ハマーズ、F・アンデルソン&U-21フランス代表DF獲得に迫る!2018.06.14 15:32 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウェストハムがラツィオのブラジル代表MFフェリペ・アンデルソン(25)の獲得に迫っているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。

▽母国屈指の名門、サントスで台頭したアンデルソンは、2013年にラツィオに加入。以降はパフォーマンスに波があるものの、卓越したドリブルテクニックと攻撃センスを武器にラツィオの主力として活躍。今季はケガの影響でシーズン序盤戦を棒に振ったものの、最終的に公式戦32試合に出場し、8ゴール10アシストの数字を残していた。

▽『gianlucadimarzio.com』が伝えるところによれば、過去にマンチェスター・ユナイテッドも獲得に動いた逸材に関してウェストハムが獲得寸前に迫っているという。

▽ラツィオはアンデルソンの放出条件を5000万ユーロ(約65億円)に設定しているものの、ウェストハムは移籍金3000万ユーロ(約39億円)と、今後同選手が他クラブに移籍した際に生じる移籍金の20パーセントの権利を譲渡することで交渉成立に迫っている模様。14日にラツィオのイグリ・ターレSD(スポーツ・ディレクター)がロンドンに飛び、交渉を完了させる見込みだ。

▽また、ウェストハムはトゥールーズに所属するU-21フランス代表DFイッサ・ディオプ(21)の獲得にも迫っているようだ。

▽イギリス『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、ウェストハムは194cmの逸材センターバック獲得に向けて2200万ポンド(約32億5000万円)のオファーを準備しており、近日中に移籍が成立するという。

▽なお、2015年にトゥールーズでトップチームデビューを飾ったディオプは、2015-16シーズンからセンターバックのレギュラーに定着すると、強靭なフィジカルと安定したテクニックを武器にリーグ屈指の若手DFに成長。また、クラブとフランスの年代別代表チームでキャプテンを務めるなどリーダーシップにも優れる。

▽ここまでヨーロッパ各国のビッグクラブが獲得に関心を示していた中、好条件のオファーを準備したハマーズ行きが近づいているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ヴィオラ、ハマーズからスイス代表MFエジミウソン・フェルナンデスを買い取りOP付きレンタルで獲得

▽フィオレンティーナは13日、ウェストハムのスイス代表MFエジミウソン・フェルナンデス(22)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。レンタル料は100万ユーロ(約1億2000万円)で、買い取る際の移籍金は800万ユーロ(約10億1000万円)とのことだ。 ▽スイス代表MFジェルソン・フェルナンデスの従兄弟であるセントラルMFのE・フェルナンデスは、2016年夏にシオンからウェストハムに移籍。ウェストハムでは公式戦48試合に出場して1ゴール1アシストを記録。昨季はプレミアリーグ14試合に出場していた。 2018.08.13 23:18 Mon
twitterfacebook
thumb

ウェストハムMFエジミウソン・フェルナンデスがフィオレンティーナにレンタル加入

▽ウェストハムは13日、スイス代表MFエジミウソン・フェルナンデス(22)が1年間のレンタルでフィオレンティーナに加入することを発表した。 ▽E・フェルナンデスは、2016年に母国のシオンからウェストハムに入団。190cmの恵まれた体躯と安定したテクニックを兼ね備えた攻撃的MFは、昨シーズンの公式戦17試合に出場して2アシストを記録していた。 ▽また、E・フェルナンデスは、かつてマンチェスター・シティやフライブルクに在籍し、現在はフランクフルトに在籍する元スイス代表MFジェルソン・フェルナンデス(31)の従兄弟であることでも知られている。 ▽ウェストハムは、今回の契約に関して「イタリアでエジミウソンが魔法をかけることを全力で願う」とクラブ公式サイトを通じてエールを送っている。 2018.08.13 20:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「信じられないぐらい難しいシーズンに…」リバプール大勝もクロップ監督に油断なし

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、開幕戦での圧勝を喜ぶも&ldquo;信じられないぐらいに難しい&rdquo;シーズンになると話した。<br><br>12日に行われたプレミアリーグ開幕戦でリバプールはウェストハムと対戦。大型補強を敢行した両チームによるこの一戦で、リバプールがモハメド・サラーのゴールで早々と試合を動かす。その後もサディオ・マネが2ゴールを奪い、ダニエル・スタリッジも終了間際にネットを揺らすなどリバプールが4-0で開幕戦を制した。<br><br>試合後、クロップ監督は「もちろん我々は大きな期待を持っている。非常に良い雰囲気の中でのプレシーズンを過ごせ、ポジティブな結果を残せた。しかし、選手たちはこのシーズンが信じられないほど難しいものになると分かっている。私が言えることはこれだけだ」と快勝にも気を引き締めた。<br><br>「我々は&ldquo;チャレンジャー&rdquo;だ。なぜなら私が知らないほど前から&hellip;少なくとも私がここに来て以降、我々は何も手にできていない。我々はまだまだ戦わなければならない。これが我々自身が自分たちに期待していることだ」<br><br>この試合について「ウェストハムは間違いなく良いシーズンを送れるだろう。しかし、彼らはユナイテッドやシティではない。彼らももちろんこのことを理解しているし、我々だって理解している。だから毎週、毎週新たな挑戦の準備をしなければならない」と次戦以降を見据えた。<br><br>さらに、この試合で躍動した新加入のナビ・ケイタをクロップ監督は称賛した。<br><br>「6週間の準備期間で、私は新加入の選手とその他の選手の区別ができなくなった。ナビは素晴らしいフットボーラーだからメンバーに入った。ライプツィヒ時代と同じスタイルで、同じポジションでプレーできていた。他のポジションでもプレーできると思うが、現段階でこのポジションが彼にとってベストだ」<br><br><br><br><br>提供:goal.com 2018.08.13 17:20 Mon
twitterfacebook
thumb

優勝候補リバプールが新生ハマーズに完勝! 新10番マネのオフサイド弾含む2発に昨季得点王サラーも開幕弾《プレミアリーグ》

▽2018-19シーズンのプレミアリーグ開幕節、リバプールvsウェストハムが12日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが4-0で快勝した。 ▽昨季4位ながらチャンピオンズリーグ(CL)でファイナリストとなったリバプール。クロップ体制4年目となる今季はプレミア初制覇が期待される中、サラーやマネの主力慰留に加え、当時GK史上最高額の6700万ポンドでローマから新守護神のアリソン、中盤と前線にファビーニョ、シャキリ、ナビ・ケイタと4人の実力者を獲得と積極補強を敢行。ホームでの開幕戦に向けては新戦力のアリソン、ケイタが揃ってスタメンに入り、3トップはサラー、マネ、フィルミノのお馴染みのトリオとなった。 ▽一方、マンチェスター・シティ時代に2度のリーグ制覇に導いたペジェグリーニ監督を新指揮官に迎えたウェストハムはMFウィルシャー、GKファビアンスキ、FWルーカス・ペレスの元アーセナル勢に加え、FWヤルモレンコ、FWフェリペ・アンデルソンの両翼、逸材DFディオプと各ポジションに実力者を獲得。難所アンフィールドに乗り込んだこの一戦ではファビアンスキ、ウィルシャー、フレデリックス、アンデルソン、バルブエナと5人の新戦力を起用してきた。 ▽[4-3-3]のリバプールと[4-1-4-1]のウェストハムと近い並びの布陣で対峙した中、タレントの質と熟成度で勝るリバプールが押し込む入りに。マネとサラーの仕掛けやサイドからの鋭いクロスを軸に相手を圧倒するもGKファビアンスキの冷静な対応を前に開始早々の先制点とはいかず。 ▽それでも、攻勢を続けるホームチームは19分、バイタルエリアで右からの斜めのパスをフリーで受けたケイタがワンテンポためて左サイドでフリーのロバートソンに展開。ここでロバートソンが狙いすましたグラウンダーの折り返しを入れると、ファーでフリーのサラーが難なく右足で流し込み、昨季リーグ得点王のゴールで先制に成功した。 ▽畳みかけるリバプールは24分にボックス手前の好位置でFKを得ると、これをキッカーのアーノルドが壁の上を越える絶妙なシュートを枠の左上隅に飛ばすが、ここはGKファビアンスキのビッグセーブに遭う。直後にはボックス内でのケイタの強引な突破からワイナルドゥムがシュートするが枠の左へ。 ▽防戦一方の状況が続くウェストハムも前半半ばを過ぎてからようやく反撃に転じていく。27分にはオグボンナの縦パス一本に抜け出したアルナウトビッチがボックス左に持ち込んでシュートを放つと、そのプレーで得たCKからバルブエナ、30分には主審の身体にボールが当たる幸運な形の攻撃の流れから再びアルナウトビッチにシュートチャンスも枠を捉え切れない。 ▽一方、カウンターから虎視眈々と2点目を目指すリバプールは36分にマネとフィルミノのクロスからサラーに続けて2点目のチャンスが訪れると、前半アディショナルタイムのラストプレーではボックス左でロバートソンが入れた浮き球のクロスをファーのミルナーがゴールライン際でスライディングで折り返す。これをゴール前のマネが無理な体勢ながらもボレーで合わせ、レッズの新10番がサラーに続いて今季初ゴールを記録した。 ▽リバプールの2点リードで折り返した試合。ハーフタイム明けにウェストハムは守備的MFのライスを下げてスノッドグラスを投入するが、不運な判定でホームチームに突き放される。 ▽53分、リバプールはボックス手前中央でパスを受けたフィルミノがボックス中央に走り込むマネにラストパス。マネは完全にオフサイドポジションに居たものの副審は旗を上げず。そして、マネの右足のシュートがゴール左隅に突き刺さり、疑惑のゴールで決定的な3点目を奪った。 ▽何とか一矢報いたいウェストハムはアンデルソン、アルナウトビッチを下げてエルナンデス、ヤルモレンコをピッチに送り出すが、その後も思うように攻撃の形を作れない。対するリバプールはフィルミノを下げてキャプテンのヘンダーソン、殊勲のマネに代えて新戦力のシャキリをデビューさせ、前線は最前線にサラー、右ウイングにシャキリ、左ウイングにケイタという並びとなった。 ▽その後も危なげなく試合を進めるリバプールは87分にサラーを下げてスタリッジを最後の交代カードとして投入すると、そのスタリッジはミルナーの左CKの場面でニアの相手DFがフリックしたボールをファーでワンタッチで流し込み、ファーストプレーでゴールを奪って見せた。そして、新生ハマーズに4発完勝のリバプールが最高のスタートを切った。 2018.08.12 23:23 Sun
twitterfacebook
thumb

ワトフォードがバルサ関心のウェストハムMFクイナを完全移籍で獲得…U-19ポルトガル代表として活躍

▽ワトフォードは9日、ウェストハムからU-19ポルトガル代表MFドミンゴス・クイナ(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年間。1年間の延長オプションもついている。 ▽クイナは、ベンフィカの下部組織から2012年7月にチェルシーのユースチームに入団。2016年7月にウェストハムへと移籍した。2017-18シーズンは、ウェストハムのU-23チームの一員としてプレミアリーグ2でプレー。14試合に出場し2ゴール1アシストを記録。トップチームではFAカップで1試合、EFLカップで3試合に出場。出場こそなかったものの、プレミアリーグでもベンチ入りを果たしていた。 ▽クイナには、バルセロナが関心を示しており、今年7月に行われていたU-19欧州選手権での好パフォーマンスが評価を高めていた。 2018.08.10 11:06 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース