ハマーズ、F・アンデルソン&U-21フランス代表DF獲得に迫る!2018.06.14 15:32 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウェストハムがラツィオのブラジル代表MFフェリペ・アンデルソン(25)の獲得に迫っているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。

▽母国屈指の名門、サントスで台頭したアンデルソンは、2013年にラツィオに加入。以降はパフォーマンスに波があるものの、卓越したドリブルテクニックと攻撃センスを武器にラツィオの主力として活躍。今季はケガの影響でシーズン序盤戦を棒に振ったものの、最終的に公式戦32試合に出場し、8ゴール10アシストの数字を残していた。

▽『gianlucadimarzio.com』が伝えるところによれば、過去にマンチェスター・ユナイテッドも獲得に動いた逸材に関してウェストハムが獲得寸前に迫っているという。

▽ラツィオはアンデルソンの放出条件を5000万ユーロ(約65億円)に設定しているものの、ウェストハムは移籍金3000万ユーロ(約39億円)と、今後同選手が他クラブに移籍した際に生じる移籍金の20パーセントの権利を譲渡することで交渉成立に迫っている模様。14日にラツィオのイグリ・ターレSD(スポーツ・ディレクター)がロンドンに飛び、交渉を完了させる見込みだ。

▽また、ウェストハムはトゥールーズに所属するU-21フランス代表DFイッサ・ディオプ(21)の獲得にも迫っているようだ。

▽イギリス『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、ウェストハムは194cmの逸材センターバック獲得に向けて2200万ポンド(約32億5000万円)のオファーを準備しており、近日中に移籍が成立するという。

▽なお、2015年にトゥールーズでトップチームデビューを飾ったディオプは、2015-16シーズンからセンターバックのレギュラーに定着すると、強靭なフィジカルと安定したテクニックを武器にリーグ屈指の若手DFに成長。また、クラブとフランスの年代別代表チームでキャプテンを務めるなどリーダーシップにも優れる。

▽ここまでヨーロッパ各国のビッグクラブが獲得に関心を示していた中、好条件のオファーを準備したハマーズ行きが近づいているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

マドリー、アザール獲得失敗ならハマーズのアタッカーへ切り替え?

レアル・マドリーが、ウェストハムに所属するブラジル代表MFフェリペ・アンデルソン(25)の獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 マドリーは、チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールを今夏のトップターゲットに据えている。しかし、記事によれば、既に6000万ポンド(約87億円)のオファーを拒否されている模様。また、2回の補強禁止処分を受けたチェルシーがアザールへの全てのオファーを断る可能性も伝えられている。 そのためマドリーは、アザールの獲得に失敗した場合の代替案としてF・アンデルソンの獲得を考慮しているという。なお、ブラジル代表MFの価値は6500万ポンド(約95億円)程と考えられているようだ。 昨夏にクラブレコードとなる推定移籍金3350万ポンド(現在のレートで約49億円)でウェストハムに加入したF・アンデルソン。しなやかなドリブに加え、強烈なシュートを武器とするアタッカーは、今シーズンのプレミアリーグ31試合で8ゴール4アシストを記録している。 2019.03.22 14:10 Fri
twitterfacebook
thumb

アイルランド→イングランド、サウスゲイト監督が“二重国籍”という難問を語る「正しいと感じてはいない」

正しい答えが見つかることはないだろう。イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が、難しい問題に関しての心境を語った。イギリス『BBC』が報じた。 イングランドサッカー連盟(FA)は13日、ユーロ2020予選に向けた招集メンバー25名を発表した。 FWハリー・ケイン(トッテナム)やFWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)などの主力が順当に選出される中、MFデクラン・ライス(ウェストハム)を初招集。しかし、この招集が難しい問題だと語った。 ライスは、イギリスのロンドン出身。チェルシーやウェストハムの下部組織で育ち、2017年からトップチームデビューを果たしていた。 イングランド出身であるライスだが、祖父母がアイルランドのコーク出身だったため、ユース年代から代表チームはアイルランド代表としてプレー。アイルランド代表としても国際親善試合に出場し、世代別では高く評価されていたものの、2018年末にイングランド代表を選択することを宣言していた。 サウスゲイト監督は、この二重国籍問題に関して、「若い選手にとっては難しい決断」であるとコメントした。 「もし、皆さんが二重国籍であれば、1つ以上の国に対して親近感を感じるだろう」 クリスタル・パレスで活躍するFWウィルフリード・ザハは、イングランド代表として国際親善試合で2試合に出場。しかし、その後、生まれ故郷であるコートジボワール代表を選択している。 「我々は、できる限り、倫理的にその問題を考えている」 「彼らが他の国の資格があるのに、このチームに召集さいた選手が2、3人いる。しかし、我々は、その決断が正しい瞬間であるとは感じていなかった」 イングランド代表は、22日にチェコ代表と、25日にモンテネグロ代表と対戦する。ライスがこの2試合に出場することがあれば、アイルランド代表としての出場資格は完全になくなる。 2019.03.14 11:35 Thu
twitterfacebook
thumb

シティがアグエロのPK弾でウェストハムを下し公式戦7連勝を飾る!《プレミアリーグ》

マンチェスター・シティは27日、プレミアリーグ第28節でウェストハムとホームで対戦し、1-0で勝利した。 3日前に行われたEFLカップ決勝のチェルシー戦をPK戦の末に勝利し、大会連覇を達成したシティは、その一戦から先発を5人変更。スターリングやベルナルド・シウバ、フェルナンジーニョらに代えてザネやマフレズ、ギュンドアンらが先発に名を連ねた。 一方、古巣対決となるペジェグリーニ監督の率いるウェストハムは、同じく古巣対決となるナスリやキャロル、フェリペ・アンデルソンを先発で起用した。 試合は立ち上がりから地力に勝るシティがボールを保持すると4分、マフレズのスルーパスでボックス右深くに抜け出したデ・ブライネの折り返しをゴール前に走り込んだシルバが合わせたが、これは左ポストを直撃した。 良い入りで試合の主導権を握ったシティは、26分にもボックス左まで侵入したシルバの折り返しからアグエロがシュート。これはゴール左に外れたが、アグエロはブロックに入ったオグボンナの腕に当たったと主審に抗議。しかし、主審の判定は変わらずノーハンドとなった。 、 さらに32分にも、デ・ブライネの右CKをニアサイドのオタメンディが右足で合わせたが、これはゴール右に外れ、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、ウェストハムはナスリを下げてランシーニを投入。すると50分、アントニオのパスを受けたランシーニがボックス左まで侵入。クロスを上げると、ファーサイドでフリーのキャロルがすべり込みながら右足でボレーシュートを放ったが、これはGKエデルソンのファインセーブに阻まれた。 ピンチを凌いだシティは、55分にマフレズを下げてスターリングを投入。さらに57分には、ザネを下げてベルナルド・シウバをピッチに送り出した。すると58分、右サイドからカットインしたベルナルド・シウバがボックス内でフェリペ・アンデルソンに倒されPKを獲得。このPKをアグエロが右隅に決め、待望の先制点を奪った。 先制を許したウェストハムは、63分にベン・ジョンソンを下げて古巣対決となるサバレタを投入。シティサポーターはスタンディングオベーションでサバレタを迎えた。 先制点で攻勢を強めたシティは70分、ボックス右深くまで持ち込んだベルナルド・シウバのマイナスの折り返しからボックス手前のダニーロがダイレクトシュートを放ったが、これはGKファビアンスキが好セーブ。さらに77分には、デ・ブルイネのロングパスを右サイドで受けたベルナルド・シウバがボックス右まで持ち込みラストパス。しかし、走り込んだスターリングのシュートはゴール左に外れた。 その後も何度かウェストハムゴールに迫ったシティだが、最後まで追加点は奪えず。試合はアグエロのPK弾で勝利したシティが、公式戦7連勝を飾った。 2019.02.28 07:11 Thu
twitterfacebook
thumb

ペップ直接対決を前にシティ前任者に謝罪「申し訳ない」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、前任者に謝罪している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 シティは27日、プレミアリーグ第28節でウェストハムと対戦。ウェストハムで采配を振るうマヌエル・ペジェグリーニ監督は2013年夏から2016年夏までシティの指揮官を務めており、2016-17シーズンからシティで指揮を執るグアルディオラ監督にとっては前任者との顔合わせとなる。 リスペクトし合っている両者だが、その関係には少々のわだかまりが残っているかもしれない。というのも、ペジェグリーニ体制最終年の2015-16シーズン、シティは新シーズンからグアルディオラ監督が就任することを2月1日というかなり早いタイミングで発表。その年に好調を保っていたシティは発表直後に3連敗を喫するなど、残っていたプレミアリーグ15試合で6勝しか出来ず、2位から4位に後退することとなった。 ペジェグリーニ監督は後に「早期発表は私の決断だった」と責任の在処が自身だと説明しつつ、「私ではなく選手にとって発表後は仕事がとても難しかった」ともコメント。早計な決断を下してしまったことを後悔していた。 そして、そのペジェグリーニ監督と敵として相まみえるグアルディオラ監督は、ウェストハム戦前日会見で当時のことを謝罪。自身にも2015-16シーズン終盤の失速の責任があると考えているようだ。 「(早期の就任発表という)決断は全体で下したと思う」 「誰もが正直にやったと思うが、マヌエル(・ペジェグリーニ)がどう返事したかだけが分からない。起こってしまったことには申し訳なく思う。けど、彼がここに居た時に問題を起こすことは意図していなかった」 「私はミュンヘンに居て、ロッカールームで何が起こったのか、何が(成績急落の)原因だったのか分からない」 「誰も把握出来ていないと思うけど、もしあれが原因だったなら申し訳なく思うし謝罪する」 2019.02.27 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ、今夏217億投入へ?! ヤングスター3選手をリストアップか

マンチェスター・シティが今夏に大金を投じる可能性があるようだ。イギリス『サン』の情報をもとに同『HITC』が伝えている。 シティは、ホーム・グロウンプレイヤーを増やすことに力を入れており、新たな才能を確保するべく国内全体にスカウトを派遣。そこでイングランド王者は、ウェストハムのアイルランド代表MFデクラン・ライス(20)、クリスタル・パレスのU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)、レスター・シティのイングランド代表DFベン・チルウェル(21)の3選手をリストアップしているという。 ライスに関しては、以前から探しているブラジル代表MFフェルナンジーニョ(33)の長期的な後継者と考えている模様。そして、そのライスが推定されている7000万ポンド(約101億円)の移籍金に加え、ワン=ビサカとチルウェルもそれぞれ4000万ポンド(約58億円)が必要になると見込まれている。全て獲得に漕ぎ着けた場合には、1億5000万ポンド(約217億円)もの大金が投じられる計算だ。 また、イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督は若手起用に定評があることから、ワン=ビサカとイングランド代表入りを表明したライスが招集される日は近いと国内では予想されているようだ。 2019.02.20 14:41 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース