08.15 18:55 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース