PSGがFFP違反回避! UEFAがFFPに関する各クラブへの処分内容を開示2018.06.14 16:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽欧州サッカー連盟(UEFA)は13日、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に関する各クラブへの処分内容を開示した。▽今回の処分内容で大きな注目を集めたのは、UEFAがパリ・サンジェルマン(FFP)の2015~2017年の財務状況に関しての調査を終了し、処分なしと判断されたことだった。

▽PSGは昨夏、バルセロナからブラジル代表FWネイマール獲得時に2億2000万ユーロ(約286億円)の移籍金を支払い、今夏に1億8000万ユーロ(約234億円)での買い取りが予定されるフランス代表FWキリアン・ムバッペをモナコからレンタルで獲得した。そのため、以前から移籍市場に大量の資金を投下してきたクラブのFFP違反は確実と目されていた。

▽だが、UEFAの調査委員会は前述の期間の財務状況に問題はなく、現時点で処分を下すことはないことを確認した。その一方、UEFAは2017年夏からの移籍市場の動き、2018年度の財務状況に関しては厳しく監視を行うことを通達しており、今後の状況次第で処分を科す可能性を認めている。

▽そして、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、PSGは今月末までに6000万ユーロ(約78億円)の資金調達が必要となり、主力選手の売却を余儀なくされるという。その候補に関してはバレンシアが買い取りを目指すポルトガル代表FWゴンサロ・ゲデスらの名前が挙がっている。

▽その他のクラブではこれまでUEFAと和解協定を結んでいたローマとモナコ、FCクラスノダール、ロコモティフ・モスクワ、ゼニトの5クラブが期限内でのFFP遵守が確認されたことで、和解協定からの離脱が発表された。

▽これによって前述の5クラブはUEFAコンペティションにおける選手登録制限、出場禁止などの制裁回避と共に、FFP遵守のため移籍市場における無理な主力選手売却の状況から脱することになった。

▽一方、インテルとフェネルバフチェ、トラブゾンシュポルの3クラブに関しては2017-18シーズンにUEFAと結んだ和解協定における一部目標を達成したものの、協定からの離脱はならず。引き続き和解協定を継続することになった。

▽そのため、来シーズンにチャンピオンズリーグ参戦となるインテルは通常25名の登録が認められるA選手リストが22名に制限されることになり、今夏の移籍市場でも収支のバランスを取る必要があり、積極的な補強は難しい状況だ。

▽また、FFP違反を犯したガラタサライ、マルセイユ、マッカビ・テル・アビブの3クラブに対しては罰金処分が科されることになった。
コメント
関連ニュース
thumb

「これからもPSGとともに…」カバーニ、チェルシー行きが報じられるもフランスで幸せと強調

パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニは、チェルシー行きの噂が流れているものの現状に幸せを感じていると話した。<br><br>今冬の移籍市場が開幕した1月上旬から、ストライカーの獲得を目指すチェルシーがカバーニの獲得に興味。ウルグアイ代表FWの獲得に向けてPSGに5000万ポンド(約70億円)を支払う意思があったと考えられていた。過去にはネイマールとの不仲説が報じられ、退団に大きく傾いていたとされる同選手だが『Goal』に対して、フランスの地でプレーすることに喜びを感じており、今後も同チームの一員としてプレーしたいとの考えをあらわにした。<br><br>「フットボールだけではなくて、人生においても、人として常に成長しようと努力し、目標を持つ必要があると思う。僕の目標は毎年同じだ。勝利すること、100%のコンディションを維持すること、PSGとともにできる限り歩み続けることだ。個人的に難しい時期を送っているけれど、ハードワークを続けることだけが成功や結果につながる唯一の方法だと思う。常に100%で取り組み、チームメイトのためにベストを尽くしたい」<br><br>「アップダウンのある困難な時だとしても、僕を妨げるものは何もない。なぜなら選手である限りキャリアの中で我慢するときは誰にだって必ず訪れるとわかっているからだ。チームを助けたいと考えているからこそ、ゴールを奪えない状況に満足できないのは当然だ。ゴールを奪うことはセンターフォワードとしての僕に課された役割だ」<br><br>昨夏に就任したトーマス・トゥヘル監督の下、PSGはここまでリーグ戦で無敗を維持し、2位以下に勝ち点13差をつけて独走。ここ7年間で6度目のリーグ・アン制覇もすでに手中に収まっていると考えられている。さらに、チャンピオンズリーグでも強豪ひしめくグループを首位で通過するなど好調をキープする。これを受け、カバーニは今シーズンよりチームを率いるドイツ人指揮官の手腕を称賛した。<br><br>「コーチがチーム内のポジティブな雰囲気を作り出している。それに、フィールド内外で選手たちが少しずつ今まで以上に繋がりを持てるように彼が管理している。これは簡単なことではない。でも、僕たちは団結していると感じているし、友達のような気分だ。僕たち全員はこの状態が続いてほしいと願っている。ゆっくりだけれど、確実にチームとしてさまざまな局面に向かい合うことができている。このことが僕たちをさらに上のレベルへ導いてくれると信じている」<br><br>一方で、9日に行われたクープ・ドゥ・ラ・リーグ準々決勝では、ギャンガンに1-2で敗れて6連覇の夢が潰えた。この敗戦についてカバーニは「フットボールでは起こり得ること」と話し、以下に続けた。<br><br>「ときどき全員が揃って戦えるけれど、ある時には何人かの選手が出場できず、代わりの選手を必要とするときがある。これは至って普通のことだ。2019年の始まりに過ぎないし、僕たちはウィンターブレイクを取っていた。カップ戦での戦いは終わったけれど、シーズン前半でチャンピオンズリーグのグループリーグ突破を決め、リーグ戦では首位を走っている。他のチームも良くなっているけれど、僕たちだってこれからも力をつけていけるはずだ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.16 19:11 Wed
twitterfacebook
thumb

ラビオ争奪戦が再加熱…イングランド勢も参戦へ

リバプールとチェルシーが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)に関心を寄せているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 今シーズン限りでPSG退団が決定的なラビオに関しては、今夏にフリーでのバルセロナ加入が盛んに報じられている。しかし、PSGは少しでも移籍金を得るために安価でも売却に応じる可能性があると各紙から報じられている。 そこで、今回伝えられているのが、アーセナルやリバプール、そしてチェルシーだ。中でも、元スペイン代表MFセスク・ファブレガスをモナコに売却したチェルシーは、その後釜としてフランス代表MFに熱視線。PSGが要求しているとされる1350万ポンド(約19億円)と、高額な年俸を支払うことにやぶさかでない模様だ。 バルセロナ行きの可能性が高いと報じられていたラビオだが、ここにきて様々なクラブからの関心が伝えられている。PSG退団は確実視される中、23歳プレーメーカーは新天地をどこに選ぶのだろうか。 2019.01.16 18:59 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、PSGのマルキーニョスをトップリストに!

レアル・マドリーが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表DFマルキーニョス(24)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『El Pais』の情報をもとに同『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 来シーズンに向けて守備の強化を掲げているマドリー。『El Pais』が報じたところでは、マルキーニョスがリストのトップに据えられているようだ。また、マドリーが既に2022年までPSGと契約を残しているマルキーニョス側と接触したことも伝えられている。同選手の代理人も移籍の可能性を検討しているようだ。 コリンチャンス下部組織出身のマルキーニョスは2011年にトップチーム昇格を果たすと、2012年夏にローマへ期限付き移籍で加わった。加入当初はベンチを温めていたが、徐々に頭角を現し同年冬に完全移籍。加入初年度ながら公式戦30試合に出場していた。その後、2013年にPSGへステップアップを果たし、今シーズンもここまで公式戦22試合に出場している。 なお、移籍市場に特化したドイツ『transfermarkt』によれば、マルキーニョスの市場価値は6000万ユーロ(約75億円)と評価されている。 2019.01.15 21:33 Tue
twitterfacebook
thumb

デ・ヨングはやはりPSG行き…夏に移籍金87億円で加入へ

ビッグクラブからの関心が止まないアヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(21)だが、やはり行き先はパリになるようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 デ・ヨングにはパリ・サンジェルマン(PSG)の他、マンチェスター・シティやバルセロナも強く興味を示していると報じられている。しかし、今冬の移籍市場では移籍をしないと本人が名言していた。 冬の移籍こそ消滅した形となったデ・ヨングだが、夏にはやはりアヤックスを離れることになるとのこと。行き先は、PSGになるようだ。 『マルカ』によると、デ・ヨングは7000万ユーロ(約87億円)の移籍金でPSG移籍に近づいているとのこと。間もなく交渉も終わるとのことだ。 PSGは、FFP(ファイナンシャル・フェア・プレー)に抵触する恐れがあり、冬に動くことはないとのこと。また、収入を得る必要があり、バルセロナ行きが取り沙汰されているフランス代表MFアドリアン・ラビオの去就は引き続き注目されている。 2019.01.15 10:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリ復帰説浮上のカバーニ、残留宣言!「契約が終わるまで残りたい」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(31)が、残留を明言した。フランス『レキップ』が伝えている。 リーグアンで得点を量産するカバーニとPSGの契約は2020年まで。最近ではその現行契約と同僚のブラジル代表FWネイマールとの対立が取り沙汰されたことで、ナポリ復帰の可能性が浮上していた。 これまでナポリ側も「給与の減額を受け入れるならば、復帰を歓迎する」とコメントしていたが、今回カバーニは残留を宣言。2020年までは移籍を考えないことを明かした。 「現時点で僕は、契約が終了するまで残るつもりだ」 「契約が終わるころには33歳、34歳になっている。2020年以降はプレーし続けるか、PSGに残るかはわからない。ただ、契約が終わるまでは残りたいと思っている。僕はパリで幸せだし、クラブにも満足している」 2019.01.15 09:40 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース